女子 平均 身長。 [女性の平均身長、体重&体型]女子中学生・高校生、20代女性の体!全身の平均値「標準体型ではなく、リアルな実数値!日本人女性の一般的なモデル体型とは?」

高身長女子VS低身長女子、どっちもツライよ 女の子の理想の身長は?: J

女子 平均 身長

1: 女子の平均身長が知りたい みなさん、女子の平均身長ってどのくらいだと思いますか? (1)2017年の「女性の平均身長」は? 2017年の同データは発表されていないため、2015年に発表されているデータでご紹介します。 総務省統計局の「日本の統計 2015 第21章保健衛生」によると、平成24年時点で、26~29歳女子の平均身長は157. 8cm、30代女子だと158. 4cmでした。 (2)高校生女子の平均身長は? 他方、高校生女子の平均身長は、東京都が発表している平成27年度の公的データ「身長の平均値の推移(昭和47年度~平成27年度)」によると、17歳(高等学校3年生)の平均身長158. 5cmでした。 2:日本人の平均身長の推移 (1)女子高校生の平均身長は伸びている 先程と同様の、東京都が発表している「身長の平均値の推移 (昭和47年度~平成27年度)」によれば、高校生女子(高等学校3年生)の平均身長は、平成の時代になってからは、平均で158cm台になっています。 他方、昭和47年度にJKだった女子たちの平均身長は156. 5cm。 今よりもほんの2cm程度背が低かった模様です。 その当時と現代では、食生活や栄養環境もだいぶ異なるので、そのあたりが影響しているのかもしれません。 (2)女子中学生の平均身長も伸びている!? 同じく「身長の平均値の推移 (昭和47年度~平成27年度)」によると、中学3年生女子の平均身長も時代を追うごとに伸びています。 具体的には、昭和47年度当時には155. 2cmだった平均身長が、157. 3cmまで伸びるという具合に、およそ2cmほど平均が高くなっている実態が。 中学生女子と言えば、まだまだ成長期。 高校生の平均身長の差よりも大きいことから、時代が進むにつれて成長が早くなっていることが推測されますね。 (3)女子小学生の身長の推移 小学6年生と言えば、ちょっとおませな女子なら、恋愛に興味を持ち始めているお年頃。 同じく「身長の平均値の推移 (昭和47年度~平成27年度)」を見てみると、小学6年生の昭和47年度当時の平均は143. 5cm。 それに対し、平成27年度はなんと147. 1cmまで伸びていました。 時代と共に、小学生女子の身長は高くなっている実情にあるようです。 (4)5歳の女の子の平均身長の推移 まだ小学校に入っていない5歳女子の平均身長も調べてみましょう。 同じく「身長の平均値の推移 (昭和47年度~平成27年度)」から見てみると、昭和47年度当時には109. 3cmだった平均身長は、平成27年度でも109. 8cmまでしか伸びていません。 思春期を迎えた女子は昔に比べて身長が高くなっていても、まだ幼い頃では、昔と比べて、さほど変わっていないのかもしれませんね。 (5)最近の高校生男子の平均身長は? ところで「高校生」と言えば、男子は育ち盛り真っ只中で、よく食べる人も多いイメージもありますよね。 こちらも同じく「身長の平均値の推移 (昭和47年度~平成27年度)」で見てみると、高校生男子(高等学校3年生)の平均身長は171. 0cmでした。 一方で、同様に昭和47年度当時の高校生男子の平均身長を見てみると、168. 9cmなので、女子同様に男子も昭和から平成になるにつれ、平均身長が伸びて、かつその伸び幅は女子と同じくらいの2cm程度ということがわかります。 (6)5歳の男子の身長推移は? ところで、男子は女子よりもいつでも身長が大きいイメージもありますが、5歳となると、その実態はどうでしょう!? 同じく「身長の平均値の推移 (昭和47年度~平成27年度)」によれば、5歳男子の昭和47年度の平均身長は110. 2cmで、平成27年度には110. 8cmでした。 実際、同時期の5歳女子の平均身長と比べると、どの時代も男子のほうがおよそ1cmほど大きい実態があります。 男女差は時代が変わっても「男の子のほうが大きい!」という傾向はあるので、5歳くらいだと男子より女子のほうが背が低めでもなんの心配もいらなさそう。 (7)平成14年よりも平成24年になって20代女子は背が低くなった!? 総務省統計局の「日本の統計 2015 第21章保健衛生」によれば、20代女子の平成14年の平均身長は158. 7cmだったのに対し、平成24年は157. 8cmに。 時代が進むごとに平均身長がぐんぐんと高くなっているのかと思いきや、この10年間で20代女子の平均身長は「やや縮んでいる」のが実態のようです。 3:ちなみに、日本人女性の平均体重の推移は? 日本人女性の平均体重も時代の変化とともに、多少変わっている傾向があります。 総務省統計局の「日本の統計 2015 第21章保健衛生」にある平成14年と平成24年の20代女子の平均体重を見てみると、平成14年では52. 1kgだったのに対し、平成24年は51. 8kgでした。 ここ10年間で、20代女子の平均体重はほとんど変わっていない傾向です。 (2)30代女子は、10年前よりややポチャに!? 同じく「日本の統計 2015 第21章保健衛生」のデータをもとに分析してみると、30代女子の平均体重は平成14年では52. 8kgだったのに対し、平成24年では53. 5kgまで増加。 1kgまでは増えていないものの、ここ10年間で30代女子の平均体重は微増したことになります。 この10年の変化といえば、ボディコンだった1990年代初頭を経て、ゆるっとしたファッションが主流になった時代。 ボディラインが隠しやすく、ダイエットの必要がさほどなくなったファッション的背景も、少しは関係しているのかもしれませんね。 (3)40代はここ10年でちょっと痩せてきた!? 他方、同じく「日本の統計 2015 第21章保健衛生」を見てみると、平成14年の40代女性の平均体重は54. 9kgだったのに対し、平成24年では54. 7kgと、少し減っています。 微減程度ではあるものの、逆に40代女性は、10年前よりも平成24年前後に40代になった人たちのほうが、ダイエット意識が高いのかもしれません!? (4)女子高校生の体重推移は? 東京都の「身長の平均値の推移 (昭和47年度~平成27年度)」を見てみると、昭和47年度に高校3年生だった女子の平均体重は51. 7kg。 他方、平成27年度に高校3年生だった女子の平均体重は52. 9kgでした。 昔よりも今のほうが食べ物の選択肢が豊富だったり、手軽に食べられるジャンクフードが増えていることもあってか、昭和のJKよりも平成のJKのほうが、やや体重が多いようです。 (5)女子中学生の体重の推移は? 同じく「身長の平均値の推移 (昭和47年度~平成27年度)」によれば、昭和47年度に中学3年生だった女子の平均体重は48. 9kgです。 これに対して、平成27年度に中学3年生だった女子の平均体重は49. 9kg。 これも高校生女子同様に、昭和の頃よりも平成になってからのほうが、体重は多い傾向が読み取れます。 (6)女子小学生の体重推移は? 同じく「身長の平均値の推移 (昭和47年度~平成27年度)」によれば、平成47年度に小学校6年生だった女子の平均体重は36. 9kgで、平成27年度に小学校6年生だった女子の平均値38. 6kgをやや下回っていました。 身長と同じく、やはり成長著しい小学6年生だと、時代による体重の変化が大きいことが見てとれます。 (7)5歳女子の体重推移は「あんまり変わらない」 同じく「身長の平均値の推移 (昭和47年度~平成27年度)」で昭和47年度に5歳だった女子と、平成27年度に5歳だった女子の体重を比べてみると、昭和47年度は18. 5kgで、平成27年度は18. 4kgでした。 1kg減ってる!」とも読み取れますが、ほんの少しの値なので、こちらは「ほぼ変わらない」と言ってもいいのでしょうね。 やっぱり子供のころは、今も昔も変わらないんですね。 (8)女性のスタイルはどうなった? 国立健康・栄養研究所が発表している「BMIの平均値の年次推移(15歳以上、性・年齢階級別)」によると、2015年の20代女子、30代女子ともにBMI平均値は「20. 8」とのこと。 ちなみに「BMI」とは「Body Mass Index」の略で、ヒトの肥満度を表す体格指数のことです。 平成の時代には、日本人女性の「理想の体型」として挙げられるBMI値は「20~20. 5」が一般的なので、「あと少しで理想!」という程度に、美ボディをキープしている女子が多い印象です。 他方、厚生労働省の発表するデータをもとに、平成27年より約10~20年ほど遡る平成9年度、ならびに平成19年度の20代女子のBMI平均値を見てみます。 筆者が探したところ、具体的な「平均値」を示す当時の公的なデータが見つからなかったため、分布分析をもとにご紹介します。 それによると、平成9年当時に20~29歳だった女性の75. 6%が「18. 0%が「18. 平成の時代に入ってからはずっと、女子の体型は「標準的」な範囲をキープしているものの、肥満は減り、低体重(やせ)が増えていることから、時代とともにスタイルよくなってる傾向がある、といえます。 4:ちなみに、韓国人の平均身長は? ちなみに、隣国である韓国人の平均身長はというと、2014年に『KBS WORLD Radio』で発表された報道によるデータで、韓国人成人女性における平均身長は162. 3cmでした。 なんと韓国人女性は2014年までの100年間で、平均身長が約20cm伸びたこともわかっています。 余談ですが、同報道によると、日本人もここ100年で、約16cmほど身長が伸びたのだとか! 調査方法やデータの出し方も異なるために一概には言い切れませんが、このデータを見ている限りでは、日本人女性よりも韓国人女性のほうが平均して背が高く、またそれがますます広がっていく傾向にあるのかもしれません。 【参考】 この記事を書いたライター 並木まき M. Namiki 28歳から市川市議会議員を2期務め政治家を引退。 議員時代から「多忙でもデキる」を研究する時短美容ジャーナリストとして活躍している。

次の

身長が止まるサインはコレ!男子と女子で年齢は違うのか!?

女子 平均 身長

身長に対してコンプレックスを抱いてる方が多い 大学生になると、男女のどちらも自分の見た目を気にするようになります。 例えば身長もその一つで、中には自分の身長の高さや低さをコンプレックスとしてとらえてしまう方も少なくありません。 ある調査によると、自分の身長について聞かれた際に理想的な高さであると思っている方は全体の約2割以下で、7割近くの方が身長が低いと感じているという結果が出ました。 66%とこちらも 3 人に 2 人の割合であった。 引用元: さらに、自分の身長の高さに関して満足しているかどうかという問いについては、こちらも満足していると考えているのは全体の約2割以下で、 全体の8割以上の方が自分の身長に対して何らかの不満を抱えているという事がわかっています。 こうした調査結果から、大学生の男女は非常に多くの方が自分の身長の高さについて不満を感じていたり、コンプレックスを抱いているという事がわかります。 具体的にどのようなコンプレックスを抱えているかというと、男女ともに身長が低いと感じている方が非常に多く、今よりも身長を高くしたいと思っている方が多いのです。 特に近年、女性は体重に対する執着が強くなっている傾向があり、とにかく痩せたいという願望を持っている方が非常に増えてきています。 その為、ダイエットをして低体重になっている女性の割合も結果的に増加傾向にあるのです。 こうした現状を作り出したひとつの要因として、テレビや雑誌、インターネットなどでダイエットに関する情報があふれかえっているという理由があります。 こうした情報があふれかえっていることで、ダイエットに関心を持つ若者が増えてきているのです。 しかも、こうした情報はすべてが正しいわけではなく、むしろ誤った情報が多い為、 間違った知識をもとにダイエットを始めてしまう方も少なくありません。 その結果、無理なダイエットをしてしまって体調を崩してしまったり不健康になる男女も増えてしまっているという現状があります。 19・20・21・22歳の平均身長と体重を解説 大学生の平均身長と体重を確認していきましょう。 平均身長と体重は厚生労働省の「」を参考にしています。 男性:大学生 19・20・21・22 の平均身長 19歳 174. 9cm 20歳 173. 2cm 21歳 170. 7cm 22歳 170. 7cm 女性:大学生 19・20・21・22 の平均身長 19歳 157. 0cm 20歳 156. 4cm 21歳 156. 6cm 22歳 158. 1cm 大学生 19・20・21・22 の平均体重一覧表 大学生 19・20・21・22 の平均体重を男女別で確認してみましょう。 男性の平均体重 19歳 68. 0kg 20歳 64. 6kg 21歳 68. 5kg 22歳 66. 1kg 女性の平均体重 19歳 50. 0kg 20歳 50. 0kg 21歳 50. 2kg 22歳 51. 0kg 大学生からでも身長は伸びるのか? 大学生は、高校を卒業して入学した時点で18歳です。 この大学生の時点からさらに成長によって身長が伸びる事があるかないかと言えば、 もちろん伸びる可能性はあります。 しかし、多くの方は小学生から高校生くらいまでの間にもっとも大きな成長期を迎えてしまいますので、大学生になってから大幅に身長が伸びるという事はそう多くはないのです。 これについては実際に大学生の平均身長などのデータを参考にしてみるとわかります。 例えば大学1年生の平均身長と大学2年生の身長を比較した場合、男女共にやや増加しているものの、その伸び具合は1センチ以下で、 特に女性の場合は男性に比べてその増加量が少ない事がわかります。 あくまでこのデータは大学生の平均身長のデータではありますが、大学生になってからでも身長が急激に伸びる方がたくさんいれば、1年生と2年生では平均身長に大きな差が出るはずです。 しかし、それがないということはつまり大学生で身長が急激に伸びることは少ないということになります。 身長が大幅に伸びる成長期は何歳まで? 身長が伸びる時期、つまり成長期は人によって多少の個人差があります。 ただ、 平均的には小学生から中学生の頃がもっとも身長が伸びる時期に当たります。 ただ、この成長期は男女によっても差があり、男子の場合にはだいたい12歳頃なので小学6年生から中学1年生くらい、女子の場合は10歳頃なので小学4年生から小学5年生頃にピークを迎えます。 骨端線が成長をしているうちはまだ身長が伸びると考えられるのですが、成長期が終わりを迎えると骨端線は閉じてしまいます。 骨端線が閉じる時期はいつ? 一般的に骨端線が閉じる時期は 男子で17歳あたり、 女性だと15歳あたりになると言われています。 骨端線が閉じる時期は個人差がありますので一概には言えませんし、中には大人になってもまだ骨端線が閉じていない場合もあります。 もちろんその場合には、大人になってもまだ身長が伸びているのです。 このように、身長の伸びと骨端線は非常に深い関係を持っていますので、子供の身長がさらに伸びるのかすでに成長が止まっているのかは、骨端線を見る事である程度判断ができます。 骨単線は整形外科で確認できる 身長がまだ伸びるのか、それともすでに身長の伸びは止まってしまっているのかは骨端線を見る事で判断できます。 骨端線が閉じてしまっていればもうそれ以上身長が伸びることはありませんが、 骨端線がまだ閉じていなければさらに身長が伸びる可能性があります。 子供の身長がまだ伸びるのか伸びないのかを気にする親御さんも多いと思いますが、 骨端線の状態についてはレントゲン写真で確認する事ができます。 よって、病院での診察が必要になりますから、15歳未満のお子さんの骨端線を確認したい場合は小児科を受診してレントゲン撮影を行ってもらいます。 もし、お子さんが15歳を超えてしまっている場合は小児科を受診するのではなく整形外科を受診してレントゲン撮影を行います。 ちなみに、 病院で骨端線を確認する為だけにレントゲン撮影を行うという事はあまりありません。 極端に子供の身長の伸びが悪く、もしかしたら何かの病気や低身長症の疑いがある場合などに、レントゲン撮影を行って骨端線の状態を確認します。 試してみる価値ある身長を伸ばす3つの方法 完全に大人になってしまうと身長をそこから急激に伸ばすことはなかなか難しくなります。 しかし、子供のうちならいくつかの方法を試すことで、身長の伸びを促すことができる可能性はあります。 身長を伸ばす為のに試す価値がある方法については、実際に試してみたからと言って必ず身長が伸びるという保証がある訳ではありません。 しかし、身長を伸ばしたいのであれば、やっておいて損はない、マイナスはないという方法です。 とは言っても、特別な事をして身長を伸ばすわけではありませんので安心してください。 成長期の子供の身長が伸びる為に基本的に必要なのは、 バランスの良い食事、 十分な睡眠時間、そして 適度な運動という、健康を目指す為にはごくごく当たり前のものです。 しかし、この基本的なところが抜けている為に十分に身長が伸びなかったという例も少なくありませんので、成長期の子供を持つ親御さんは特に、この基本を見直してみる事も重要です。 食生活の改善 身長を伸ばす為には、食生活の改善は欠かせません。 子供の体の成長は毎日食事からとる栄養素が必須だからです。 栄養が足りない状態では身長が十分伸びる事ができません。 ではどんなことに気を付ける必要があるのでしょうか。 まずはしっかりと三食食べる事です。 朝ご飯を抜いてしまう子供もいますがこれはよくありません。 また、食事の内容はバランスも大切です。 たんぱく質やカルシウムなど成長に必要なものはきちんと摂取する必要があります。 特にカルシウムは身長を伸ばす為には必要不可欠なものとなりますので、魚や牛乳などを積極的に摂取することもよいでしょう。 ただし、人工的に身長を伸ばす手術は自然に成長して身長が伸びるのとは違い、ある程度リスクもあります。 また、手術になりますので当然高額な費用も発生します。 もし、身長を伸ばす手術を行う場合には、こうした手術を行うリスクや費用について事前にきちんと確認した上で行う必要があります。 身長を伸ばす整形手術「イリザロフ法」とは? 身長を人工的に伸ばす手術の方法の一つに「イリザロフ法」というものがあります。 「イリザロフ法」は、骨を折ってしまった部分が修復される際の仕組みを応用した手術法になります。 「イリザロフ法」は例えば何らかの理由で骨が変形してしまった方の治療や、事故などによって骨が損傷したり失ってしまった場合の治療、そして低身長症の方などに行われることが多いものとなっています。 実際に「イリザロフ法」はどのように行われるかというと、骨を意図的に切断します。 こうすることによって、骨を骨折したのと同じ状態にするのです。 ちなみに「イリザロフ法」は、手術の痛みが伴います。 また、装具を付けている期間は装具が邪魔に感じることもあるでしょう。 そして手術にかかる費用ですが、クリニックによって費用に差はあるものの「イリザロフ法」は数百万円単位の費用が発生しますので、費用を準備する必要もあります。 国内で可能な身長を伸ばす骨延長手術「ISKD法」とは? 身長を伸ばす整形手術「イリザロフ法」以外にもう一つ身長を自工的に伸ばすことができる方法として「ISKD法」があります。 「ISKD法」は「イリザロフ法」よりも後に開発された新しい手術の方式になります。 「ISKD法」と「イリザロフ法」の違いですが、身長を伸ばす為に利用する、骨折が治る仕組みを利用するという部分は同じになります。 つまり、一旦人工的に骨折した状態を作り出して、そこから骨を修復していき骨の長さを伸ばしていくという流れになります。 しかし、「ISKD法」と「イリザロフ法」が違うのは骨を伸ばしている段階での装具のつけ方です。 「イリザロフ法」の場合は装具を足の外側につけていますが、「ISKD法」の場合はボルトを骨に直接打ち込む形になります。 ISKD法のメリット この違いによる「ISKD法」のメリットは、「イリザロフ法」と比べると傷跡が少なくて済むという点です。 また、ズボンなどで装具を隠すことができますので、見た目には「ISKD法」を行っている事があまりわかりません。 そのほか、 感染症にかかる可能性も「ISKD法」の方が低く、手術前後やその経過途中でのトラブルも少なくなります。 ただし、「ISKD法」は「イリザロフ法」に比べて骨を伸ばすことができる幅が短かったりするデメリットがあります。 費用については「イリザロフ法」と同様に数百万円単位でかかります。 大学生でも身長が伸びる子もいる? 子供の身長が最も伸びる成長期は小学生から中学生あたりがピークとなります。 身長が伸びるタイミングは個人差もありますので、高校生になってから急激に伸びるという場合もありますが、あまり多い事例ではありません。 ですから、大学生になってしまうと体はほぼ大人なので成長期も過ぎてしまっていますし、 急激に身長が伸びることはありません。 稀に成長期が遅くきてしまって、大学生になってから急に身長が大幅に伸びるという事もありますが、こういうパターンは本当に稀なケースです。 本来子供の成長期は早くて小学生から、遅くても高校生までで終わってしまい、 骨端線も閉じてしまいますのでそれ以上身長が伸びることはなくなってしまいます。 ですから、子供の身長をできるだけ伸ばしたいと考えた場合には、成長スパート期にできるだけ伸ばす努力をする事が、最も身長を伸ばすのに最適な時期と言えるのです。 成長期スパート期で伸ばすことが大切 身長を十分に伸ばす為には、成長期スパート期に伸ばすことが重要となります。 人間の身長が伸びる時期はだいたい2回ほどあり、初めは生まれてからすぐの第一次性徴の時期になります。 そしてその次に身長が大幅に伸びるのは、 小学生から中学生にかけて訪れる第二次性徴の時期になります。 そしてこの第二次性徴の時期の事を成長期スパート期と呼びます。 成長期スパート期を逃してしまうと、次に身長が伸びる時期はやってきませんので、成長期スパート期にできるだけ身長が伸びるような努力をすることが必要です。 この成長期スパート期に栄養が足りなかったり睡眠不足だと十分身長が伸びません。 成長期スパート期に運動で体に刺激を与えると、体の成長を促してくれます。 まとめ 子供の身長が伸びるのは、第一次性徴と第二次性徴のタイミングが一番伸びます。 第二次性徴の時期は「成長スパート期」とも呼ばれており、重要なタイミングになりますのでこの時期はしっかりと栄養や睡眠をとり、運動を行って身長の伸びを促すことが重要です。 この成長スパート期を逃してしまうと、そのあと身長が伸びるタイミングはありません。 成長スパート期は個人差がありますが、だいたい高校生くらいまでには終了してしまいます。 よって大学生になると身長が大幅に伸びることは稀なケースとなります。 将来コンプレックスになってしまうため子供のときに伸ばしてあげましょう 男性の場合は20代から、女性の場合は10代後半から身長や体重など自分の見た目を気にするようになり、特に身長に関しては多くの方が自分の身長が低いことにコンプレックスを抱いています。 ですから、 子供のうちにしっかりと身長を伸ばすことができるようにしなくてはなりません。 ちなみに、大人になって成長期を過ぎてしまってからどうしても身長を伸ばしたいという際には、人工的に手術を行うという方法もあります。

次の

女子1000人の平均体型!身長158.2cm、ウエスト60.6cm。気になるバストは?

女子 平均 身長

もくじ• 日本人女性・女子の年代別平均身長 日本人女性・女子は世界から見ると小さく華奢な印象があります。 海外の女性に比べると日本人は小柄で子供に見えてしまうこともあるそう。 もともと昔から菜食中心だった日本の食生活も関係しており、特にアジア人は小さく、日本人も同様に江戸時代などは歴代でもより小さな人が多かった時代と言われています。 そんな日本人の女性・女子の年代別身長は下記です。 20代: 157. 6cm• 30代: 158. 6cm• 40代: 158. 2cm• 50代: 156. 7cm• 60代: 153. 9cm• 70代以上: 148. 9cm おおよそですが日本人女性・女子の平均身長は157cm~158cm前後と言えます。 欧米諸国に比べるとこれはとても小さく、日本人と比較するとかなり身長差があるという結果になりそうですね。 僕の身長は約168cmで小さいのですが、海外の女性・女子の平均身長よりも低いこともあり、結構落ち込んだりしますよ!笑 世界の女性・女子の平均身長ランキング 海外旅行をしていると女性や女子でも大きい人が多くて驚きますよね。 日本と比べると 世界各国の人々は身長も大きいのが普通だったりします! アメリカやヨーロッパなど欧米人は特に目立って大きいことも。 ここからは統計で調べた 世界の女性・女子平均身長をランキング形式で解説します。 統計は風土や気候、環境や地域、年齢によって違います。 そのため、ここでは前後という表記を使って解説するのでご了承ください。 なお、情報の中には時代によって変わることもあります。 ここではウィキペディアの情報を参考に作成しています。 ボスニア・ヘルツェゴヴィナ ・ 171. 1cm前後 ボスニア・ヘルツェゴヴィナは バルカン半島に位置する国の1つです。 首都 サラエボを中心に多様な文化と歴史が広がる国で、海外旅行でも実は人気のある国だったりします。 そんなボスニア・ヘルツェゴヴィナには高身長の人もとても多いです。 それこそアメリカやイギリスのような高身長大国に大差をつけているほど大きい人が多いのが特徴となっています。 街中を歩く人々は長身が多く、スリムでスタイルが良い人ばかりです。 この国は交易も広く行ってたことで混血が多いため、スーパーモデルのような体型の人が多いと言われています。 デンマーク ・ 168. 7cm前後 デンマークは童話の国やおとぎ話の国と呼ばれる北欧の国。 アンデルセンが描いた世界が広がっており、観光客にも人気です。 コペンハーゲンなど発展した都会も多く、レゴ発祥の地としても有名です。 デンマークは ヴァイキングの海賊が移住してきた地でもあります。 また、ヨーロッパの中でも 北欧ということもあり身体が大きくなりやすいです。 混交により強い遺伝子が混ざり合うことで、長身の遺伝子が広まった説の他、肉製品や乳製品などの食文化も関係していると言われています。 また、ベルクマンの法則で背が高くて手足が長くなりやすいとも言われています。 デンマークにはすらっとしたスキニーでスレンダーな人が多いです。 モンテネグロ ・ 168. 4cm前後 モンテネグロは首都 ポドゴリツァが有名なバルカン半島の国です。 多種多様な自然が広がり、多くの景勝地を持つことから、欧米からの観光客の多さにも定評がある国として知られています。 モンテネグロには長身でありながらスリムな人が多いです。 控えめなバストやヒップを持つ高身長なモデル体型の人ばかりとの噂も。 素朴なのに堀が深く、身長の高さもあって魅惑的な人が多いのも特徴です。 飄々としたクールビューティが歩く姿は、まさにランウェイそのもの。 ベルギー ・ 168. 1cm前後 ベルギーはワッフルやチョコレートが有名な美食の国ですよね。 ヨーロッパの中心都市 ブリュッセルを有する国としても知られています。 豊かな食文化が身体の成長を育み高身長な人が増えたのが特徴です。 新鮮な魚介類はもちろん、肉類や野菜類などバランスの良い食生活は高身長には必須の条件とも言えるでしょう。 また、古くから政治や経済の中心としての機能を持ち、 多くの人種が行き来する地域だったことからも、混血が増えて強い遺伝子が強く残ったと考えられています。 アイスランド ・ 168cm前後 アイスランドは溶岩と苔が広がる温泉大国です。 島国なのに無限に広がるかのような大自然がどこまでも続き、それを求めて世界中から多くの旅人が集まってきます。 もともとヴァイキングの開拓地ということもあって屈強な血が残り、 強い遺伝子の影響で体格が大きい人が生まれるのだとか。 ただ、野性味溢れるのかといえばそうではなく、フェミニンでガーリーな人が多いと言われています。 また、温泉大国として知られ、古くから肌に良い温泉に入る文化があります。 血行促進などの他、ストレス解消や疲労回復など、身体に良い 温泉に入る文化も長身の多さに関係しているのではないかという予測もあります。 極寒の地ということもあって、ベルクマンの法則の特徴が見られることも。 イタリア ・ 167. 8cm前後 イタリアは多様な食文化を持つおしゃれ大国ですよね。 世界一の世界遺産保有数を誇る国でもあります。 歴史や文化だけではなく絶景などにも優れていて、海外旅行でも人気の国です。 イタリアは海に囲まれているということで食文化の発展が目覚ましいです。 特に チーズやトマトを使った長身を支える食生活が根付いています。 また、ヨーロッパを代表とする国で交易も盛んだったため、より 優れた遺伝子の交配が進んだのも高身長に繋がっていると考えられています。 ただ身長が高いだけではなく、バストやヒップのメリハリもあるのが特徴です。 スタイル抜群の人が生まれやすい国柄だと言えるでしょう。 リトアニア、オランダ ・ 167. 5cm前後 リトアニアやバルト三国の1つで北欧にほど近い国となっています。 風土や気候から見ても 寒い地域が多く身体が大きくなりやすい国柄です。 オランダは世界で最も身長が大きい人が多いと言われる国です。 ヨーロッパの 列強国と肩を並べて競い合ってきた優秀な遺伝子の交配も多く、長身の人が多く生まれやすいのが特徴となっています。 どちらも季節にメリハリがあり、四季があるのも特徴です。 多様な環境の中で育った身体はボンキュボン……。 美人や美女と呼ばれる人が多い国としても知られていますね。 スロベニア ・ 167. 4cm前後 スロベニアは中欧に位置する自然が豊かな国です。 実は観光大国として知られ、近隣の国からの海外旅行客に人気があります。 そんなスロベニアは 中央ヨーロッパの文化や交易の交差点とも言われています。 古くから多くの人々が行き交い、歴史の交差路としても栄えてきました。 その影響もあり、 多くの混血が生まれたことで遺伝子が強くなったのが長身の多さに繋がっていると考えられています。 また、多様性に富んだ景観と自然の物質に恵まれているのも魅力です。 繰り返される戦争や紛争の中で、より優れた種が必要だったのも関係しているかもしれません。 チェコ ・ 167. 2cm前後 チェコは列強大国に囲まれた小さな国です。 首都プラハを持ち、歴史ある美しい街並みが観光客にも大人気となっています。 チェコは地理的にもヨーロッパの中央に位置していて混血が多いです。 東はスロバキア、西はドイツ、南はオーストリア、北はポーランドと囲まれており、 文化の行き来が盛んだったことも高身長が多い理由となっていると言われています。 身長が高いだけではなく、高潔で高貴な雰囲気があります。 顔のメリハリも強く、目鼻立ちの整った長身モデルのような人が多いです。 10位. ノルウェー ・ 167cm前後 ノルウェーは北極圏に含まれる地域も有する北欧の国。 ヨーロッパの中でも北国として知られ、 風土や気候も厳しい寒さに包まれているのが特徴となっています。 極寒の地というだけあって、肉付きが良い長身の人が多いです。 身体が大きく脂肪を蓄えやすい体質の人が多いため、ダイナマイトボディの長身が多いという声もありますね。 豊かな自然で豊満に育った自由奔放な身体は、愛されマシュマロボディ。 高身長だけではなく、その他の魅力もギュッと詰まった人が多いと言われていますね。 その他の国 全体的に見てもやはりヨーロッパ圏の女性・女子は長身の傾向が強いです。 古くから他国との交易が盛んだったことで混血が多いのはもちろん、多様な自然が育んだ食材、特に乳製品や肉製品が多いのも長身の理由となっています。 ヨーロッパの他の国で見るとセルビアやクロアチア、オーストリア、コソボ、スロバキア、フィンランド、ポーランド、ドイツ、ギリシャなどが長身となっています。 その他、意外なのはポリネシア圏などの島国にも長身の人が多いことです。 ポリネシアの国としてはサモアやトンガなども高身長の国として知られています。 必ずしも環境の影響を受けるというわけではなく、生活様式の違いなどで身長が変わることの証明でもありますね。 また、中東圏のイスラエルやアゼルバイジャンなども背が高い人が多いです。 身長は人によって違うだけではなく、ライフスタイルなどでも大きく変わります。 それだけではなく、他国との交流によっても変わりそうですね。 地域によって身体も大きくなりやすい人が生まれるのはわかりますが、それだけでは語れない神秘の部分が人類には残されていると言えるかもしれません。 まとめ 海外には女神のように美しく大きい女性や女子がいたりします。 海外旅行をするとそんな人たちに魅了されてしまうこともあるかも。 世界の女性・女子の平均身長では、ヨーロッパに集中しているのがわかりますね。 ヨーロッパ圏で言えば北欧や西欧、東欧、南欧に大きな人が多いです。 旧ユーゴスラビア諸国は世界的に見ても交易が活発だったことで混血が増え、環境の影響も強く受けたことで高身長になったという理由が大きいです。 その他、地域と比べても圧倒的にヨーロッパ圏に高身長の人が多いと言えます。 ここで紹介した世界の女性・女子の平均身長を知りつつ、異国にいる魅惑の人々を目に焼き付けてみてはいかがでしょうか?笑 参照元: 参照元:.

次の