海賊 無双 4 プレイ アブル キャラ。 [B! 無双] nikutetuのブックマーク

[B! 無双] nikutetuのブックマーク

海賊 無双 4 プレイ アブル キャラ

能力の違う同一キャラも含めると、37人。 キャラゲーとしても満足のいく人数となった。 それぞれの個性も際立っており、バランスも見直された。 「強キャラ」はいるものの、どのキャラでもそこそこ戦えるし、プレイスタイルに合ったお気に入りのキャラが見つかるかと思う。 オールスター感溢れるオリジナルストーリー メインのストーリーは、原作にはない、今作だけのオリジナルストーリー。 重要キャラには見せ場が用意されているし、エンディング分岐もある。 原作で印象的なシーンやセリフなんかも、上手く混ぜ込んである。 「夢の共演」や「夢の対決」もいくつか見られる。 特に、黒ひげとモリアのタッグは、相性抜群。 原作でもやればいいのに。 『無双』としてのおもしろさ 前作での不満点は、かなり解消されている。 敵の出現数は『無双』シリーズとしては妥当な量になり、1000人撃破も難なく達成できる。 余計なアスレチックステージは無くなり、 QTE も廃止された。 「スタイルアクション」という新要素も、爽快感がある。 ゲージを溜めて、R1で発動。 「自然系」の能力者の場合、敵の攻撃がすり抜ける。 「自然系」の能力者に攻撃が当たる。 「覇王色の覇気」を持つキャラは、周囲の雑魚を気絶させる。 等、キャラクターの個性が強く出て、おもしろい。 ベリーショップの活用• レベルの上限を引き上げるアイテム• ボイス集などのギャラリー要素• 目当てのコインを獲得しやすくする「地図」 等、ゲーム的に有用な商品が並ぶ。 ゲーム内通貨「ベリー」も、比較的稼ぎやすい。 不満点 盛り上らない演出 前述したように、ストーリー自体は上手く作られている。 しかし、そのストーリーを魅せる演出は、レベルの低いものである。 各戦闘の開始は、 ポリゴン モデルのキャラが左右でリアクション取りながら、しゃべるだけのもの。 恋愛 ADV か。 『無双OROCHI』でも同様の演出だったし、こういうのが好きなのかな? 前作にあった、コマ割りを使った漫画的表現も、無し。 戦闘中のムービーも、悪くはないんだけど、感動もしない。 この辺りは、原作を再現した前作の方が良い。 やはり原作は偉大だということか・・・。 コインを使ったステータスアップ 各戦闘で手に入るコインは、装備することでステータスがアップする。 複数装備でき、コインに描かれたキャラクターやアイテムの組み合わせで、ステータスアップ量が増える。 システム自体はまぁ良いし、組み合わせを探す楽しみもある。 が、一度有用な並びを見つければおしまい。 操作するキャラに合った組み合わせや、特殊な効果持ちのコインとかでもあれば、戦略の幅が広がるのに。 仲間ストライク専用のキャラ 条件がそろえば、「仲間ストライク」という、仲間にしたキャラに手助けしてもらえるシステムがある。 「仲間にしたキャラ」というのは、メインストーリー上で仲間にしたキャラではなく、「仲間エピソード」というモードで仲間にしたキャラである。 「仲間エピソード」はメインストーリーを進行したり、別の「仲間エピソード」をクリアすることで増える。 「仲間ストライク」に設定できるキャラは、全てのプレイアブルキャラと、「仲間ストライク」専用のキャラである。 プレイアブルキャラの場合、「仲間ストライク」はとても有用。 設定したキャラと交代して操作することになり、交代中は無敵。 しかも「スタイルアクション」の恩恵もある。 問題は、「仲間ストライク」専用のキャラ。 プレイアブルキャラ以外の、名のあるキャラ(クリークや、ルッチ等)と交代するのだが、操作不能。 交代して、必殺技をぶっ放して、終わり! 専用キャラって言う割に、使えなさすぎる。 総評 「使いまわし感」や「出し惜しみ感」もあるが、前作から正当な進化を遂げた。 特に、戦闘の爽快感や、プレイアブルキャラの増加はうれしいところ。 『無双』シリーズのファンも、十分楽しめる作品になった。 反面、オリジナルストーリーを展開する関係上、原作の演出を使えなくなり、演出面での力不足が見えるようになった。 今後のシリーズで、この辺りがどうなるか、気になるところ。 感動は、原作で十分感動できるので、今作の方が好きです。 良い点は、技のかっこよさです。 一番好きなのは、青キジの「アイス塊 暴雉嘴(アイスブロック フェザントベック)」。 声優、子安武人さんがあてている役の中で青キジが一番好きかも。 声聞きたさに、何度も「アイス塊 暴雉嘴」を発動してたな、ってあれ? 技のかっこよさ、関係なくなってるな。 とにかく、原作での敵キャラが操作できるので、敵キャラばっかり使ってました。 実際、強いですしね。 不満点をあげるならば、コインの設置。 一人ひとり設定しなくてはならず、それが面倒でしたね。

次の

[B! 無双] nikutetuのブックマーク

海賊 無双 4 プレイ アブル キャラ

スポンサーリンク 藤虎の強さが異常 藤虎はドリームログのステージをクリアすれば使用可能になるのですが、推薦レベルは25と結構序盤で使えるようになるんです。 だからこそ予想をはるかに上回ったんですかね。 順番で言ったら黄猿や赤犬などより早くGETできるので。 そして問題の強さ・・・・・。 普通のアクションも 重力と隕石を中心とした攻撃で非常に強く、必殺2の 【あばれ火祭り】もさすが海軍大将と言えるレベルの範囲と強さです。 なんですが、もっとも強力なのが R1の長押し・・・・・。 最大まで溜めて攻撃すると、超巨大隕石になるのですがその 範囲と威力がとんでもないんです。 範囲はまだ分かるけど、 特に威力が半端ない! ほとんどの敵は一撃でナワバリも一瞬で制覇できるし、ボスも数発撃てば沈みます。 そこまで威力をあげて大丈夫?って言うくらい強いです。 さらにクイックチャージや狙撃手の心得など、 スキルも組み合わせればとんでもないことになります。 このブログで前に、 「バギー強い!R1の特製バギー玉でキズナすぐ溜まるしおススメ!」 みたいなこと書いたのですが、今となっては片腹痛いです。 スポンサーリンク 他のキャラがしょぼく見える 自分はレジェンドログとドリームログを並行しながら進めてたんですが、藤虎を使用した後にメインストーリーでルフィとか使うとかなり しょぼく感じるんですよね。 なので、藤虎とか強いキャラを使う際はレジェンドログをクリアしてからの方がいいと思います(笑) マゼランも結構使いやすかったのですが、今では マゼランすら使う気が起こらないですからね。 最後に とはいえ、R1の隕石技は溜めるまでの時間がいるし、その間に 吹き飛ばされたら技が中断されるという多少の弱点はあります。 つってもめちゃ強いですけどね。 まだ未使用キャラがいるので、個人的には何とも言えませんが、ネット上では 白ひげと並んで最強と言われているようです。 余計にこんな早く使えるようにしていいのかって思いますけど(笑) まぁ本当に藤虎は強く、R1の隕石技は 画面がクラッシュするんじゃないか?っていうくらいの迫力なので、まだの方は是非使用してみてください。 最後まで閲覧ありがとうございました。 カテゴリー• 447•

次の

【海賊無双3】藤虎の強さがチート級すぎて他のキャラが・・・・・

海賊 無双 4 プレイ アブル キャラ

Contents• 特に、 漫画や小説からスタートし、 アニメ化を経た後はゲーム化、という流れを辿るのは 人気作品である事の証拠ともいえるかもしれません。 一昔前は そんな原作付きのゲームでも 出来が良く遊んでいて楽しい、と 言い切れる物は意外と多くない印象でした。 最近ではむしろ 原作作品をキッチリ意識したゲーム性や演出など、 かなり作り込みがしっかりしている作品も多くなってきて時代は変わったなぁ、と思うばかり。 そんな中でも、 特に話題になりやすい作品の一つに 「ワンピース」を題材にしたゲーム作品が良く話題に上がるのではないでしょうか。 ワンピースを題材にした作品は、いわゆる 対戦型アクションやアクションRPGなど多岐に渡りますが、これまでシリーズとして複数の作品が発売されているのは 「海賊無双」ですね。 多くの敵を吹き飛ばす爽快感たっぷりな 「無双」シリーズとのコラボ作品ではありますが、遂に シリーズ最新作 「海賊無双4」が発売間近になってきました。 無双のコラボ作品は最近では珍しくありませんが、 単独の作品がシリーズ化、ナンバリングで4作目まで続くのはある意味異例の事態ですね。 シリーズ4作目ともなると開発もこなれてくる、という側面はあるのかもしれませんが、 原作ファンとしても嬉しい限り、今作にも期待がかかります。 4作目ということで、 原作・アニメ的には「ホールケーキアイランド編」までをフォロー、 更にゲームオリジナルではある物の「ワノ国編」も収録。 かなり新しい所までフォローされている、というのは純粋にファンとしても嬉しいですし、 ボリュームアップにも期待がかかります。 今作で 新たに使えるようになったプレイアブルキャラクターは 全部で13名となっており、以下のような感じになっています。 ・レイジュ ・イチジ ・ニジ ・ヨンジ ・キャロット ・カタクリ ・ホーキンス ・バルトロメオ ・キャベンディッシュ ・ビッグ・マム ・カイドウ ・ベッジ ・キッド と、このような感じ、発売までのタイミングを考えると、 新規キャラ自体はコレ以外に居る可能性もありつつ、紹介はされなさそうですね。 まだ詳細等は発表されていませんが、 発売後にDLCの配信なども可能性がありますので、その辺りにも注目しつつ、発売を待ちたい所。 「海賊無双4」の発売は3月26日、もう本当に発売間近、という感じですので、 プレイの準備や予約などを済ませておくのがおすすめです。 bn-ent. これに関しては、 ゲーム中で全ての「ワンピースのエピソード」をプレイできるわけではないので、当然ながら仕方のない部分があります。 具体的に、 現時点で恐らくリストラが確定、と思われるキャラクター達は以下の通りとなっています。 ・エネル ・モリア ・ペローナ ・くま ・マゼラン ・ガープ ・シーザー 公式サイト等でも現時点で紹介がなく、 PVなどでも姿が確認できない、という事から、この辺りのリストラはほぼ確定と見ていいでしょう。 特に、 エネル及びマゼランに関しては、 本人たちが登場するエピソードを遊ぶ事ができないようなので、 まず間違いなく確定、といった所。 その他のキャラに関しては、他のエピソードでも登場しているキャラは複数いるため、 プレイアブルキャラとしては使えなくても 「NPC」として登場する可能性はあり。 特に 「くま」に関しては登場する 「頂上決戦編」がエピソードとして遊べる事、 オンラインマルチプレイのPVで姿が確認できる事から、 NPCの可能性はかなり高いですね。 まぁワンピース自体がもう連載も長い事続いているシリーズですし、 全ての名有りのキャラが登場、というのは少々現実的ではありません。 ゲーム中のストーリーも各エピソードで区切られているように、 区切ってもかなりの数のエピソードがある、というのもネックになるでしょうか。 後年になってから再び出番があった、といったキャラであればまだ希望もありますが、 そのエピソードにしか登場していない、といった制限があると少々大変そうです。 こういったリストラ組が出てしまうのも、ある意味では仕方のない部分、と割り切るのも大事かもしれませんね、 ファン的には少々悲しいかも知れませんが。 これまで ワンピースに登場した主要なキャラクターが全て登場するゲーム、というのは ワンピース自体の完結を待つ必要がありそうですね。 まだまだ人気も作品の展開も継続中、といった感じの作品ゆえ、 この辺りは仕方ない部分ではありますので、今は我慢、といった所でしょうか。 海賊無双も、気の早い話ではありますが、今後もシリーズ展開が続く可能性は高いですし、そちらに期待してみるのもアリかも知れません。 bn-ent. リストラされるキャラクターについては、上でも紹介した通り 「NPC」としての登場に留まるのみ、という可能性もあります。 そして同時に、 DLCや無料アップデートなどでで新しく追加される、という可能性もまだ捨てきれない、という所ではないでしょうか。 まぁ現時点では DLCの情報などは公開されていませんし、予定があるのかもはっきりはしていない、という感じではあるのですが。 とはいえ、こういったキャラクターが重要な作品では、 DLCで新しくキャラが追加される、という方式自体は珍しいものではありません。 リストラされてしまったキャラと、その 登場エピソードも含め、大型DLCなどとして一緒に実装される、という 可能性自体はかなり高めといえると思います。 ただ、残念ながら ゲーム内における「隠しキャラ」的な扱いで登場する、というのは 少々考えづらいかもしれませんね。 既にゲーム内で最初は使えない、いわゆる アンロック形式を取っているキャラクターについては 先着特典などでアンロックするコードがついている、というような状態。 この状態から更に、 ゲームを進める事で「隠しキャラ」的にプレイアブル可能なキャラが増える、というのは 少々考えづらいのではないでしょうか。 やはり、可能性としては 発売後のDLC、あるいは無料アップデートなどに期待する、という方が可能性自体は高い、という感じの結論になりますね。 ただ、仮にDLCが予定されている、として リストラされてしまった キャラが確実に復活参戦する、という保証はない、というのも事実。 DLCでわざわざ出すからには、 まったくの新規キャラクター、という可能性も高いのではないか、と思うのでなんとも言えないという所。 実際にどうなるのかは、やはり公式からの情報公開がないと何とも言えませんが、 現時点で可能性は低くはない、という感じでしょうか。 実際新作の割にはプレイできるエピソードがそんなに多くはない、という辺りも、 DLCの予定はありそう、という雰囲気は感じますね。 この辺りは発売からある程度経過してからでないと恐らく告知もないと思いますので、 ゲーム発売後も公式ツイッターなどを細かくチェックしてみてはいかがでしょうか。 海賊無双4キャラまとめ• 発売間近! 新規参戦は13人で確定?• リストラ組も NPCで登場の可能性あり?• 復活は 今後のDLCに期待!隠しキャラの線はなさそう? 本当に長い事人気作として続いているワンピース、ゲームでもこういった盛り上がりを見せる作品は多くないので、中々に貴重な枠と言えるかも。 今後も無双に限らず、様々なタイプのゲームが発売される可能性も高いので、原作ファンはもちろん、そうでない人もチェックしてみるのもアリかも知れません。

次の