インドネシア コロナ ウイルス。 【7月30日更新】【重要】インドネシア入国・乗継制限に関しての情報|バリ王

新型コロナ、インドネシアで死亡率が高い理由

インドネシア コロナ ウイルス

PSBBと呼ばれる大規模社会的制限(活動自粛制限のようなもの)も引き続き延長されており、今のところジャカルタおよびその近隣都市では5月末から6月上旬まで実施すると発表されています。 タクシー GojekやGrab もこんな感じでコロナウィルス対策がされています。 外出・旅行など活動制限を緩和!? 上記のようにインドネシアではコロナウィルスの感染拡大を抑え込むことが未だできていませんが、一方で外出や旅行などの活動制限緩和のニュースもあります。 6月1日から国内線飛行機の運行が再開 すでに運行されている航空会社があるのかもしれませんが、6月1日からエアアジアのインドネシア国内線が再開されます。 そして、6月4日からはガルーダ航空の国内線も再開します。 搭乗する際の条件として、コロナウィルスのテスト結果(陰性)を提出する必要があります。 モール営業再開!? ジャカルタを中心に各ショッピングモールの営業停止が続いていますが、モールの営業再開のニュースが届いています。 ジャカルタの中心部にあるGrand Indonesia グランドインドネシア は6月7日まで営業停止して、6月8日から営業を再開するとのことです。 同じくジャカルタにあるKota Kasablanka(コタカサブランカ)やPondok Indah Mallは6月4日まで営業停止して、6月5日から再開します。 同様に、ジャカルタにある多くのショッピングモールは6月5日から営業を再開します。 しかしながら、これは政府の大規模社会的制限に基づいての発表だと思われますので、制限が延長されることになれば、モールの営業再開も延期される可能性があるかと思います。 インドネシアは日本のようにコロナウィルスの感染拡大を抑え込むことができていませんが、一日も早く落ち着くことを願っています。 インドネシアにおけるコロナウイルスに関する記事を更新しています。

次の

インドネシアが新型肺炎「感染者ゼロ」の不可解

インドネシア コロナ ウイルス

インドネシア政府は同日、インドネシアにおけるCOVID-19発生の影響を管理・緩和するためのフォローアップ措置として、 i 大規模社会制限(Pembatasan Sosial Berskala Besar)(2020年度GR No. これに先立ち今年2月初め、政府はCOVID-19に関する従業員の権利保護についても新たな規制を発表しています。 政策・規制の概要は以下の通りです。 大規模社会制限( pembatasan sosial berskala besar) 2020年度 GR No. 21では、政府は「大規模社会制限」と呼ばれる半ロックダウン政策を実施することができるようになりました。 これにより、 2020年 3月 31日からは、学校、職場、宗教、その他公共の場所・施設での活動に関連する一定の活動が制限されています。 この政策を実施するための政府の取り組みとしては、以下のようなものがあります。 防衛、保健、物流、通信、生活必需品(食料品など)などの重要な分野で働く人々を除いたリモートワーク政策• スポーツイベントを含む催事、集会の制限、礼拝所の閉鎖• 家庭学習 また、中央政府がインドネシア全土で COVID-19 問題を対処する権限が強化されています。 国家財政政策と金融システムの安定性 政府は国家経済を保護し、金融システムの安定を維持するために、2020年度 Perppu No. 1に基づき、以下の措置をとることができます。 インドネシア中央銀行(インドネシア銀行)、インドネシア預金保証機構(Lembaga Penjamin Simpanan - "LPS")及び金融サービス局(Otoritas Jasa Keuangan - "OJK")に、以下を含む国家経済の安定を維持するために必要な措置を講じる権限を与える。 - 現在インドネシア銀行は、政府から直接一次 プライマリー 市場で長期国債(Surat-Surat Utang Negara)と政府シャリア証券(Surat Berharga Syariah Negara)を購入することが許可されています。 以前は、二次市場(短期国債を除く)で国債を購入することのみが許可されていました。 - LPS は、破綻銀行(Bank Gagal)の再建のために、以下の対応が可能になりました。 国債(Surat Berharga Negara)の売却・買戻し(repo)• 債券の発行(Surat Utang)• 第三者から融資を受けること• 政府からの融資を受けること - OJKは、 i 金融サービス機関に対し、合併、併合、買収、統合及び/又は転換を行うよう指示すること、 ii 発行体又は株式公開会社を一定の開示要件から免除すること、 iii 金融サービス機関が情報通信媒体を通じて、株主総会又はその他の規制上の企業会議の開催を認めることを許可することができるようになりました。 COVID-19 との戦いを支援するために、国の支出と財源を医療分野に再配分する。 COVID-19発生時の従業員の権利保護 インドネシア労働省による Circular Letter No. その後、休業期間に応じて徐々に給与が減額されます。 COVID-19 隔離対象者への給与 A. 経過観察の対象者(Orang Dalam Pemantauan)(以下「PUM」)とCOVID-19の疑いのある対象者に対し、雇用主は、以下の者に給与を全額( 100%)支払わなければならない。 o 最大 14日間出勤できない PUM; または o COVID-19 罹患の疑いがあり、医師の診断書に基づいて隔離中の対象者。 COVID-19患者の場合 雇用者は、上記 1のとおり、 COVID-19患者の給与を労働法の規定に基づいて支払わなければならない。 給与の調整 上記のほか、各従業員との相互の合意を前提として、企業は在宅勤務や給与調整方針などの社内施策を発令し、実施しなければならない場合があります。 英語版と日本語版に何らかの齟齬があった場合、英語版が優先するものといたします。 11 of 2020 concerning COVID-19 National Public Health Emergency Situation. 21 of 2020 concerning Large-scale Social Restriction Pembatasan Sosial Berskala Besar to Mitigate COVID-19 Outbreak. 1 of 2020 concerning the State Finance Policy and Financial System Stability Kebijakan Keuangan Negara dan Stabilitas Sistem Keuangan. 13 of 2013 concerning Manpower. 本記事の情報は、法的助言を構成するものではなく、そのような助言をする意図もないものであって、一般的な情報提供のみを目的とするものです。 読者におかれましては、特定の法的事項に関して助言を得たい場合、弁護士にご連絡をお願い申し上げます。

次の

インドネシアのコロナウイルスの状況①〜ついにコロナウィルス感染〜

インドネシア コロナ ウイルス

インドネシアにおけるコロナウイルスに関する記事を更新しています。 こんにちは。 日本では今日3月2日から日本政府の要請により公立小学校・中学校・高校が休校になっていますね。 インドネシアではそのニュースは流れており、仕事でお客さんと会うと、その話をよくされます。 あるニュースによると3月1日の時点で日本では感染者が256人で死者が6人、中国では感染者79,826人で死者が2,870人、世界全体での感染者は9万人に近づき死者は3千人となっています。 インドネシアでは2億6千万人以上の人口がいるにもかかわらず、3月1日の時点で 感染者は0人でしたが、 ついに本日3月2日に感染者が出ました。 近隣のシンガポールやマレーシアでは人口がインドネシアよりも圧倒的に少ないにもかかわらずシンガポールで100人、マレーシアで20人以上の感染者が出ていました。 これまでインドネシアで感染者が報告されていないのが逆に奇跡的だったと思います。 日本人から感染!? 現地の報道によるとインドネシアで感染が確認された2名は首都ジャカルタ郊外のデポックに住む64歳の母と31歳の娘とのことです。 調べによると2人は中国への渡航歴はなく、インドネシアから出国後に感染が確認された日本人と濃厚接触があったようです。 その日本人はマレーシア在住で、先月インドネシアを訪問してダンス教師をしている娘とダンスをしたことがわかっています。 現在、コロナウイルスに感染した母と娘はジャカルタの病院で治療を受けています。 バリから帰国後の日本人もコロナウイルスに感染!? インドネシアでの日本人のコロナウイルスの感染についていうと、 2月22日に東京でバリから戻ってきた60代の日本人男性がコロナウイルスに感染したとの報告がありました。 インドネシアでの滞在によりコロナウイルスに感染したかどうかは定かではありませんが、外国人旅行者の多いバリ島ですから可能性がないとは言えませんね。 インドネシア政府の入国・渡航制限措置について 現在インドネシア当局は 中国国籍の保有者とインドネシアに入国する前の14日以内に中国に滞在していた全ての外国人に対してインドネシアへの入国を認めない措置をとっています。 この措置の対象には日本国籍の保有者も含まれますので、もし14日以内に中国への渡航があった人はインドネシアへ入国することができません。 ただしインドネシア当局によると、 入国許可を与えない対象となっている中国には,香港とマカオ、そして台湾は含まれていません。 なので、インドネシアに来る前の14日以内に香港やマカオ、台湾に渡航していてもインドネシアに入国することができます。 3月2日の時点では入国禁止となっている国籍保有者と入国前14日以内の渡航歴がある国は中国だけになっていますが、日本および日本人感染者が増えていくと、日本も中国のように入国禁止の対象国となるかもしれませんね。。。 今のところ、そんな話は全く出ていませんが。 ジャカルタの雰囲気は!? コロナウイルスに関して、インドネシア国内ではこれまでニュースで他国の状況についてたびたび目にしていましたが、実際の生活になるとマスクを付けている人は一部の人のみです。 コロナウイルスのことはこれまで感染者が一人も報告されていなかったこともあって、話題にはなるけど一般の人たちがそこまで気にしている感じはありませんでした。 一方でドラッグストアではマスクの品切れは続いており、報道によるとマスクの価格が10倍に跳ね上がっているところもあるそうです。 仕事なんかで一部大企業や高級オフィスビルなんかに行くと、入り口での体温測定があったり、オフィスで働く人たちがみんなマスクを付けていたりなんかします。 僕が働いている会社はそこまで大きな企業ではないので、普段どおりって感じです。 ちなみに僕の会社でもマスクを付けている人たちはいますが、それはジャカルタの空気がきれいじゃないからつけていたりします。 コロナウイルスが大騒ぎになってきたあたりで、数件ドラッグストアを廻って僕もマスクを買いましたが、これまで使い所がよくわからずまだ使っていません。 効果があるのかわかりませんが、感染者が出たということもあって、そろそろ使い始めてもいいかもしれませんね。 今後どうなるかはわかりませんが、旅行者が減って航空券とかが安くなって逆にインドネシアに旅行するのに良いタイミングなのかもしれません。 実は先日、今年の5月下旬にあるレバラン休み(断食明けに休みがあります)のため、バリ島への航空券を買いました。 コロナウイルスの状況は読めませんが、いつもよりも人が少なくのんびりとバリ島旅行をできるのではないかと思っています。 コロナウィルス予防対策 インドネシアのコロナウィルスに関する情報はこちら。

次の