劇団ひとり 幼少期。 渡辺直美の幼少期の行動に小泉孝太郎と劇団ひとりドン引き?空腹を満たすためにしていたこととは♡

劇団ひとり、ゴルフはクラフトマンさながら!? そのハマリぶりとは…

劇団ひとり 幼少期

渡辺直美さんは今でこそとても有名になり裕福な生活や食事をしていますが、実は幼少期の頃は家庭が貧しすぎて食事もろくに取れなかったと本人が多数の番組にて語っていました。 今回の企画クイズッスではその幼少期の時代の頃にしていた話を掘り下げました。 明日も9時45分すぎ~、?? THE ALFEE …世界でひとつのゴジラギター披露? それは一体なんでしょう?」とのクイズの出題が出さると、MCの加藤浩次さんは真剣な顔で「弁当泥棒でしょ」と発言しスタジオは大爆笑に包まれました。 他にも「早朝のスーパーのパンを盗む」などの発言をし、天の声さんからは「テレビ史上、回答が窃盗になるクイズはない!」と喝が。 正解は、「食べたいものが載っているチラシをなめる」でした。 答えを聞いた瞬間、スタジオは大爆笑。 お腹がすいたら好きな食べ物に丸印をつけて食べたことにして満足していたそうなのですが、いつの間にか我慢が出来なくなり、チラシをなめて空腹をしのいでいたとのこと。 同じく番組宣伝で出演していた劇団ひとりさんからの「いけないことだと分かってたの?」と聞かれると、「わかってます、紙なめてるだけですから」と渡辺直美さん自身も大爆笑しながら語っていました。 そんなことをしていた反動で、今こんなに大きくなっているんじゃないかなと冷静な判断も見られました。 ちなみに後付けで、天の声さんからは渡辺直美さんがその頃1番美味しく感じたのは「モスバーガーのチラシ」とのことでした。 そんな渡辺直美さんが出演している番組「なんでそんなに高いのか!?」は10月31日11時59分から放送されます。

次の

劇団ひとり (げきだんひとり)とは【ピクシブ百科事典】

劇団ひとり 幼少期

gsj. html? gsj. htmlに引き続き、お笑い芸人の劇団ひとりさんが登場しました。 丸山:なるほど。 ひとり:タロット占いも教室に通ってやりましたし。 丸山:嘘でしょ(笑)。 ひとり:乗馬教室にも通いましたし、僕なんでもやるんですよ。 最近だと、3Dプリンターとか。 何もわからないけどやり始めて。 やってみて、飽きたらそれでいいやと。 丸山:うん。 丸山:ひとりさん、ギアが大好きでしょ? テレビで観てビックリしたもん。 自分でシャフト交換みたいなことをやろうとして。 技術論云々にハマる前にそっちに走っちゃったの? ひとり:(スコア)100を切る前からギアに凝り始めましたから(笑)。 丸山:うん。 それで自分で調整してラウンドしたら、たまたまうまくいっちゃったんですよ。 丸山:あぁ〜(笑)。 それからはもう沼ですよね。 あらゆる工具を買って、(クラブの)重さ、長さ、振動数を全部エクセルに打ち込んで、それをグラフ化して……。 丸山:えぇ〜っ!? ひとり:でも、ギアはギア、ラウンドはラウンドって気持ちを切り替えているんですよ。 じゃないと、ギアを全部調整してラウンドして、最初のティーショットで曲がっちゃったら、もう楽しくないんですよ。 もうギアのことを考え出しちゃうから(苦笑)。 丸山:いやいや、そこは自分を変えないと(笑)。 ひとり:だから、ラウンド中はゴルファーで、ラウンドが終わったらクラフトマンと(笑)。 そう切り替えて混同してラウンドしちゃわないように。 丸山:1回も技術論が出てこないね(笑)。 ひとり:ハハハ! 僕ね、いまやりたいのは、誰かのギアを調整してその人にいいスコアで回ってもらいたい(笑)。 丸山:ハハハ! それもうクラフトマンじゃん(笑)。 重心距離とか頭に入っているんだね。 (プロの)現場で採用されるかもしれない。 こういうスイングをする人には、こういうクラブが合っているってところまで突き詰めたら、クラフトマンとして一流選手につける可能性がありますよ。 ひとり:うれしい。 僕、キャンピングカーを持っているから、車内を工房にしてラウンドについて行って(笑)。 やりたいな〜。 丸山:向いているかも。 全然ボードを見ない人もいます。 ひとり:人によって違うものなんですね。 丸山:自分の世界観をどうつくるか。 僕はね、スーパスターと一緒に回るほうが楽なんですよ。 すごく注目されている選手と回ると、その人にみんな注目が集まるから、自分が楽になる。 ひとり:なるほど。 そうすると、逆にいいスコアになるんですよ。 (気持ちが)楽になるから。 ひとり:へぇ〜、一緒に回る人で全然違うんですね。 丸山:本当? ひとり:ボードを見る見ないも、芸人がライブとかで出番を待っているときに、前の芸人をずっと見る人と見ない人がいるんですよ。 僕は見ない。 丸山:なるほどね。 だから見ないほうが自分のペースでできるんですよね。 かといえば、ずっと舞台袖でかじりついて見ている人もいるし。 丸山:僕はそっち派ですね。 僕は全員のショットを見ちゃう。 何番で打っているのかな、とかね。 丸山:僕もそっち派です。 ひとり:そうなんですか!? 相手も入れてくるものだと想定しておかないと自分がつらくなる。 ひとり:へぇ〜! 丸山:一瞬の気の緩みが自分に響くんですよ。 丸山:ハハハ! ひとり:周りが成功して、それに自分も引っ張ってもらうってことですね。 確かにそっちの精神状態のほうがいいですね。 次回6月27日(土)の放送は、シンガーソングライターの大黒摩季さんをゲストに迎え、お届けします。 gsj. 音声は「JFN PARK」アプリで聴くことができます。 tfm. instagram. tfm. php? tfm. instagram.

次の

芸人 劇団ひとりさん

劇団ひとり 幼少期

11年6月26日(日)の朝刊にわがブログ名が載っちゃってます。 デーブスペクターの新刊の広告みたいなやつだったんだけど、自慢です。 読売購読者の方はぜひくまなく探してみてください。 さて、劇団ひとりの小説第二段、「青天の霹靂」。 「」がとてもよかったので、文庫化を待つことなくブックオフで見つけた際に迷わず購入。 主人公は轟晴夫。 35歳、金なし夢なし恋人なし。 ちっぽけなプライドばかりが高い典型的なだめなやつだ。 場末のマジックバーで売れないマジシャンをしている。 同じバーでかつて一緒に働いていた後輩は今ではテレビで人気者になっていて、そんな後輩の姿を小ばかにしながらも、心のどこかでずっとうらやましくおもっていた。 そんなあるとき、警察から電話がかかってくる。 その用件は、17で家を飛び出してから会っていない父親の訃報の知らせだった。 父子家庭で育った晴夫にとって唯一の家族だったが、飛び出して以来どうしているかも知らなかった。 警察によるとどうやら父はホームレスをしていたらしい。 晴夫は警察から聞き、父が亡くなった場所に行った。 そしてそこで父の本当の思いに気づき、親を捨てたばかりでなく、ろくな人間にさえなれなかった自分の親不孝を激しく後悔する。 そんな折、青天の霹靂が晴夫を打った… やはり劇団ひとりはダメなやつを描かせると抜群にうまい。 自分は世界の主役で、まさか自分は「普通」になんかならないだろうと信じて生きてきて、今はなんでもないやつかもしれないけれど、いつか一冊の本かなんかと衝撃的な出会いをしてスペシャルな人間になるものだと信じていた。 それがいつの間にか年をとっていて、そんな特別な出会いがあるわけでもなく、「普通」になんかなるもんかと思っていたスペシャルなはずの自分が、「特別」どころか「普通」にさえ遠く及ばないことに気がついている。 そんなやつのくせに、というかそんなやつだからこそ、ちっぽけなプライドが高い。 後輩と好きな女に肉体関係があるのかが気になってしかたないのだけど、どこまで関係が進んでいるのかを尋ねるのにいちいち「鼻毛の処理」をすることで自分なりの「余裕」を演出しなければならない。 そんなダメさゆえに過剰なまでの自意識を抱えた主人公のキャラクター描写が、抜群に可笑しいのだ。 しかし惜しむらくは、物語が進んでいくにつて、そんなダメなやつの魅力がどんどん描かれなくなってゆくところだ。 物語は途中からテーマが<家族愛>みたいな方向に固まってゆく。 それはいいのだけど、その方向に進むにつれて、主人公のダメ人間な魅力が「後悔」の一言で片付けられてしまっているように見える。 それはまるで、映画「ドラえもん」でのび太が急に勇敢になってしまうのを見たときの感じに似ている。 もっとダメなやつのダメっぷりで笑わせてほしかったなと思う。 あくまでも小説を読んで笑いたい男の感想だけど。 ダメなやつらの人生のワンシーンを描いたユーモア短編集。 ダメなキャラクターたちの個性がよく描けていて、おかしくて感動的な一冊。 本当に面白かった。 これが処女作かと驚くほどに。 かなりじっとりした感じがあったけど、そこもまた味としてよし。 芸人本が売れまくってる昨今だけど、これはその系列に並べるのは失礼な気がする。 正統派フィクションとして十分に読めるのだ。 作風としては奥田英朗の『』を彷彿とさせるものがあった。 作風自体もそうなのだが、評価も僕の中ではそれくらい高い。 文庫化もされたし、まだ読んでないならそろそろころあいでは。 なお劇団ひとり実父の川島壮八が書いた文庫版の「解説」も興味深かった。 幼少期にアトピーや喘息に苦しんだ話、仕事の折でアラスカに家族で暮らした話、日本に帰国後勉強についてゆけず落ちこぼれた話、工業高校にはいるもすぐに退学し、結局定時制高校を卒業した話など、テレビでは語られない(?)父親から見た劇団ひとりの半生が綴られている。 本書を生み出すにいたった劇団ひとりのキャラクターを見る眼は、定時制高校の暇な日中やアルバイトによって培われたのではないか、とのことだ。

次の