えきねっと eチケット。 えきねっとeチケットサービスで新幹線に乗って分かったこと【注意点・気を付ける点】

「新幹線eチケットサービス」3月14日開始 事前予約して交通系ICカードで新幹線に乗ろう

えきねっと eチケット

キャッチコピーは「新しい当たり前へ。 」 画像:JR東日本 JR東日本・JR北海道・JR西日本の三社は、2020年3月14日(土)より交通系ICカードで新幹線に乗れる「新幹線eチケットサービス」を開始します。 どのようなサービス? システムイメージ 画像:JR東日本 「新幹線eチケットサービス」とは、「事前に予約しておけば、手持ちのICカードで新幹線自動改札機にタッチするだけで新幹線に乗れるようになる」サービスです。 サービス提供区間は東北・北海道、上越、北陸、山形、秋田の各新幹線の停車駅相互間。 東海道新幹線や山陽新幹線では使えませんが、北陸新幹線は区間に入っています。 サービス対象区間 画像:JR東日本 利用できる交通系ICカードは全国相互利用対象の交通系ICカード10種。 「Suica」「Kitaca」「ICOCA」「PASMO」「TOICA」「manaca」「PiTaPa」「nimoca」「SUGOCA」「はやかけん」です。 モバイルSuicaでも使用可。 使い方は簡単。 予約サイト「えきねっと」や「e5489」の会員アカウントを作成し(すでに会員の場合は不要)、会員情報と手持ちの交通系ICカードを紐づけします。 その後、「えきねっと」「e5489」で新幹線の指定席・自由席を予約する際に「利用する交通系ICカードを指定」すればOK。 乗車時は窓口や券売機でチケットを発券せず、普通の列車に乗るときのように新幹線自動改札機に交通系ICカードをタッチすればOKです。 画像:JR東日本 同一列車・同一行程なら一回の予約で6名まで交通系ICカードによる乗車が可能。 小児の利用者もこども用の交通系ICカードで乗車できます。 なお、サービス自体の開始は3月14日(土)ですが、「えきねっと」「e5489」では2020年2月7日午前5時30分より事前申込および会員情報への交通系ICカードの登録が可能になります。 チケットの予約は2020年2月14日午前10時から。 そのためか「東京都区内」のような「特定都区市内制度」は適用されません。 新幹線乗車駅まで(あるいは降車駅から)在来線を使う場合は別途在来線の運賃が必要となるため、利用区間によっては駅窓口で買い求める所定のきっぷ等を利用する方が安くなる場合があることに注意してください。 ただし「新幹線eチケット」の価格自体は現行の所定運賃・料金より200円ほど安くなります。 また、本サービスの導入を記念し「えきねっと」「e5489」でお得な商品を設定していくようです。 「えきねっとトクだ値」「お先にトクだ値」は「新幹線e チケットサービス」でのみ利用できる商品となりますが、一部設定除外日を除き3月14日から通年で利用可能になります。 東京駅発の主な区間の発売額 画像:JR東日本 また北陸新幹線「かがやき」「はくたか」については、本サービス導入記念商品第1弾として「お先にトクだ値」が期間限定で設定されます。 2020年3月14日から6月30日まで設定されます(5月2日~6日を除く)。 早得14は発売期間が2020年2月14日(金)~6月16日(火)まで(同様に5月2日(土)~6日(水)を除く)、乗車日が年3月14 日(土)から6月30日(火)までの期間限定商品となります。 早期早得商品の主な区間の値段 画像:JR西日本 モバイルSuica特急券は終了、JR西の一部商品も取り扱い終了 JR東日本の「モバイルSuica特急券」は2020年3月13日をもってサービスを終了します。 JR東日本は「今後はモバイルSuicaもお使いいただける新幹線eチケットサービスをぜひご利用ください」としています。 また、これまでは「e5489」で扱っていたJ-WESTカード会員向けの「eきっぷ」「e早特1」「WEB早特1」も、本サービス導入にともない販売終了となります。 鉄道チャンネル編集部.

次の

新幹線eチケットを利用してみて気付いたデメリット

えきねっと eチケット

まずは結論 ・ モバイルSuica特急券からeチケットサービスに変更 ・モバイルSuica特急券は 2020年3月13日で終了 ・えきねっとアプリで 3月中旬からeチケットサービスに対応予定 重要な部分は以上の3点になると思います。 今までモバイルSuica特急券でやってたことが、新幹線eチケットサービスに変わるんだぐらいの認識で問題ないです。 サービスの切り替え日前後は、問題が発生する場合が十分に考えられます。 ですので、券売機等で紙の切符を購入することを強くおススメします。 まだ、サービスが開始されていませんので、使用感は別の記事で紹介出来ればと考えています。 えきねっとの新幹線eチケットサービスのリンクを下記に載せておきます。 1-1. 1-2. 3-1. 3-2. eチケットサービスへ変更について 各種サービスの概要 まずは、 モバイルSuicaと えきねっとについてざっくり説明したいと思います。 モバイルSuica モバイルSuicaとは、JR東日本が提供する、おサイフケータイとスマートフォンに対応したIC乗車カードになります。 アプリ上で、Suicaのチャージや普通車グリーン券の購入、新幹線の予約などが行えます。 紙の切符を持たずに、スマホ1台でJR東日本のサービスを使うことが出来ます。 その中で新幹線のチケットレスサービスが モバイルSuica特急券になります。 更に詳細を知りたい方は過去の記事がありますので、参考に活用下さい。 えきねっと えきねっとは、JR東が展開しているサービスの1つになります。 全国の新幹線やJR特急列車の指定席きっぷの申し込みが行え、JR東日本の国内ツアーの申込みから、東日本エリアの現地観光プラン、えきねっとポイント等が貯まるサービスです。 上記にモバイルSuica特急券のサービスが終了する記事を紹介します。 私は、えきねっとに集約されることを懐疑的に思っています。 最終的な判断は、えきねっとアプリで新幹線eチケットサービスが開始してからだと考えています。 変更した流れ 一番はサービスの集約が目的になっていると思われます。 既存では、モバイルSuica特急券とえきねっとの両方で新幹線を予約できる仕組みになっていました。 同じ会社の中に似たサービスがあるという状態のため、サービスの企画やシステム保守等のコストを考えても、あまりよろしくない状況でありました。 一つに集約することは、私も賛成でありましたが、使い勝手に懸念がある、えきねっと側に寄せるというのは疑問が残る結果となりました。 今後はサービスの質を上げるという部分に投資が出来るのであればいい方向になるとは思われます。 新幹線eチケットサービス ざっくりと内容をまとめますと、 内容を列挙 ・えきねっとアプリで予約可能に ・Suica等の交通ICカードでチケットレス乗車 ・ 最大6名までチケットレスで予約可能 この辺が既存のえきねっとからの変更点だと思います。 チケットレス乗車はモバイルSuica特急券で可能でしたので、真新しさはありません。 最後の、6名までチケットレスで予約可能が改善された点であると思います。 複数人で行くと既存のシステムでは、紙の切符でしか行けませんでしたので、この点は嬉しい点になります。 この点も、モバイルSuica特急券で対応可能になれば良かったなーと感じますが。 これ以上は、サービスが開始されていないため、実際に使用して確認して行きたいです。 2020年3月14日以降で直ぐに新幹線に乗る予定がありますので、使用感等を掴みたいと思います。 気になる点 ここから、私的に気になる点を書いていきたいと思います。 アプリが2つに増える モバイルSuicaのアプリを使われている方は理解頂けると思いますが、あのアプリは便利なんですよね。 出来ること列挙 ・Suicaチャージ ・Suicaグリー券 ・モバイルSuica特急券(サービス終了予定) ・定期券の購入 ・東海道新幹線との連携 ・Suicaポケットの受け取り 全部の事が1つで出来てしまいます。 今後は新幹線を予約するためには、えきねっとアプリを使用する必要がありますので、2つを使い分ける必要があると言う点で利便性が損なわれます。 3月中旬から新幹線eチケットサービスもえきねっとアプリで対応予定です。 それまではブラウザで予約をする必要がありますので、注意が必要です。 また、サービス切り替え前後は、通信障害等が発生するリスクが考えれらます。 券売機等での紙の切符を購入することを推奨します。 操作性に課題あり 今後は変わって行くと思いますが、現状のえきねっとでは操作性はあまり良くないと思います。 やはりスマホがメインの世の中になりますので、アプリに対応していないで、ブラウザ上というのは使いにくい点です。 また、複数でチケットレスを使う場合は、座席ごとにICカードを指定する必要があります。 セキュリティ上の観点で家族や恋人ぐらいの使用になるかなと思います。 1つ1つ設定するので、切符で購入した方が早い場合も考えられます。 決まった人と旅行で使う場合は、ICカードの情報登録も出来るみたいなので、そう言う時に使おうかと思います。 まとめ サービス開始前で分かる範囲で書いてきました。 開始して使用してみたら分かることも多いと思いますので、そこは今後確認したいです。 何度も言っていますが、サービス切り替え前後は、通信障害等が発生するリスクがあります。 券売機等での紙の切符を購入することを強くおススメします。 そう言っている私は、いきなりeチケットサービスで新幹線に乗りますが(笑) 今回は仕事ではないので、時間もありますし一人での使用なので、チャレンジしたいと思います。 時間に余裕がある場合は、自己責任で使ってみて下さい。

次の

「新幹線eチケットサービス」まとめ。ICカードで新幹線が乗車可能に。JR東日本などで導入

えきねっと eチケット

【 目次 】• eチケットとは まずeチケットとは何か。 新幹線のインターネット受付サービスのことで、いわゆる交通系ICカードやモバイルSuicaで新幹線に乗車できてしまうものです。 会員登録は必要ですが会費や登録費かからないので、登録して損はないサービスです。 早めの申し込みで「えきねっとトクだ値」や「お先にトクだ値」という割引サービスも受けられます。 eチケットの利用方法 えきねっとの会員登録 JR東日本の「えきねっと」サイトにて新規会員登録をします。 交通系ICカードまたはモバイルSuicaの番号も一緒に登録しますので、発券を伴わないeチケットはICカードかモバイルSuicaがないと利用できません。 新幹線チケットの予約 PC・タブレット・スマホで新幹線の予約をします。 予約する新幹線及び座席も指定し、利用するICカードまたはモバイルSuicaを指定して予約購入します。 当日はかざして乗車 乗車日当日にICカードまたはモバイルSuicaを改札口にかざすだけで乗車できます。 3ステップで切符も発券する必要なく簡単に乗車できちゃいます。 これめっちゃ便利だなと思っていました。 利用方法の詳細はJR東日本のえきねっとサイトに記載がありましたのでこちらをご参照ください。 eチケットのメリット 私が感じたeチケットのメリットをあげてみます。 これまでは乗車日当日の朝に発券機にて発券していましたが、その時間を削減できます。 発券するには予約時に登録しているクレジットカードの暗証番号が必要になるのですが、ビジネス用のクレジットカードを作ったばっかりの頃に、暗証番号がわからず焦ったことがありました。 その時はみどりの窓口が開いていたので、助けを求めてなんとか発券でしましたが、みどりの窓口が閉まっている時間だったら発券できずに乗車できなかったかもしれません。 こんなリスクも解消できるので、発券する必要がないのは非常に大きなメリットです。 切符を取り出す必要もないし、いつも利用するICカードやスマホをかざすだけで通過できます。 更に改札を通過すると通過通知メールを送ることも可能です。 そのメールを見て「何両目の何番シート」を確認できるので、わざわざ予約サイトに飛んで座席を確認する必要がありません。 メールをみるだけで座席がわかります。 これ便利です。 eチケットのデメリット eチケットはメリットばかりだなと思っていましたが、帰ってきて改札で利用明細を印刷すると「あれ?」ということがありました。 これはeチケットのデメリットだなと感じました。 特定都区市内駅制度が適用できない これはeチケットの最大のデメリットかもしれません。 特定都区市内駅制度とは、簡単言うと東京23区内のJR各駅から乗車し、東京駅まで行き、そこから新幹線に乗車した場合には「乗車駅~東京駅」の間の乗車賃はかからない特例です。 私はこれまで往復ともに「仙台駅~東京駅」までの乗車券を購入すると、「東京駅から目的地までの乗車運賃」および「目的地から東京駅までの運賃」は必要ありませんでした。 都内での移動はチケット代に含まれている状態でした。 毎回東京に行くときはこれを利用していたのでeチケットでも当然に利用できると思っていたのですが、どうやらこれは利用できず、東京駅から目的地までの電車運賃は別途必要になるようでした。 これに気付いたのがSuicaの利用明細を印刷した時でした。 Suicaの残額を気にしていませんでしたので、残額不足だったら無駄な時間を取られていたことになります。 これはeチケットの最大のデメリットかなと思います。 ちなみに、えきねっとのサイトには次のように記載がありました。 「新幹線各駅相互間のみに発売する乗車券・料金券が一体となったシンプルなチケット」とメリットのように書かれてあり、暗に特定都区市内駅制度の不適用の旨が記載されていました。 もう少しわかりやすく書いて欲しいものです。 事前に調べなかった私が悪いのですが。。。 まとめ 今回はeチケットを利用してみて感じたメリットとデメリットを書いてみました。 多少の運賃がかかるとしても総合的には便利なのでこれからも利用しようとは思っています。 場合によっては発券した方がトータル運賃が高くなる場合もあるようですので、そこだけは気をつけようかなと思っています。 まぁ発券は面倒なので結果的にeチケットを利用することになると思いますが。 【編集後記】 昨日は打ち合せが1件。 コロナの影響でずっと訪問できていなかった顧問先で久々に対面でお話しできました。 来期予定している新規事業もあり、これからの展開が楽しみです。 しっかりサポートできればと思っています。 【家族日記】 昨日は長女次女ともに体育教室。 元気に走り回ってる姿をみてほっこりしてました。 ちゃんと体育教室前に宿題も済ませてていて良い子良い子。 ふたりとも疲れて夜はぐっすりでした。 長男は面白い体勢でお昼寝してました。 長女も同じような体勢で寝ていたことがあり、姉弟はこんなとこも似るんだなと思いました。

次の