ノート パソコン 動画 編集。 ノートパソコンで始める 動画編集のやり方。経験談を踏まえてまとめます|動画編集のススメ

動画編集用パソコン選ぶならどっち?デスクトップとノート型PC

ノート パソコン 動画 編集

動画編集または画像編集用にパソコンを使う場合、パソコンの性能が不足すると処理に長い時間がかかりストレスが溜まってしまいます。 それだけでなく、性能が足りず編集作業に妥協しなければならないことが出てくれば、満足できる作品を作ることができません。 限られた時間の中で自分がやりたい編集作業を完了させるためには自分にとって十分な性能が必要です。 動画編集または画像編集用にパソコンを選ぶなら、自分にとって必要な性能を見極めることが重要になってきますが、どれくらいの性能が必要なのか迷うところです。 結論から言いますと、どれくらいの性能が必要なのか示すことは難しいです。 本当に人によってピンキリです。 動画編集または画像編集用に何のソフトウェアを利用するのかによってだけではなく、同じソフトウェアを利用するとしても編集作業内容によって必要なパソコンの性能が大きく異なります。 例えば、個人が使うような家庭用ビデオカメラで撮影した動画を切り貼りするくらいで済む動画編集なら、性能が低いパソコンで十分です。 動画を切り貼りするだけでなく特殊効果を付ける等して映画のシーンに出てくるような作品に仕上げるなら、性能が高いパソコンが必要です。 人によって快適と感じるパソコンの性能の基準が異なることも、どれくらいの性能が必要なのか示すことを難しくします。 動画編集または画像編集に使うパソコンは少なくともこれくらいの性能が欲しい パソコンの性能を左右する要素は様々ですが、動画編集、画像編集では CPU 性能の高さ、メインメモリー容量の大きさ、ストレージのデータ読み書き速度の速さ、ストレージ容量の大きさ、ビデオチップ(GPU)のグラフィックス性能の高さが重要です。 これらの中で1つでも不足してしまうとパソコンで動画編集または画像編集を快適にできません。 このソフトウェアでこんな風に編集作業するならこれくらいの性能が必要だと場合分けをしていったらキリがありませんので、とりあえず動画編集または画像編集用にパソコンを選ぶなら、少なくとも以下の性能は欲しいところです。 (2017年12月1日時点)ちなみにデスクトップパソコンのタワー型を選ぶことを前提にしています。 上記の性能は高すぎで持て余す人もいれば全く足りないという人もいます。 自分にとって性能が高すぎるパソコンを選んでしまうとパソコンに無駄に高いコストをかけてしまったことになりますが、パソコン購入後にもっと高い性能が必要となる可能性を考えて性能に余裕を持たせて選んだと考えれば悪い選び方ではありません。 パソコンの性能が足りないという事態は避けたいです。 デスクトップパソコンのタワー型を選んでおけば、自分で PC パーツを交換か増設してパソコンの性能を上げやすいので解決できることがあります。 CPU を交換して CPU の性能を上げる、メインメモリーを増設してメインメモリー容量を大きくする、ストレージを増設してストレージ容量を大きくする、ビデオカードを交換してビデオチップのグラフィックス性能を上げて、パソコンの性能を上げることができます。 しかし、メインメモリーの増設やストレージの増設であれば既存の PC パーツを活用し続けられますが、CPU の交換やビデオカードの交換となると既存の PC パーツに対し支払ったコストが無駄になってしまいます。 購入した完成品のパソコンに対し自分で PC パーツの交換や増設をすると、メーカー保証が無効になってしまう問題もあります。 そのため、完成品のパソコンを買った時点で自分にとって必要な性能があることが望ましいです。 性能を落とすとしたら CPU とビデオチップ CPU は4コア以上にしておく 性能が高すぎるので落とすとしたら CPU とビデオチップです。 しかし、CPU 性能の高さは動画編集または画像編集にとって特に重要です。 落とすとしても Core i3-8100 等、少なくともコア数が4ある CPU にとどめておくと良いです。 動画編集または画像編集のやり方次第ではビデオカードは不要 GeForce GTX 1050 は、ビデオカードに実装されるビデオチップです。 ビデオカード上のビデオチップは、CPU に統合されているビデオチップよりもグラフィックス性能が高いです。 動画編集または画像編集のやり方によっては CPU 統合ビデオチップで十分です。 グラフィックス性能が高いビデオチップがあれば動画編集または画像編集に大いに役立ちそうなら、ビデオカードに実装されるビデオチップを選んでおく方が良いです。 例えば、動画編集中にプレビューする時にレンダリングが発生するならパソコンに高い負荷がかかり、CPU が高性能でもレンダリングが終わるまで時間がかかりますが、レンダリングでビデオチップを利用するとしビデオチップのグラフィックス性能が高ければ、レンダリングが終わるまでの時間が大幅に短くなります。 普及している動画編集用ソフトウェアの Adobe Premiere や Adobe After Effects ではビデオチップによる高速化に対応しており、ビデオチップのグラフィックス性能が高いと動画編集が快適になります。 このようなソフトウェアを利用しビデオチップによる処理速度向上が必要になるなら、ビデオカードに実装されるビデオチップを選ぶ必要があります。 メインメモリー容量は 8GB 以上にしておく メインメモリー容量は動画編集または画像編集に使わなくても少なくとも 8GB はある方が良いので、8GB よりは小さくしない方が良いです。 SSD は必須 ストレージは動画編集または画像編集に限らずあらゆる使用用途において一度 SSD を使うと HDD には戻れないほど SSD のデータ読み書き速度が速いので、SSD は必須と考えておく方が良いです。 ストレージ容量の全てが SSD であることが望ましいですが、SSD は HDD よりも容量あたりの価格が高いです。 小容量 SSD と大容量 HDD を組み合わせるとコストパフォーマンスが良いです。 SSD は OS やソフトウェアのインストールデータを保存しておき、容量が大きい動画データや画像データは HDD に保存しておく使い方でも SSD によるパフォーマンス向上を十分体感できます。 全体的に性能がアップしましたが、ここでも性能を落としても大丈夫そうなところがあれば落とすと良いです。 これでも性能が足りない場合は、性能に妥協するか妥協しないかは人れぞれです。 個人的には数年後に技術進歩により性能が向上したパソコンに買い替えることを見据えて、性能を追い求めすぎない方が良いです。 上記の性能では動画編集または画像編集どころではないなら、さらに高い性能を追い求めなければなりません。

次の

動画編集、画像編集用のパソコンはどれくらいの性能が必要なのか

ノート パソコン 動画 編集

簡易編集で動画の結合はできません。 2009年冬モデル〜2010年春モデルに付属しているCorel Digital Studioには、動画を編集する機能はありません。 手順1注意事項を確認する 動画を編集するときの注意事項です。 簡易編集で編集した内容は「プロジェクトファイル」として保存されるため、元の動画(ビデオファイル)は編集されません。 ただし、編集元の動画を削除すると、簡易編集で編集したファイルも再生や編集ができません。 編集元の動画を削除しないよう注意してください。 簡易編集で編集した動画(プロジェクトファイル)は、ファイル形式を変換しないと、他のアプリケーションで再生できません。 手順2Corel Digital Studioを起動する Corel Digital Studioを起動する方法は、お使いのOSによって異なります。 2017年10月発表モデル以降の場合は、 「スタート」ボタンをクリックし、 すべてのアプリの一覧から「Corel Digital Studio」または「Corel Digital Studio for FUJITSU」をクリックします。 Corel Digital Studioが起動したことを確認します。 続けて、「」へ進みます。 Windows 8. お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。 デスクトップの場合は、画面の右下にマウスポインターを移動し、チャームが表示されたら「スタート」をクリックします。 アプリの一覧が表示されます。 「Corel Digital Studio for FUJITSU」の項目にある「Corel Digital Studio for FUJITSU」をクリックします。 Corel Digital Studioが起動したことを確認します。 続けて、「」に進みます。 Windows 7 次の手順で起動します。 Corel Digital Studioが起動したことを確認します。 続けて、「簡易編集画面を表示する」に進みます。 手順3簡易編集画面を表示する 次の手順で、動画の簡易編集画面を表示します。 お使いの環境によっては、表示される画面が異なります。 編集したい動画が保存されているサムネイルをダブルクリックします。

次の

動画編集用ノートパソコンのおすすめモデル2020年版!最強の1台は?

ノート パソコン 動画 編集

動画編集または画像編集用にパソコンを使う場合、パソコンの性能が不足すると処理に長い時間がかかりストレスが溜まってしまいます。 それだけでなく、性能が足りず編集作業に妥協しなければならないことが出てくれば、満足できる作品を作ることができません。 限られた時間の中で自分がやりたい編集作業を完了させるためには自分にとって十分な性能が必要です。 動画編集または画像編集用にパソコンを選ぶなら、自分にとって必要な性能を見極めることが重要になってきますが、どれくらいの性能が必要なのか迷うところです。 結論から言いますと、どれくらいの性能が必要なのか示すことは難しいです。 本当に人によってピンキリです。 動画編集または画像編集用に何のソフトウェアを利用するのかによってだけではなく、同じソフトウェアを利用するとしても編集作業内容によって必要なパソコンの性能が大きく異なります。 例えば、個人が使うような家庭用ビデオカメラで撮影した動画を切り貼りするくらいで済む動画編集なら、性能が低いパソコンで十分です。 動画を切り貼りするだけでなく特殊効果を付ける等して映画のシーンに出てくるような作品に仕上げるなら、性能が高いパソコンが必要です。 人によって快適と感じるパソコンの性能の基準が異なることも、どれくらいの性能が必要なのか示すことを難しくします。 動画編集または画像編集に使うパソコンは少なくともこれくらいの性能が欲しい パソコンの性能を左右する要素は様々ですが、動画編集、画像編集では CPU 性能の高さ、メインメモリー容量の大きさ、ストレージのデータ読み書き速度の速さ、ストレージ容量の大きさ、ビデオチップ(GPU)のグラフィックス性能の高さが重要です。 これらの中で1つでも不足してしまうとパソコンで動画編集または画像編集を快適にできません。 このソフトウェアでこんな風に編集作業するならこれくらいの性能が必要だと場合分けをしていったらキリがありませんので、とりあえず動画編集または画像編集用にパソコンを選ぶなら、少なくとも以下の性能は欲しいところです。 (2017年12月1日時点)ちなみにデスクトップパソコンのタワー型を選ぶことを前提にしています。 上記の性能は高すぎで持て余す人もいれば全く足りないという人もいます。 自分にとって性能が高すぎるパソコンを選んでしまうとパソコンに無駄に高いコストをかけてしまったことになりますが、パソコン購入後にもっと高い性能が必要となる可能性を考えて性能に余裕を持たせて選んだと考えれば悪い選び方ではありません。 パソコンの性能が足りないという事態は避けたいです。 デスクトップパソコンのタワー型を選んでおけば、自分で PC パーツを交換か増設してパソコンの性能を上げやすいので解決できることがあります。 CPU を交換して CPU の性能を上げる、メインメモリーを増設してメインメモリー容量を大きくする、ストレージを増設してストレージ容量を大きくする、ビデオカードを交換してビデオチップのグラフィックス性能を上げて、パソコンの性能を上げることができます。 しかし、メインメモリーの増設やストレージの増設であれば既存の PC パーツを活用し続けられますが、CPU の交換やビデオカードの交換となると既存の PC パーツに対し支払ったコストが無駄になってしまいます。 購入した完成品のパソコンに対し自分で PC パーツの交換や増設をすると、メーカー保証が無効になってしまう問題もあります。 そのため、完成品のパソコンを買った時点で自分にとって必要な性能があることが望ましいです。 性能を落とすとしたら CPU とビデオチップ CPU は4コア以上にしておく 性能が高すぎるので落とすとしたら CPU とビデオチップです。 しかし、CPU 性能の高さは動画編集または画像編集にとって特に重要です。 落とすとしても Core i3-8100 等、少なくともコア数が4ある CPU にとどめておくと良いです。 動画編集または画像編集のやり方次第ではビデオカードは不要 GeForce GTX 1050 は、ビデオカードに実装されるビデオチップです。 ビデオカード上のビデオチップは、CPU に統合されているビデオチップよりもグラフィックス性能が高いです。 動画編集または画像編集のやり方によっては CPU 統合ビデオチップで十分です。 グラフィックス性能が高いビデオチップがあれば動画編集または画像編集に大いに役立ちそうなら、ビデオカードに実装されるビデオチップを選んでおく方が良いです。 例えば、動画編集中にプレビューする時にレンダリングが発生するならパソコンに高い負荷がかかり、CPU が高性能でもレンダリングが終わるまで時間がかかりますが、レンダリングでビデオチップを利用するとしビデオチップのグラフィックス性能が高ければ、レンダリングが終わるまでの時間が大幅に短くなります。 普及している動画編集用ソフトウェアの Adobe Premiere や Adobe After Effects ではビデオチップによる高速化に対応しており、ビデオチップのグラフィックス性能が高いと動画編集が快適になります。 このようなソフトウェアを利用しビデオチップによる処理速度向上が必要になるなら、ビデオカードに実装されるビデオチップを選ぶ必要があります。 メインメモリー容量は 8GB 以上にしておく メインメモリー容量は動画編集または画像編集に使わなくても少なくとも 8GB はある方が良いので、8GB よりは小さくしない方が良いです。 SSD は必須 ストレージは動画編集または画像編集に限らずあらゆる使用用途において一度 SSD を使うと HDD には戻れないほど SSD のデータ読み書き速度が速いので、SSD は必須と考えておく方が良いです。 ストレージ容量の全てが SSD であることが望ましいですが、SSD は HDD よりも容量あたりの価格が高いです。 小容量 SSD と大容量 HDD を組み合わせるとコストパフォーマンスが良いです。 SSD は OS やソフトウェアのインストールデータを保存しておき、容量が大きい動画データや画像データは HDD に保存しておく使い方でも SSD によるパフォーマンス向上を十分体感できます。 全体的に性能がアップしましたが、ここでも性能を落としても大丈夫そうなところがあれば落とすと良いです。 これでも性能が足りない場合は、性能に妥協するか妥協しないかは人れぞれです。 個人的には数年後に技術進歩により性能が向上したパソコンに買い替えることを見据えて、性能を追い求めすぎない方が良いです。 上記の性能では動画編集または画像編集どころではないなら、さらに高い性能を追い求めなければなりません。

次の