げいにんそくほう。 東方Project (とうほうぷろじぇくと)とは【ピクシブ百科事典】

げいにんそくほう

その年のによって定められる、最もよいとされる。 その方向にがいるとされる。 きっぽう。 明 あ きの方 かた。 吉方とも書き、明方(あきのかた、あきほう)ともいう。 十干 じっかん 十二支の組合せによってその年の恵方を決める。 陰陽道で歳徳神 としとくじん のつかさどる方角をいったものであるが、日本では正月に歳神 としがみ が訪れてくる方角と理解し、門松迎えには自分の山でなくとも、恵方の山から自由に切ってきてよいといったり、鍬 くわ 初めなどの仕事始めに際しても、恵方の田畑で儀式を行う。 元日の朝早く牛小屋を見回り、そのとき牛の向いていた方角を恵方とする例もある。 年の初めにあたって、その方角にある神社や寺に参拝するのを恵方参 えほうまい りという。 朝暗いうちから出かけ、人より先に行ってお札 ふだ を頂いて帰ってくる。 現在は、村氏神に参る初詣 はつもう でと混同し、恵方の社寺に初詣でをしたり、また、社寺や交通業者の宣伝もあって、方角などには関係なく、有名な社寺に参ることが多い。 [井之口章次] 出典 小学館 日本大百科全書 ニッポニカ 日本大百科全書 ニッポニカ について の解説.

次の

東方Project (とうほうぷろじぇくと)とは【ピクシブ百科事典】

げいにんそくほう

だが、新型コロナウイルス(SARS-COV-2)では事情が異なるようだ。 この点について科学界には当惑が広がっている。 新型コロナウイルス感染症「」にかかった子どもは、一般的に大人より症状が軽い。 だが、世界中で症例報告が増え、研究が進むにつれて、若者が新型コロナウイルスに感染して重症化する例がいくつか出てきている。 英国では4月の第1週に(基礎疾患がある)5歳の児童が、ベルギーでは12歳の少女が病院で亡くなり、欧州で最年少の犠牲者となった。 正確な死因はいまだ不明ながら、米国のイリノイ州の幼児についても、新型コロナウイルス感染後の死亡例が報告されている。 多くの学校が閉鎖されているいま、親たちは新しい感染症がわが子に与えるかもしれない影響について心配している。 COVID-19にかかったことが確認された44,672人を対象とした最近の研究では、19歳未満の子どもは感染者全体の2パーセントにとどまり、2月20日までに記録された1,023件の死亡例には含まれていない。 「子どものリスクはあまり高くないようです。 しかし、重症化したり死亡したりするリスクがゼロというわけではありません」とイースト・アングリア大学の医学部教授、ポール・ハンターは言う。 2番目の研究は『Pediatrics』誌に掲載されたもので、新型コロナウイルスに感染し、中国疾病予防控制中心(中国CDC)に報告された2,143人の子どもを対象としている。 これらの子どものうち、およそ半数が発熱やせき、のどの痛み、鼻水、倦怠感などの軽症だった。 厄介なことに、はっきりしたことはわかっていない。 通常、幼児や児童はインフルエンザに感染するリスクが高い。 主な理由は子どもの気道や免疫系が未発達なことにある。 COVID-19の場合、ウイルスはスパイクたんぱく質を利用して、人間の呼吸器細胞に存在する「ACE2」という受容体タンパク質と結合する。 一説によると、子どもの下気道(肺)に存在するこの細胞の鍵穴が少ないため、あるいは細胞の鍵穴の形が異なるため、上気道(鼻、口、喉)のほうが新型コロナウイルスに侵される確率が圧倒的に高いという。 関連記事: あるいは、子どもの免疫系がウイルスに対処する方法に理由があるのかもしれない。 一部の成人では、ウイルス自体ではなく、「サイトカインストーム」と呼ばれる免疫系の過剰反応が多臓器不全を引き起こし、それが死因となっている。 「COVID-19の疾患はほとんどが免疫介在性です。 つまり、体内の疾患の原因は免疫系の活動にあります。 したがって、正常な免疫系をもつ健康な若者も重症化することがあります」。 レスター大学で呼吸器科学の准教授を務めるジュリアン・タンは、サイエンス・メディア・センターへの声明でそう述べている。 子どもの免疫系は活性化してウイルスと闘うことがないため、肺が重大な損傷を免れている可能性もある。 2003年にSARSが大流行したとき、大人とは異なり、子どもは比較的低レヴェルのサイトカイン反応しか示さなかったことが研究によって判明している。 子どもは「無症状キャリア」になる だが、COVID-19の深刻な影響を受けない傾向が子どもにあるからといって、感染を広げる能力がないわけではない。 新型コロナウイルスの感染者が、せきやくしゃみをしたときに鼻や口から飛び出す飛沫を介してヒト・ヒト感染が起きる。 それに、子どもは濃厚接触する。 手洗いを忘れたり、ちゃんとティッシュを使えないこともある。 このため、多くの子どもが「無症状キャリア」となって、ウイルスを広く拡散させる可能性がある。 かぜやインフルエンザなど、ほかのウイルス性疾患で子どもが「スーパースプレッダー」になることはよく知られている。 これは新型コロナウイルスに感染した、ごく軽症または無症状の子どもが、重症化しやすい家族にウイルスをうつす可能性があることを意味している。 学校は病気拡大の温床になりやすいが、英国では学校の閉鎖が多くの懸念と議論を呼んだ。 在宅勤務ができない一部の親は、ウイルスの影響を受けやすい祖父母に子どもの世話を任せるしかなかった。 英国では3月23日以降も学校に登校できるのは、特別な必要性のある子どもや、親が特定の職業に就いている子どもなど、ごく一部に限られている。 「子どもは大人ほど重症化しないことから、学校の閉鎖は簡単な決断ではありませんでした」と、イースト・アングリア大学のハンターは言う。

次の

恵方(えほう)とは

げいにんそくほう

概要 氏が個人で運営する「」が製作している同人作品群の総称。 一般的に、『』や『』と呼ばれる。 これまでに多数のが作られており、ジャンルを問わない多数の二次創作物の存在が『東方Project』を一大コンテンツにさせた要因にもなっている。 においても、『東方』もしくは『東方Project』のタグが付けられている作品は2020年7月時点で を超えており、これはpixiv上の使用タグとしては作者の物である事を示す「」に次ぐ投稿数を誇る や、といった巻き込みそうなタグは除外している。 言い換えるならば「 pixiv上で最も栄えているジャンル」と言っても過言ではない。 この作品はを主軸としたゲームを中心に、書籍、音楽CDなどの幅広い分野から成っている。 特にゲームについては、 プログラム・デザイン・作曲・ストーリー構成など全てがZUN一人によって作られており、他に制作に関わるスタッフは基本的に存在しない。 例外として、弾幕アクションの5作品はZUN監修の下に「」と共同製作し、『』は諸事情からキャラ絵のみ氏が担当した。 また書籍に関しては 後述の書籍の欄を参照。 世界観 結界により現実世界と隔離された土地「」が主な舞台である。 絵柄や初期作品にはの影響があり、特にPC-98版ではが直接登場する。 ゲームの大まかなストーリーとしては、幻想郷で特定の少女が「」と呼ばれる事件を起こし、主人公の少女(やなど)が「異変」を解決する。 例外的に『』『』などでは、日常や異変以外の出来事を焦点に製作されている。 書籍は一部例外もあるが幻想郷の日常を描いており、近年(『』開始後)はゲーム版の異変について書籍で前日談・後日談を行って補足することも多い。 登場人物 ・・等に由来する人々をはじめ、、、()のような種族が多種多様に存在する。 彼らは一様に少女(子供)の姿で描かれる。 おおよそ名前を持つ登場人物は少女であるものの、一部の書籍作品(下記参照)や『』では名前を持つ男性、大人、民衆も登場する。 詳細はの記事を参照。 楽曲 『東方Project』の楽曲についてはを参照。 著作権 原著作者であるZUN氏の規定によると、『 東方Project』の著作権保有者は「上海アリス幻樂団」であり、 二次創作の著作権保有者はその作品の制作者とされる。 二次創作をめぐる問題に関して、「上海アリス幻樂団」は 一切責任を負わない。 詳細はの記事を参照。 相違点についての詳しい内容は、を参照。 東方Project制作の動機は氏の記事を参照。 制作20周年記念である2015年には「東方Project20周年」として様々な方面でそれを記念するイベントが行われ、pixivにおいても20周年を記念・祝福する作品が発表されている。 詳細は「」(「」)記事を参照。 旧作 PC-98版 当時所属していた非公式サークル「Amusement Makers」名義の作品。 第1弾~第5弾の5作品の総称。 ZUN一人で全行程を制作していた。 (一部例外あり) 当時は「ZUN Soft」というブランドで等に出品していた。 詳細はを参照。 作品番号 作品名 発表 1 ~ Highly Responsive to Prayers. 第20回鳩山祭 1996 ・C52 1997 2 ~ the Story of Eastern Wonderland. C52 1997 3 ~ Phantasmagoria of Dim. Dream. C53 1997 4 ~ Lotus Land Story. C54 1998 5 ~ Mystic Square. C55 1998 Win版 Windows版 サークル「上海アリス幻樂団」名義の作品。 第6弾以降の作品の総称。 大半の作品が『弾幕STG』であり、前述の通り、ZUN一人で全行程を製作している。 5弾、10. 5弾、12. 3弾、13. 5弾、14. 5弾については『弾幕アクション』というジャンルで、黄昏フロンティアとの共同製作である。 ZUNはストーリー監修と一部作曲の担当を兼ねている。 これに関しても黄昏フロンティアのスタッフが第7. 5弾の縁で一部の開発に関わっている。 また作品の発表形式は基本的にディスクによるものであるが、第14弾の『東方輝針城』はディスクとダウンロードの両者の形式による作品発表も行われている。 作品番号 作品名 発表 6 ~ the Embodiment of Scarlet Devil. C62 2002 7 ~ Perfect Cherry Blossom. C64 2003 7. 5 ~ Immaterial and Missing Power. C67 2004 8 ~ Imperishable Night. C66 2004 9 ~ Phantasmagoria of Flower View. C68 2005 9. 5 ~ Shoot the Bullet. C69 2005 10 ~ Mountain of Faith. C72 2007 10. 5 ~ Scarlet Weather Rhapsody. 例大祭5 2008 11 ~ Subterranean Animism. C74 2008 12 ~ Undefined Fantastic Object. C76 2009 12. 3 ~超弩級ギニョルの謎を追え C76 2009 12. 5 ~ 東方文花帖 例大祭7 2010 12. 8 ~ 東方三月精 C78 2010 13 ~ Ten Desires. C80 2011 13. 5 ~ Hopeless Masquerade. 例大祭10 2013 14 ~ Double Dealing Character. C84 2013 14. 3 ~ Impossible Spell Card. 例大祭11 2014 14. 5 ~ Urban Legend in Limbo. 例大祭12 2015 15 ~ Legacy of Lunatic Kingdom. C88 2015 15. 5 ~ Antinomy of Common Flowers. C93 2017 16 ~ Hidden Star in Four Seasons. C92 2017) 16. 5 ~ Violet Detector. C94 2018) 17 ~ Wily Beast and Weakest Creature. C96 2019 17. 番外作品 イベント用に作られたスコアアタック用の作品。 派生元 作品名 発表 妖々夢 東方妖々夢 スコアアタック 第1回博麗神社例大祭 2004 アマノジャク 弾幕アマノジャク ゴールドラッシュ デジゲー博2014 現在はデジゲー博などの試遊体験会でのみ、不定期にプレイ可能。 配信作品 過去作品が配信されることもある。 作品名 配信日 東方天空璋 ~ Hidden Star in Four Seasons. 漫画や挿絵の製作者及び出版社(或いは連載された誌名)は各項で詳細に説明している。 『東方儚月抄』(漫画版、4コマ版)や『東方茨歌仙』、『東方鈴奈庵』など一部の作品は電子書籍としても発表されている。 作品名 発行元 ~ Curiosities of Lotus Asia. ~ Eastern and Little Nature Deity. 東方三月精 ~ Strange and Bright Nature Deity. 角川書店 東方三月精 ~ Oriental Sacred Place. 角川書店 ~ Bohemian Archive in Japanese Red. ~ Seasonal Dream Vision. ~ Perfect Memento in Strict Sense. 一迅社 ~ Cage in Lunatic Runagate. 一迅社 東方儚月抄 ~ Silent Sinner in Blue. 一迅社 東方儚月抄 ~ 月のイナバと地上の因幡 一迅社 一迅社 ~ Wild and Horned Hermit. 一迅社 ~ Symposium of Post-mysticism. 一迅社 ~ Forbidden Scrollery. 角川書店 ~ Strange Creators of Outer World. アスキー・メディアワークス 東方三月精 ~ Visionary Fairies in Shrine. 角川書店 ~ Alternative Facts in Eastern Utopia. 角川書店 秘封倶楽部異界撮影記録 角川書店 ~ ロータスイーター達の酔醒 角川書店 反則探偵さとり 音楽CD 幺樂団の歴史 旧作(PC-98版作品)の楽曲を収録したCD。 未使用曲も収録されている。 出典作品 作品名 発表 1 Akyu's Untouched Score vol. 1 例大祭3 2006 幺樂団の歴史2 Akyu's Untouched Score vol. 2 C71 2006 幺樂団の歴史3 Akyu's Untouched Score vol. 3 C71 2006 幺樂団の歴史4 Akyu's Untouched Score vol. 4 C73 2007 幺樂団の歴史5 Akyu's Untouched Score vol. 5 C73 2007 音楽CD ZUN's Music Collection 過去の作品等で使用された楽曲やそのアレンジとオリジナル楽曲を収録したCD。 ほぼ毎回付属するブックレットには作品紹介とともにストーリーが描かれている。 特にvol. 2以降付属のブックレットに登場する一連のストーリーを、一般的に「秘封倶楽部」と呼んでいる。 詳細はの記事を参照。 ナンバリング 作品名 発表 vol. 1 ~ Dolls in Pseudo Paradise C62・63 2002 vol. 2 ~ Ghostly Field Club C65 2003 vol. 3 ~ Changeability of Strange Dream C67 2004 vol. 4 ~ Retrospective 53 minutes 例大祭3 2006 vol. 5 ~ Magical Astronomy C70 2006 vol. 5 例大祭8 2011 vol. 7 ~ Neo-traditionalism of Japan. C82 2012 vol. 8 ~ Dr. Latency's Freak Report 例大祭13 2016 vol. 9 ~ Dateless Bar "Old Adam". C90 2016 音楽ゲームへの収録 ・主にでは『東方Project』の使用楽曲をアレンジしたものが多数存在し人気を博しているが、その内の幾つかは現在においてアーケードとして稼動している商業作品の音楽ゲームにも収録されている。 かつてZUN氏がに所属したこともあってか、同社の『』『』にはZUNTATA直属のコンポーザーによるアレンジ楽曲が収録されている。 の音楽ゲーム『』は書き下ろしアレンジとキャラクター画像を公募するようになっている。 特に音楽ゲームで大きな支配力を持つコナミがこのラインナップを採ったことによる影響は多大なものであり、音楽サークルがゲーム用に東方アレンジ曲を書き下ろすといった形などの変化が現れている。 の「」では、2015年7月下旬より 上海アリス幻樂団の手がけた音楽CD収録の楽曲が投稿できるようになった。 しかも同年12月には、特別審査員にZUNを迎えて対象楽曲のリミックスコンテストの開催も行われた。 グランプリ作品は、2016年5月ので発売されるCDに収録され、バンブラでも配信される。 詳細はの記事を参照 関連イラスト 『』という略称があり、pixivで主にタグとして使われているのはそちら。 二次創作 二次創作としての『東方Project』についてはを参照。 WORLD WIDE 『東方Project』 表記 言語や文字体系 使用される言語圏例 概要 ・。 または他 他 『 PSM』は『 Project Shrine Maiden』の略称。 『 Touhou Project』と並んで原作にも登場する表記。 ・ ・ ・他 『东方』は簡体字表記によるもの。 表記では日本語と同じく『東方』表記となる。 『東方Project』に関連した、あるいは東方Projectも一つのジャンルとして参加する海外イベントなどでも『東方Project』を指し示すものとしての『 Touhou』での表記やこの表現による会話などが可能である。 海外の『東方Project』イベントでも『 Touhou』が通じ得る。 ZUN氏本人へのインタビューなどでも英語圏では世界観全般を指しての『 Touhou』の語と表記とが使用されている(例えば2013年、米アトランタ、Anime Weekend AtlantaでのZUN氏インタビュー)。 原作者である上海アリス幻樂団の表記は、英語では「 Team Shanghai Alice 」、中文では「 上海爱丽丝幻乐团 」など。 個別の作品を称する際は日本語では例えば『』を指し示そうとする場合、作品名の日本語部分をそのまま呼称したり作品名に多く共通する部分である『』を除いた部分(上記の例であれば『』)で呼称することが一般的である。 中文などでも各種漢字タイトルを用いた同様の略称を使用することができる(例えば『』と略称としての『』など)。 日本語と他言語の間で交流する際などは、普段使っている略称表現やその略称の由来などにも違いがある可能性などをおさえておくと良いかもしれない。 用語 原作者・原作者サークル、共作サークル ()・ ゲーム用語 () 世界観に関する用語 地域 ( ) 施設 個別キャラの関連アイテムなど 外部リンク 東方Projectの情報番組 関連記事 親記事.

次の