しそ と 大葉 の 違い。 大葉とシソ(紫蘇)の違いは名前だけ。何で違うの?

「違いの雑学」シソと大葉の違いとは?

しそ と 大葉 の 違い

シソと大葉の違い 刺身に添えてあったり、刻んで薬味に使ったり、名わき役として料理に彩りをそえてくれる野菜に大葉があります。 まったく同じものなのに、シソと呼ぶときもありますね。 さて、 シソと大葉の違いってわかりますか? 参考: wikipedia シソとは? シソとは、 シソ科シソ属の植物です。 いろんな品種がありますが、食用にされるのはアカジソとアオジソです。 アカジソは梅干しを漬けるときに色づけのために使われます。 アオジソは薬味や天ぷら、和えものなどに使われます。 大葉とは? 大葉とは、 アオジソの葉の部分を指した呼称です。 かつてアオジソを販売するときに芽と葉を区別するために葉の部分を「大葉」と呼んで出荷したそうです。 販売するときに区別するために考えられた名前がいまでも続いているようです。 どちらかというと、関西では大葉と呼ばれる傾向が強いとも言われています。 シソと大葉の違いまとめ.

次の

大葉と青じそに違いはある?しそと一緒?名前や呼び方が違うのはなぜ?

しそ と 大葉 の 違い

青じそと大葉の違い・・・実はなかった! 青じそと大葉、その違いはどこにあるのでしょうか。 実は大葉とは青じその葉のことを指しており、両者に違いはありません。 なので、料理のレシピで青じそと書かれていたら、スーパーで大葉を買ってきて使っても全く問題ないのです。 それでは、なぜ青じそは青じそと大葉の二通りの呼び名が定着してしまったのでしょうか。 大葉という呼び名は芽じそや穂じそと区別するためにつけられた 青じそが大葉と呼ばれるようになった理由は、青じその芽や穂と区別するためにつけられたからです。 家庭の食卓ではあまり用いる機会はないと思いますが、青じその芽や穂は薬味や飾りとしても料理に用いられます。 居酒屋などで外食した時などにお造りを頼んだら、小さなかわいらしい丸い植物の葉たちがお刺身に添えられているを見たことはありませんか。 あの小さな双葉は青じその芽だったのです。 また、穂じそは小さなかわいらしい花をつけるので料理の添え物として使われたり、季節の天ぷらの素材として用いられたりしています。 このように青じそは様々な部位が料理として使われますから、出荷側が青じその葉と芽じそ・穂じそをわかりやすく区別するために、青じその葉を大葉と呼称するようにしたのです。 それから大葉という呼び方が一般的に広く浸透したため、今では青じその葉のことを大葉と呼ぶにとどまらず、大葉の種という表記で青じその種が販売されるなど、あたかも大葉という野菜があるかのように使われるようになっていきました。 つまり、青じその葉を指していた大葉が、青じそという野菜自体を呼ぶのにも使われるようになったため、あたかも大葉という野菜があるかのような認識が広がっていった、と考えられます。 まとめ ・大葉とは青じその葉を指して使われていた呼称であり、青じそと大葉との間に違いはなく同じものを指していた ・大葉という呼び方が浸透していくと、青じそという野菜自体を指すように大葉という呼び方が使われるようになっていった 青じそと大葉が同じものだとわかったら、もうスーパーで迷うことはありませんね。 青じそは健康に良い栄養素をたくさん含んでいますので、料理にぜひ活用しましょう。

次の

そうだったのか!「紫蘇」と「大葉」の違い

しそ と 大葉 の 違い

大葉とえごまの違い えごまは、大葉やシソと同じシソ科シソ属の植物です。 見た目は大葉にそっくりですが、香りはゴマに似た風味を持っています。 刺身などに添えられることもあるほか、韓国料理でよく使用されます。 大葉と同じようにつまものとして使われることはありますが、特徴である香りが大葉とえごまとでは異なりますので、大葉をえごまで代用するのは難しいでしょう。 それぞれの良さがありますから、ぜひ使い分けていただきたいと思います。 シソは葉だけでなく実や芽、花穂の利用ができましたが、えごまも葉以外の利用方法があります。 例えば、えごまの実はつぶつぶがけしの実に似ていて、ゴマに似た香りが強く感じられる香ばしい食べ物です。 食感の楽しさと香りの豊かさから、ゴマのように料理に振りかけて楽しむことができます。 えごま油 また最近注目されているのが、「えごま油」。 血中脂質のバランスを整えてくれる働きがあるため、健康効果が期待されています。 大葉とシソとえごまの見分け方 大葉は売り場では大葉ともシソとも書かれていることがありますが、同じ植物を指します。 一方、大葉とえごまはとても見た目が似ていますが、違う植物ですので見分けることができます。 特徴は、 えごまの葉は大葉と比べると輪郭がまるっぽくあまりギザギザしていないというところです。 大葉は葉の輪郭がギザギザとしていて、少し縮れたようになっています。 また味わいも大葉よりもえごまの方がややクセが強く、わずかに苦みを感じます。 まとめ とても似た見た目をしている大葉、シソ、えごまの違いについてご紹介しました。 大葉とシソは同じ植物で、青ジソの葉の部分を大葉と呼びます。 大葉とえごまは同じ科・属の植物ながら別物で、丸っぽい輪郭をしているのがえごま、ギザギザしているのが大葉と見分けることが可能です。 いずれも香り高く、料理のアクセントとして重宝する野菜です。 葉の色が濃く、葉先までピンとしているような新鮮なものを選んで、様々な料理に添えてみてください。

次の