アメブロ アクセス 自分。 アメブロアクセスアップはこの4つを行えば超簡単!

Amebaヘルプ|自分のブログのURLを確認する方法が知りたい

アメブロ アクセス 自分

もくじ• Googleアナリティクスとは? Googleアナリティクスとは、簡単に言うと自分のサイトへのアクセスに関することをこと細かく教えてくれるGoogleのサービスです。 例えば、 ・1日に何件アクセスがあったのだろう? ・何時ごろよく見られているのだろう? ・何曜日によく見られてるのかな? ・どの地域の人がよく見てくれているのかな?(市区町村までわかります) ・どのページが人気なのかな? ・いつも決まってどのページにたどり着いてるのかな? ・コンバーション 成約)率はどれくらいかな? といったことが分析されているのです。 アメブロや他のサービスにもよく「アクセス数」としてカウントが出ていますが、一番正しいのはGoogleアナリティクスです。 売上が上がっているのなら読者の的を射た投稿ができているということで集客や売上につながっているのでしょう。 もし売上が伸びていないなら、投稿している記事はお客様に合っていないのか? または集客への導線が上手くいってないのかも知れません。 そんなときによりたくさんの人に読まれる曜日に発信する方がいいのは決まっていますよね。 でも特にどの地域の方が多く見てくださっているのか? どのエリアにあなたのファンが多いのか?がわかることで、セミナー開催地を決定する際などに役立てることができます。 書いた記事の中で特にアクセスの多い記事さえわかれば、その記事を中心にどこかの記事に飛ばすなどの対策を練ることでサイト内の滞在時間が長くなりますよね。 ドメインを強くするにはこういったことがとても重要です。 アフィリエイトタグをどう貼るのか?など、工夫ができますね。 このようにサイトを運営する上で「ただ記事を書いて投稿するだけ」ではなく、きちんと分析して把握して改善することでアクセスが変わってきますので、Googleアナリティクスはサイト運営では必須のアイテムです。 アナリティクスの入れ方 を検索ワードに入れてください。 こちらのIDを分析したいサイトに貼り付けると翌日からアクセス数などを解析することができます。 アメブロの本当のアクセス数をGoogleアナリティクスで解析する方法 それでは、アメブロにアナリティクスのトラッキングIDを貼り付ける方法をお伝えします。 まず、先ほどのトラッキングIDをコピーしてください。 そして、アメブロの「設定・管理」をクリック 次の画面の右上の方の「外部サービス連携」をクリック 「searchconsole 旧ウェブマスターツール とGoogleAnalyticsの設定」をクリック。 こちらの「GoogleAnalyticsの設定」の空欄に先ほどコピーしておいたトラッキングIDをペーストしてください。 そして、その後下部の「設定する」を必ずクリック はい、これで正式なカウントを翌日から見ることができます。 となると、アメブロが表示している「今日のアクセス数」との大きな差を感じることになると思いますが、本当のカウントがGoogleAnalyticsです。 という方の為に今回の本題は「アナリティクスのアクセス数から自分のアクセスを除外する方法」をお伝えします。 まずを検索。 こちらの画面になります。 「Googleアナリティクスオプトアウトアドオンをダウンロード」をクリックしてください。 次に、こちらの画面で「chromeに追加」をクリック そして次は、「拡張機能を追加」をクリック これで完了です。 この方法のいいところは一回ブラウザに導入すればその後は特に何もしなくてもそのブラウザからのアクセスは自動で除外してくれるのです。 とっても導入しやすいのがお手軽でいいのですが、実はデメリットもあります。 デメリット・・・それは「そのブラウザ」というのは「chrome」のことで、インターネットエクスプローラーとかfirefoxなども使用される方はカウントされてしまいます。 タブレットやスマホから見た場合もカウントされてしまいます。 IPアドレスとはインターネットがつながる機種一つ一つについている識別番号です。 いつもブログを書いたり見たりする機種のIPアドレスを知らべましょう。 その下の「フィルタパターン」のところの空白にで取得したIPアドレスを入力してください。 そして最後に「保存」を必ずクリック。 これでご使用の機器からのアクセスはカウントから除外されるようになりました。 こちらの方法のデメリットはIPアドレスが変わったらまた設定をしなおさないといけないことです。 IPアドレスは永久的に同じというわけではなく「固定IPアドレス」を使用していない限り、変更があることもあると覚えておいてくださいね。 まとめ これでやっと正確なアクセスを見ることができますね。 自分が何度もアクセスしているのがカウントされて「わ~今日はたくさんの人が見てくれた!」って単純な勘違いもなくなります。 是非試してみてくださいね。

次の

Googleアナリティクスで自分からのアクセスをカウントしない方法

アメブロ アクセス 自分

ご自身のブログURLを確認したい場合は、以下の操作をお試しください。 PC 1. へアクセス 2. アクセス後、画面左に表示されるブログタイトルをクリック 3. スマートフォンブラウザ 1. へアクセス 2. ホーム画面の「ブログ管理」をタップ 3. 【自分のブログを見る】をタップ 4. Amebaアプリを起動 2. ホーム右下の「ブログ管理」をタップ 3. ブログ管理内に表示される「自分のブログを見る」をタップ 4. 記事をタップ(どの記事でも構いません) 5. 画面上部の地球アイコンをタップ 6. 「一覧へ」をタップ 7. 画面右下の上向き矢印のアイコンをタップして「コピー」を選択 8. メモ帳などに貼り付けしURLを確認 Android 1. Amebaアプリを起動 2. ホーム右下の「ブログ管理」をタップ 3. ブログ管理内に表示される「自分のブログを見る」をタップ 4. 記事をタップ(どの記事でも構いません) 5. 画面上部の地球アイコンをタップ 6. 「一覧へ」をタップ 7. 右上の「・・・」が縦に表示されているアイコンをタップ 8.

次の

アメブロのアクセスアップ法|アクセス数を増やす原則教えます

アメブロ アクセス 自分

普段の更新状況 記事の内容は主に子育て関するもので、月に数回更新する程度です。 妊娠が分かってから日記代わりに始めたのですが、出産後は何かと余裕がなくて更新頻度が減ってしまいました。 フォロワーは同じ子育てママ中心に20人程度で、多くありません。 一つの記事に対しての「いいね」の数は、平均10くらいです。 このブログよりもゆるい感じで気ままに書いています。 平均アクセス数は1でした。 アクセス数がアップした当日の状況 10月21日午前中に約10日ぶりに記事を更新しました。 そしてその日の夜にアプリを開いたところ、「いいね」の数がやけに多くてまず違和感を覚えました。 次にアクセス数を確認したところ、今まで見たことのない数字が表示されているではありませんか! 前日のアクセス数、0ですよ・・・?w そして、更新する度にアクセス数がどんどん伸びていきます。 ちょっと恐ろしくなりつつも、「バズっている・・・!」と興奮を抑えきれませんでした。 アメーバトピックスへの掲載が原因 これは、今朝書いた記事がどこかで紹介されたに違いないだろうと思いました。 探してみたところ、案の定見つかりました。 普段は開くことのないメッセージの受信箱を確認してみたところ、「アメーバトピックス掲載のお知らせ」のメッセージも届いていました。 選定基準が謎ですが、さもないブロガーのさもない記事を選んでいただけて、純粋に嬉しかったです! アクセス数がアップした翌日以降の状況 翌日アプリを開くと、ランクインを知らせる通知が並んでいました。 また、アクセス数は自己ベストを更新しました。 その後のアクセス数の推移です。 翌日までは異常なアクセス数が続きましたが、徐々に落ち着いてきました。 アメブロとWordPressのアクセス数の違い アメブロにはこのように記事を掲載してもらえるチャンスが常にあり、もし掲載された場合には爆発的なアクセス数が望めます。 しかし、掲載されるためにはコツだったり運だったりが必要となるでしょう。 私は明らかにたまたま運が良かっただけでしたが、掲載されるのは稀なケースでしょう。 そして、アクセス数の増加はあくまで一時的なものであり、魅力的なブロガーでなければアクセス数の維持は困難です。 一方、WordPressの場合は、じわじわとアクセス数が伸びていきます。 WordPressで作成している本ブログも、だいぶ緩やかですが右肩上がりにアクセス数が伸びています。 アメブロのように更新しない日のアクセス数が0ということはまず無く、毎日一定のアクセスがあります。 逆に、アメブロのようなブログサービスとは異なって、他との繋がりのない完全に個人のブログなので、今回のように爆発的にアクセス数が伸びることもありません(パワーブロガーならまた異なるかもしれませんが)。 どちらも一長一短あることを学びました。 まとめ アクセス数の急増を目の当たりにした衝撃は、得も言われぬものがありました。 サボらずブログを更新しようと思い直す良い機会になりました。

次の