法事 香典 袋。 法事・法要での、お布施袋の書き方マナー:袋の選び方、書き方、お金の入れ方

法事の香典袋は必ず薄墨で書くものでしょうか?横浜在住の主...

法事 香典 袋

法事の表書きとは何か? まずは、「法事の表書き」とは何を指しているのかから説明していきましょう。 みなさんは、「御祝い」「お見舞い」などの文字が書かれた、白色の封筒を見たことがあるのではないでしょうか? 表書きとは、この「御祝い」「お見舞い」に該当する文字で、法事の表書きとは弔事で渡す府祝儀袋に記載された文字のことです。 この表書きは、日本古来のしきたりが現代に継承されたもので、非常に長い歴史と伝統があります。 日本では、元々贈り物に目録をつける習わしがあります。 その慣習が簡略化され、香典袋の表面に表書を書くようになったと言われています。 このように、古くからの習わしが形を変えて現代に継承されてきた表書きは• 袋の中身にはどの様なものが入っているのか• どの様な気持ちで贈ったものなのか を表すために記述します。 法事で香典が必要な場面 教義上、法事に参加するだけで故人を供養する思いは表現されると言われますが、参列者のマナーとして香典が必要な法事があります。 ここでは、香典が必要となる法事にはどのようなものがあるのかについて解説しましょう。 初七日法要 初七日法要は、葬儀が終わった後一番最初に行われる法事です。 一般的には、故人の親族などごく限られた身内で行われる場合がほとんどですが、故人と生前の関係が特に深かった方は遺族から声がかかる場合もあります。 初七日法要では、ご焼香が行われるため香典を渡すことがマナーとなっています。 四十九日法要 仏教では、• 故人が亡くなった日から49日間を「中陰」• 49日目にあたる日を「満中陰」 と呼び、忌明けの日として法事が営まれます。 この際の法事は「四十九日法要」と呼ばれ、「親族」「友人」「知人」など、故人と関係があった方を大勢招いた大規模な法要が行われます。 僧侶による読経・参列者の焼香・法要後の会食を行うことが一般的であり、参列者は香典を持参します。 年忌法要・初盆 「一周忌など年忌法要までくれば香典は必要ないんじゃないの?」とお考えの方もいらっしゃいますが、年忌法要であっても香典は必要です。 これは、香典が遺族と参列者の「相互援助」の精神に基づいて行われている、葬儀マナーだからです。 そのため喪主・施主が法事を行うのであれば、参列者は香典を持ち寄り法要を手助けしなければいけません。 年忌法要のように、故人が亡くなってから日数が経過した法事は、基本的には回数を重ねるごとに参列者の数は限定され規模も縮小していきます。 しかし、「相互援助」の精神は変わる事はありませんので香典が必要となるのです。 この考え方は、故人が亡くなってから始めて迎えるお盆「初盆」でも同様です。 初盆の法要は、四十九日法要と同様の内容が行われる事が多く、参列者は香典を持参します。 【宗教別】表書きの書き方 香典袋は「不祝儀袋」とも呼ばれ、葬儀や法事の際のお悔やみとして現金を包む際に使用します。 この際の表書きは、渡す方の宗教によって異なります。 ここでは、私達に馴染み深い「仏教」「神道」「キリスト教」の3つの宗教を例に、それぞれの表書きを解説しましょう。 宗教 表書き 仏教• 御霊前• 御仏前• 御香料• 御香典 神道• 御玉串料• 御榊料 キリスト教 カトリック• 御ミサ料• 御花輪料• 御花料 プロテスタント• 忌慰料• 御花料 仏教の場合 仏教の場合の表書きは、次のようにと表記することが一般的です。 御霊前• 御仏前• 御香料• 御香典 このように、表書きには多くの表記方法があります。 これらはこの後の「時期別表書きの書き方」で解説するように、故人が亡くなってからの時期によって使い分ける必要があります。 ただし、仏教であっても「浄土真宗」の場合は他の宗派とは「死」の概念が異なり、死者の冥福を祈るという教義がありません。 そのため、表書きはどのような場合でも「御仏前」と表記します。 神道の場合 神道では、仏教でいうところの法事・法要では、「霊祭」という儀式が行われます。 この霊祭に参列する方は香典が必要となり、香典の表書きは次のように表記することが一般的です。 御玉串料• 御榊料 なお、香典が必要な霊祭の種類・行う時期は次のとおりです。 霊祭の種類 行う時期 翌日際 葬儀の翌日に自宅で家族のみ 十日祭 故人の死後10日ごとに行われ40日まで 五十日祭 親族・友人を招いて大規模に行う(仏教の四十九日法要にあたる) 百日祭 故人の死後100日目 式年祭 満50年目まで行う(仏教の年忌法要にあたる) キリスト教の場合 日本ではそれほど多くはありませんが、喪主がキリスト教の場合は葬儀・法要もキリスト教の教えに従い行われます。 ここでは、キリスト教の2大宗派である「カトリック」と「プロテスタント」の香典の表書きを解説します。 カトリックの場合 カトリックでは、仏教の法事・法要にあたる儀式を「追悼ミサ」と呼び、故人の死後7日目と30日目に大規模に行います。 この追悼ミサに参列する方は香典が必要となり、香典の表書きは次のように表記することが一般的です。 御ミサ料• 御花輪料• 御花料 プロテスタントの場合 プロテスタントでは、仏教の法事・法要にあたる儀式を「記念集会」と呼び、故人の死後1ヶ月目に「昇天記念日」を行います。 この昇天記念日に参列する方は香典が必要となり、香典の表書きは次のように表記することが一般的です。 忌慰料• 御花料 【時期別】表書きの書き方 香典の表書きは、香典を渡す法事の時期によっても記載方法が異なります。 ここでは、法事を行う時期を「四十九日前」と「四十九日後」にわけ、表書きの記載方法を解説します。 四十九日以前: 御霊前• 四十九日以降: 御仏前 四十九日以前の書き方 四十九日以前に行われる法事では、表書きは「御霊前」と記載します。 なお、この際の筆は、毛筆の筆を使い「薄墨」で書くことがマナーです。 薄墨を使う理由は「突然の事で墨をする時間もなかった」「涙で墨が滲んで薄くなった」など、突然の悲しい知らせに哀悼の意を表すためだと言われています。 ただし、最近では墨を常備している家庭は少なく、薄墨用の筆ペンを使用しても問題はありません。 四十九日以降の書き方 一方で、四十九日以降の法事の表書きは「御仏前」と記載します。 また、あらかじめ予定されている法事という認識のため、使用する墨は通常の濃い墨を使用しましょう。 ただし、地域によっては四十九日以降も薄墨を使用して表書きを記載する地域もあるため、法事を行う地域の風習・しきたりを確認する必要があります。 【状況別】表書きの名前の書き方 表書きにはご自身の名前も含まれており、この名前の書き方には厳密なルールがあります。 特に、連名や複数人で香典を出す場合の名前の表書きのルールは、遺族側が香典を出した側の情報を把握する意味合いがあります。 そのため、統一した表記方法があり、これに従わない弔問客はルールを守れない迷惑な弔問客とみなされる場合があります。 香典を連名で出す方や複数人で出す方(職場の有志など)は、この表記方法を十分に理解して名前の表書きを表記しなければなりません。 次の3つのケースに関して詳しく解説しましょう。 個人で出す場合• 連名で出す場合• 香典袋の水引を境に、下段中央にフルネームで記載します。 ただし、故人が夫婦共通の友人などの場合は、夫婦それぞれの名前を連名で記載します。 香典袋の表面下段中央に夫の姓名を記載し、その横に妻の名前を書くとバランスが良いでしょう。 その場合、香典袋の表面下段中央に代表者の姓名を記載し、その左右にその他の姓名を記載します。 このように、香典を出す人数が3名以上で名前を表書きに表記できない場合は、別紙に全員の姓名を記入して中袋へ入れておきましょう。 中袋に関する注意点 先ほど少し触れたように、香典袋には中袋がついたものもあります。 この中袋に関しても注意点があります。 香典金額 使用する筆は毛筆が推奨されますが、中袋は読みやすさが重要となるため、万年筆や筆ペンを使用しても問題はありません。 墨の色は濃い墨を使用します。 記載場所は、次の2パターンがあります。 金額:中袋の表面• 金額:中袋の裏面の右側• 住所・氏名:中袋の裏面の右側 ちなみに、中袋にはあらかじめ「住所」「氏名」「香典金額」を記入する欄が設けられているものもあります。 その場合は、記入欄に従って記載してください。 また、2で割り切れる偶数も「故人との縁切れる」または「この世と故人の関係が切れる」と言われ、はばかられます。 金額の記載方法は、「一」「二」「三」の様な新字体の漢数字ではなく、「壱」「弐」「参」の様に旧字体の漢数字で記載することがルールです。 旧字体の漢数字記入例は次の通りです。 新字体漢数字(使用不可) 旧字体漢数字(使用可) 五千円 金伍仟圓・金伍阡圓 一万円 金壱萬圓 二万円 金弐萬圓 三万円 金参萬圓 十万円 金拾萬圓・金什萬圓• これらは略式の中袋と解釈され、金額が少ない香典や香典を郵送で送る際に使用されます。 この場合は、香典袋の裏面、水引下段の左側に住所・金額を記載します。 氏名に関しては、香典袋の表面に記載済みなので、改めて記載する必要はありません。 法事の香典袋の選び方 香典袋には通常「水引(みずひき)」と呼ばれる飾り紐がついています。 この水引には「未開封」「魔除け」「人と人とを結びつける」などの意味があり、その歴史は古く室町時代にさかのぼります。 このように、長い年月をかけて私たちの冠婚葬祭の贈答品、もしくは香典に使われてきた水引は、その種類も大変多く葬儀の内容や香典の金額の過多により使い分けられます。 ここでは、この水引を中心に香典袋の使いわけや正しい選び方を解説します。 種別 ケース 水引の種類 回忌・周忌数 一周忌まで• 「黒白」もしくは「銀色」 三回忌• 「青白」もしくは「黄白」 宗教別 仏教• 色:黒白・銀色• 結び方:結び切り 神道• 色:白・銀色• 結び方:結び切り キリスト教• 水引のないもの• 使用する場合は次のとおり• 色:黒白• 結び方:結び切り 香典の金額別 5千円以下 表書きと水引が印刷されているタイプ 1万円~3万円• 標準サイズの香典袋・白黒の水引• 白と黄の水引(関西地方) 3万円以上• 大型の香典袋・銀色の水引 地域別 関東地区• 一周忌法要まで:黒白• 三周忌以降:黄白を使用しても良い 関西地区• 四十九日法要から黄白を使用できる 回忌・周忌数別の水引 水引の色は、一周忌までは「黒白」もしくは「銀色」が一般的です。 三回忌からは、「青白」もしくは「黄白」のものを使用します。 宗教別の水引 ここでは、宗教別に使用する水引について解説します。 仏教の場合 仏教で使用する水引は• 色:黒白・銀色• 結び方:結び切り が正式なマナーです。 神道の場合 神道で使用する水引は• 色:白・銀色• 結び方:結び切り が正式なマナーです。 キリスト教の場合 キリスト教では水引の無い香典袋の使用が一般的です。 ただし、水引がある香典袋を使用する場合は• 色:黒白• 結び方:結び切り を使用しても問題はありません。 香典の金額別の水引 香典袋や水切りは、香典金額によっても異なります。 ここでは、次の3つの金額に分けて解説します。 5千円以下• 1万円~3万円• 3万円以上 5千円以下の場合 この金額の香典を包む場合、表書きと水引がプリントされているタイプの香典袋を使用します。 なお、5千円以下の香典の場合は豪華な水引がついた大きな香典袋を使用すると、喪主や施主に対し失礼に当たります。 これは、「香典袋や水引は香典の金額に見合うものを使用しなければならにない」というルールがあるためです。 1万円~3万円の場合 この金額の香典を包む場合、標準サイズの香典袋に白色と黒色の水引がついたデザインを選びます。 また、京都を中心とした関西地方では、白色と黄色の水引がついたデザインの水引を使用します。 3万円以上の場合 この金額の香典を包む場合、大型の香典袋を使用し、銀色の水引がついたデザインを選びます。 なお、5万円~10万円を超える香典を包む場合は、最大サイズの香典袋に蓮の花の模様が薄くあしらわれ、細やかな細工を施した銀色の水引が使われた、高級感ある香典袋を使用します。 地域別の水引 通夜・葬儀では全国的に黒白の水引が使用されますが、法事の際の水引となると、関東と関西では黄白の水引を使用できる期間に違いがあります。 関東地区の場合• 一周忌法要まで黒白の水引を使用する• 三周忌以降は黄白の水引を使用しても良い 関西地区の場合• 四十九日法要から黄白の水引を使用できる 法事の香典袋の3つのマナー 香典袋に関しては、お金の種類やお金の入れ方に関してもマナーがあります。 失礼に当たらないよう、しっかりと把握しておいてください。 これは、不幸ごとを予想し事前に香典を用意していたという印象を避けるためだと言われています。 どうしても新札しか用意できない事情がある方は、新札を一折してから包むと良いでしょう。 なお、三回忌など故人が亡くなってからかなりの年数が経過した法事であっても、香典に新札を使う事に抵抗感を覚える方は多くいます。 香典を包む場合は、どのような法事であっても新札は使わない方が無難です。 お金の向きは、人物が書いてある方を裏にし、さらに人物の顔を下向きにして香典袋に揃えて入れなければなりません。 これは、施主がお札を取り出した際に金額を確認しやすくするためだと言われています。 冠婚葬祭において使用されますが、法事の際は香典袋を包むために使用されます。 香典袋を裸のまま持ち歩き、裸のまま遺族に渡す行為はあまり美しいものではありません。 大切に袱紗に包んだ香典袋を、袱紗を開いて取り出した後に遺族に渡すのが正式なマナーです。 まとめ 法事の際に喪主・施主に包む香典袋には、今回紹介した「表書きのマナー」「香典袋のマナー」「中袋のマナー」など多くの決まりごとがあります。 そのため、不幸事に慣れていない方にとっては、その情報の多さに少し驚いてしまうかもしれません。 しかし、ご自身が参加する葬儀の内容を理解できれば、先ほどお伝えしたマナーは簡単に理解することができるはずです。 香典に関するマナーは、間違ってしまうと故人や遺族に失礼にあたる、重要な内容が多く含まれています。 普段から身近な葬儀や法事に気を配り、いざというときに備える気持ちが大切です。

次の

初七日の香典の書き方やマナーと金額の相場を知ろう

法事 香典 袋

親族が亡くなった際、その後の一連の法事・法要で、お坊さんにお布施(おふせ:謝礼・寄付のこと)を渡す機会も増えてきます。 ただ、お布施は「どのような袋を用い、どのように表書きや裏書きを書けばいいのかよくわからない」という声をよく聞きます。 昔のように、お坊さんとの深いお付き合いが少なくなってきたり、親が亡くなったりして、誰に聞けばよいのかわからない人も多いからです。 また、身内の法事・法要は、月参りなどの定期供養を除き、多くの人にとってそれほど多く経験する行事ではありません。 そうしたことから、お坊さんへ渡すお布施袋の書き方や渡し方の作法についても、未経験の人も多いのです。 法事・法要で使用するお布施袋については、「適した袋の選び方」「表・裏面の正しい書き方」の最低限のマナーを知っていれば、問題ありません。 初めてでも、お坊さんとの関係を良好に保て、法要を進めることができます。 今回は、法事・法要で、「お坊さんに渡す、お布施袋の選び方や書き方のマナー」について解説します。 1、お布施袋はどんなものを使えばいいのか? 1-1、お布施の本来の目的とは? お布施の一番の目的は、お坊さんへの感謝とお礼を伝えることです。 また、実質お布施とは寺院への寄付金であり、檀家(だんか)さんが属する檀那(だんな)寺を経済的にサポートすることを意味します。 一方、仏教的には信者であるあなたが欲を差し出す「修行」のひとつとされています。 修行のため財産を差し出して、我欲を捨てることがもともとのお布施の意味です。 そのため、お布施は本来あまり形式にこだわった、仰々しく豪華な袋である必要はありません。 また、葬儀やお通夜などの弔事で遺族に渡す御香典や御仏前とは意味合いが違います。 お布施は遺族に対するお悔やみの金品ではありません。 したがって、原則的には水引のついた不祝儀袋を使わなくてもよいとされています。 逆に簡易な袋を使用したからといって、お坊さんに対して失礼になることはほとんどありません。 ただ、現実には、仏事の種類や地域・宗派の違いなどにより、お布施袋にもいろいろなタイプのものが使用されています。 お布施袋のタイプや中袋の有無などによって、若干書き方も違ってきます。 以下ではそのお布施袋の4つのタイプについてみていきます。 それぞれ地域や宗派また、仏事の種類によって使われ方が違います。 あなたの状況に適したお布施のタイプを選びます。 ただ、どんな仏事でも共通して使えるお布施袋もあるので、あまり神経質になる必要はありません。 タイプ1:水引なしの無地に「御布施」と書かれたお布施袋 タイプ1のお布施袋は、水引が付いておらず「御布施」と印刷された市販の袋です。 または、無地の封筒に自分で「御布施」と墨で書いてもかまいません。 いずれも水引はなしです。 このタイプはどのような仏事でも使える万能お布施袋です。 どんなお布施袋がよいか迷ったらこのタイプ1を選べば問題ありません。 安価な単純封筒タイプのものと、少し高級感があって見栄えのする、折って使用する多当折りタイプ(中袋付き)のものがあります。 多当折りタイプの中にも、無地のものと装飾柄付きのものがあります。 また、多当折りタイプのお布施袋は、3万円~10万円以上を包む場合に適しています。 無地より装飾柄付きのほうが少し高級感があります。 こうしたタイプ1のお布施袋は、宗派を問わずあらゆる仏事で使えますので最も無難です。 私はいつもこのタイプ1のお布施袋を使っています。 アマゾンや楽天で注文すれば翌日届くので便利です。 ただ、地域によってはあるいは宗派によっては、水引のついた不祝儀袋を使う場合もあり、次に解説します。 タイプ2:黒白の水引がついた不祝儀袋 黒白の水引がついた不祝儀袋は、一般的には通夜・葬儀での香典や、その後の仏事での遺族への御仏前を包む際に用います。 また、地域によっては次の写真のように、お布施を包む際に用いられることがあります。 あなたが檀家さんであれば、檀那寺のお坊さんに一度確認してみると安心です。 檀家さんでない場合は、タイプ1のお布施袋で問題ありません。 タイプ3:黃白の水引がついた不祝儀袋 黃白の水引がついた不祝儀袋は主に関西地方で用いられます。 一周忌以降の仏事で、遺族に渡す御仏前を包む場合や、お坊さんに渡すお布施袋として用いられることが多いです。 私の実家は大阪なので、かつて法事の時はこうした黄白のお布施袋を使っていた記憶がありますが、現在では水引なしの袋を使用しています。 宗派により違いがあり心配な人は、檀那寺のお坊さんや実際にお布施を渡す予定のお坊さんに一度確認してみるのが確実です。 お坊さんに聞けなかったり、どうしたらよいか迷ったりしたら、タイプ1の水引なしのお布施袋を選んでおけば無難です。 地域により、お坊さんに渡すお布施や戒名料を包む際にも用いられることがあります。 寺院の格式が高くお布施金額も相当料を要求される場合などは、このタイプ4の双銀の水引がついたお布施袋を使用する例が多いです。 金額がそれほど高額でない場合(5万円以下)は、先述のタイプ1~3を使用します。 なお、浄土真宗の一部では、仏壇を買ったときの入仏供養と、お墓を作った時の供養で使用するお布施袋には、紅白の水引のついたお布施袋を渡す場合もあります。 浄土真宗の人は、そうした法要の際、一度菩提寺に確認してみることをお勧めします。 次に、お布施袋の書き方について解説します。 2、お布施袋の書き方、お金を入れる向き 2-1、お布施の表面の書き方 お布施袋の表書きですが、どのタイプのお布施袋でも共通して、漢字で上部に「御布施」と書きます。 または、市販の「御布施」と印刷されたお布施袋を使用します。 お布施以外に、交通費であるお車料や、宴席代であるお膳料を渡す場合は、それぞれ「御車料」「御膳料」と記してください。 そして、それぞれの袋の下部には、「名字のみ(例:鈴木)」または「フルネーム(例:鈴木一郎)」と書きます。 中袋のない単純封筒タイプのお布施袋の場合は、裏面に、「住所、氏名、電話番号、金額」を書いておけば、よりていねいです。 お布施はお坊さんに対する労働対価ではありませんので、本来は金額を書く必要はないとされています。 しかし、寺院の記録や経理・税務上、「書いてあった方が都合がよい」とお坊さんから聞きます。 そのため、書いておいたほうがより親切です。 なお、省略する場合は、住所などは書かずに金額のみでもオッケーです。 こうしたタイプの場合は、外包みの裏面ではなく中袋に書きます。 中袋の一般的な書き方は、表面に金額、裏面に住所・氏名・電話番号などを書きます。 次の写真のようになります。 さらに数字の頭に「金~」、最後に「~圓也」を入れます。 そして、うす墨(薄い墨)ではなく濃墨(普通の真っ黒な墨)を使用します。 葬儀などお悔やみ事・弔事では、親族に渡すお香典はうす墨で書く習慣があります。 ただ、お坊さんに渡す、お悔やみ事でないお礼としてのお布施は、普通の真っ黒な墨で問題ありません。 葬儀など急な弔事では、墨をゆっくり磨る時間がなく、薄い墨のまま急いで書いて駆けつける、ということが薄墨の由来です。 したがって、お布施は、お坊さんに対してしっかり準備しましたということを示すために濃墨が良いとされています。 このときに使用する筆は、市販の筆ペンが便利です。 なお、筆ペンには濃墨用とうす墨用があるので間違えないようにしてください。 最近は、サインペンの感覚で書ける筆ペンもあります。 ちなみに、だんだんと薄墨の習慣はなくなっているようです。 地域によっては濃い墨のお香典でも作法違反ではないとされているようです。 葬儀でのお香典などでは、古いお札を使ったり、新札にわざわざ折り目を入れたりして使用します。 これは「不幸に対してあらかじめ新札を準備している」という失礼を避けるためです。 その一方で、お布施はあらかじめ準備しておくものなので、新札を用意するようにします。 なお、袋にお金を入れる向きですが、お布施袋の表面に肖像画(=福沢諭吉さん)がくるように入れます。 お香典とは反対の向きになるので注意してください。 【お金・中袋・上包みの向き】 また、上包みの包み方は、もともとお布施袋を購入した時に折ってあった包み方をそのまま再現すればオッケーです。 通常は、裏面が上から重ねるようになる仏事用の包み方になっています。 お坊さんへの感謝とお礼を伝えることが、お布施の目的ですので、あまり形式張ったマナーに気を使うより、感謝の気持ちを込めることのほうが大切です。

次の

法事のお香典を準備。お札の向きや表書き5つのマナー

法事 香典 袋

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 適している香典袋を選ぶには、宗教・宗派や包んだ香典の金額、葬儀や法事ごとに適した種類が重要です。 これらのポイントごとに 香典袋の選び方について見ていきましょう。 宗教 香典袋の選ぶうえで、宗教・宗派で見分けるというのは非常に重要なポイントです。 ここでは 宗教や宗派ごとに適した香典袋の選び方について、詳しく見ていきます。 なお宗教や宗派で選ぶ上で大きなポイントになるのが、表書きの種類と水引、のしです。 仏式の場合 仏式で使う香典袋の表書きは、 御霊前や御仏前が代表的です。 「御霊前」は葬儀や、四十九日より前に行われる法事で使われる表書きで、ほとんどの仏教宗派で亡くなった方が四十九日まで霊の状態でさまよっているという考え方に基づいています。 一方「御仏前」は、四十九日後に故人が成仏するという考え方があるため、仏様としての故人に対してお供えする香典という意味で使われる表書きです。 このほかお供え物やそのためのお金を意味する表書きとして、「御供物料」や「御供物」などが挙げられます。 さらに仏教全般で使うことのできる「御香典」は、宗派に迷った場合に最適です。 水引は色が黒白で、結い方が結び切りか淡路結びのものを選びましょう。 ただし関西や北陸の場合は、黄白の色のものを使うのが一般的です。 なお香典袋で仏教専用のものに、蓮の花のデザインが入ったものがあります。 浄土真宗の場合 仏式でも浄土真宗の場合は「御霊前」は使われることなく、 葬儀の時点で御仏前を使うのが一般的です。 浄土真宗の場合は、故人が亡くなった時点で極楽浄土に成仏していると考えるためです。 なお「御霊前」を使わないという点を除くと、香典袋のマナーは他宗派と変わりません。 神式の場合 表書きは、葬儀から仏教でいう 四十九日法要に当たる五十日祭までは御霊前が使われます。 神道でも亡くなった方は50日間霊の状態でいるためです。 なお五十日祭以後は故人が守護神となるため、「御神前」が使われます。 ほかにも「御神饌料」や「御玉串料」、「玉串料」など独特な表書きもありますので、お供えの際にはぜひともご活用ください。 水引の色は黒白や黄白のほか双白のものも使われ、結い方については結び切りと淡路結びです。 キリスト教の場合 キリスト教では主な宗派として、カトリックとプロテスタントが挙げられますが、宗派に関係なく使えるものとして 御花代と御花料があります。 またカトリック独特で使えるものとして「御ミサ料」、プロテスタント独特のものとして「弔慰金」も覚えておくとよいでしょう。 「御霊前」もカトリックであれば使うことができます。 キリスト教の香典袋では水引を掛けることがないため、水引のデザインが印字されたものを使うことはできません。 また十字架や白ユリの花のデザインが入ったものは、キリスト教でのみ利用できます。 金額別 香典袋は 包んである金額によっても使い分けることが作法とされています。 具体的には以下のような選び方をしますので、金額に応じてご活用ください。 香典の金額が1万円まで:水引のデザインが印字された香典袋• 香典の金額が1万円から3万円まで:金封の香典袋に水引を黒白か双銀の色を掛けたもの• 香典の金額が5万円から10万円まで:中金封の香典袋に双銀の水引を掛けたもの• 香典の金額が10万円以上:大金封の香典袋に双銀の水引を掛けたもの 法事・法要の種類 葬儀や法事の種類によっては、持参するのに適した香典袋が決まっている場合があります。 ここでは 葬儀や法事の種類ごとに、適している香典袋の選び方を見ていきましょう。 なおポイントとしては、表書きの種類で区別するという点が挙げられます。 通夜・お葬式 通夜やお葬式の場合は仏式や神式、カトリックであれば「御霊前」、浄土真宗の場合で「御仏前」、キリスト教式の場合で「御花代」や「御花料」が挙げられます。 仏式で宗派で迷う場合であれば「御香典」がおすすめです。 なお仏式で葬儀と同じ日に初七日法要を行う場合は、「初七日御霊前」や「初七日御仏前」の香典袋も用意します。 ちなみに「初七日」の部分は小さく書くのが一般的です。 四十九日まで 葬儀が終わってから 四十九日または五十日祭までの間は、仏式のほとんどの宗派と神式で「御霊前」、浄土真宗で「御仏前」が使われます。 キリスト教の場合は故人没後に行う法事に当たるものがないため、特に使われるものはありません。 一周忌 四十九日や五十日祭を過ぎると仏式と神式では霊の状態ではなくなるため、適切な表書きの種類もそれまでとは異なります。 このため 一周忌では仏式で「御仏前」、神式で「御神前」の表書きが使われるのが一般的です。 三回忌以降 三回忌でも仏式や神式では、四十九日以降の表書きを入れた香典袋が使われます。 このため仏式では「御仏前」、神式では「御神前」の表書きを引き続き使うのが作法です。 香典袋に包む金額の相場 香典を持参する際には香典袋の選び方のほかにも、金額の相場がいくらであるのかは多くの方が気になるところでしょう。 ここでは 香典の葬儀や法事の種類ごとの金額相場について見ていきます。 通夜・葬式(葬儀・告別式) 通夜や葬式の場合、香典の金額は故人との関係性によって相場が異なります。 故人と血縁上近い場合ほど、金額が高くなるのが一般的です。 具体的には 故人が親の場合で3万円から10万円、祖父母の場合で1万円から5万円、叔父や叔母の場合で5千円から3万円、知人や友人の場合で5千円から1万円となります。 ただし故人が親や祖父母以外の場合でも、生前に親しくしていたということであれば相場以上に包むことも多いです。 葬儀の際に包む香典の相場については、以下の記事でより詳しく説明されています。 ぜひともご活用ください。 四十九日 故人が成仏する節目とされているため、四十九日も葬儀並みに盛大に行われます。 このため四十九日に持参する香典の金額相場も、葬儀の場合と同じくらいです。 具体的には 故人が親の場合で3万円から10万円、祖父母の場合で1万円から5万円、叔父・叔母の場合で3千円から3万円、知人・友人の場合で5千円から1万円とされています。 もちろん四十九日でも、生前に故人と親しかった場合は相場以上の金額を包むことも多いです。 なお夫婦で一緒に包む場合は、相場の倍の金額を包みましょう。 四十九日法要の際に持参する香典の相場については、以下の記事でより詳しく説明されています。 ぜひともご活用いただければ幸いです。 香典袋の選び方は、宗教・宗派の形式や包む金額、参列する葬儀や法事を基準とするのがポイントである。 それぞれの基準に応じて適している表書きや水引、のしの種類はさまざまであるため、ご自身が参列する葬儀や法事、包んだ金額ごとに使い分ける。 香典袋に包む金額相場は葬儀や法事の種類によりさまざまであるが、葬儀や四十九日よりも一周忌や三周忌以降の法事になるほど参列者が少なくなる分、安い相場である。 香典袋の包み方はひし形に広げた袱紗に香典袋を置き、右・下・上・左の順にたたんでいく。 会場にてお渡しする際には、袱紗から香典袋を取り出して受付係が見やすい向きに載せた後、お悔やみの言葉を添えて両手でお渡しする。 香典袋の選び方のポイントは、参列する葬儀や法事の宗教・宗派や包んだ金額、葬儀や法事の種類をよく確認したうえで、適しているものを選ぶ点です。 このため葬儀や法事の連絡を事前によく確認しつつ、合っている香典袋を選ぶようにしましょう。 香典では表書きのほか名前も記しますが、場合により夫婦連名で書く場合もあるでしょう。 以下の記事では夫婦連名で書く際のマナーや方法について詳しく説明していますので、ぜひともお役立ていただければ幸いです。 最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の