三井住友カード ゴールド 審査。 三井住友VISAカードの審査時間はどれくらい?結果の確認方法は?

三井住友カードゴールドの審査は甘くない

三井住友カード ゴールド 審査

三井住友カードの審査難易度 まず、三井住友カードの審査難易度についてみていきましょう。 審査難易度は高め は銀行系のクレジットカードです。 そのため、ジャックスカードなどの信販系、イオンカードなどの流通系、アコムACマスターカードなどの消費者金融系のクレジットカードに比べると、審査難易度は高めです。 特にやは取得難易度が高く、パート・アルバイトの場合や年収が低い場合は審査に通ることが難しいカードです。 デビュープラスカードは審査難易度が低い 三井住友カードが発行する、18歳~25歳までの方限定の「」は、一般カードよりも審査難易度が低めです。 学生であればほとんど審査に落ちることがなく、年収の低い20代前半の社会人の方でも審査に通ることができます。 三井住友カード デビュープラスは、26歳以降の最初のカード更新時に自動的に20代限定のゴールドカードである「」に切り替わるため、審査難易度のより高いプライムゴールドカードを確実に取得することができます。 さらに、三井住友カード プライムゴールドは満30歳になった後の最初の更新時に三井住友カード ゴールドに自動的に切り替わるため、審査難易度の高いゴールドカードを確実に取得することができます。 このように、若いうちにデビュープラスカードを作っておけば、将来確実にゴールドカードを取得することができるため、 年齢条件を満たす方はデビュープラスカードを取得しておくことをおすすめします。 三井住友カードの審査に落ちる理由 続いて、三井住友カードの審査に落ちてしまった場合に考えられる原因についてみていきましょう。 審査基準を満たしていない 三井住友カードでは、職業や勤続年数など、申し込みの際に申告した項目を点数化する「」という手法で審査を行っています。 スコアリングでは、「属性」と呼ばれる職業や勤続年数などの項目を、返済能力が高いと推測される順に点数化をしていきます。 例えば勤続年数であれば、長く勤めるにつれて収入が上がり返済能力が高くなると推測できるため、長ければ長いほど点数が高くなります。 スコアリングの結果、三井住友カードが独自に設定する基準点数を満たせていなければ、審査に落ちてしまいます。 三井住友カードのスコアリング審査で最も重視されるのがです。 三井住友カードでは延滞や債務整理などの金融事故情報を起こしたことのある、いわゆる「ブラック」という状態になっている人を返済能力がないと判断するため、いくら年収が高くても審査に通ることが難しくなります。 一方、延滞がなく、クレジットカードの利用履歴と毎月の順調な支払い状況が記録されているきれいなクレヒスの場合は、非常に高く評価されます。 申し込みを受けたカード会社では、申込者の返済能力を調べるために個人信用情報機関の情報を必ず参照しています。 そのため、一度ある業者で延滞をして登録されてしまった延滞情報は、その後申し込みをする全てのカード会社に知られることになります。 他社からの借り入れが多い 三井住友カードでは、審査の際に個人信用情報機関に登録されている他社からの借入れ状況を参照し、申込者の返済能力を調べます。 その際に他社からの借入額や借入件数が多ければ、返済能力が低く、お金に困っている人だとみなされて審査に落ちてしまいます。 申し込みブラックになっている 短期間に複数のクレジットカードに申し込んだ場合、「申し込みブラック」という状態になってしまい、三井住友カードの審査に通りにくくなります。 申し込みブラックとは、短期間に複数の申込情報が個人信用情報機関に登録されている状態のことです。 私たち消費者がクレジットカードに申し込むと、申込情報が個人信用情報機関に登録されます。 三井住友カードが審査中に個人信用情報機関の情報を参照した際に、短期間に複数のカードへの申込情報が残っていると、お金に困っている人・他のカード会社の審査に何度も落ちている人とみなされてしまうため、審査に通りにくくなります。 そのため、クレジットカードの申し込みは、1カ月に1~2件程度に留めておくのが無難です。 SMBCグループ間でブラック情報は共有されていない 三井住友カードはSMBCグループの一員のため、過去に同じフィナンシャルグループ内のプロミスなどで金融事故を起こしたことのある方は、いわゆる「社内ブラック」になってしまい、三井住友カードの審査に通らないのではないかと不安に思っているのではないでしょうか。 しかし、SMBCグループでは、 個人の延滞情報や自己破産情報などのブラック情報は、グループ内の別企業間で共有されていません。 そのため、過去にプロミスに対して債務整理を行ったことがある方でも、個人信用情報機関のブラック情報さえ消えていれば、三井住友カードの審査に通ることができます。 ただし、債務整理先に三井住友カードが入っていた場合は、社内ブラックとして半永久的に記録が残るため、三井住友カードの審査に通ることは難しくなります。 三井住友カードの審査に通るためのコツ 続いて、三井住友カードの審査に通る可能性を上げるためのコツについて説明していきます。 グレードが高いカードはワンランク下のカードでクレヒスを作ってから申し込む 審査難易度についての項目でも解説した通り、三井住友カード ゴールドや三井住友カード プラチナといったグレードが高いカードは取得難易度が高く、ある程度高い属性の人でなければ新規で申し込んでも審査に落ちてしまいます。 しかし、ワンランク下のカードで利用履歴を作ることによって、審査難易度は大きく下がります。 例えばゴールドカードを作りたい場合、一般カードである三井住友カードで利用履歴を作ってからゴールドカードに切り替え申し込みをすると、パートやアルバイトの方でも審査に通る可能性があります。 同じように、プラチナカードを作りたい場合は、ゴールドカードで利用履歴を作ってから切り替え申し込みをすると、新規で申し込むよりも審査難易度が下がります。 このように、審査難易度が高いカードに申し込む場合は、新規で申し込むよりも、ワンランク下のカードで利用履歴を作ってから切り替え申し込みをすることで、審査難易度を下げることができます。 キャッシング希望額を0円にして申し込む キャッシングをどうしても利用したいという場合以外は、キャッシング希望額を0円にして申し込むことをおすすめします。 三井住友カードなどのクレジットカード会社が守らなければならない「貸金業法」という法律では、年収の3分の1以上のキャッシングを禁止しています。 そのため、自分の年収の3分の1以上のキャッシング枠を希望した場合、審査に悪影響を与える可能性があります。 また、貸金業法では、三井住友カードへの借り入れ希望額が50万円を超える場合や、三井住友カードへの借り入れ希望額と他社からの借り入れの合計額が100万円を超える場合、収入証明書の提出が必要であると定められています。 そうなると審査項目が増えてしまうため、審査に落ちるリスクも高くなります。 キャッシングをどうしても利用したいという場合でなければ、キャッシング希望額を0円にして申し込み、審査落ちのリスクを減らしましょう。 三井住友カードの種類 三井住友カードの種類を紹介します。 それぞれ、自分に合った属性のカードを選択しましょう。 もっともベーシックな三井住友カード.

次の

三井住友カード ゴールドの審査は厳しい?審査基準・審査期間

三井住友カード ゴールド 審査

ところが、近年は、入会基準を従来のヤングゴールドカードの基準、すなわち対象年齢を25歳や20歳以上に引き下げ、年収基準を明記しないゴールドカードが増えています。 それでは、年齢階層別の平均収入はどのくらいなのでしょうか。 国税庁が公表する平成28年の「」の統計によると、 20〜24歳の平均年収は258万円(男性275万円、女性241万円) 25〜29歳の平均年収は351万円(男性383万円、女性309万円) 30〜34歳の平均年収は403万円(男性457万円、女性315万円) 35〜39歳の平均年収は433万円(男性512万円、女性300万円) 40〜44歳の平均年収は460万円(男性563万円、女性302万円) 45〜49歳の平均年収は494万円(男性633万円、女性299万円) となっています。 こうしてみると、そもそも「満30歳以上、年収500万円以上」という入会基準も、35〜39歳男性の平均年収程度にすぎないことが分かります。 さて、ゴールドカードの利用枠ですが、2017年11月現在、三井住友カード ゴールドならびに三井住友カード プライムゴールドは「50万〜200万円」(新規入会時)、JCBゴールドは「50万〜300万円」と明記されており、いずれのカードも与信枠にかなりの幅をもたせています。 これは、 年収があまり高くない方でも「ゴールド会員として受け入れますよ」という カード会社からのメッセージであると見て取れます。 近年の空港ラウンジサービス拡大競争にみられるように、ゴールド会員向けサービスを充実させていくためにも、ゴールド会員数を伸ばし、 ゴールドカード年会費による収入拡大を図りたいというカード会社の思惑があるようです。 この端的な例がJCBカードです。 株式会社ジェーシービーは、2003年4月、同社のヤングゴールドカード「JCBネクサス」の新規会員募集を停止し、2003年5月より、「JCBゴールド」の入会申込資格を旧来の「年齢30歳以上、年収500万円以上で、勤続年数5年以上」から、旧「ネクサス」の基準である「年齢20歳以上で安定継続収入のある方」に落としています。 その方が、業務合理化が進むと同時に、20代のヤングエグゼクティブからも通常のゴールド年会費収入が得られるというわけです。 このように、ゴールド会員数を伸ばしたいというカード発行会社の戦略上、現在、ゴールドカードの入会審査基準は明らかに低くなっています。 ただし、実際の審査では、年収以上に重要視される、以下のポイントがあります。 1.勤続年数(安定収入) まず、 年収よりも、 勤続年数(安定収入の有無)が重要視されます。 勤務年数1年未満の方が、ゴールドカードの入会審査にパスすることは、以下のケース除き、まず不可能です。 年会費2,000円クラスの格安ゴールドカード(、、など):審査基準は一般カードと同程度。 「見込み年収200万円以上ローン残高なし」の新社会人の方であれば、勤続年数1年未満であっても、審査通過の可能はかなり高いです。 銀行系ヤングゴールドカード(や、など):審査基準は一般カードよりもやや高めですが、信用ある大手企業に入社した新社会人や新卒公務員の方ならば、勤続年数1年未満であっても、審査通過の可能性は十分にあります。 銀行系ゴールドカード:「勤続年数(自営の場合は営業年数)5年以上、年収500万円以上」が目安。 ただし、外資系であるやの場合、年収400万円以上の安定収入が見込める方ならば、勤続年数5年未満であっても、審査通過は十分可能なようです。 2.クレジットヒストリー クレジットカードを利用すると、支払開始後の「利用残高」(多いのは不利)、「返済状況」(債務支払い延滞の有無)、「入金状況(過去24カ月分)」などの 「クレジットヒストリー」が、クレジットカード会社から 株 シー・アイ・シー(クレジットカード会社が加盟している個人信用情報機関)に提出され、記録されます。 「クレジットヒストリー」は、クレジットカードの入会審査の際に、必ず参照される重要な項目となっています。 債務残高が多い、 債務支払いの延滞がある、過去24カ月の入金状況に問題がある、 過去6カ月以内のカード申込が多数、といったクレジットヒストリーがある場合は、 かなり致命的なマイナス要因になります。 逆に、クレジットカードを支払いを滞ることなく、毎月コンスタントに使い続けることで積み上げられた、 優良なクレジットヒストリーは、クレジットカード入会審査ならびに「更新判定」において有利に働きます。 とくに、クレジットカード発行元には、会員のカード利用明細や支払い状況の詳細が記録として残ります。 一般カードの場合、新規入会時の与信枠は20〜30万円ですが、優良なクレジットヒストリーを積んでいくと、その会員の年収や利用状況(金額や毎月の返済額)に応じて、通常1年後には、与信枠はアップし始めます。 順調にいけば、5年も経てば、与信枠100万円超にまでアップします。 与信枠100万円超となると、すでにゴールドカードの与信枠に相当します。 新規入会審査では厳しい銀行系ゴールドカード(三井住友カードやDCカードなど)であっても、それだけの与信枠を設定しているカード会員がゴールドカードへの切り替え(ランクアップ)を申請する場合ならば、年収400万円もあれば、ほぼ確実に審査通過すると思われます。 ただし、他社借入ローン残高がある場合は難しくなりますが。 3.年収と利用可能枠 「年収」は、あくまでも自己申告であり、クレジットカード会社にとっては、裏付けを取ることが困難な属性です。 とはいっても、クレジットカード会社は、申込人の「年齢」、「勤務先の事業規模」、「勤続年数」および「勤務形態」などから、大体の年収を推定することができます。 したがって、申告年収が低い場合、ゴールドカードへの新規入会がかなったとしても、新規入会時のカード利用可能枠は、当然低く設定されます。 新規入会したゴールドカードの与信枠が、長年つきあってきた一般カードの与信枠よりも小さいということも当然起こります。 年収300万円未満の方で、ゴールドカードを持ちたい!という方は、をご覧ください。

次の

三井住友カードの審査難易度は厳しい?審査基準と通過のコツを解説!

三井住友カード ゴールド 審査

ところが、近年は、入会基準を従来のヤングゴールドカードの基準、すなわち対象年齢を25歳や20歳以上に引き下げ、年収基準を明記しないゴールドカードが増えています。 それでは、年齢階層別の平均収入はどのくらいなのでしょうか。 国税庁が公表する平成28年の「」の統計によると、 20〜24歳の平均年収は258万円(男性275万円、女性241万円) 25〜29歳の平均年収は351万円(男性383万円、女性309万円) 30〜34歳の平均年収は403万円(男性457万円、女性315万円) 35〜39歳の平均年収は433万円(男性512万円、女性300万円) 40〜44歳の平均年収は460万円(男性563万円、女性302万円) 45〜49歳の平均年収は494万円(男性633万円、女性299万円) となっています。 こうしてみると、そもそも「満30歳以上、年収500万円以上」という入会基準も、35〜39歳男性の平均年収程度にすぎないことが分かります。 さて、ゴールドカードの利用枠ですが、2017年11月現在、三井住友カード ゴールドならびに三井住友カード プライムゴールドは「50万〜200万円」(新規入会時)、JCBゴールドは「50万〜300万円」と明記されており、いずれのカードも与信枠にかなりの幅をもたせています。 これは、 年収があまり高くない方でも「ゴールド会員として受け入れますよ」という カード会社からのメッセージであると見て取れます。 近年の空港ラウンジサービス拡大競争にみられるように、ゴールド会員向けサービスを充実させていくためにも、ゴールド会員数を伸ばし、 ゴールドカード年会費による収入拡大を図りたいというカード会社の思惑があるようです。 この端的な例がJCBカードです。 株式会社ジェーシービーは、2003年4月、同社のヤングゴールドカード「JCBネクサス」の新規会員募集を停止し、2003年5月より、「JCBゴールド」の入会申込資格を旧来の「年齢30歳以上、年収500万円以上で、勤続年数5年以上」から、旧「ネクサス」の基準である「年齢20歳以上で安定継続収入のある方」に落としています。 その方が、業務合理化が進むと同時に、20代のヤングエグゼクティブからも通常のゴールド年会費収入が得られるというわけです。 このように、ゴールド会員数を伸ばしたいというカード発行会社の戦略上、現在、ゴールドカードの入会審査基準は明らかに低くなっています。 ただし、実際の審査では、年収以上に重要視される、以下のポイントがあります。 1.勤続年数(安定収入) まず、 年収よりも、 勤続年数(安定収入の有無)が重要視されます。 勤務年数1年未満の方が、ゴールドカードの入会審査にパスすることは、以下のケース除き、まず不可能です。 年会費2,000円クラスの格安ゴールドカード(、、など):審査基準は一般カードと同程度。 「見込み年収200万円以上ローン残高なし」の新社会人の方であれば、勤続年数1年未満であっても、審査通過の可能はかなり高いです。 銀行系ヤングゴールドカード(や、など):審査基準は一般カードよりもやや高めですが、信用ある大手企業に入社した新社会人や新卒公務員の方ならば、勤続年数1年未満であっても、審査通過の可能性は十分にあります。 銀行系ゴールドカード:「勤続年数(自営の場合は営業年数)5年以上、年収500万円以上」が目安。 ただし、外資系であるやの場合、年収400万円以上の安定収入が見込める方ならば、勤続年数5年未満であっても、審査通過は十分可能なようです。 2.クレジットヒストリー クレジットカードを利用すると、支払開始後の「利用残高」(多いのは不利)、「返済状況」(債務支払い延滞の有無)、「入金状況(過去24カ月分)」などの 「クレジットヒストリー」が、クレジットカード会社から 株 シー・アイ・シー(クレジットカード会社が加盟している個人信用情報機関)に提出され、記録されます。 「クレジットヒストリー」は、クレジットカードの入会審査の際に、必ず参照される重要な項目となっています。 債務残高が多い、 債務支払いの延滞がある、過去24カ月の入金状況に問題がある、 過去6カ月以内のカード申込が多数、といったクレジットヒストリーがある場合は、 かなり致命的なマイナス要因になります。 逆に、クレジットカードを支払いを滞ることなく、毎月コンスタントに使い続けることで積み上げられた、 優良なクレジットヒストリーは、クレジットカード入会審査ならびに「更新判定」において有利に働きます。 とくに、クレジットカード発行元には、会員のカード利用明細や支払い状況の詳細が記録として残ります。 一般カードの場合、新規入会時の与信枠は20〜30万円ですが、優良なクレジットヒストリーを積んでいくと、その会員の年収や利用状況(金額や毎月の返済額)に応じて、通常1年後には、与信枠はアップし始めます。 順調にいけば、5年も経てば、与信枠100万円超にまでアップします。 与信枠100万円超となると、すでにゴールドカードの与信枠に相当します。 新規入会審査では厳しい銀行系ゴールドカード(三井住友カードやDCカードなど)であっても、それだけの与信枠を設定しているカード会員がゴールドカードへの切り替え(ランクアップ)を申請する場合ならば、年収400万円もあれば、ほぼ確実に審査通過すると思われます。 ただし、他社借入ローン残高がある場合は難しくなりますが。 3.年収と利用可能枠 「年収」は、あくまでも自己申告であり、クレジットカード会社にとっては、裏付けを取ることが困難な属性です。 とはいっても、クレジットカード会社は、申込人の「年齢」、「勤務先の事業規模」、「勤続年数」および「勤務形態」などから、大体の年収を推定することができます。 したがって、申告年収が低い場合、ゴールドカードへの新規入会がかなったとしても、新規入会時のカード利用可能枠は、当然低く設定されます。 新規入会したゴールドカードの与信枠が、長年つきあってきた一般カードの与信枠よりも小さいということも当然起こります。 年収300万円未満の方で、ゴールドカードを持ちたい!という方は、をご覧ください。

次の