シネ ティアラ。 シネティアラ21(熊谷)上映スケジュール・上映時間:映画館

シネティアラ21

シネ ティアラ

概要 [編集 ] 郊外型のシネマコンプレックスだが、熊谷駅直結である点や駐車場も完備(ティアラ21駐車場)されていることを売りにしている。 地元企業「鷹の羽興業株式会社」が運営(ほぼ専業)しているが、シネティアラ21館内および公式ウェブサイトにおいては一部を除いて、社名を出していない。 熊谷市では、シネティアラ21と大手のの2つのシネマコンプレックスが競争している。 経緯などの詳細はの項目を参照されたい。 特徴 [編集 ]• スクリーン数:8• コンセッションではを販売している。 以下のことは、全スクリーン・座席が対応している。 TD-PH1スクリーン:独自のスクリーンで、目に優しく鮮明な映像であるとしている。 CDPS(CineTiara21 Dynamic Pure Sound):独自の音響システムで、迫力ある音が楽しめる。 デジタル対応。 ワイドシート:ゆったりとした幅の広いシートである。 全席指定:「立見」というものが存在しない。 映画を見ると、ティアラ21駐車場が、3時間半無料となる。 チケット先売りサービス:6日前から上映時間・座席指定チケットを発売する。 客席数 [編集 ]• シネマ1:361• シネマ2:246• シネマ3:265• シネマ4:140• シネマ5:116• シネマ6:162• シネマ7:98• シネマ8:113 シネプラザ21 [編集 ] に閉館した、シネティアラ21の前身となった映画館。 にあり、一つのビルの中に4つのスクリーンを備えていた。 現在も「熊谷グートビル」として建物自体は残されており、鷹の羽興業株式会社の本社が残って、テナント貸しを行なっている。 外部リンク [編集 ]• (閉館直前より更新停止).

次の

埼玉のシネティアラ21、6月1日から営業再開

シネ ティアラ

「熊谷市における近年の映画館事情」の転記について [ ] にがあるので、こちらではなく熊谷市のなかで記述した方が好ましいと思うのですがどうでしょう。 -- 2007年10月21日 日 11:59 UTC• 以下草案です 映画館 市内には、と熊谷の2つのがある。 1990年代、市内には現在とは別の2つの映画館があった。 、そして富士見劇場である。 富士見劇場は、スクリーンはひとつのみの昔ながらの映画館で、東映が配給する映画のみを上映しており、シネプラザ21はそれ以外の配給元の映画を上映していた。 当時、生活圏内の市町村に熊谷市以外は映画館は存在せず(現在は、隣接する深谷市にチネ・フェリーチェという小規模映画館があり、2008年にはその反対に隣接する鴻巣市にシネマコンプレックスができる予定)、市外からも客が来ていた。 しかし、富士見劇場は、老朽化もあって閉館し、東映系を引き継いだシネプラザ21は、熊谷市内唯一の映画館となった。 2000年11月16日、が沿いに熊谷を出店、最上階にワーナー・マイカルによるシネプラザ21の倍の規模を備えたシネマコンプレックス「ワーナー・マイカル・シネマズ熊谷」を併設していた。 モータリーゼーションの進んだ現在、大通り沿いにあり、大型駐車場(シネプラザ21にもタワー式の駐車場が併設されていたがRV車は利用できなかった)を備え、買い物もできるとあって大盛況となった。 一方でシネプラザ21は、それまでの客が奪われ、大幅に客足が減った。 翌年にマイカルは経営破綻したが、開業して間もないこともあって熊谷サティおよびワーナー・マイカル・シネマズ熊谷の客足は衰えず、会社更生のための整理対象店舗のリストに載ることは無かった(これによりダイエー熊谷店が2002年12月31日撤退に追い込まれている)。 そして、2003年9月30日、営業元の鷹の羽興業は、1年後にシネマコンプレックス(現在のシネティアラ21)を熊谷駅東再開発ビル(ティアラ21の仮称)に開館させることを発表し、シネプラザ21を閉館した。 2004年11月20日、が開業し、シネティアラ21も同時開館した。 熊谷駅と直結していることや、ティアラ21内の他の商業テナント店舗と連動した割引制度などの導入を売りにしていた。 それからおよそ3年近く、大手チェーンと地元系合わせて2館あるシネマコンプレックスは現在も営業している。 -- 2007年10月21日 日 12:32 UTC いいとは思うんですが、もう少しスリムにしないとかな?って気がしますが・・・-- 2007年10月23日 火 07:54 UTC• 草案ノ2です-- 2007年10月24日 水 10:27 UTC 映画館 市内には、と 熊谷の2つのがある。 1990年代、市内には現在とは別の2つの映画館があった。 配給の映画を上映する富士見劇場(市役所通り)と、それ以外の映画を上映する(星川通り)である。 当時は近隣市町村にこれら以外の映画館は存在しなかったために、市外においても集客力を有していた。 しかし富士見劇場は老朽化のため閉館し、東映系を引き継いだシネプラザ21はその時点での熊谷市唯一の映画館となった。 2000年11月16日に、が沿いに熊谷を出店すると同時に、シネプラザ21の倍の規模を備えたシネマコンプレックス「ワーナー・マイカル・シネマズ熊谷」を併設した。 大型車も利用できる大型駐車場を備え、買い物もできるとあって盛況となったが、一方でシネプラザ21はそれまでの客が奪われていた。 また翌年のマイカル経営破綻の際にも、開業して間もないこともあって熊谷サティの客足は衰えず会社更生のための整理対象店舗のリストに載ることは無かった。 そして2003年9月30日、シネプラザ21営業元の鷹の羽興業は、1年後シネティアラ21をティアラ21(当時はいずれも名称未定)に開館させることを発表し、シネプラザ21を閉館した。 翌年11月20日、が開業し、シネティアラ21も同時開館した。 熊谷駅と直結していることや、ティアラ21内の他の商業テナント店舗と連動した割引制度などの導入を売りにしていた。 それから現在に至るまで大手チェーンと地元系合わせて2館あるシネマコンプレックスは営業を続けている。 -- 2007年10月24日 水 10:27 UTC 転記しました。 -- 2007年10月25日 木 08:32 UTC.

次の

シネティアラ21|映画館情報

シネ ティアラ

概要 [ ] 郊外型のシネマコンプレックスだが、熊谷駅直結である点や駐車場も完備(ティアラ21駐車場)されていることを売りにしている。 地元企業「鷹の羽興業株式会社」が運営(ほぼ専業)しているが、シネティアラ21館内および公式ウェブサイトにおいては一部を除いて、社名を出していない。 熊谷市では、シネティアラ21と大手のの2つのシネマコンプレックスが競争している。 経緯などの詳細はの項目を参照されたい。 特徴 [ ]• スクリーン数:8• コンセッションではを販売している。 以下のことは、全スクリーン・座席が対応している。 TD-PH1スクリーン:独自のスクリーンで、目に優しく鮮明な映像であるとしている。 CDPS(CineTiara21 Dynamic Pure Sound):独自の音響システムで、迫力ある音が楽しめる。 デジタル対応。 ワイドシート:ゆったりとした幅の広いシートである。 全席指定:「立見」というものが存在しない。 映画を見ると、ティアラ21駐車場が、3時間半無料となる。 チケット先売りサービス:6日前から上映時間・座席指定チケットを発売する。 客席数 [ ]• シネマ1:361• シネマ2:246• シネマ3:265• シネマ4:140• シネマ5:116• シネマ6:162• シネマ7:98• シネマ8:113 シネプラザ21 [ ] に閉館した、シネティアラ21の前身となった映画館。 にあり、一つのビルの中に4つのスクリーンを備えていた。 現在も「熊谷グートビル」として建物自体は残されており、鷹の羽興業株式会社の本社が残って、テナント貸しを行なっている。 外部リンク [ ]• (閉館直前より更新停止).

次の