マネー フォワード 株価。 マネーフォワード (3994) : 株価診断・理論株価 [Money Forward]

マネーフォワード (3994) : 株価診断・理論株価 [Money Forward]

マネー フォワード 株価

ただいまの関連ブログ総数:23件。 最新ブログ「今日の新規登録銘柄(再登録も含む)」[投稿者:t-okuさん] 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

株式情報|株式会社マネーフォワード

マネー フォワード 株価

0 6,610. 0 6,300. 0 6,530. 0 6,530. 0 6,740. 0 6,480. 0 6,580. 0 6,580. 0 6,920. 0 6,580. 0 6,750. 0 6,750. 0 6,760. 0 6,470. 0 6,680. 0 6,680. 0 6,650. 0 6,400. 0 6,570. 0 6,570. 0 6,750. 0 6,450. 0 6,520. 0 6,520. 0 6,890. 0 6,560. 0 6,820. 0 6,820. 0 7,140. 0 6,800. 0 6,890. 0 6,890. 0 7,200. 0 6,870. 0 7,030. 0 7,030. 0 7,230. 0 6,860. 0 7,060. 0 7,060. 0 7,030. 0 6,500. 0 7,020. 0 7,020. 0 6,440. 0 6,180. 0 6,400. 0 6,400. 0 6,500. 0 6,210. 0 6,470. 0 6,470. 0 6,480. 0 6,240. 0 6,340. 0 6,340. 0 6,570. 0 6,320. 0 6,550. 0 6,550. 0 6,660. 0 6,150. 0 6,150. 0 6,150. 0 6,380. 0 5,810. 0 6,350. 0 6,350. 0 5,890. 0 5,510. 0 5,840. 0 5,840. 0 5,430. 0 5,240. 0 5,340. 0 5,340. 0 5,520. 0 5,250. 0 5,290. 0 5,290. 0 91,900• 過去の始値・高値・安値・終値の推移やPER、PBRや配当利回り、出来高などもバリュエーション値が時系列で閲覧できます。 【ご注意】『みんなの株式』における「買い」「売り」の情報はあくまでも投稿者の個人的見解によるものであり、情報の真偽、株式の評価に関する正確性・信頼性等については一切保証されておりません。 また、東京証券取引所、名古屋証券取引所、China Investment Information Services、NASDAQ OMX、CME Group Inc. 日経平均株価の著作権は日本経済新聞社に帰属します。 『みんなの株式』に掲載されている情報は、投資判断の参考として投資一般に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘を目的とするものではありません。 これらの情報には将来的な業績や出来事に関する予想が含まれていることがありますが、それらの記述はあくまで予想であり、その内容の正確性、信頼性等を保証するものではありません。 これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、投稿者及び情報提供者は一切の責任を負いません。 投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。 個別の投稿が金融商品取引法等に違反しているとご判断される場合には「」から、同委員会へ情報の提供を行ってください。 また、『みんなの株式』において公開されている情報につきましては、営業に利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。

次の

マネーフォワード (3994) : 株価診断・理論株価 [Money Forward]

マネー フォワード 株価

に続いて、の中身紹介第二弾です。 今回は、多くの読者が気になっているであろうマネーフォワードについて。 9億 当期利益:-8. 6億 当期利益:NA 上記、決算資料より抜粋。 株価に対する梅木の見解 まず、まだ営業利益が出ていないかつSaaSなのでPSRでしばらく見るのが妥当。 SaaSの上場企業のPSRは10-15倍程度が多く、21倍はやや過熱感がある。 ここが鈍化すると株価も伸びづらいのでは。 こういったIRはわかりやすく、自分で調べてる手間が省けるので親切である。 ここ数ヶ月の出来高は安定して10〜20万株前後となっている。 VCリスクは上述の通りほぼなくなった。 だがそこに捉われず新規事業をたくさん仕込んでおり、事業資産をベースとしてどれだけ上手く新規事業を立ち上げられるかが今後最大のポイントと思える。 このデータをフックにした事業多角化が鍵。 出発点は家計簿と会計ソフトだが、総合FinTech企業に進化する可能性あり。 事業資産である中小企業にニーズがあり、手数料でのマネタイズも可能に。 「マネーフォワードファイン」によるAI融資審査も開始。 AI融資を謳うスタートアップをたまに見かけるが、ゼロから顧客を開拓するのと、マネーフォワードのようにすでに中小企業が顧客である状態からアップセルするのと、どちらが容易かは自明。 ウメキワークスで上場時想定では2万社前後と予想したが、直近は4万社強に伸びている可能性あり。 ド競合となるのはクラウド会計市場だが、はすマネーフォワードはその先を見据えた動きが多い気がする。 シェア争いをしつつも、その先の動きが重要になる段階に来ていると思われる。 PMF(家計簿)ではZaimやマネーツリーが競合だが、マネーフォワードの課金ユーザー15万人に対抗できる規模ではないと思われる。 筆者はマネーツリーを3年以上愛用している。 おそらく機関投資家は売上成長率の高さと、事業資産を武器にした次の展開に期待をしているののではないか。 だが、売上成長率が企業ガイダンスを下回るとピークアウトのリスクあり。 63B(5. 84兆円) PSR:10. 08倍 PER:45倍 Yahoo Finance: 6兆円近い時価総額がありますが、売上はマネーフォワードの通期予測の100倍以上あります。 マネーフォワードのPSR21倍に対して、Intuitは10倍。 Intuitが日本進出する際は、マネーフォワードかfreeeを買収するシナリオがあるのか、独自に立ち向かってくるのかは興味深いですね。 あなたはマネーフォワードをどう捉えるか? 上記の見解を元に、現在の株価をどう考えるか。 売上も伸びるとPSRを20倍台を維持できるが、長期的には10倍台に収斂するものであり、指標としてPSRはPERよりボラティリティは低い。 しかし、すごく強気に考えると、短期的に株価が多少下落することはあれども、3-5年で時価総額3,000億に届くのはあり得るかもしれません。 MFクラウド的なSaaSは解約率低いでしょうから、先行投資をやめればいつでも利益を出せるし、ある程度の営業利益率には持っていけるはずです。 利益を出さずにどれだけ売上をスケールさせてシェアを高めたり、新規事業を立ち上げられるかがポイントに思えました。 現状の株価からは期待が先行していることが伺えますが、アマゾン並みの利益を出さないけどシェアや他領域の拡張のために投資し続ける姿勢を、株主が理解して支持すれば、今後も株価は伸びていく余地がありそうです。 おそらく、読者の中でも少なくない方が、現状のマネーフォワードの株価は実力値以上に高いと思われているかと思います。 事実、ファンダメンタルを見れば割高です。 しかし、今後のクラウド会計市場およびその周辺領域の市場の成長と、その中でマネーフォワードが占めるプレゼンスを想像すると、中長期的には伸びしろがありそうに思えます。 短期で見るか、長期で見るかという時間軸によって、マネーフォワード への個人投資家の見解は異なってくるでしょう。 我々は世間話的に株価を語るとき、「高いね」「安いね」と前提条件を捉えず、その瞬間だけ切り取って語ってしまいがちです。 その点は注意しなければなりません。 読者のみなさんはどうお考えでしょうか?ぜひtwitterやNewsPicksなどでご意見ください。 このような議論を、ネット企業分析サロンでは行なっております。

次の