ゴルフ スイング スロー モーション。 iPhoneスローモーションがすごい!ゴルフのスィングチェックに

ゴルフスイングを撮影する時のテクニックと便利アイテム

ゴルフ スイング スロー モーション

ゴルフスイング どうも、ワイはおにく!プロゴルファーおにくや! ゴルフは老若男女楽しめるスポーツです。 他のスポーツに比べるとゴルフはそこまで激しい運動を必要としないのと、どの年齢層と一緒にプレーしても差が出にくいスポーツなので高齢者にも人気があります。 また、よく歩くスポーツでもあるので健康目的でプレーされている方も多いでしょう。 そんなゴルフで大事なのがスイングですよね。 スイングフォームによってはボールがまっすぐ飛ばなかったり、うまくボールに力が加わらなかったりしてスコアを落とす原因となってしまいます。 ただボールを打っているだけでは自分の短所や癖が見つけづらいのでアプリを使ってフォームチェックしてみましょう! そこで今回は 無料のおすすめ ゴルフスイングアプリをご紹介いたします。 場合によっては価格が変動・ストアから削除されている可能性がありますのでApp Store、Google playでお確かめください。 スポンサーリンク KiZuKi チェックできるゴルフスイングアプリです。 スイングを確認できます。 このアプリは動画でチェックできるゴルフスイングアプリです。 このアプリではゴルフスイングを映した動画を使ってスロー再生や比較再生をすることができます。 動画を再生する際には スロー再生機能やトリミング機能、直線や円の補助線を引ける機能などを使うことができます。 他にも、二つの動画を並べて再生することも可能です。 機能がシンプルめなので簡単に使えるのが嬉しいです! シンプルにゴルフスイングをチェックしたい人にオススメです! スイングチェック プロと比較もできるゴルフスイングアプリです。 動画でチェックできます。 このアプリはプロのスイングと比較もできるゴルフスイングアプリです。 このアプリではゴルフスイングを映した動画を使ってスロー再生や動画比較などができます。 動画を再生する際には スロー再生機能(4段階)や比較再生機能、コマ送り機能、直線や円を引ける補助線機能などを使うことができます。 また、ログインをすればプロのスイング動画をダウンロードすることもでき、プロと自分のスイングを比較するなんて使い方もできてしまいます。 コマ送り機能も使えるのでちょっとずつ動画を動かしたい時にも便利です。 ゴルフレッスン記事も読めますよ! プロのスイングと比較したい人にオススメです! Dr. Swing 「骨」で分析するゴルフスイングアプリです。 「骨」を表示できます。 このアプリは「骨」で分析するゴルフスイングアプリです。 このアプリではゴルフスイングを映した動画に「骨」を表示させることができます。 「骨」とは 関節や骨格を簡易的に表している描画のことで、動画のスイング自体に「骨」をつけることで身体がどんな動きをしているかがわかりやすくなります。 動画再生機能にはコマ送りや「アドレス、トップ、インパクト、フィニッシュ」を切り替えられる機能、比較再生機能があります。 比較再生機能では お手本の「骨」によるスイングと比較もできるので、どういった違いがあるかなどを発見できます。 さらに、お手本スイングとの相似率を数値で出してくれるのでどのお手本のスイングに近く、どのお手本のスイングを参考にしたらいいかがわかりやすいですよ! スイング動画に手作業で「骨」をつけていく必要があり、さらに使い方に慣れないとうまく比較ができないので研究熱心な方に向いているアプリだと思います。 それでも骨格をつけるだけで自分の身体の動きがはっきりとわかるようになるのでスイングレベルを上げたい人にもうってつけです! 「骨」をつけて自分のスイングを分析したい人にオススメです! Swing Profile 自動撮影してくれるゴルフスイングアプリです。 自動撮影できます。 このアプリは自動撮影もできるゴルフスイングアプリです。 このアプリでは自動撮影モードを使って ゴルフ スイングの動画を撮影することができます。 使い方は簡単で、撮影モードにしたらガイダンスに沿ってカメラの画面内でスイングをすればいいだけです。 動画再生時には 倍速機能や補助線機能、動画比較機能、反転機能などが使えます。 他にも、「スイッチ」機能を使えば自動的にトップやインパクト、フィニッシュ時などの形を抽出してくれますよ! 自動撮影モードがついているので一人でスイングを撮影したい時に助かります。 分析に使える機能も豊富で実用的なものばかり!最初からお手本スイング動画が入っているので、それを使って自分のスイングと比較することもできますよ! 一人でスイングを撮影・分析したい人にオススメです!.

次の

ゴルフ初心者必読! ゴルフクラブの振り方(スイング)のコツ|初心者ゴルフナビ

ゴルフ スイング スロー モーション

スイングを撮るときのポイント ゴルフの打ちっぱなしなどで、後方から撮る場合の3つのコツについてお伝えします。 スマホどう固定する? 打ちっぱなしなどに行って一人で撮るときには、スマホをどう固定するかが大きなポイントになります。 椅子やゴルフバッグなどを使って立てかける方法もありますが、これだとどうしても不安定になります。 あとで紹介するようなゴルフ撮影専用のアイテムや三脚などを使うのがベターです。 どんな構図で撮ればいいの? 左右の位置はゴルフボールとグリップの真ん中で、クラブの動きとスイングプレーンとのずれ、フェースの向きを確かめられるようにします。 高さはグリップの位置かややそれよりも下から狙います。 振ったときにフレームの中にゴルフクラブ全体が入るように、できるだけ後方の位置から映すのがポイントです。 高さや左右の位置についてはいつも同じような場所から映せるようにするのがベスト。 そのときどきでスイングの比較ができ、改善をしていくのにとても役立ちます。 力が入る握りの見つけ方と練習法をこちらの記事でご紹介します。 使うと役立つ「スローモーション機能」 最近ではスローモーションが使えるスマートフォンも増えてきました。 可能であればスローを使うようにすると、トップの位置、インパクトの瞬間などより細かく分析ができます。 一連の流れやリズムを知りたい場合は、通常のモードでも押さえておきましょう。 正面から撮るときのコツ 構えたときに正面から映像を押さえられると別角度からの分析もできます。 このときには「ボールの正面」にレンズを構えるようにしてください。 ただ、打ちっぱなしではかなり離れたところから撮影することになるので、何人かで一緒に練習しているときなどでないと難しいかもしれません。 撮影に便利なグッズ3選 ゴルフでスイングを録画するときによりスムーズになる便利なアイテムを3つご紹介します。 スマホザウルス 出典: スマートフォンを固定して使えるグッズです。 一人のときに単にスマホを立てて撮ろうとすると、狙った角度から撮れなかったり、倒れたりすることもあります。 スマホザウルスは、一度はめたらそのままテーブルやいすの上に置いたり、クリップでゴルフバッグに固定できます。 角度を調整して床に置いてとることも可能。 比較的、値段もリーズナブルなのでおすすめです。 広角レンズ 出典: クリップ式でかんたんにスマートフォンに取り付けられるレンズです。 打ちっぱなしなどで撮るときにはかなり後ろに下がらないと、体全体やクラブの先まで収まらないことが多いと思います。 これをつけると通常の構図よりも広い範囲まで映すことができるので、それほど離れなくても全体をとらえることができます。 一人で撮影するときにはこうしたものが重宝します。 セルカ棒 出典: 自撮りができる「セルカ棒」の中には伸縮機能を持ち、三脚にできるものがあります。 ゴルフバッグに入れたまま持ち運びができてすぐにセット可能、自立するのもいいですね。 リモコンも付属しているので対応している端末ではさらに便利につかえます。 おすすめの動画アプリ スマホで撮影するときや分析のために便利な無料のアプリをご紹介します。 スイング・カメラ KiZuKi 出典: 撮ったムービーを解析するのに重宝するゴルフ用のアプリです。 スロー再生やコマ送り、ストップ操作が簡単にできます。 またメモ入力機能があり、あとでクラブ別に並び替えたりするのにも役立ちます。 撮った映像に直線や円を描いてチェックを入れて細かく解析できます。 操作がわかりやすいので、初めてのかたでもとっつきやすいのもメリットです。 Swing 出典: 動画を骨の動きで分析するという革新的なアプリです。 しかも無料で使えます。 画像のようにクラブヘッドと主な関節を点と線で示すことで解析できます。 「お手本」となる「骨」のパターンが多数用意されていて、比較ができるのも大きな特徴です。 お手本との「相似率」もパーセントで表示されます。 ちょっと違った視点で分析したい方は試してみてください。 スイングチェック by じゃらんゴルフ 出典: 動画再生機能にスロー、コマ送りがあり、とくにスロー再生の画質がいいことが特徴です。 直線と円などの補助線機能もついています。 こちらのアプリは比較再生機能が優れていて、自分のフォームを比べてチェックできます。 また会員登録をするとプロによるお手本の動画をダウンロードして、分析ができます。

次の

ゴルフ

ゴルフ スイング スロー モーション

youtubeで有名プロのアイアンスイングのスローモーション動画を見る youtubeにアップされている有名プロのアイアンスイングをスローモーションで見てみましょう。 レギュラーツアーで賞金を稼いでいるようなプロのスイングは、アマチュアゴルファーのそれとは大きく異なります。 最も違った点として現れるのが、ダウンスイング時のクラブのタメです。 プロは右腰のあたりまで、クラブと腕によって作られる角度が90度かそれ以下です。 逆にタメのないアマチュアゴルファーのスイングは同じ位置でタメがほどけてしまっています。 これは、ダウンスイングを腕で下ろしてくるからなのですが、これではインパクト後ターフを綺麗に飛ばす事はできません。 プロはスイングを下半身で作る為、アイアンのダウンスイング時にクラブヘッドが遅れて下りてきます。 この事によってタメが生まれる訳ですが、スローモーションで見ると上半身の力だけでクラブを動かしていない事が分かります。 アマチュアゴルファーのスイングをスローモーションで見ると、見事に腕の力だけ振ろうとして右腰のあたりでクラブシャフトが地面と平行になってしまっています。 これでは、正しいインパクトを迎える事は無理になる為、ボールに当てようと身体を早く開いたりして余計な動きが入ったりするはずです。 正しいアイアンスイングをスローモーションで確認しましょう。 アイアンスイングをスローモーション動作で作る練習 アイアンスイングの動作をゆっくりと確認しながら行う練習は効果的と言えそうです。 スローモーションの感じで、バックスイング、トップ、ダウン、フォローとゆっくりと振る事によって、クラブを振る際、身体のどこの部分を使う必要があるのかを感じ取る事ができるからです。 普段、普通に振った事しかないゴルファーにしてみると、かなりぎこちない動きとなるかも知れませんが、こういった基本的な練習を繰り返し行う事で正しいゴルフスイングができる様になるのです。 逆にクラブを力任せに振り回す事しかしないと、スイングのポイントをつかむことが難しくなるでしょう。 ゆっくりとスローモーションでアイアンを振る事によって、クラブをどう通したいのかや、インパクトではどのタイミングで当てたいのかといった事を意識出来る様になります。 プロも練習中よくスイングをスローモーションで振っています。 これには訳があったのですね。 ドライビングレンジに行ってボールを打つ事だけがゴルフの練習ではありませんよ。 アイアンスイングをスローモーション動画で見てイメージするポイント プロのアイアンスイングを後方から撮影した物で、スローモーション再生されている動画を見て確認するポイントと言えば、やはりスイングプレーンでしょう。 最近動画が当たり前になった為、正しいスイングプレーンの意味は語らずともご存知のゴルファーがほとんどだと思いますが、アイアンスイングを後方からのスローモーション動画でクラブがどの様に動いているのかを確認してみましょう。 プロのスイングプレーンは、選手によってアップライトまたはフラット気味という差はありますが、基本的にオンプレーン範囲の中でクラブが動いています。 オンプレーンをクラブが外れた場合、即ミスショットになりますので、プロのスイングはまず外れるという事はほとんどありません。 アマチュアゴルファーの動画をスローモーションで見ると、長いクラブになればなるほどオンプレーンを外れた所をクラブが通っているケースを見かけます。 クラブをいつもオンプレーンで振れるスイングスピードや振り方は、個人で身に付けるしかない為、繰り返しの練習が必要です。 自分のアイアンスイングをスローモーションで見てトップを確認する 自分のスイングを動画撮影されるゴルファーは多いのではないでしょうか。 最近ではスマホを持っている方がほとんどですので、練習場やゴルフ場で手軽に撮影できてしまいますよね。 自分の動画を後方から撮影して確認するポイントとしては、トップの位置です。 スイングは後方に向かって動作する為、自分の身体の後ろにきたクラブの位置を意識しても正確につかむ事が難しく、やはり撮影という手段が有効と言えるでしょう。 特にアイアンスイングは正確性が必要とされる為、トップのズレが大きな差となって表れてしまいます。 こうしたミスショットを防ぐ為に、トップがいつも同じ位置で決められる様、普段から動画撮影を行い、繰り返し確認する方法がよいですね。 ゴルフクラブはトップに向かって動いていく為、コンパクトに抑えたつもりでも意外にトップの位置が大きかったりした経験も多いのではないでしょうか。 こうした意識と結果のズレを補正する為に、バックスイングをスローモーションで上げて浅い位置で止めてみる方法がオススメです。 スローモーションで上げても、意外に深い所までクラブが動いているのではないでしょうか。 このズレを練習で修正しましょう。 アプローチスイングをスローモーションで練習する アイアンで、アプローチショットを普通に打つのではなく、スローモーションで振る練習を行うと、最初は難しく感じると思いますが、次第に打てる様になります。 この練習の良い所は、スイングを急がなくなる為、アプローチショットの正確性が上がること。 グリーンを外し、ピンまでの間にグリーンやハザードがあっても、プレッシャーにならずスイングを急ぐ事がなくなります。 そうすると、今までスイングリズムが早くなりミスショットをしていたのが、ゆっくり大きく振れる様になる為、さらなるトラブルに見舞われる事が少なくなるのです。 アプローチに限らず、普通のショットでもミスショットをする時というのは大体スイングリズムが早くなってしまう事が原因ですので、アプローチをスローモーションで行う練習には他のショットへのよい効果も生まれると言えます。 この練習に距離は不要です。 30ヤード以内程の距離で毎回正確にヒット出来る様に練習を行ってください。 ドライバーよりアイアンスイングを磨こう アベレージゴルファーの方は、どうしても飛距離を出そうとドライバーやウッドなどの長いクラブの練習時間が多い傾向になります。 しかしです。 考えてみれば18ホール中ドライバーを使うのは何回あるでしょうか。 アウトとインにパー3が2ホールずつあるとして、多くても14回ですよね。 そうなんです。 たったの14回です。 あとはアイアンとパターになります。 また、ロングアイアンを使う機会も数回あるかないかで、ほとんどがミドルアイアン以下なのですよね。 実はこの事に気づいて練習内容を変えるゴルファーは必ず上達します。 18ホールで使う機会の少ないクラブで練習するより、機会の多いクラブで練習する方が効果が出やすいと言えますよね。 ドライバースイングを撮影してスローモーションで見るよりも、まずはアイアンスイングの動画をスローモーションで確認する時間を多く取ってください。 そんな練習ばかりだと、ドライバーショットが上達しないのではないか? そう思われるゴルファーも多いかと思いますが、そこは心配ご無用です。 アイアンスイングで基本的な動きを身につける事ができれば、ドライバーショットも自然と打てる様になるからです。 ボールの位置とスイング最下点の違いだけで、スイングは変わりません。 シンプルにゴルフをとらえましょう。 それが上達への近道です。 アイアンスイングをスローモーション動作で行うと効果が出ます アイアンスイングをゆっくり行い、スイング中の身体の動きを確認しながら行うと、自分のスイングを正しい方向に導く事ができる様になります。 フルスイングではポイントで意識を持つ事が難しい為、こうしたスローモーションの練習を行う事によって、動作を脳に覚え込ませる事ができる様になるでしょう。 また、スイング動画を撮影し、再生をスローモーションで行う事によって、その動きを確認する事が出来る為、こちらも活用してみてください。

次の