耳たぶ の しわ。 この差って何ですか?【動脈硬化は耳たぶに深いシワ?簡単セルフチェック】

動脈硬化になってるか見てわかる方法 耳たぶ まぶた 足首を見ればわかる!|不思議整体うるまカイロ

耳たぶ の しわ

54~72歳までの108人を8年間調査したところ、「耳たぶにシワのある人」が心臓発作などの心臓疾患で死亡した件数は、「シワのない人」の3倍になることがわかりました。 熱いものに手指を触れた時には、反射的に指で耳たぶをつかむものです。 耳たぶを走行している血管(動脈)が少ないために、耳たぶは冷たいからです。 体内の動脈の硬化が進んでくると、当然、耳たぶの中を走っている動脈の硬化も進んできて、血流が悪くなります。 もともと、動脈の数が少ない耳たぶですから、血流が悪くなると耳たぶ内の脂肪はいち早く栄養不足によって萎縮してくるので、シワになるのです。 35歳くらいからあらわれてくるとされる耳たぶのシワですが、シワが目立つ人は次のような症状が起こってくる可能性があります。 「1日1万2500歩以上歩く人には、狭心症や心筋梗塞は起きない」という研究もあるので、日頃、ウォーキングを励行されるとよいでしょう。 ドイツ人とフランス人の年間の動物性脂肪(肉、卵、牛乳、バター、マヨネーズ……)の摂取量は、ほぼ同じなのに、心筋梗塞の発症率は、フランス人はドイツ人の4分の1だといいます。 これはFrench Paradox(フランスの矛盾)といわれています。 フランス人が愛飲する赤ワインの中の紫色の色素(レスベラトロール)の抗酸化作用による抗動脈硬化作用のお陰だとのことです。 焼酎も血栓を溶かす酵素ウロキナーゼを活性化します。 日本酒換算にして2合(ビール大びん2本、ワイングラス2~3杯、焼酎水または湯割り3~4杯)までが適酒とされて、抗動脈硬化作用を発揮します。

次の

石原慎太郎も実証!?“耳たぶのシワ”は脳梗塞のサインかも

耳たぶ の しわ

スポンサーリンク 人相学において、 耳たぶの箇所は垂珠(スイジュ)と呼び、 活力や精力、愛情や金運を現す部分。 そして、耳たぶのしわは副業で得る金運を判断します。 先述した通り、耳たぶのしわは、 30代半ば頃から出て来る傾向にありますが、 これは元々就いていた仕事に、 新たな仕事が加わったコトの象徴。 すなわち、本業の他に副業や、 株の取引などで稼げる相を現しています。 例えば、銀行員をしながらSF小説を書いたり、 サラリーマンやりながらバンド活動をしたりなど、 元々が器用な素質があり、ジャンルの異なる分野でも、 掛け持ちしながらこなせるでしょう。 続いて、耳たぶがない人、 薄い人の特徴について見てみましょう。 スポンサーリンク 人相学において、 耳たぶが豊かな人は、 他人をアテにする傾向が強いとされます。 耳たぶが豊かな人は、孤独が苦手な為、 絶えず誰かと繋がっていたい傾向が。 耳たぶがない人は、それらとは逆の意味となります。 すなわち、他人をアテにせず、 孤独が苦にならない相。 ストイックな性質であり、 お金とは余り縁がないかも知れません。 これは耳が薄い人も同様で、 耳たぶがない人や薄い人は、共に集団活動が苦手でクール、 独立するコトで力を発揮する傾向があります。 他人を容易に信じない面がありますが、 気持ちにゆとりが出来ると、耳たぶも膨らみ、 お金も入りやすくなるでしょう。 スポンサーリンク•

次の

耳たぶの「しわ」と血管の病気: 代替医療の光と影

耳たぶ の しわ

このうち、突然死をもたらす心筋梗塞などの心疾患、その兆候を外見から見つける方法があるという。 「実は『見た目』というのは大事で、ある種の病気は見た目でその兆候がわかる場合があります」 こう言うのは山田秀和近畿大学医学部教授だ。 山田教授は近畿大学奈良病院の皮膚科診療部長、近畿大学アンチエイジングセンター副センター長でもあり、「アンチエイジング医師団」の主要メンバーの一人だ。 耳たぶには毛細血管が多くある。 動脈硬化で血行が悪くなり、細部に栄養が届きにくくなると耳の脂肪部分が縮んでしわになるらしい。 耳たぶにしわがある人は、ない人と比べてみると件数で約3倍、心疾患で死亡したというデータ(シカゴ大学のウィリアム・J・エリオットが「耳たぶと心臓病」との関連性を8年間にわたり調査した結果)もある。 耳のしわは30代中盤頃から老化によって出来る場合もあるが、動脈硬化による心疾患の前兆かもしれないことを知っておこう。 「もう一つ、心疾患につながる動脈硬化の兆候を示しているのが目頭にできる黄色いしこり(眼瞼黄色腫)です」(山田教授)。 『モナ・リザは高脂血症だった 肖像画29枚のカルテ』(新潮新書)でも取り上げられていたように、レオナルド・ダヴィンチの名画「モナ・リザの微笑」に描かれている女性には、左の目頭に黄色いしこりがある。 これが眼瞼黄色腫で、モナ・リザのモデルになった女性は脂質代謝異常症(高脂血症)ではなかったかという説が唱えられている。 脂質代謝異常症とは、血液中のLDL(悪玉)コレステロールや中性脂肪が多すぎたり、HDL(善玉)コレステロールが少なくなる病気だ。 放置すると、血管の動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳卒中など、命に関わる病気が引き起こされることになる。 コレステロールの多い食物を長年摂り続けると、コレステロールが血管内だけでなく皮膚にもこびりつき、黄色いしこりで肌の各所が盛りあがる。 特に肘や瞼に出来やすいという。 つまり、黄色いしこりが脂質代謝異常症による動脈硬化が進んでいる可能性を示しているというわけだ。 さらに、「アキレス腱が太い人は『家族性高コレステロール血症』という病気の可能性があります」と山田教授は言う。 家族性高コレステロール血症とは、遺伝的にLDL(悪玉)コレステロール値が高くなりやすい病気で、生活習慣を改善してもその数値はなかなか下がらない。 コレステロールは、血管壁の傷などにたまって動脈硬化を起こす原因になるが、血管壁以外にもたまりやすい場所がある。 それがアキレス腱だ。 アキレス腱は負荷がかかりやすい場所なので、いつも傷だらけの状態にある。 そのため、もともとコレステロール値の高い家族性高コレステロール血症の人はアキレス腱にできた傷にコレステロールがたまり続け、厚みが増していく。 いずれも脂質代謝異常症で動脈硬化が進んだ状態を示している。 血液中のコレステロールや中性脂肪が異常に増えて脂質代謝異常症だったとしても、痛くもかゆくもない。 だから、自分では全然気づかない。 たとえ、脂質代謝異常症と診断されても、それが何を意味するのかピンとこない人が多く、そのまま放置してしまう。 しかし放置していると、増えた脂質がどんどん血管の内側にたまって、動脈硬化になってしまう。 動脈硬化になっても、まだ自覚症状はない。 心筋梗塞や脳梗塞の発作を起こして、やっと脂質代謝異常症の重大さに気づくことになる。 最悪の場合は、気づかない。 心筋梗塞などで死んでしまうから。 自覚症状がないからこそ、「見た目」から脂質代謝異常症による動脈硬化の進行を知り、早期に治療を受けることが大切だ。 「東洋医学ではその人の『見た目』、体質などを総合的に診て判断する『証を見る』という言葉もあります。 欧米でも『見た目』への意識は非常に高いのです」(山田教授)。 [アンチエイジング医師団] アンチエイジング医師団 「アンチエイジングに関する正確で、最新かつ有効な情報」を紹介・発信するためにアンチエイジング医学/医療の第一線に携わるドクターたちが結成。 放送・出版などの媒体や講演会・イベント等を通じて、世の中に安全で正しいアンチエイジング情報を伝え、真の健康長寿に向き合っていく。 HPは.

次の