どんなときもwifi 月額。 料金プラン|【公式】どんなときもWiFi

よくある質問

どんなときもwifi 月額

トップ画像引用元: どんなときもWiFiとめっちゃWiFiの共通点は3つ! 画像引用元: どんなときもWiFiとめっちゃWiFiには大きな共通点が3つあります。 モバイルWi-Fiルーターのスペック• 使用出来る回線の種類• 速度制限の条件 モバイルWi-Fiルーターを選ぶ際に、上記3つは大きな比較点ですが、どんなときもWiFiとめっちゃWiFiの2社には違いはありません。 提供しているモバイルWi-Fiルーターのスペックは同じ 提供しているモバイルWi-Fiルーターのスペックは下記表の通りで全く互角です。 項目 めっちゃWiFi どんなときもWiFi ルーター U2s D1 最大下り速度 150Mbps 150Mbps 最大上り速度 50Mbps 50Mbps 同時接続台数 5台 5台 重量 151g 151g バッテリー容量 3,500mAh 3,500mAh 連続使用可能時間 12時間 12時間 見た目も全く同じなので、モバイルWi-Fiルーターのスペックでは2社を比較することは出来ません。 使用できる回線の種類も同じ どんなときもWiFiとめっちゃWiFiの使用する回線は、• ドコモ• ソフトバンク の4G LTE回線を使用しています。 提供しているモバイルWi-Fiルーターが、エリアや電波状況で自動で回線を切り替える、次世代型のクラウドSIMを搭載している点も共通です。 回線の種類も同じ、クラウドSIMのシステムも同じなので回線の品質で2社を比較するポイントにはなりません。 速度制限の条件も同じ どんなときもWiFiとめっちゃWiFiは、どちらも 通常利用では速度制限にかからない点を公式ホームページで記載しています。 違法ダウンロード等のネットワーク回線の不正利用と判断される時• ネットワークの占有と思わしき大容量の通信を短時間で行った時 上記に該当するユーザーのみ速度制限の対象になる可能性だけ示唆されているので、一般的な使い方では2社で速度制限になることは無いでしょう。 どちらも速度制限とは無縁なので、毎日たっぷりデータ通信を行いたい人にはおすすめです。 比較ポイントは「月額料金」「契約年数と契約解除料」「海外利用」の3つ! 「モバイルWi-Fiルーターのスペック」「使用する回線の種類」「速度制限」の点で互角というのが分かりました。 したがって、2社を比較するポイントは 「月額料金」「契約年数と契約解除料」「海外利用」の3つに絞られます。 この3点を徹底比較していきましょう。 どんなときもWiFiの月額料金と契約年数と契約解除料 画像引用元: どんなときもWiFiの月額料金と契約年数と契約解除料についてまとめたのが下記の表です。 料金プラン名 データ放題プラン ベーシックデータ放題プラン 1~24ヶ月目までの月額料金 3,480円 3,980円 25ヶ月目以降の月額料金 3,980円 4,410円 契約年数 2年 2年 契約解除料 9,500円~19,000円 9,500円~19,000円 支払い方法 クレジットカード 口座振替 どんなときもWiFiは支払い方法によって契約できる料金プランが変わりますが、サービス内容に違いはありません。 月額料金が安さで、どんなときもWiFiの契約を考えているなら クレジットカード払いで契約した方がおすすめです。 どんなときもWiFiはクレジットカード」と「口座振替」に対応! どんなときもWiFiの決済方法は クレジットカードと口座振替に対応しているので、クレジットカードを持っていないユーザーでも契約可能です。 モバイルWi-Fiルーターを提供している会社にはクレジットカードでしか契約出来ない会社も少なくないので、口座振替を希望するユーザーには敷居が高くなりがちです。 どんなときもWiFiなら口座振替で契約できるので、クレジットカードを持ちたくない人や、様々な事情で持てない人にもおすすめできる会社です。 口座振替は月額で約700円高くなるので注意! どんなときもWiFiは口座振替に対応していますが、クレジットカード払いと比較すると月額料金は高くなるので注意が必要です。 クレジットカード払いと口座振替の差額約500円と、口座振替手数料200円が上乗せされるので、クレジットカード払いと比べて 約700円高くなります。 契約年数後は月額料金が高くなるので2年時に一旦解約推奨 どんなときもWiFiの契約年数は2年ですが、2年後の月額料金は割引が無くなるので、引き続き安く利用したいなら、 更新月で一旦解約をするのがおすすめです。 更新月を逃してしまうと解約時に契約解除料がかかってしまうので、安く利用し続けるには解約の手間を挟むので、ネットが使えない時期が出る可能性もあり、不便に感じるかもしれません。 解約の手間を考慮するとどんなときもWiFiは、• 利用は2年と決めているユーザー• 解約の手間を厭わないユーザー に向いています。 めっちゃWiFiの「月額料金」「契約年数と契約解除料」 画像引用元: めっちゃWiFiの月額料金と契約年数・契約解除料をまとめたのが下記の表です。 めっちゃWiFiは「クレジットカード」のみで口座振替は未対応 支払い方法はクレジットカードのみ対応しており、 口座振替ではめっちゃWiFiを契約することが出来ません。 契約年数に限らず料金は常に3,480円で固定は嬉しいポイント めっちゃWiFiの月額料金は 契約年数に限らず3,480円で固定されており、契約年数に関わらず月額料金が上がることはありません。 どんなときもWiFiは契約して2年後に月額料金が上がるので、お得に利用したい人は一旦解約の手間を挟む必要がありましたが、めっちゃWiFiは解約する必要がありません。 その為、めっちゃWiFiは 「2年以上の長期利用を考えているユーザー」におすすめです。 25ヶ月目以降は契約解除料0円なのでいつでも解約可能もメリット めっちゃWiFiは2年間の契約期間を経過した後でも、 契約解除料0円でいつでも解約できるのもメリットの1つです。 どんなときもWiFiは2年後に1ヶ月訪れる更新月を逃すと、再度2年契約となり解約時に契約解除料が発生してしまいます。 めっちゃWiFiは2年後には0円で解約できるので、更新月を逃しても好きなタイミングで乗り換えできるのは嬉しいポイントです。 次の章では、どんなときもWiFiとめっちゃWiFi、「月額料金」「契約年数と契約解除料」で比較するとどちらがおすすめなのかを考察してみました。 「月額料金」「契約年数と契約解除料」で比較するとどちらがおすすめ? どんなときもWiFiとめっちゃWiFiの月額料金・契約年数・契約解除料の情報を基におすすめのユーザーは下記のようになります。 25ヶ月以上の長期利用なら「めっちゃWiFi」の方がお得に利用できる!• 契約して2年後も月額料金は3,480円で固定• どんなときもWiFiと違い、お得に利用する為に一旦解約する手間が無い 契約年数の2年後 25ヶ月目 も継続して利用を考えているユーザーは、上記の2点からめっちゃWiFiがおすすめです。 解約せず2年後も契約を続けると、 どんなときもWiFiユーザーの方が支払う月額料金は増えていくので、お得に利用したいならめっちゃWiFiを選びましょう。 25ヶ月目以降の更新月以外に解約を考えているユーザーも「めっちゃWiFi」がおすすめ• めっちゃWiFiは25ヶ月目以降は契約解除料0円で解約できる• どんなときもWiFiは更新月の翌月、26ヶ月目以降から再度解約時に契約解除料が発生する めっちゃWiFiは 25ヶ月目以降は契約解除料0円で解約できるので、25ヶ月目以降に解約を考えているユーザーにもおすすめです。 「2年後に解約するかどうか分からない」と、思うかもしれませんが2年経過すれば新たにお得なWi-Fiを提供する会社が出ている可能性もあります。 そんな時でも契約解除料0円で乗り換えできるので、2年後も契約しているか分からないと考えているユーザーにも、めっちゃWiFiはおすすめです。 口座振替を希望するユーザーは「どんなときもWiFi」を選ぼう 口座振替に対応しているのはどんなときもWiFiだけで、 めっちゃWiFiは口座振替には対応していないので、クレジットカードが必須です。 その点から口座振替を希望するユーザーには、どんなときもWiFiの方がおすすめになります。 ただし、口座振替の場合は、クレジットカード払いより月額料金が約700円程高くなる点は了承のうえで契約しましょう。 特に 事前のオプション申し込みは不要で、そのまま海外で使えるので、海外利用を考えているユーザーには、どんなときもWiFiもめっちゃWiFiも魅力的です。 では海外で利用する時にどちらがおすすめかを比較してみましょう。 使用出来るデータ量と速度制限後の通信速度は同じ• どんなときもWiFi・めっちゃWiFi共に使用できる1日のデータ量は1GBまで• 1GB利用後の通信速度は384kbpsに速度制限されるのも共通 どんなときもWiFi・めっちゃWiFi共に上記2点の共通点があるので、1日に使用出来るデータ量や速度制限時の速度では比較ポイントにはなりません。 1日単位当たりの料金は「めっちゃWiFi」の方が安い! 海外利用時に1日当たりの料金面で比較すると、 めっちゃWiFiは1日あたりの料金が850円で利用出来る地域があるので、どんなときもWiFiよりお得です。 マカオ• シンガポール• インドネシア• フィリピン• マレーシア• ベトナム• インド• ミャンマー• モンゴル• ラオス• カンボジア• バングラデシュ アジア各国に旅行やビジネスで出張する機会の多い人には、めっちゃWiFiの方が特に安く利用できるのでおすすめになります。 総合的に「めっちゃWiFi」の方がお得!口座振替なら「どんなときもWiFi」を選ぼう!• 2年の契約期間後の月額料金• 契約期間後はいつでも契約解除料0円で解約可能• 海外利用の料金が安い 以上の点を考慮すると、 めっちゃWiFiの方が総合的に優れている部分が多いので、2社を比較して契約を考えているユーザーには、めっちゃWiFiがおすすめです。 一方のどんなときもWiFiには「口座振替で契約可能」というメリットがあるので、口座振替を希望するならどんなときもWiFiを選ぶのも良いでしょう。 WiFiルーターのスペック・回線の種類・速度制限の条件で両社に違いはない• 口座振替に対応しているのは「どんなときもWiFi」のみ• 25ヶ月目以前の料金は互角、以降の月額料金は「めっちゃWiFi」の方が安くなる• 契約年数は同じ2年だが契約年数後の契約解除料は「めっちゃWiFi」だけ常時0円• 海外利用時の1日あたりの料金は「めっちゃWiFiの方が安い」• 総合的に見てお得に利用できるのは「めっちゃWiFi」• 口座振替を希望するユーザーなら「どんなときもWiFi」を選ぼう どんなときもWiFiもめっちゃWiFiもメリットはそれぞれにあるので、自分自身のニーズに合ったモバイルWi-Fiルーターを選びましょう。

次の

通信障害に注意!どんなときもWiFiを最もお得に解約するための全知識

どんなときもwifi 月額

契約期間:2年 自動更新• 容量: 完全無制限• 送料: 無料• 端末: 新品レンタル 無料• クラウドWiFi端末使用! このように、従来のポケットWiFiとは違い、クラウドWiFiという端末をレンタルとして提供することで月額料金を抑えたサービスとなっています。 そして、見逃せないのが、 通信容量を完全無制限に使えるという点。 長期間のポケットWiFi契約で完全無制限のサービスとしては、「どんなときもWiFi」が最安料金で提供しています。 通信制限を気にせずにどんどん使えるのは、いつでもどこでも使えるポケットWiFiだからこそ嬉しいですよね。 このように、これからポケットWiFiをどんどん使っていきたいと考える方にはうってつけのサービスと言える 「どんなときもWiFi」。 しかし、この「どんなときもWiFi」と似たようなネーミングのサービスに、 「縛りなしWiFi」というサービスがあります。 そして、タイトルにもある通り、実はこの 「縛りなしWiFi」のほうがいいんじゃないかと言うのが、今回の記事の主張です。 月額3,300円の縛りなしWiFiでいいんじゃない? 「縛りなしWiFi」について簡単に説明すると、「縛りなしWiFi」は 月額3,300円 税抜 という驚きの低料金で、ポケットWiFiをレンタルできるおすすめのサービスです。 しかし、「縛りなしWiFi」は、「縛りなし」の名前通り、 契約期間・月間容量の制限がなく、かなり気楽にポケットWiFiを使えるのが特徴です。 加えて、料金は「どんなときもWiFi」よりも180円安い月額3,300円なので、 「正直、縛りなしWiFiのほうがいいんじゃない?」 と、考えられるわけです。 というか、むしろ気楽に使える「縛りなしWiFi」の方があってる場合が多いので、少しでも気になった方は、ぜひ次の解説記事をご覧になってください。 しかし、そんなことは一切なくて、さらに詳しく深掘りしていくと、 「どんなときもWiFi」の良さが際立ってきます。 月額180円の差を埋めるほどのメリットがあるので、ぜひ一緒に確認していきましょう。 「どんなときもWiFi」ならではのメリット! それでは、ここからは「どんなときもWiFi」について、深掘りしてメリットを探していきます!「どんなときもWiFi」のメリットは3つ。 完全無制限• 3大キャリアの回線自動切り替え• 手続き不要の海外利用 まずは1つ目から見ていきましょう。 完全無制限 前述しましたが、大事なことなので2回お伝えします。 容量完全無制限は「どんなときもWiFi」が最安のサービスです! 実は先程紹介した「縛りなしWiFi」は、月間容量はありませんが、 1日3GBなどの日数制限が存在します。 それと比較して、「どんなときもWiFi」は完全に無制限に使えるので、通信量を気にせずに好きなだけポケットWiFiを使える優れものです。 お次は、3大キャリア自動切り替えについて。 3大キャリアの回線を自動で切り替えて使える 「どんなときもWiFi」は、ドコモ・ソフトバンク・auの3大キャリアの回線全てに接続することができ、繋がりやすい回線を自動探して接続してくれる機能を持っています。 この機能の何が良いのかというと、「いつでもどこでもネットに繋ぎやすい」という点です。 通常、ポケットWiFiは、利用する時間・場所によって回線の混雑具合が異なります。 しかし、3大キャリア自動切り替えでは、混雑した回線を回避して、繋がりやすい回線を自動で選択してくれるのです。 回線のつながりやすさは、ポケットWiFiの命とも言える大事なポイント。 「どんなときもWiFi」は、3大キャリア自動切り替えにより、業界NO. 1のつながりやすさを保証してくれます。 そして、実は3大キャリア自動切り替えの恩恵は、回線のつながりやすさだけではありません。 なんと、通信速度にも大きく影響します。 速度にも影響する!? どういうことか、高速道路をイメージするとわかりやすいでしょうか。 渋滞している高速道路では、思いっきり飛ばすことなんてできませんよね。 逆に、空いている高速道路であれば、前の車を気にせず飛ばすことができます。 それと同じく、通信回線も混雑していれば速度は出せませんし、空いていれば十分速い通信速度を出せるのです。 そして、「どんなときもWiFi」では、混雑した回線を回避して自動で快適な回線を選ぶので、通信速度においても快適に利用することが可能。 動画もスイスイ見ることができます。 この機能を支えている技術が「クラウドSIM」。 クラウドSIMは、ポケットWiFi業界で今後どんどん流行っていくことが予想される最先端の技術です。 このクラウドSIMをいち早く流通させたのは、流石と言えますね。 そして、このクラウドSIMが影響している、もう一つのメリットがこちら。 手続き不要で海外にも持っていける 「どんなときもWiFi」のポケットWiFi端末は、クラウドSIMの機能により、海外に持っていっても手続き不要でそのままネット通信をすることができます。 いつ海外に行くことになるかもわかりませんので、誰にとっても大きなメリットとなりうるでしょう。 クラウドSIMによる海外通信 クラウドSIMは、日本国内で3大キャリアに自動で接続するように、 海外でも現地の通信会社の回線に自動で接続することが可能なんですね。 「でも、海外の通信会社につながっちゃうと、通信料がめちゃくちゃ高いんじゃ…?」 実は、 そんな心配もありません!海外での通信量は、「どんなときもWiFi」が定めた1日当たりの料金のみの支払いとなっています。 しかも、これが結構安くて、有名サービス「イモトのWiFi」が1日1,880円ほどに対して、「どんなときもWiFi」は 1日1,280円で利用可能。 接続したその日だけの料金なので、移動日などのポケットWiFiを使わない場合にはお金がかかりません。 通常、海外でネット環境を用意するのであれば、別途海外WiFiレンタルサービスに申し込む必要がありますが、クラウドSIMが応用されている「どんなときもWiFi」では、それよりも安く手続きも必要なしです。 メリットまとめ ここまでメリットを解説したように、「どんなときもWiFi」は最新技術クラウドSIMを応用した独自のメリットで、 利用者にとって一番快適な通信環境を実現しています。

次の

どんなときもWiFiとは?3キャリアの回線を月額3,480円で使い放題

どんなときもwifi 月額

インターネット使い放題• トリプルキャリアの電波を使えるので、どこでも安定して利用できる• 月額3,480円のシンプルなプラン• 世界107ヶ国対応で、海外利用もこれ1台でOK• 最短即日発送だから、すぐ使える 特に、 インターネット使い放題や、大手キャリア3社の電波を自由に使えるというのは大きな魅力ですね。 常識を覆すインターネット使い放題! 「どんなときもWiFi」が支持されている理由は、そのサービス内容にあります。 特に注目すべきポイントは、月に使えるデータ量でしょう。 「どんなときもWiFi」では、なんと データ量「無制限」でインターネットが使えるのです。 下の表を見れば、「無制限」ということが、いかに常識外れであるかがわかるでしょう。 提供キャリア Wi-Fiルーターでの データ制限 ドコモ 月に2GB~30GBまで au 月に7GBまで ソフトバンク 月に7GBまで WiMAX 3日間で10GBまで ワイモバイル 3日間で10GBまで ただし、「どんなときもWiFi」では、いついかなるときでも通信制限がかからないというわけではありません。 「どんなときもWiFi」側で、違法ダウンロードや大容量通信によってネットワークの占有を確認した場合は、通信速度を制限する場合があります。 とはいえ、これは不法にネットワークを占拠していた場合の話です。 普通に通信を利用している分には気にする必要はありません。 どこでも使える大手3キャリア対応 格安SIMなどに比べると、大手3キャリアであるドコモ・au・ソフトバンクの電波は利用範囲が広く、安定しているものです。 しかし、各キャリアは得意・不得意の分野が異なります。 また、自分がいる環境や建物の状況によっては、繋がりにくかったり、圏外になったりする場合も。 どのキャリアも決して万能ではないのです。 そんな中、「どんなときもWiFi」はこれら大手3キャリア全ての電波に対応しており、利用する環境に応じて、 3社の中から最適な電波を掴むことができます。 これにより、キャリアごとに異なる得手・不得手を補うことが可能に。 その結果、「どんなときもWiFi」の 電波の範囲と通信の安定性は、非常に優れていると評判です。 「どんなときもWiFi」では「クラウドWi-Fi」を採用 大手3キャリアの電波を併用するということは、単純に考えれば、キャリア毎に1枚ずつSIMカードが必要になりますよね。 3キャリア全て使う場合は、合計3枚のSIMカードを用意しなければなりません。 しかし、それでは料金が高騰してしまいます…。 そこで「どんなときもWiFi」では、「クラウドWi-Fi」という次世代通信技術を採用。 各キャリアのSIMカードはクラウド上のサーバーに保存されており、それを使って通信を行っています。 新たにSIMカードを発行する必要がないため、3枚分のSIM発行手数料はかかりません。 また、 Wi-FiルーターにもSIMカードは不要です。 さらに、SIMカードの制御はクラウド上のサーバーが自動的に行ってくれるため、大手3キャリアの電波を自由に利用することができます。 トリプルキャリアは災害にも強い 地震や大雨といった自然災害が原因で、いずれかのキャリアの電波が障害で使えなくなることもあるでしょう。 各キャリアでは、こういった突発事故への対策はきちんと行われています。 とはいえ、それでもトラブルを完全に防ぐことは不可能でしょう。 そんな時、大手3キャリアを併用できる「どんなときもWiFi」はとても心強い存在です。 たとえ1つのキャリアが動作不能に陥ったとしても、残りの2キャリアの電波を使って通信を行えます。 トリプルキャリアによって、障害の発生率がゼロになるわけではありません。 しかし、 単独キャリアに比べれば、障害に対して圧倒的に強いと言えるでしょう。 次の章でも引き続き、「どんなときもWiFi」のメリットについて解説していきます。 2年定額のシンプルなプラン 「どんなときもWiFi」の料金プランは以下のとおりです。 しかも、内容もシンプルなので、非常にわかりやすいです。 また、月額料金も3,480円と安め。 下の表は既存Wi-Fiルーターサービスの月額料金ですが、これらと比べるとその料金の安さがわかります。 「どんなときもWiFi」がいかに安いかが実感できますね。 支払い方法は2種類 「どんなときもWiFi」のデータ放題プランは、以下の2種類の支払い方法に対応しています。 クレジットカード払い• 口座振替払い おすすめなのは、 クレジットカード払いです。 データ放題プランは1~24ヶ月目間と、それ以降では料金が変わります。 しかし、 すべての期間において、クレジットカード払いの方が500円安くなるので、できる限りこちらを選択した方がお得です。 値上がりが気に入らない場合は無料で解約もOK スマホやWi-Fiルーターといった通信機器の料金プランは、「契約から〇ヶ月後に値上げになる」というものが非常に多いです。 「安い!」と思って契約しても、1年後に1,000円以上値上がりしてしまう料金プランも少なくありません。 月々の支払いを見て、何かがおかしいと思って料金表に目を通してみると、小さい文字で「1年後に値上がりする」と説明されているケースも…。 だからといって解約金を払うのももったいない気がして、泣く泣く料金プランを継続してしまった、という経験のある方は結構いるのではないでしょうか。 「どんなときもWiFi」の「データ放題プラン」は、 クレジットカード払いなら• 1ヶ月目~24ヶ月目まで: 3,480円• 25ヶ月目以降: 3,980円 となります。 よって、契約から2年後には値上げしてしまうのですが、ちょうど2年目にあたる25ヶ月目には、解約金なしで解約することが可能です。 つまり、 2年後に値上げはあれど、それに納得できないのであれば、無料で解約することができるということ。 もっとも、値上げしても月額料金は4,000円以下です。 これでデータ量が無制限で利用できるわけですから、非常にお得と言えるでしょう。 世界107ヶ国で海外利用できる! 一般的に、スマホやWi-Fiルーターの通信料金や内容は、国内と国外で異なるものです。 特に、Wi-Fiルーターは利用できる国が決まっているほか、基本的には空港でレンタルすることになります。 海外利用する際は、オプションの追加が必要です。 また、通信料金も従量課金制で、高めになる傾向があります。 一方、「どんなときもWiFi」を海外で利用する場合、 空港でのレンタルやオプション追加加入などの手続きは不要です。 変えなければならないのは、手持ちのWi-Fiルーターの設定のみ。 ただし、 高速通信が可能なのは1日1GBまでです。 それを超えると低速通信となります。 国内と同じようにデータ無制限で使えるわけではない点には、注意が必要ですね。 利用開始までがスピーディ Wi-Fiルーターの強みと言えば、申し込みから利用までのスピードの速さです。 例えば、自宅にインターネットのための光回線を申し込んだ場合、申し込みから利用開始まで1ヶ月以上かかる場合も。 しかし、Wi-Fiルーターであれば、申し込みから数日~1週間で利用できるようになります。 これは、「どんなときもWiFi」でも同じです。 申し込み手続きが完了すれば、端末が最短で即日発送されます。 また、申込内容に不備がないことが前提です。 また、端末の 送料が日本全国どこでも無料である点も嬉しいポイントですね。 「どんなときもWiFi」を利用するまでの流れ ここからは、「どんなときもWiFi」の申し込みから、インターネットを使えるようになるまでの流れを説明します。 大まかな流れは以下のとおりです。 支払い方法• 料金プラン• 端末の選択• 対象機種• 各種オプションの選択• 各個人情報、クレジットカード番号などの入力 入力項目に特殊なものはありません。 スマホなどをオンラインショップで購入するときとほぼ同じです。 「どんなときもWiFi」は、料金プランや端末が1種類しかないため、入力は想像以上に簡単かつスピーディーに終わります。 選べる端末は1つだけ! 「どんなときもWiFi」で用意されているWi-Fiルーターは、以下1機種のみです。 どんなときもWi-FiのWi-Fiルーター 機種名 D1 レンタル料金 無料 下り最大速度 150Mbps 上り最大速度 50Mbps 同時接続台数 5台まで カラー ゴールド、グレー カラーは2種類用意されているので、申し込み時はこの部分だけ選ぶことになります。 申し込み完了後の手続き 申し込み完了後は、「どんなときもWiFi」側の開通審査を行い、それが通れば申し込み完了となります。 申し込み内容に不備がある場合は、申し込み時に記入した電話番号宛てに連絡が来るので、何の音沙汰もなく審査に落ちて端末が届かないということはありません。 端末の発送 申し込み後の手続きが完了すると、端末が発送されます。 申し込みが平日13時、土曜11時までに受付された場合、手続きがスムーズに進めば、当日に端末が発送されますよ。 端末到着から利用開始まで 端末が自宅に届いたら、同梱の設定ガイドに従って、利用設定を行いましょう。 あとは、各種端末とWi-Fiルーターを接続すれば、インターネットが利用できます。 次の章では、「どんなときもWiFi」の注意事項について解説していきます。 「どんなときもWiFi」で注意すべきこと これまで「どんなときもWiFi」のメリットについて説明してきましたが、注意すべきことももちろんあります。 ここでは、損をしないための注意事項をまとめました。 人気が殺到しすぎて予約扱いになる可能性も 「どんなときもWiFi」は、サービス内容が良過ぎるため注文が殺到しており、端末の在庫不足が発生しています。 よって、 申し込みをしてもすぐには端末が届かないかもしれません。 端末の在庫不足はまだまだ続きそうです。 契約を考えている方は、早めに申し込むことをおすすめします。 「どんなときもWiFi」の解約金 「どんなときもWiFi」のデータ放題プランは、「2年縛り」のプランです。 よって、 更新月以外に解約してしまうと解約金が発生します。 契約期間 解約金 0〜12ヶ月目 19,000円 13〜24ヶ月目 14,000円 25ヶ月目 無料 26ヶ月目以降 9,500円 表のとおり、更新月である25ヶ月目の解約は無料ですが、それ以外は有料です。 特に、 早い時期の解約は解約金が高額になりますので注意してください。 データ無制限Wi-Fiで快適なネット環境を! 今回は、斬新なサービスで大人気の「どんなときもWiFi」について解説しました。 月額3,480円で月に使えるデータ量は無制限!• 大手3キャリアの電波を併用できるため、電波の範囲と安定性が非常に優秀• 海外利用もでき、世界107ヶ国で使える• 申し込みから端末が自宅に届くまでの期間が非常に短く、最短で申し込み日に端末発送が可能 近年は、動画やゲームアプリなど、通信容量の多いコンテンツがどんどん発展してきているため、月に使えるデータ量への需要はますます高まっています。 しかし、毎月のスマホ代において最も料金がかかる部分もまた、データに関するところなのです。 そんな状況の中、「どんなときもWiFi」のデータ無制限で3,480円というのは、もはや破格の域。 データ無制限に魅力を感じた方はぜひ「どんなときもWiFi」をご検討ください。

次の