ツイッター 配信。 「ツイッター」で防災情報を配信します — 山形市役所

第22回:事故映像をツイッターで配信|ブログ・上西 一美|物流ウィークリー|物流・運送・ロジスティクス業界の総合専門紙

ツイッター 配信

ここでは、Twitterライブでコメントできない時の設定確認とコメントの仕方、使い方について紹介していきたいと思います。 そして、Twitterでライブ配信の使い方を楽しむためには「TwitterのPeriscope ペリスコープ 」というアプリをダウンロードしておく必要があるのです。 しかし、現在はTwitterアプリをアップデートするだけで「Periscope」が必要なくなって、いつでもTwitterのライブ配信を楽しんだり参加したり出来るようになりました。 また、Twitterでライブ配信を楽しむための使い方として、2018年現在、Twitter公式アプリを最新版へバージョンアップすることで、Twitterのライブ配信を楽しむ準備は整うのです。 現在、FacebookやLINE、Twitterなどで「Twitterのライブ配信」を行うことができる機能の提供が盛んになってい流のです。 そして、手軽に配信できる上にTwitterのライブだからこその臨場感を楽しむことができるため、企業側・ユーザー側ともに利用している方も増えてきつつあるのが現状です。 また、このような流れの中、Twitterはこれまで以上にTwitterのライブ配信を手軽に行うことができるようにアップデートを発表しました。 さらに、今回は、アップデートによってこれまで以上に手軽にTwitterでのライブ配信が可能になりました、 Periscopeの使用の使い方をご紹介します。 そして、「…」と表示されているアイコンでは、メニューを選択することができ、フォローをリクエスト:ライブ配信の視聴者へ自分のTwitterアカウントをフォローしてもらうようにリクエストを送ることができます。 また、共有をリクエスト:ライブのトップ配信を共有してもらえるようにリクエストすることができますし、ライブ放送を共有:他のユーザーに、ライブ配信を共有することができます。 さらに、スケッチをはじめる:ライブトップ放送中に描画することができ、チャットを非表示:ライブ放送中はチャット機能を使用することができます。 加えて、チャット機能を使用したくない場合はここをタップしてオフしして、再度チャット機能を使用したい場合は、ここをタップすればオンになります。 Twitterライブ放送を終了する方法としては、 ライブ配信を停止をタップすることでできるのです。 また、Twitterでブロックしたアカウントは、あなたのライブ放送を視聴したり、そこにコメントを付けたりすることができませんので注意してください。 そして、特定のアカウントがライブ放送にコメントを付けることができないようにするには、コメントをタップしてプロフィールを選び、設定アイコンをタップして [アカウントをブロック] を選ぶと、そのアカウントをブロックできる点がありがたいです。 さらに、そのアカウントはライブ放送に参加できなくなり、TwitterとPeriscopeでブロックされます。 詳細については、Periscopeのコメント管理の記事をご覧くださいませ。 ここで紹介する、 ライブ放送は、モーメント、[話題を検索] タブ、トレンド、またはライブ放送を配信しているアカウントのツイートから視聴できます。 そして、ライブ放送はTwitterのほか、Amazon Fire TVやApple TVからPeriscopeで世界のどこからでも視聴できます。 さらに、XboxやAndroid TVの利用者はウェブブラウザを立ち上げてtwitter. comにアクセスし、Twitterをお使うことができます。 ライブ放送やリプレイの視聴中にツイートやダイレクトメッセージでライブ放送を共有できますし、リンクをコピーして共有することもできるのです 最後まで、 Twitterライブ配信の使い方!ライブをトップに表示しようについての記事を読んでいただきありがとうございます。 また、本記事では、Twitterライブ配信機能の使い方、Twitterライブで音声だけを配信する方法、Twitterライブ放送を終了する方法、Twitterライブ配信の見方など様々なことを紹介していきました。 また、2016年12月14日にTwitterから動画をライブ配信できるようになりましたが、すでにTwitterはPeriscopeというライブ配信サービスを買収していました。 そして、これまではPeriscopeアプリからしかライブ配信ができなかったのをTwitterアプリからもできるようにしたという形なのです。

次の

山辺町Twitter(ツイッター)配信

ツイッター 配信

今までペリスコープという動画配信アプリを経由していたツイッターのライブ配信ですが、ダイレクトに行えるようになりました。 また気になる人のライブ中継がわかるよう通知設定をできるようになりました。 ここではライブ中継についての方法などをまとめていきます。 ツイッターでライブ中継 いままでペリスコープという別アプリが必要でしたが、ツイッターからダイレクトにライブ配信できるようになりました。 ライブ配信するには? つぶやき作成画面に行くと「ライブ放送」ボタンがあります。 アプリのアクセス権限でカメラや音声へのアクセスが必要となります。 これでライブ放送ができるようになりました。 あとはタイトルを入れて「ライブ放送する」ボタンをタップします。 ライブ中はメニューをタップして以下の内容を実行できます。 Ask for follow:フォローの要求• Ask for share:シェアしてるよう要求• チャットを非表示 ライブを停止するには ライブ中、下にスワイプします。 すると「放送をやめる」ボタンがあるのでタップ。 これで中継は終わります。 ライブ視聴者数などが分かります。 今回は0です。 なおデータを削除するには「ライブ放送を削除」ボタンが下にあるのでタップします。 リプレイが見れるようにするには「ギャラリーに保存」をタップします。 タイムラインから見るには タイムラインにはこのように表示されます。 画面をタップするとリプレイが起動して見れるようになります。 メニューをタップすると以下のコマンドが実行できます。 放送を共有する• チャットを非表示 つぶやきのメニューから「ツイートを削除」すれば、タイムラインから削除することができます。 音声だけの配信をするには? 新しく音声だけの配信機能が追加されるようです。 音声だけだと通勤や通学中も聞けて便利ですね。 現在は一部のユーザのみ利用可能となっています。 よって、パソコンからはライブ配信できないようです。 またアプリであっても、動画配信はネットの帯域がある程度必要です。 動作が安定しない場合などは、WiFiなどのより早くて安定した通信環境で利用してみたほうがよいでしょう。 ライブ配信を見逃さないようにするには? 視聴者からすると、気になるライブ中継をいち早くチェックしたいもの。 特定のアカウントのライブ中継開始時に通知が出るように設定できるようになったので便利です。 通知を設定する まつはチェックしたいアカウントのページへ移動します。 上にベルマークのアイコンがあるのでタップします。 すると「アカウント通知」の設定があります。 チェックマークをオンにします。 ただし端末の設定でまず通知をオンにしていないといけません。 オンにしたら、あとはアカウントですべてのツイートを通知にするか、ライブ放送だけ通知にするか、などを設定します。 通知したくない場合はここをオフにしておけばOKです。 apicode.

次の

Twitterライブ配信の使い方!ライブをトップに表示しよう

ツイッター 配信

皆さんこんにちは。 日本事故防止推進機構(JAPPA)理事長の上西一美です。 このコラムでもYouTube番組を始めたことを告知させて頂きましたが、最近はTwitterでも交通事故防止の情報提供をしており、「私が運行管理者であれば、今日の点呼で何を伝えるか?」を、簡潔にまとめて毎朝配信しています。 おかげ様でフォロワー数はどんどん増加していて、そのほとんどがプロドライバーの方で、いつもたくさんのコメントをいただいています。 私はドライブレコーダーを使って自分が社長を務めていたタクシー会社の事故を減らし、その後、16年間にわたり交通事故防止のコンサルを行っておりますが、その中で一貫して「一番大切なこと」と確信しているのが「事故映像を、どんな状況でも良いので沢山見ていただくこと」です。 そういう思いでセミナーを行ったり、JAPPAを立ち上げて活動をしておりました。 ところが「運転者を一堂に集める機会がなかなかない」「管理者がしっかり教える時間がない」などの意見を聞くことが多かったため、「運転する方に直接訴えるコンテンツ」という趣旨で展開しているのがYouTubeやTwitterでの情報提供活動なのです。 理想は社内で研修の場をしっかり作ることです。 しかし、いつまで経っても実現できないのであれば、ハードルを下げ、私のYouTubeやTwitterを直接、社員の方に見せる取り組みもしてみて下さい。 Twitterのコメントを見ていると「プロドライバーの方は、やはり事故防止に興味がある方が多いのだなあ」と思わせて頂けるコメントが多いです。 そのような意識の高さこそがプロドライバーだろうと思いますので、彼らに映像を見る機会を少しでも増やして頂き、社員の命を守ってあげて下さい。

次の