高校 受験 夏休み 勉強 時間。 【高校受験-夏休みのスケジュール】受験生の勉強時間は??

受験生の夏休み!高校受験で受かる中学3年生の過ごし方 [学習・勉強法] All About

高校 受験 夏休み 勉強 時間

このページの目次 CLOSE• 夏休みはこれまでの復習をするチャンス 「夏は高校受験天王山」といわれますが、なぜだかわかりますか? 天王山(てんのうざん)とは、大きな山場という意味です。 高校入試では、1年2年の学習範囲もたくさん出題されます。 3年の夏休みになると、多くの中学生は1年2年の分野をかなり忘れています。 夏休みは1年・2年の復習を集中的にやれる最後のチャンスだからです。 夏休みが過ぎるとまた新学期が始まり、一日中「新しいこと」を学び、 毎日の宿題や復習ワークが出て、1年2年範囲の復習ができません。 冬休みもあるにはありますが、期間が短く、高校入試は目の前。 時間が足りないし、入試直前の仕上げとして使いたいです。 ですから、 この夏休みを精一杯有効に活用しましょう! 夏休みの一日の過ごし方を工夫しよう! 夏休みは学校に行かなくていいので、ダラダラしやすいです。 人間の心は弱いので、そのまま流されて生活しないように気をつけたいです。 まずは、一日をメリハリのある生活にしましょう。 夏は暑いので、涼しい朝のうちにちゃんと起きること。 そして 午前のうちに勉強をたくさんしてしまう方がいいです。 昼間は暑さが増すので休憩して、夕方と夜にまた勉強にしましょう。 効率よく勉強できる計画の立て方 勉強を効率よく集中してやるには、 計画を立てて勉強することが大切です。 ただ、計画は柔軟性を持たせ、完璧にこなそうと思う必要はありません。 計画通りに進まない事がストレスになっては意味がないからです。 では、計画の立て方を説明しますね。 まずは、一週間を24時間で区切り、 勉強できない時間を書きこみます。 勉強時間ではなく、勉強しない時間です。 例えば、睡眠時間や食事、風呂の時間、 見たいテレビ、スマホ、習い事や塾の時間。 こんな感じです。 時間 月曜 9:00〜12:00 13:00〜15:00 15:00〜17:00 17:00〜19:00 塾 19:00〜21:00 ご飯30分 21:00〜22:00 風呂・スマホ こうやって見ると、一日のうちで多くの時間が自由時間だということがわかります。 好きなテレビやスマホをして、お風呂にゆっくり入っても まだまだ時間があることがわかります。 だらだら勉強するくらいなら、見たいテレビを決めて 集中して遊び、集中して勉強することは可能です。 では、空いた時間に勉強を組み込んでいきます。 時間 月曜 9:00〜12:00 学校の課題 13:00〜15:00 昼食・自由 15:00〜17:00 午前でできなかった勉強1時間 17:00〜19:00 塾 19:00〜21:00 ご飯30分・塾の宿題1時間 21:00〜22:30 風呂・スマホ 学校や塾の宿題をやって、遊びの時間も確保しました。 勉強時間は1日8時間を目標にすればいいでしょう。 キミも同じように1日の過ごし方を書いてみよう! 夏休みに何をどれだけ勉強するか決めよう! くり返しますが、夏休みの勉強時間は 塾も含めて1日8時間を目安にしたいです。 かといって、時間にこだわり過ぎると時計ばかり見て 「早く時間が過ぎないかな〜」と、ぼんやりしてしまう子もいます。 そこで 「やることリスト」勉強法をおススメします。 自分の勉強する内容(宿題や復習内容)は分かっているので、 その日や、この1週間でやることを紙に書き出していきます。 <7月30日> 数学プリント1と2 英語問題集25〜27ページ 社会 昨日の復習とプリント5と6 このように書き出し、 やったものは黒く塗りつぶします。 全部やってリストがなくなると、達成感もあるのでオススメです。 家で自分で勉強する場合のコツ 夏休みに自宅で頑張るときは、勉強方法を少し工夫した方がいいです。 自分ひとりでやるので、やる気を維持するのが大変だからです。 そこで、 自分の得意・不得意に合わせた勉強法を紹介します。 何を目指すのかハッキリさせて、やる気を維持しましょう。 40点〜60点くらいの教科 中間テストや期末テストの成績が40〜60点くらいの人は、 基礎は大丈夫で応用問題が苦手なのでしょう。 応用を頑張りたい気持ちはわかりますが、基礎の振り返りを優先します。 夏休みの宿題やプリントも基礎を徹底して繰り返し、 実力の維持と底上げをしたいところです。 忘れていることも多いでしょうし、応用問題や入試問題は後回しで構いません。 基本問題や標準問題だけをマスターするつもりで勉強してください。 80点以上の得意教科 定期テストで80点以上を取れてる教科は、 基礎の確認と応用問題もどんどんチャレンジすべきです。 夏休みは高校入試問題に少しずつ触れる良い機会です。 基本をおろそかにせず、難しい問題にチャレンジしましょう。 できなくても、「経験」と割り切って大丈夫です。 復習するときのコツ 成績に関係ない、復習のコツを紹介します。 それは 数分でいいから前日の復習時間を必ずとるということです。 何かを暗記したり、問題の解き方を覚えるときは、 なるべく間をあけずに復習すると効率的に覚えられるからです。 昨日の間違えた問題や覚えられなかったことを 次の日に簡単に復習してから今日の勉強を始めるといいです。 夏休みから塾へ通う場合 夏休みに塾に行く中学3年生は多いと思います。 自宅で自分で頑張れるのが理想ですが、.

次の

【大学受験】受験生は夏休みの勉強時間を何時間に設定すればいいのか

高校 受験 夏休み 勉強 時間

Contents• 中学最後の夏休み 高校受験に向けた勉強方法は? 中学最後の夏休みは、部活動の大会が終わり、引退して勉強に力を入れる生徒さんが多い時期です。 学習塾の夏期講習を活用する 夏休みを有効活用して、勉強に力を入れることで、遅れを取り戻すだけではなく、志望校へ着実に近づくことができます。 そのためにオススメなのが「 塾の夏期講習を活用する」ことです。 塾の夏期講習は、塾生だけではなく一般の方も受講することができます。 夏期講習では、受験を視野に入れた中学3年間の総復習や、3年生で習う単元を中心にカリキュラムを組む塾が多いです。 また、塾の夏期講習では通常の授業と、オプションで選択できる講座が用意されていることが多くあります。 苦手な科目や不得意な単元がある場合には、夏期講習に加えて選択講座を活用して、夏休みのうちに克服しましょう。 苦手な単元の選択講座がない場合には、個別指導塾などでフォローをし夏休みのうちに苦手意識を取り除いておくと、秋からの勉強がスムーズに進みます。 学校で習ったことの復習を教科・単元別に割り振る 教科・単元別に学習計画を立てます。 1週間で1学年の学習が終わるようにし、 最終日は苦手な単元をもう一度復習する予備日に当てましょう。 そして4週目は、学年別の単元テストを行い、抜け漏れがないか確認をします。 5週目は、やり残した宿題に向き合う週、6週目は予備に充てると心に余裕ができます。 余裕があるお子さんは、5週目・6週目で予習をするだけではなく、過去問に触れてみるのもオススメです。 塾や学校の宿題をする時間を毎日確保する 毎日やっておきたいのが、 漢字、計算、英単語の練習です。 これに加えて、 理科と社会の用語も毎日繰り返し、10分~15分程度の時間を取ることで抜け漏れをなくすことができます。

次の

受験生の夏休みの勉強計画の立て方を東大生が徹底解説!勉強時間は440時間?!

高校 受験 夏休み 勉強 時間

時間がたくさんある夏休みには、つい怠けてしまいがちです。 しかし、夏休み中にどれだけ頑張れるかが、志望校の合格に近づくためのカギになります。 家族との団らんや友だちとの交流を楽しんだり、部活動に精を出したりするのはもちろんのこと、勉強にもしっかり力を入れていきましょう。 夏休みを充実した勉強期間にするためには、勉強するべき内容やペース配分を明確にして挑むことが大切です。 せっかく勉強のやる気があっても、既に覚えた箇所を繰り返し学習していたり、突然難しい応用問題に取り組んだりするとなかなか学力が上がらず、時間を無駄にしてしまいます。 自分の学力や得意な分野、苦手な分野を明らかにした上で、目標を設定しスケジュールを組みましょう。 また、夏休みの宿題がある場合は早めに終わらせ、少しでも勉強時間を多くとれるようにすることがおすすめです。 勉強時間を設定するときは、夏休み前に立てた目標から逆算することと自分の集中力の限界を知ることがポイントです。 夏休みの目標を立てるときは「勉強を頑張る」などの曖昧な目標ではなく、自分の学力や得意・苦手分野を踏まえて教科別に参考書を選び、「この参考書を最初から最後まで2回解く」など明確な目標を設定してみましょう。 そして、参考書のページ数を夏休みの日数で割り、1日あたりに解くべきページ数を明らかにします。 ここで重要なのが、自分の集中力の持続時間や勉強に費やせる時間を念頭においた上で、きちんとクリアできる目標を設定することです。 例えば、勉強に苦手意識を持っているのに突然「1日10時間勉強する」と決めても、なかなか実行できずストレスを感じてしまう可能性があります。 長時間机に向かうのがつらいなら「まずは各教科1日30分ずつ」など、達成可能なハードルを設定しましょう。 毎日きちんと目標達成できたことが成功体験になり、勉強へのやる気がアップしていくでしょう。 一方で大学受験生ならば1日12〜15時間ほど勉強することもあります。 この場合もむやみに机に向かうのではなく、夏休み期間中の目標を設定した上で、日々の小さな目標を作り着実にクリアしていくことが大切です。 いざ夏休みに入ると、具体的にどんな勉強をすればよいのか迷ってしまう人も多いです。 高校受験生の場合、夏休みには1〜2年生の学習内容の復習を中心におこないましょう。 勉強方法は人によってさまざまですが、自分の学力に応じて参考書のレベルを選び、はじめから解いていく方法があります。 勉強が苦手な人は基礎的な参考書に、1〜2年生のうちにしっかり学力をつけたい人は応用的な参考書にチャレンジしてみるのがおすすめです。 各教科のバランスとしては、とくに得意科目を伸ばすよう意識することもポイントです。 得意科目で点数を確実に稼ぐことが、他の生徒と差をつけるためのカギになります。 大学受験生は、夏休みの間に基礎の部分を徹底的に固めるようにしましょう。 学校が始まると勉強に割ける時間が減り、過去問や演習問題を優先せざるをえなくなってしまいます。 そのため夏休みには、過去問や演習問題で高得点を獲得するための基礎学力を鍛えることが重要なのです。 自分の学力に合った参考書を使い、苦手分野を克服しながら各教科バランスよく得点をとれるようにしましょう。 高校受験生でも大学受験生でも、参考書で解けなかった問題は必ず解説を読み、解説文の中で意味がわからなかった箇所には印をつけましょう。 そして、適宜教科書に立ち戻り、印をつけた部分に関連する箇所を熟読すると理解が深まります。 もし教科書を読んでもわからなければ、ノートにまとめ塾や学校の先生に質問して克服しましょう。

次の