タイピング練習 文章 おすすめ 文章。 文章力が最速でプロレベルになる方法

タイピングを早くするコツと練習方法を紹介!入力効率を爆上げ!|とにかく、すきなことだけ

タイピング練習 文章 おすすめ 文章

音声入力が少しずつ浸透してきてはいますが、まだパソコンでの文字入力はキーボードが一般的です。 慣れてしまえばブラインドタッチもできるようになりますが、キーボードの独特な配置を覚えるには相当の時間と入力回数が必要になります。 ただ文字を打つだけではいつまで経っても覚えることはできないですし、楽しいわけがありません。 子供にタイピングを覚えさせたいけどなかなか続かなくて困ったという経験はないでしょうか。 実は、タイピングを楽しく覚える方法がちゃんとあるんです。 タイピングソフトとも呼ばれ、ゲームの進行にタイピングを用いたもので、大人はもちろんタイピングを初めて練習する子供にもおすすめできます。 この記事で詳しく解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。 かな入力とローマ字入力で、メジャーなのはローマ字入力です。 かな入力ではかなの配置以外に、ローマ字を入力する場合のローマ字の配置も覚えなくてはなりません。 しかしローマ字入力なら、ローマ字の配置を覚えるだけでタイピングができるからです。 ただし速度面では、かな入力がローマ字入力に勝ります。 ローマ字入力は母音以外の1つのひらがなを入力するのに、2回のキータイピングが必要です。 一方でかな入力はどのひらがなも、基本的に1回のキータイピングで入力できるからです。 どちらの入力がいいか迷っている場合は、かな入力とローマ字入力の両方に対応したタイピングソフトにしましょう。 1つに絞る場合は、メジャーなローマ字入力を習熟するとよいでしょう。 タイピングソフトには「ひたすらタイピング」「ゲーム感覚で楽しめるソフト」「難易度選択があるもの」「子供向けの優しいもの」など、様々なタイプのものがリリースされています。 基本的には「自分がタイピングの練習をしていて、楽しめるもの」が最適です。 まず 自分のレベルにそのタイピングソフトが、合っているかどうかを考えましょう。 初級者なのにホームポジションも学ばずに長文のタイピングをしても、あまり意味がありません。 初級者の場合はホームポジションが学べるもの、ブラインドタッチに習熟できるソフトを選びましょう。 お子様にタイピングの練習をさせるなら、ひらがなのルビが振ってあるソフトや、絵柄や例文が子供向けのタイピングソフトを選びましょう。 点数やポイント、打鍵数が記録されたり表示されたりするソフトは、自分の上達がわかるのでやる気も出ますよ。 タイピングソフトでは例文の量が豊富なものを、選ぶようにしましょう。 タイピングソフトのスコアに夢中になって、例文を覚えてしまうと指に癖が付いてしまいます。 例文を覚えてしまって、その運指が癖になってしまうと意味がありません。 同じタイピングソフトでずっとタイピング練習をしていて、他のタイピングソフトを練習してみると唖然とすることがあります。 慣れない例文に、タイピングが遅くなるからです。 どんな文章でもタイピングできるように、例文の豊富なタイピングソフトを選びましょう。 単身でタイピングするにはゲーム要素が必要ですが、ゲーム中心で例文が少ないとその弊害が顕著に出ます。 タイピングソフトには無料のものも多いですから、いろいろなタイピングソフトで練習するのも、1つの解決策です。 media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. media-amazon. amazon. afl. rakuten. 218bc1d1. 17b592bd. rakuten. rakuten. valuecommerce. shopping. yahoo.

次の

長文の文章のタイピング練習方法・おすすめの例文・ツール・コツ

タイピング練習 文章 おすすめ 文章

この2つは同じように見えて、実は違います。 違いはなんでしょうか? それは、手段が決まっているか決まっていないかです。 という考えです。 ほとんどのユーザーは文書の作成速度を早めるには、 「タイピング」の速度が重要と考えています。 しかし、そこに大きな盲点があります。 実は、タイピングを速めること以外にも、 文章の作成速度を速める手段があるんです。 そこで今回はタイピング上達のコツ以外にも、文章の作成速度を向上させる裏技をお教えします。 とは言え、最初から裏技に頼ってはいけません。 こんな前振りをしておいて何ですが、タイピングに慣れていない人はまずは基礎を学んでください。 タイピングの基礎を学んでからではないと、裏技も100%活かすことは出来ないのです。 裏技もタイピングも100%活かせるようにコツを掴みましょう! ・タイピングに慣れていない ・タイプミスが多い あなたはどうですか? 苦手が分からなければ、下記のタイピングゲームでテストしてみると良いですよ! 【リンク:】 テストを受けると、自分が出来ていない箇所が数字として表れるので、自分の腕前を客観的に判断することができます。 テストの結果が散々でも不安にならないでください。 キーボードは1874年からずっと続いてる歴史的なデバイスです。 一見すると複雑そうかもしれませんが、200年近く使われているのは 「誰でも扱える」からです。 誰でも扱えるからこそ、長い間形を変えずに残ってきたのです。 だから、安心してください。 この講座に書いていることを守れば、自由自在にキーボードを操れるようになるはずです。 タイピングのコツ:ホームポジションを意識しよう タイピングにあまり馴染みがない人は、まず最初に ホームポジションを意識するのがコツです。 ホームポジションはタイピングの基本の基です。 ホームポジションとは、指を動かしてタイピングした際に、戻ってくるポジションのことです。 このポジションに指を戻すことで、自分の指がどこにあるのかを把握できます。 つまり、ホームポジションに指を置いておけば、 キーボードを見ないで入力が可能になるんです。 ホームポジションの場所 キーボードの中に少しだけ出っ張っているキーがありませんか? そう「F」と「J」ですね。 この出っ張りは飾りで付いているわけではありません。 ここがホームポジションの場所を伝える目印です。 「F」と「J」に両手の人差し指を置き、親指以外4本の指を一列に置きましょう。 言うなればタイピングの構えですね。 キーボードに置いた4本の指には、それぞれ持ち場が決まっています。 それぞれの指は押す場所が決まっており、 この通りに指を動かせば 安定してミスのないタイピングが可能になります。 将棋の駒みたいですよね。 駒も盤上で動かせる範囲が決まっています。 それではもう一度、 それぞれの指の動きを確認しましょう。 この表はこの先もずっと使います。 印刷などをして、常に目に見える所に置いておきましょう。 そして、この動きを「ぼんやり」でいいので覚えましょう。 最終目的は「キッチリと覚える」ことですが、 それは練習すればいつの間にか覚えています。 なので、ある程度ホームポジションを覚えたら、後は練習あるのみです。 練習方法 ホームポジションを理解したら、さっそく文章を書きましょう。 実際に文章を書くのが一番の練習方法です。 毎日30分ほどタイピングを繰り返せば、いつの間にかタイピングは上達しています。 ただ、その際にキー配置を見ないようにしましょう。 手元を見ないでタイピングすることを 「ブラインドタッチ」と言います。 最初は感覚でもかまいません。 「ここら辺かな?」と思いつつ、キーボードを見ないようにするのが上達のコツです。 下を見ないようにして感覚だけでタイピングすれば、徐々にブラインドタッチができるようになります。 ブラインドタッチができるようになれば、文章を書く速度はグッと向上します。 なので、何度も間違えながらキーボードの配置を指に覚えさせましょう。 見ないで全てのキーを打つのは大変そうに思えますが、 実際にタイプするキーの数はそこまで多くはありません。 27個あるアルファベットキーうち、主に使うのは 20個ほどです。 それくらいなら誰でも簡単に覚えることが可能です。 なので、ひたすらに打つべし打つべし。 先ほど紹介したタイピングゲームも練習には最適です。 文章を書く合間にタイピングゲームで意識的に練習するのも大切です。 遊びながら学習することができるので、毎日コツコツ練習できます。 するといつの間にやらスラスラと文章を書けるようになるはずです。 これは本当のことです。 どんなにタイピングが遅くても、毎日キーボードを叩けば速くなります。 タイピング速度が遅い人に足りないモノ。 それは 経験なのです。 ここで学んだことを忘れないように、練習を繰り返しましょう。 タイプミスを減らすコツ ホームポジションを意識し、ブラインドタッチがある程度出来るようになっても、タイプミスは起こるモノです。 タイピング速度は上がったけど、タイプミスが多くて遅いまま。 そんな人は、焦らずにゆっくりとタイピングをするのがコツです。 普段よりワンテンポ遅くタイプしてみましょう。 流れるように美しくタイピングする姿に憧れる気持ちもわかりますが、 まずはタイプミスを減らすことが大事です。 むしろ、タイプミスした単語を修正しなくて済む分、 結果的にタイピングが速くなるはずです。 また、タイピングとは「無意識の動作」です。 あなたは誰かと会話するときに喋る内容を全て頭に浮かべてから話しますか? 歩くときに右脚を出して次に左足を・・・・・・ などと考えますか? それと同じようにタイピングも、頭に浮かんだ文章に指が反応してキーボードを叩きます。 タイプミスが多い人は、まだ 無意識の動作が不安定なのかもしれません。 自分の指がどう動くのかを明確にイメージすること、頭に浮かんだ文章をハッキリと意識することが改善のコツです。 つまり、 「なんとなく」を減らして、意識的に文章を打つ練習をすればいいのです。 意識的なタイピングに慣れてから、徐々に無意識的なタイピングに移していくと良いでしょう。 タイピングの裏技を知りたい人へ さて、いよいよ裏技を紹介する時が来ました。 「タイピングをしたことがない」 そんな人にはあまり効果がありませんが、この記事を実践出来る人なら使いこなすことが可能でしょう! 誰でも劇的に入力速度が速くなる裏技。 それはお使いのIMEによく使う言葉を登録することです。 IMEとは、キーボードで入力した文字を補助してくれるソフトのこと。 「Microsoft IME」や「Google日本語入力」や「ATOK」が有名である。 例えば、「お世話になっております。 〇〇です。 」 「引き続き何卒よろしくお願いいたします。 」 ビジネスメールなどで腱鞘炎になるほど、打ち込んできたフレーズがあると思います。 よく使う言葉をIMEに登録すれば、 「いつも」と打つだけで 「いつもお世話になっております。 〇〇です。 」 と変換されるようになります。 このように細かい文章を全て登録すれば、 圧倒的な速度でメールを作成することが可能になります。 また、予測変換などの補助機能が付いた 「Google日本語入力」や「ATOK」などもおすすめです。 タイプミスを劇的に減らせる裏技 タイプミスを自動で修正してくれるIMEを使う裏技もあります。 一太郎スマイルなどで有名なジャストシステムが開発している「ATOK」には、 自動でタイプミスを修正してくれる機能が付いています。 このように、利用者のタイピングを学習して、よく間違える言葉を修正するのでタイプミスは減ります。 誤字を修正してくれる機能があるIMEを使うのも一つの手です。 ツールはズルい? 予測変換の活用や定型文の登録などは、少しだけ 「ずるい」と思うかもしれません。 ですが、私たちの目的は自分の力でタイピングを上達させることではありません。 タイピングは手段であり目的ではないはずです。 文章を書いて人に届ける。 それが私たちの目的のはずです。 なので、結果的に文章の作成速度が向上するのなら、何を使っても構わないと思います。 人間の作業を補助する便利なツールは使わない手はないはずです。 どんどん利用して効率的にタイピングをしましょう。 もちろん、タイピングの基礎を知ることも大事です。 この基礎を知らないでツールだけに頼ってしまうと、ツールがサービスを終了した場合や、他のパソコンを使うときに対応することが出来ません。 なので、ツールを使いつつも、タイピングの基礎を練習するのが良いでしょう。 ・タイプミスが多い。 ・キーボードに慣れていない。 ・ホームポジションを覚える。 ・ひたすら文字を書く。 ・下を見ないでブラインドタッチ。 ・落ち着いてワンテンポ遅くタイプする。 ・意識的に指を動かす。 ・IMEに定型文登録する。 ・予測変換や誤字修正機能のあるIMEを使う。

次の

文章力が最速でプロレベルになる方法

タイピング練習 文章 おすすめ 文章

はじめに パソコン打つの大好きな、ほうじょうです。 今回は 1分間に300打を打つことが安定している私が タイピング練習に使ったサイトをご紹介します。 タイピング速度を上げるために役立ちます。 みなさんはタイピング早くなりたいですよね? 私はもっと早くなりたいです! 文章を打つのもデータを入力するのもタイピングが早くないとつらいですからね……。 ですが、裏を返せばタイピングさえ早ければ気持ちよくパソコンを扱うことができます。 皆さんには私がをするために練習した経緯をお話しします。 私も最初は当然などできませんでした。 しかし、あるひとつのことを意識することでができるようになりました! それはという手の位置を体に叩き込むことです。 とは、左手の小指をaに薬指をsに中指をdに人差し指をfに置き、 右手の人差し指をjに中指をkに薬指をlにおくことです。 言葉だけではわかりづらいので、図をご用意いたしました。 をするためにはこのを崩さずにタイピングすることが一番重要です。 これができなければ、キーボードの位置を覚えることも難しいです。 とにかく指を特定の位置に置くことに慣れましょう。 100回ぐらいに指を置けば何となく癖になると思います。 なくして、タイピングなしです。 まずは型を取得する。 スポーツでもお仕事でも、なんでも重要ですね。 早さよりも正確性 早く速くタイピングしたいという方。 焦らないでください。 焦りが一番タイピングの習得を妨げます。 ゆっくりとでも正確にタイピングを続けることで結果的にタイピング速度は速くなります。 理由はただ一つ、間違えたら、修正する必要があるからです。 修正するためにはバックスペースを押す必要があります。 バックスペースを押して、もう一度押しなおすというだけで非常に大きな手間です。 1度打つべきものが2度打つ必要が出てきます。 単純に労力が2倍です。 そのため、速度が半分であっても、2倍速で間違え続けるよりもずっと早くタイピングすることができます。 長文タイピングのすすめ みなさんは何のためにタイピングを取得したいとお考えですか? 私の場合は文章を可能な限り早く打ち込みたかったからです。 多分、文章を早く打ちたいとかデータ入力を早くしたいとかそういう意図が皆さんにもあると思います。 どのような目的でも私は長文タイピングをおすすめしたいです。 理由は画面の切り替わりが少ないからです。 もしかすると、長文は難しいのでは?とお考えの方もいらっしゃるかもしれません。 しかし、実は長文のほうが楽なのです。 なぜなら、表示速度が全く違うからです。 単語タイピングですと、毎回画面が切り替わります。 正直反射神経を求められます。 みなさんは反射神経に自信がありますか? (私はちょっと自信があります。 ) 自信があるかどうかにかかわらず、反射神経を使う時点でそれは手間です。 単語は毎回画面が切り替わります。 それに対して長文タイピングはだいたいの打つべき文章が画面にすべて表示されます。 単純に度が違います。 総合的には長文タイピングのほうがたくさん練習できます。 だから、私は単語タイピングを繰り返すよりは長文タイピングを繰り返すほうをおすすめするのです。 後、文章のほうが楽しいです。 ランダムに単語が配列されるよりは 規則性のある文章を打つほうが気が楽です。 とにかく、長文タイピングはおすすめです。 難しそうだなあと避けていた方もちょっとやってみてください。 結構楽しいです。 おすすめ長文タイピングサイト そこで今回は面白い長文を載せてくれている無料のタイピングサイトを3種類ご紹介します! ちなみに、タイピングの正誤率を表示してくれるタイピングサイトで 自分がどれぐらいタイピングで間違いやすいかを確認するのがおすすめです。 速度よりも正確性を重視したほうがいいですからね。 正確性さえ身についていれば、あとは繰り返せば速度が伸びます。 上で述べたことに合わせて、おすすめのタイピングサイトをご紹介します。 ちなみに「タイピング 長文」でインターネット検索すれば、 上位3位に表示されます。 成功タイピングだけわかりづらいので、ご注意を。 成功タイピング 系の文章がたくさんあります。 このサイトの文章が個人的に打っていて一番楽しいです。 一番文章が整っていますので、打ちやすいです。 最近は基本的のこのサイトを利用しています。 思考の整理方法や計画の立て方など多種多様な長文がありますので特におすすめです! もっと詳しく書いた記事もございます。 とにかく、参加人数が多いサイトです。 毎月新しい課題文が出て、直ちにランキングに反映されます。 日本で自分がどれぐらいタイピングが早いのか、わかりやすいサイトです。 (基本的に自信がある人しか登録していないので、めっちゃくちゃスコアが高いのはお気になさらず……。 私も気にしてません()。 ) 文章のあらが目立ちます。 ですが、むしろ正確に打つという点では難易度を高めてくれるので 本当に初心者から上級者までおすすめです。 [上級編] 長文タイピング練習 少し古めのサイトです。 しかし、おすすめな点は1回ミスをすれば、1秒制限時間が減ることです。 ミスがタイピング速度に直結することを身をもって知らしめてくれるサイトです。 基本的に最後までいけないということはご注意ください。 私もいまだ最後までたどり着いていません。 正確性を意識するためにはこのサイトを利用するのが効率がいいです。 サイト選びはとても重要です。 多くの補助が受けられるサイトでストレスなく練習できることが最効率のタイピング向上につながります。 同じ文章を何度も打つ 皆さんの中には同じ文章を打つのは何か気が引けるなあと感じられている方がいらっしゃるかもしれません。 同じ文章を打つのは意味がないんじゃないかというお気持ちはわかります。 私もそうでした。 ですが、タイピング練習を続けるうちに気づきました。 同じ文章でも5回連続で100%正確に打つのは非常に難しいということに、です。 タイピングでは正確性が一番重要だと何度も強調してきました。 その正確性を最も高めてくれるのが同じ長文の繰り返しです。 私は何度も同じ文章を繰り返して、練習しました。 3桁同じ文章を打ち込みました。 それでも、5連続で100%を達成したことはありません。 同じ文章を繰り返すことは退屈なことではありません。 むしろ、正確性を求めるほど難しくなるのです。 私はここで楽しくなってしまい、タイピング練習にすっかりはまってしまいました。 その結果、ゆっくりとでもだいたい300打を98%ぐらいの正確性で打つことができるようになりました。 とにかく反復です。 反復せずして、タイピングなし、です。 さあ、反復しましょう! 反復です! まとめ 今回はタイピングの速度を上げるために自分が意識していることを ご紹介しました。 私などは1分間にゆっくりと打って、300打程度の若輩者です。 安定して、400打を叩き出し続ける猛者も数多くいます。 などですと、本当に上がはるか彼方に感じられます。 上には上がいます。 しかし、一分間に300打程度打てれば、議事録で誰が発言をして、 どのような発言をしたかまで書くことができます。 ブログを書く速度も上がります。 自分のタイピング速度に自信がないという方は タイピングサイトに1日1度赴いて、一度練習をしてみてください。 やってみれば、案外楽しいものです。 皆さんにはとにかく正確性を意識して、タイピングをしてほしいです。 勝手に早くなっていきます。 早くタイピングしようと焦るとミスが増えて、逆に速度が落ちます。 とにかく正確性を意識することとひたすら同じ文章を反復すること。 それを繰り返せば、だいたい1分間に300打まで行けます。 この記事が皆さんのタイピング速度が速くなる手助けになれば、 幸いです。 ご読了ありがとうございました。

次の