ゴンドラ の 唄 歌詞。 甦る『ゴンドラの唄』(紹介ページ)

吉井勇作詞曲「ゴンドラの唄」

ゴンドラ の 唄 歌詞

カチユーシヤの歌〔〕に代わるものは ゴンドラの唄でございます — ライオン水歯磨の広告、『読売新聞』1915年4月29日付 (旧漢字を新漢字に、歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに改めた) 楽譜は(大正5年)7月にセノオ音楽出版社から出版された。 ヒット [ ] 当初は酷評を受け、「カチューシャの唄」ほどの爆発的なヒットにはならなかったとされる。 作曲者の中山は(6年)末に行った講演「演劇及び映画に於ける所謂主題歌に就いて」で、この曲があまり流行しなかった理由を長旋法()で、当時の日本の歌曲では珍しかった6拍子のメロディが当時の(日本)人には受け入れづらかったのであろうと推測している。 ただ、(大正9年)に大原社会問題研究所が大阪市内にて調査した「現時において最も普通に歌われてゐる流行歌」約100曲のリストに「ゴンドラの唄」が挙げられていることから、ある程度は流行したものと考えられている。 しかし、その後この曲は「カチューシャの唄」と並んで100年にわたり歌い継がれる曲となった。 は『大正の下谷っ子』で、工業学校時代((大正7年)〜(大正8年)頃 または1919年(大正8年)〜(大正9年)頃 )にこの唄を愛唱したと回想している。 レコード売り上げについては、「カチューシャの唄」が2万枚売れたとされたり、『生ける屍』の劇中歌「」が25万枚を記録したと言われる一方、「ゴンドラの唄」については具体的な数字が語られることがない。 は『音楽五十年史』の中でこの唄を、「大正5年末からじりじりと永く流行った」と述べている。 歌詞 [ ] ウィキソースに の原文があります。 いのち短し 恋せよ乙女 あかき唇 褪(あ)せぬ間に 熱き血潮の 冷えぬ間に 明日(あす)の月日は ないものを いのち短し 恋せよ乙女 いざ手をとりて かの舟に いざ燃ゆる頬(ほ)を 君が頬(ほ)に ここには誰れも 来ぬものを いのち短し 恋せよ乙女 波にただよい 波のよに 君が柔わ手を 我が肩に ここには人目も 無いものを いのち短し 恋せよ乙女 黒髪の色 褪(あ)せぬ間に 心のほのお 消えぬ間に 今日はふたたび 来ぬものを カバー [ ] この一覧はです。 して下さる。 年 歌手 媒体・内容 渡邊勘治(演:) 映画『』劇中歌。 主人公が、雪の降る夜にブランコをこぎながら、この歌を口ずさんだ。 シングル。 当時の歌謡界のリバイバル・ブームに乗じてヒットした。 B面はとのデュエットによる「」。 『』で披露。 間奏にの詩を引用した「ただたまゆらの火を囲み、甲斐なきことをただ夢見、入日の中に立つ煙(けぶり)、ありやなしやとただ仄か、海辺の恋の儚さは、こぼれ松葉の火なりけん」という台詞が入れられた。 1966年発売の『流行歌名曲シリーズ ゴンドラの唄』(ビクター SVC-232M)に収録。 アルバム『』。 1987年の『』、1995年の『』、2001年の『』、2009年の『』などにも再収。 アルバム『歌謡曲50年(第1集)』。 アルバム『春は逝く』。 アルバム『REPEAT PERFORMANCE』。 ・ アルバム『歌・うた・唄 VOL. 2 スタンダード日本 I』。 1998年には同年に死去した黒澤明を偲んで『』で披露された。 系列「」第8話の終盤の1シーン。 映画『』の「ブランコをこぎながら歌を口ずさむ」シーンへのとなっている。 アルバム『檸檬』。 アルバム『』。 監督Vシネ『ヤンキーアイドル』劇中歌・。 ただし同年のが先行。 「」の。 シングル。 朝の『』劇中で使用された。 同作で亀山エリーを演じたシャーロット・ケイト・フォックスのデビューシングル。 4thシングル『ゴンドラの唄』。 TVアニメ『』ED主題歌 脚注 [ ]• 『いのち短し恋せよ少女-小説中山晋平-』140-141頁。 、レファレンス協同データベース()、2015年2月14日 15:46更新。 2016年6月23日閲覧。 『流行歌の誕生』164-165頁。 『甦る「ゴンドラの唄」』81-82頁。 『甦る「ゴンドラの唄」』82頁。 『流行歌の誕生』166-168頁。 『甦る「ゴンドラの唄」』83-85頁。 『流行歌の誕生』168頁、174-175頁。 『甦る「ゴンドラの唄」』95-96頁。 『流行歌の誕生』176頁、185頁。 『甦る「ゴンドラの唄」』61-62頁。 『流行歌の誕生』168頁。 『甦る「ゴンドラの唄」』95頁。 「明日の月日の」と歌われる場合もある。 - Yahoo! ニュース• 2020年2月6日閲覧。 2020年2月6日閲覧。 参考文献 [ ]• 『流行歌の誕生 「カチューシャの唄」とその時代』 吉川弘文館、2010年。

次の

ゴンドラの唄

ゴンドラ の 唄 歌詞

ゴンドラの唄 ゴンドラの唄 【作詞】吉井 勇 【作曲】中山晋平 【MIDIデータ作成協力】Iwakichsky 1.いのちみじかし 恋せよおとめ あかきくちびる あせぬまに 熱き血潮の 冷えぬまに あすの月日の ないものを 2.いのちみじかし 恋せよおとめ いざ手をとりて かの舟に いざ燃ゆるほほを 君がほほに ここには誰も 来ぬものを 3.いのちみじかし 恋せよおとめ 波にただよう 舟のように 君が柔手(やわて)をわが肩に ここには人目の ないものを 4.いのちみじかし 恋せよおとめ 黒髪のいろ あせぬまに 心のほのお 消えぬ間に きょうはふたたび 来ぬものを 1914年、芸術座「その前夜(ツルゲーネフ)」主題歌。 黒澤明監督「生きる」にも出てきます。 Iwakichsky 作詞の吉井勇の処女作は「情痴歌集」という、明るく健康的をモットーとするうたごえとは全く正反対のモンでした。 当時としちゃあ、豪勢だったもんです。 東京音頭が一番なじみかな。 ゴンドラgondolaって云えば、ベニス。 そういえば、ロープーウエーもゴンドラって云うよね。 そもそも、舟歌っていうと、語源的にはバルカロールといい、ベネチアのゴンドラの船頭が舟をこぎながら歌った歌をさすらしいです。 酒はヌル目で、炙ったスルメがいい〜というのが舟歌じゃないんですね。 JASRAC情報 製作日誌: 平成15年5月31日 歌詞のみ 平成15年6月1日 MIDIデータをアップ 平成15年7月3日 この曲のコメントをやっと完成 平成18年4月15日 1番の歌詞の3行目の「赤き血潮の」は「熱き血潮の」でした。

次の

HALCALI ゴンドラの唄 歌詞

ゴンドラ の 唄 歌詞

カチユーシヤの歌〔〕に代わるものは ゴンドラの唄でございます — ライオン水歯磨の広告、『読売新聞』1915年4月29日付 (旧漢字を新漢字に、歴史的仮名遣いを現代仮名遣いに改めた) 楽譜は(大正5年)7月にセノオ音楽出版社から出版された。 ヒット [ ] 当初は酷評を受け、「カチューシャの唄」ほどの爆発的なヒットにはならなかったとされる。 作曲者の中山は(6年)末に行った講演「演劇及び映画に於ける所謂主題歌に就いて」で、この曲があまり流行しなかった理由を長旋法()で、当時の日本の歌曲では珍しかった6拍子のメロディが当時の(日本)人には受け入れづらかったのであろうと推測している。 ただ、(大正9年)に大原社会問題研究所が大阪市内にて調査した「現時において最も普通に歌われてゐる流行歌」約100曲のリストに「ゴンドラの唄」が挙げられていることから、ある程度は流行したものと考えられている。 しかし、その後この曲は「カチューシャの唄」と並んで100年にわたり歌い継がれる曲となった。 は『大正の下谷っ子』で、工業学校時代((大正7年)〜(大正8年)頃 または1919年(大正8年)〜(大正9年)頃 )にこの唄を愛唱したと回想している。 レコード売り上げについては、「カチューシャの唄」が2万枚売れたとされたり、『生ける屍』の劇中歌「」が25万枚を記録したと言われる一方、「ゴンドラの唄」については具体的な数字が語られることがない。 は『音楽五十年史』の中でこの唄を、「大正5年末からじりじりと永く流行った」と述べている。 歌詞 [ ] ウィキソースに の原文があります。 いのち短し 恋せよ乙女 あかき唇 褪(あ)せぬ間に 熱き血潮の 冷えぬ間に 明日(あす)の月日は ないものを いのち短し 恋せよ乙女 いざ手をとりて かの舟に いざ燃ゆる頬(ほ)を 君が頬(ほ)に ここには誰れも 来ぬものを いのち短し 恋せよ乙女 波にただよい 波のよに 君が柔わ手を 我が肩に ここには人目も 無いものを いのち短し 恋せよ乙女 黒髪の色 褪(あ)せぬ間に 心のほのお 消えぬ間に 今日はふたたび 来ぬものを カバー [ ] この一覧はです。 して下さる。 年 歌手 媒体・内容 渡邊勘治(演:) 映画『』劇中歌。 主人公が、雪の降る夜にブランコをこぎながら、この歌を口ずさんだ。 シングル。 当時の歌謡界のリバイバル・ブームに乗じてヒットした。 B面はとのデュエットによる「」。 『』で披露。 間奏にの詩を引用した「ただたまゆらの火を囲み、甲斐なきことをただ夢見、入日の中に立つ煙(けぶり)、ありやなしやとただ仄か、海辺の恋の儚さは、こぼれ松葉の火なりけん」という台詞が入れられた。 1966年発売の『流行歌名曲シリーズ ゴンドラの唄』(ビクター SVC-232M)に収録。 アルバム『』。 1987年の『』、1995年の『』、2001年の『』、2009年の『』などにも再収。 アルバム『歌謡曲50年(第1集)』。 アルバム『春は逝く』。 アルバム『REPEAT PERFORMANCE』。 ・ アルバム『歌・うた・唄 VOL. 2 スタンダード日本 I』。 1998年には同年に死去した黒澤明を偲んで『』で披露された。 系列「」第8話の終盤の1シーン。 映画『』の「ブランコをこぎながら歌を口ずさむ」シーンへのとなっている。 アルバム『檸檬』。 アルバム『』。 監督Vシネ『ヤンキーアイドル』劇中歌・。 ただし同年のが先行。 「」の。 シングル。 朝の『』劇中で使用された。 同作で亀山エリーを演じたシャーロット・ケイト・フォックスのデビューシングル。 4thシングル『ゴンドラの唄』。 TVアニメ『』ED主題歌 脚注 [ ]• 『いのち短し恋せよ少女-小説中山晋平-』140-141頁。 、レファレンス協同データベース()、2015年2月14日 15:46更新。 2016年6月23日閲覧。 『流行歌の誕生』164-165頁。 『甦る「ゴンドラの唄」』81-82頁。 『甦る「ゴンドラの唄」』82頁。 『流行歌の誕生』166-168頁。 『甦る「ゴンドラの唄」』83-85頁。 『流行歌の誕生』168頁、174-175頁。 『甦る「ゴンドラの唄」』95-96頁。 『流行歌の誕生』176頁、185頁。 『甦る「ゴンドラの唄」』61-62頁。 『流行歌の誕生』168頁。 『甦る「ゴンドラの唄」』95頁。 「明日の月日の」と歌われる場合もある。 - Yahoo! ニュース• 2020年2月6日閲覧。 2020年2月6日閲覧。 参考文献 [ ]• 『流行歌の誕生 「カチューシャの唄」とその時代』 吉川弘文館、2010年。

次の