ハイパー ボルト 効果。 【 現役のトレーナーがおすすめ 】ハイパーボルトで筋膜リリースができるって本当?「振動」による効果を解説

【 現役のトレーナーがおすすめ 】ハイパーボルトで筋膜リリースができるって本当?「振動」による効果を解説

ハイパー ボルト 効果

ある日、ゴールドジムのストレッチエリアで見慣れないデモ機を見つけました。 それが HYPERVOLT(ハイパーボルト)。 筋膜リリースとは? 筋肉がスムーズに動くためには、筋膜の滑りの良さが必要です。 筋膜を柔らかくし滑りを良くして、解きほぐすことを「筋膜リリース」と言います。 膜はがしと呼ばれることもあります。 筋膜リリースを行うことにより、筋肉の柔軟性を引き出し、関節の可動域を拡大します。 引用元:より 筋肉が凝り固まっていると運動中の怪我にも繋がります。 私は肉離れを経験して以来レッスン後はトリガーポイントで筋肉をほぐしていたのですが、HYPERVOLT(ハイパーボルト)はさらに効果が早いです。 最初はできるだけ安く買いたいと思っていて並行輸入品を取り扱っているAmazonの口コミも読みましたが、 並行輸入品には品質に落差があることを知りました。 公式サイトにも以下の記載があるので、購入時には気をつけてください。 ネットで購入をご検討の際は、お客様に対し責任をもって販売させていただくことができ、安心して快適に、そして長くご愛用いただくためにも、日本仕様正規品を販売する株式会社モントルーより配送するネットショップかどうかをご確認ください。 HYPERVOLT(ハイパーボルト)のデメリット.

次の

温めてからハイパーボルト

ハイパー ボルト 効果

ハイボルト治療(ハイボルテージ治療)とは、その名のとおり、高電圧を身体の負傷部位に浸透させる電気治療のことを意味します。 オリンピックに出場するようなアスリートや、二刀流で有名な日本人メジャーリーガー、国内のプロスポーツ選手の中にもハイボルト治療を取り入れ始めている人が多く、最近になって注目を集めている治療法です。 ハイボルト治療に期待できる効果 ハイボルト治療には、これまでの治療法の効果をさらにアップさせた効果や、これまでの治療では得られなかったような効果が期待されています。 軟部組織の修復 ハイボルト治療が注目を集めているのは、損傷した軟部組織の修復機能が高いからです。 軟部組織とは、レントゲンには映らない筋肉や筋膜、靭帯、腱といった組織のことです。 例えば、腰痛やぎっくり腰を訴えて整形外科を受診したとします。 その場合、負傷部位をレントゲンで撮影するわけですが、そのほとんどは「骨に異常なし」と言われるだけです。 その結果、痛み止めや湿布が出されるのですが、もちろん、それでは腰痛やぎっくり腰の根本的な改善にはつながりません。 実は、腰痛やぎっくり腰の多くが、筋肉や筋膜の拘縮、腱や靭帯の損傷、ズレなどから起こっています。 そのため、軟部組織を修復させる効果の期待できるハイボルト治療が注目されているのです。 痛みが生じるサイクルをブロック 東京医科大学によると、肩こりや腰痛による痛みは、「筋疎血(きんそけつ)」が引き金になっていると考えられています。 筋疎血とは、簡単に言うと筋肉に送られる血流量が減少することです。 筋肉が固くなって血管を圧迫することで、血管が収縮して血行が悪くなります。 血行が悪くなった場所には痛み物質が発生するため、筋肉痛のような痛みを生じるのです。 さらに、血行が悪いことで痛み物質が停滞し、痛みによってさらに筋肉が固くなるという悪循環が生まれます。 そこで、ハイボルト治療の出番というわけです。 ハイボルト治療には筋肉を支配している神経に働きかけることで、緊張した筋肉を緩和する作用があります。 そのため、痛みが生じるサイクルをブロックできるのです。 痛みの原因を特定 ハイボルト治療には、痛みが出ている原因を特定することも期待されています。 なぜかというと、病院や整形外科では画像診断に基づいた治療をおこなっているからです。 どういうことかというと、骨や神経しか見ていないのです。 先ほども少し触れましたが、肩こりや腰痛のほとんどは筋肉や筋膜、腱、靭帯といった軟部組織の拘縮や異状によって起こります。 ハイボルト治療を軟部組織に対しておこなうことで、レントゲンでは見られなかった疼痛誘発部位(とうつうゆうはつぶい:痛みの元)を探ることができるため、効果的な治療が可能となります。 ハイボルト治療の2大作用 ハイボルト治療が最近になって注目されているのは、その2大作用が根拠となっています。 それは、ハイボルト治療による筋ポンプの促進作用と、ゲートコントロール作用です。 筋ポンプの促進作用 私たちの身体全体に血液を送っているのは言うまでもなく心臓ですが、では、全身に送られた血液を心臓へと戻しているのは、身体のどの器官かご存知でしょうか。 答えは全身の筋肉です。 筋肉が収縮を繰り返すことで血液を心臓へと押し戻しているのです。 その働きのことを、「筋ポンプ」と呼んでいます。 皆さんは「足は第2の心臓」という言葉をお聞きになったことはありませんでしょうか。 ふくらはぎは心臓から最も遠くにある大きな筋肉です。 また、ふくらはぎは心臓よりも下方にあります。 そのため、ふくらはぎは強い力で上方へ血液を送り返さなければなりません。 それが第2の心臓と呼ばれる所以なのです。 ハイボルト治療によって筋ポンプ作用を促進することによって、全身の血液循環を良くすることが期待できます。 血液は全身に酸素と栄養を送っているので、血液循環が良くなれば、身体の回復も早くなるというわけなのです。 ゲートコントロール作用 ゲートコントロールという言葉はあまり聞きなれないと思いますが、実は1965年に発表された割と古い学説で、痛みを制御する神経回路の仕組みについて述べられています。 その説が、数年前から再び学術誌を賑わせています。 ゲートコントロールに関する詳しい説明は割愛しますが、要するにハイボルト治療をおこなうことで、痛みという「感覚」を脳に伝えることを阻止するのがゲートコントロール作用というわけです。 整骨院によくある他の治療器との違い 整骨院に行ったことのある方ならご存知かと思いますが、整骨院では様々な治療器を用いて症状の改善に取り組んでいます。 ここでは整骨院で利用されている代表的な治療器と、ハイボルト治療の違いを簡単に説明します。 低周波治療器との違い 低周波治療器は、主に交感神経を鎮め、副交感神経を優位にする目的で用いられます。 副交感神経が優位になると、血管が拡張し、血流が増します。 それによって、疲労回復を早めることが可能となるのです。 ハイボルト治療の場合、筋ポンプ作用を促進することによって、全身の血流を良くし、身体の回復を高めます。 つまり、アプローチ法こそ異なりますが、いずれも血行促進を目的としていると言えます 干渉波治療器との違い 干渉波治療器もハイボルト治療も、いずれも軟部組織にアプローチすることを目的としていますが、その違いは刺激の到達点です。 干渉波が到達するのは皮膚からおよそ5㎝の地点ですが、ハイボルト治療の場合、皮膚からおよそ20㎝の地点まで刺激が到達するとされています。 そのため、干渉波より深い場所の軟部組織を修復する効果が期待できます。 マイクロ波治療器との違い マイクロ波治療器は温熱治療器の一種で、患部を温めることを目的としています。 温めることで血行が促進され、回復が早まるというわけです。 ハイボルト治療の場合、筋ポンプ作用を促進することによって、筋肉が熱を生み出すサポートをします。 やはりアプローチ法は異なりますが、いずれも血行を促進することが目的となっています。 そこで、ハイボルト治療に関するよくある質問に答えます。 痛くないですか? ハイボルト治療に関してもっとも多い質問が「痛くないのか」ということですが、ハイボルト治療器は皮膚を刺激しない周波数で作られているため、通常であれば痛みを感じることはありません。 副作用の心配はありませんか? ハイボルト治療に関する副作用の心配はほとんどありません。 ただ、低周波治療器を使ったことのある人ならご存知かと思いますが、あまりに強い刺激を加えた場合、お風呂上がりのだるさ(湯あたり)のような感覚がする可能性もあります。 刺激は強い方が効果的ですか? ハイボルト治療に関しては、その他の電気治療器とは異なり、刺激が強ければ強いほど、高い効果が期待できます。 ただし、無理に我慢するような強い刺激は逆効果です。 鍼灸の施術とどちらが効きますか? ハイボルト治療も鍼灸の施術も、いずれも人間の自己治癒力を高めるためのものであり、優劣は特にありません。 自分が心地よく感じる方を選んで問題ないでしょう。 症状を改善するために本当に大事なこと 整骨院にはいろいろな施術法がありますが、一番大事なことは、なぜその症状に至ったのか原因を知ることです。 例えばぎっくり腰の場合、重いものを持ったのは原因ではなく、症状を引き起こした引き金に過ぎません。 本当の原因は普段からの不良姿勢かもしれませんし、身体の使い方のクセにあるのかもしれません。 本当の原因を取り除かない限り、どれほど優れた治療法も対症療法に過ぎません。 原因を取り除いて再発しない体を目指したい方は、ぜひぷらす鍼灸整骨院までお気軽にご相談くださいね。 まとめ ハイボルト治療は、これまでの電気治療器と同様に慢性疾患の改善効果が期待できることはもちろん、従来の電気治療器が苦手とする急性疾患の改善効果も期待されています。 そのため、ここ数年ハイボルト治療を取り入れる整骨院が急増しています。 ただし、痛みの本当の原因を取り除かないと、何度でも症状を再発する可能性があることを忘れないでくださいね。 この記事を監修してくれた先生.

次の

温めてからハイパーボルト

ハイパー ボルト 効果

チャチャリートは安全且つ、トグにおいて最適な効果を生み出すための設備や 器具を揃えている数少ないジムです。 そんなチャチャリートで使われている 『ハイパーボルト』 ってご存知ですか? 本気で身体のことを考えている人達の中では結構話題の器具で、チャチャリート以外のジムでも使われているんです。 今日はハイパーボルトについてお伝えしていきますね。 ハイパーボルトって何? YPERVOLTは、最先端のQuiet Glideテクを搭載した3段階の強力な振動によって、トグ前後の身体のトータルケや筋膜リリースに最適なアイテムです。 参照:HYPERICE公式サイト いまいち、ボヤけた解釈になってませんか? つまり、 『筋力トグや運動によるを回復させてくれる器具』 あるいは 『トグの効率を上げるために固まった筋肉を緩め、ケガを防止する器具』 ということです。 筋膜リリースとは 『筋膜リリース』という言葉が出てきましたね。 馴染みのない方のために説明しますね。 筋膜とは まずは筋膜の説明です。 筋肉は簡単に言うと、『筋膜に覆われた筋繊維を束ねて、さらに筋膜で覆ったもの』なんです。 筋膜が筋繊維同士をくっつける役割りを果たしています。 の充電ケーブルとかっていくつもの線を外膜で覆っていますよね。 筋肉もそんな風に出来ています。 筋膜は『第2の骨格』と言われるくらい、私達の体を支える役目を果たします。 筋膜がないと、筋線維同士がバラバラになりますからね。 とても柔らかく、この筋膜同士が『癒着(からまる、くっつく)』することがあります。 筋膜が癒着する時というのは• デスクワークなどの長時間同じ作業をした時• 水分をあまり摂取しない時• 怪我をした時 が多く、パソコン作業で肩がこりやすいのは筋膜の癒着のせいだと言われています。 また、筋肉が動きづらくなるので、柔軟性の低下を招き、腕や足の動きを悪くさせます。 また、筋膜筋膜は全身に張り巡らされていて、肩こりの症状だとしても腕や背中の筋膜も癒着していることが多いです。 この、癒着した筋膜を剥がしたり、固まってしまった筋肉の本来の動きを取り戻させることを『筋膜リリース』と言うのです。 ハイパーボルトの筋膜リリースは超簡単で効果絶大 ハイパーボルトの見た目は大きなピストルのような感じ。 スイッチを入れると突先の部分が振動し、それを体の痛みが気になる部位や体全体に当てていきます。 たったこれだけの作業で筋膜リリースが出来ちゃう。 女子テニス世界ランキング1位の選手。 ハイパーボルトの製作会社のHYPERICEとパートナー契約をしています。 パートナー契約をする前から大坂選手はハイパーボルトを愛用していました。 他にもプロサッカーの槙野選手、の松本潮霞選手、ットプレイヤーの遥天翼選手など(調べ)多くの選手から絶賛されています。 ハイパーボルトは持ち運びが簡単な上にボタンを押して体に当てるだけの簡単操作。 試合や練習の前後に使いやすいのです。 さらに、筋膜リリースという、筋肉の痛みの根本的な解決に視点を当てているので、マッサージの必要もなくなったと遥選手は言ってます。 スポーツ選手以外でも、嵐やさんなど、本当に様々な方の愛用身体ケア用品となっています。 ハイパーボルトと他の筋膜リリース製品との違い 多くの筋膜リリース商品がネットで数千円で買えるのに対し、ハイパーボルトは5万~7万円ほどという高額です。 それでもハイパーボルトを愛用する人が多いのはやはり、先程お話した利便性と絶大な効果、そして、どんな部位にも使えるという点ではないでしょうか。 ほとんどの筋膜リリース製品は筒型で、地面に横にならないと使えません。 体重をかけて筒を滑らせて筋膜リリースをするのが一般的です。 しかし、ハイパーボルトは立っても座っても筋膜リリースが可能。 また、筒型のものでは対処出来ない部位にも簡単に筋膜リリース出来ちゃう訳です。 値段が高くても、その性能を考えれば申し分ないということですね。 ハイパーボルトは筋膜リリースを簡単に場所を選ばず使える• ハイパーボルトは選手をはじめ、多くの人に使われている身体ケア用品• 他の筋膜リリース製品よりも高額だが、体のどの部位にも使用出来、その効果も絶大 以上、ハイパーボルトについてお伝えしました。 話しを最初に戻しますと、 チャチャリートではこのハイパーボルトをトグ前に使用しています。 最適な且つ安全性の高いトグを重視するチャチャリートにとってもハイパーボルトは無くてはならない存在なのかもしれませんね。 当ブログでご紹介しているチャチャリート。 アスリートやモデルをはじめ、ダイエットや健康維持のためにも通う人が増えています。 チャチャリートの紹介記事はこちら \\チャチャリート公式サイトはこちら// yuichi0519.

次の