ラサール 石井 twitter。 [B! あとで読む] ラサール石井 on Twitter: 黒川さんいなくなったからできないのかな、なんて妄想も生まれる。

ラサール石井の投稿に百田尚樹氏が応戦「このバカ、何を言ってるの?」

ラサール 石井 twitter

大阪府の吉村洋文知事(44)が26日、ツイッターを更新。 営業を続けるパチンコ店名公表を批判した、タレントのラサール石井(64)に「お気楽な立場だよ」と苦言を呈した。 石井は、新型コロナウイルス対策の休業要請に応じず、店名を公表されても営業を続けるパチンコ店に客が押し寄せたというニュースに「ほれみろ。 」とつぶやいたタレント・松尾貴史(59)のツイートを引用。 「『皆さん、パチンコ屋が軒並み閉まって大変でしょう。 今ならここが開いてますよお』と宣伝した結果になるの、わからんかったんかな。 」と皮肉った。 吉村氏は、この批判を取り上げた記事に「大阪に700店舗近くパチンコ店があり、休業要請後に120店舗の開店状況と府民の苦情と専門家の意見。 そこから詰めてきた結果の現在公表3店舗」と段階を踏んで店名を公表したことをあらためて説明。 その上で「ここだけ捉えて『分からんかったの?』とはお気楽な立場だよ。 影響力ある立場なら『今だけはやめときましょう』位言えないのかね。 」と、現象の一部分だけに注目した石井の批判に、珍しく感情的な言葉で不満をぶつけた。 引用元:.

次の

ラサール石井「私はアベガーでない」安倍首相批判の正当性を主張?「反対のための反対」を指摘する声も

ラサール 石井 twitter

リンクを埋め込む 以下のコードをコピーしてサイトに埋め込むことができます ラサール石井 on Twitter: "まただよ。 政府が問題を起こし、マスコミがネタにし始めると芸能人が逮捕される。 これもう冗談じゃなく、次期逮捕予定者リストがあって、誰かがゴーサイン出してるでしょ。 "はてなブックマーク - ラサール石井 on Twitter: "まただよ。 政府が問題を起こし、マスコミがネタにし始めると芸能人が逮捕される。 これもう冗談じゃなく、次期逮捕予定者リストがあって、誰かがゴーサイン出してるでしょ。 " プレビュー ラサール石井 on Twitter: "まただよ。 政府が問題を起こし、マスコミがネタにし始めると芸能人が逮捕される。 これもう冗談じゃなく、次期逮捕予定者リストがあって、誰かがゴーサイン出してるでしょ。 "はてなブックマーク - ラサール石井 on Twitter: "まただよ。 政府が問題を起こし、マスコミがネタにし始めると芸能人が逮捕される。 これもう冗談じゃなく、次期逮捕予定者リストがあって、誰かがゴーサイン出してるでしょ。 ブックマークしたユーザー•

次の

パチンコ店巡り吉村知事がラサール石井に反論「お気楽な立場だよ」

ラサール 石井 twitter

ラサール石井のTwitterが炎上した理由は吉村府知事? 最近になってまた、ラサール石井さんのTwitterが炎上していました。 ことの発端は大阪の吉村府知事とのやり取りだったようですが、くわしい時系列で振り返っていきましょう。 まず、大阪の吉村府知事は「パチンコ店への営業自粛」を求めていました。 ほとんどのパチンコ店は素直に従ったのですが、営業を続けるパチンコ店もあったようです。 府民からの苦情や専門家の意見やウイルスの状況を考えて、吉村府知事は「これ以上の営業を続けるなら店名を公表する」という姿勢を取り、結果として公表に踏み切ります。 その結果として「営業しているパチンコ店に大行列」ができてしまい、ラサール石井さんがTwitterで意見した結果、吉村府知事の目にもとまり、意見がぶつかっていきました。 「皆さん、パチンコ屋が軒並み閉まって大変でしょう。 今ならここが開いてますよお」と宣伝した結果になるの、わからんかったんかな。 — ラサール石井 lasar141 この結果、吉村府知事を支持するひとたちから 「じゃあどうすればよかったの?」「代替案も出さずに批判ですか?」などといった発言が飛び交い、結果として炎上につながっていきました。 吉村府知事もこのようなツイートをしてやりあっていますね。 大阪に700店舗近くパチンコ店があり、休業要請後に120店舗の開店状況と府民の苦情と専門家の意見。 そこから詰めてきた結果の現在公表3店舗。 ここだけ捉えて「分からんかったの?」とはお気楽な立場だよ。 影響力ある立場なら「今だけはやめときましょう」位言えないのかね。 — 吉村洋文(大阪府知事) hiroyoshimura お昼の情報番組「ひるおび」でも、この件は取り上げられていました。 吉村知事とのやり取り流すとは思わなかった。 ラサール石井歯切れ悪かったけど、自分は悪くないと言いたいみたい。 あのコメントは「指摘」だったそうだ。 こんな非常時にまで反「体制」の姿勢が好きな子供という印象しか持てない。 — pesutama pesutama どちらの意見が正しいのかは分かりかねますが、ラサール石井さんのTwitterを日ごろからよく思っていなかった人も多いのかもしれません。 吉村府知事はTwitter上で「 吉村寝ろ」というハッシュタグができるくらい、昼夜を問わずコロナ対策に動かれていました。 緊急時に頑張っている人のことを応援したい気持ちは誰しもあるでしょう。 そうした背景があって支持する人が増えていたさなか、ラサール石井さんの「特に代替案のない批判」が燃え上がってしまったのかもしれませんね。。。 なお、この件に関してはラサール石井さんは「自分も大阪出身。 あの発言は心配していたためで、批判するような意図はなかった」という旨を語っていました。 ラサール石井のTwitterは過激発言が多かった! ちなみに、ラサール石井さんのTwitterは「発言が過激」と捉えられてしまうこともありそうです。 少し前に安倍総理が星野源さんとの動画をアップしたさいにも、厳しめなツイートをされていました。 これ何にもコラボってないしセンスの悪い宣伝PV。 みんな工夫していいもの作ってるのになーんも中身なし。 この時世にいい部屋でお茶して犬?庶民の神経逆撫でか。 「世は家でくつろいでおる、民もそうせよ」って王様感まる出し。 どうですか。 むしろ家から出て自力でみんなにマスク配って歩かれたら。 — ラサール石井 lasar141 テレビの露出も多いね。 まるで橋下徹キャンペーン。 新作映画でも撮ったのかな。 — ラサール石井 lasar141 3千億円使って潤うのは誰ですか。 大企業だけでしょう。 五輪で景気がよくなるなんて夢はもう泡と消えました。 企業が儲かるのが景気いいんじゃない。 庶民が明るく未来に向えることがいい景気なんです。 「この戦いは長期戦だ」と言いながら五輪を諦めない。 まるで歯が痛いのにアイス欲しがる子供ですよ。 — ラサール石井 lasar141 なかなかハッキリと物申す人であることが分かります。 深く賛同する人もいるのかもしれませんが、 同時に反対意見を持つ人も多かったのかもしれませんね。 今後もこのようなスタイルでTwitterを使っていくと考えると、また炎上することも考えられます。 ご意見番的な立ち位置になっていくのか、それとも炎上キャラとして確立されていくのか、今後のラサール石井さんのTwitterに注目です。 ラサール石井のTwitterは過去にも炎上していた! 今回、吉村府知事とのやりとりでTwitterが炎上したラサール石井さん。 実は過去にも炎上していたことが分かりました。 元フィギュアスケート金メダリストの浅田真央さんに対して、ちょっと驚きの発言をされていました…! 浅田真央選手といえば国民的スターですので、多くのファンがこれに対して激怒したようです。 元のツイートは削除されているとはいえ、「セクハラです」「下品で幼稚」などという声が寄せられました。 後日、正式に謝罪もされたそうです。 たしかに、発言が過激だなという印象をうけますね。 SNSでの拡散力はかなり強いのですが、年齢のせいもあって慣れていないのかもしれません。 ラサール石井さんのようなテレビタレントさんであれば、特に発言には気を付けているような気もしますが。。 頭がきれる人ではあると思うので、もう少し穏やかに建設的にTwitterを使っていくといいのかもしれないですね。 ラサール石井のTwitter炎上に対する声 ラサール石井さんのTwitterが炎上したことにより、ネット上でもかなり話題になっています。 なかには「またか」的な発言もありましたが、もうしばらくは炎上が続きそうですね。。 ラサール石井、大阪吉村知事に迷惑かけたその御礼に1000万円寄付した方が良いです。 — hisao. hato llJh8vhWUswir3T ラサール高校は訴えていい — ロンリーウルフ haisinkai ラサール石井はこち亀の両津役がピークだったよね。 だけどラサール石井さん、Twitterの威勢はどこへ?と言うごにょごにょ具合でテレビ出演。 どっちが本当なのか…。 ブーメランのように自分に返ってくることはよくあるので、日ごろの発言やSNSの利用には気を付けたいですね。 意見を持つことは素敵なことだと思うので、どのように伝えるのかは考えていきたいところです。 まとめ 以上が「ラサール石井のTwitterがまた炎上した理由は?過激発言は過去にもアリ!」という記事でした。 今後のラサール石井さんのTwitterの使い方にも注目しつつ、炎上なはるべく起こらないことを願います。 誰かが傷つくので、あくまでも建設的にやっていきたいと考える人は多いでしょう。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の