中部 専門学校。 中部看護専門学校

中部楽器技術専門学校

中部 専門学校

開学以来29年の歴史があり、1000名を超える卒業生を輩出 本校母体の医療法人珪山会は1960年鵜飼外科医院としてこの地に一歩を踏み出しました。 今では一般病床・療養病床を有する『鵜飼病院』、回復期リハビリテーション病棟の『鵜飼リハビリテーション病院』をはじめ、通所リハ ウカイ、老人保健施設、訪問看護ステーションなど、多数の医療・福祉施設を有し、59年にわたり医療・介護に関わってきています。 本校をはじめ、姉妹校である『中部リハビリテーション専門学校』、『専門学校日本聴能言語福祉学院』(2校とも愛知県認可の専修学校)とともにこれらの医療機関と一体となって教育を実践していることが大きな特長。 最先端の医療施設で臨床経験を積むことができます。 インターンシップ・実習が充実 系列の『鵜飼病院』や提携先の総合病院など、多彩な医療機関で実習ができます 2年次に行う看護演習では下級生に対して基礎看護技術を指導します。 1年次で学習したことの復習になるほか、将来チーム医療の一員として働く上で必要なコミュニケーションスキルを養うことにもつながっていきます。 本校では看護師として必要な技術はもちろん、人間性を高めるこうした教育プログラムもカリキュラムに盛り込み、3年間で1035時間もの豊富な実習時間を設けています。 現場経験豊富な教員の実践的な指導のほか、系列の鵜飼病院や提携先の総合病院、小児科等の専門病院など、多彩な実習先で臨床スキルを高めることができます。 また、人間性豊かな看護師を育てる一環として、研修旅行、芸術鑑賞、書道教室等様々な取組みを行っています。 就職に強い.

次の

学校概要|中部地区医師会立 ぐしかわ看護専門学校

中部 専門学校

中部地区医師会立 ぐしかわ看護専門学校について 1992年の沖縄県立コザ看護学校の統廃合に伴い、中部地区における看護師養成施設が無くなったことに加え看護師不足問題等から、本会では沖縄県に対し中部地区への看護学校誘致活動等を展開してきたが、その夢は叶わず、その後検討を重ねた結果、2000年3月14日開催の第48期臨時理事会において、本会が「看護学校」を新たに建設することについて議場に諮ったところ、満場一致での承認を受け、本会では看護学校建設に向け2002年4月より「看護学校開設準備室」を設置し、同年5月「第1回看護学校建設準備委員会」が開催される。 その後、総会での看護学校建設準備、建設に係る予算承認等、紆余曲折を経て、平成18年7月、「第1回看護学校建設委員会」が開催され、その中で看護学校建設並びに看護学校運営方法の協議が重ねられ、構想から8年後の2008年3月29日に中部地区医師会立ぐしかわ看護専門学校落成式が挙行され、同年4月8日に「第1回入学式」が挙行される。 会長 中田安彦 医療を取り巻く環境は、少子高齢化の進展、医療技術の目覚ましい進歩、医療機関の機能分化、入院日数の短縮化等により大きく変化しております。 またこのような中にあって、インフォームドコンセント等の信頼関係を基盤とした安全で質の高い医療の提供が求められ、更に多様化・複雑化した地域の医療・保健・福祉ニーズにも応えられるような柔軟な看護サービスが必要とされており、その役割や機能が拡大している状況の中において看護職の質的・量的充実は依然大きな課題となっています。 そのような社会情勢に応えるべく、中部地域の看護職養成の拠点を目指し、中部地区医師会立「ぐしかわ看護専門学校」は、2008年4月に開校し、これまで694名の優秀な人材を輩出しております。 本校では、「生命の尊厳を基盤とする心豊かな人間性を養い全ての人々の健康と幸福のために行動する能力を培い、地域医療に貢献できるとともに、国際社会の諸活動へも積極的に参加する姿勢を持って看護の発展に寄与する人材を育成する。 」という教育理念に基づき、医療・保健・福祉の分野で活躍できる人間性豊かな看護職の育成を目指し、各領域の知識と技術に精通したスタッフを配置したカリキュラム偏性や、本会々員施設を始め県内医療機関との連携により充実した臨地実習、高度情報科社会や医療のIT化にも対応できる技術習得にも取り組んでいく所存であります。 本校施設は国や県を始め地元うるま市のご理解とご支援により、太平洋を展望できる緑豊かな自然環境の中で駐車台数280台を有する広大な敷地や講堂棟が整備され、学生がのびのびと明るいキャンパスライフができるよう学習環境を整えております。 これからの21世紀の医療・保健・福祉分野で社会への貢献に関心を持ち、熱意と情熱のある若人の入学を心から期待しております。 最後に「一般社団法人中部地区医師会」では、今後とも入学する皆様に対しては、在学中はもとより卒業後も総力を挙げて支援を行います。 学校長あいさつ 中部地区医師会立ぐしかわ看護専門学校 学校長 徳森朝子 医療保健分野では、高度な専門知識・技術はもちろんの事、豊かな人間性を備えた専門職業人としての看護職が求められています。 本校は、生命の尊厳(命どぅ宝)を基盤とし変化する社会状況に対応しうる豊かな人間性と地域住民のニーズに応えることができる看護師育成を目指しています。 本校では、看護師になる強い意志をもち自ら積極的に学ぶ意欲のある人、誠実で思いやりがあり人とのかかわりが好きな人を求めています。 どうぞ「看護師になりたい」というあなたの夢をぐしかわ看護専門学校で実現してください。 私たち教職員は、学生や保護者の皆様が、ぐしかわ看護専門学校で学べてよかったと思えるような教育環境を提供しています。 あなたのご入学を心よりお待ちしています。 看護学校の概要 看護師養成所指定 2007年12月25日 専門士称号 2009年2月27日 勤労学生控除課程 2013年10月11日 専門実践教育訓練給付制度 2015年1月30日 高等教育の修学支援新制度 (授業料等減免・給付奨学金) 2019年9月20日 職業実践専門課程 2020年4月20日 設 置 者 一般社団法人中部地区医師会 会 長 中田 安彦(なかだ やすひこ) 学 校 長 德森 朝子(とくもり ともこ) 開 校 日 2008年4月1日 課 程 医療専門課程 看護学科 修業年限 3年 入学定員 80名(総定員240名) 取得資格 1. 看護師国家試験受験資格 2. 保健師助産師学校受験資格 3. 専門士の称号(医療専門課程) 補 助 金 防衛省「まちづくり事業」の間接補助事業 事 業 費 1,563,081,000円(内補助金:1,199,588,000円) 面 積 敷地面積:21,577㎡(6,538坪) 延床面積:6,185. 03㎡(1,874坪) 教育課程 教育理念 生命の尊厳(命どぅ宝)を基盤とする豊な人間性を養い、すべての人々の健康と幸福のために行動する能力を培い、地域医療に貢献できるとともに国際社会の諸活動へも積極的に参加する姿勢を持って看護の発展に寄与する人材を育成する。 教育目標• 生命の尊厳を基本とする倫理観を備えた態度を養う。 人間のもつ普遍性を理解しながら、個別的な存在として人間を捉える力を養う。 人々の健康があらゆる環境の互助作用で成り立つことを理解する能力を養う。 科学的根拠に基づく看護を行うための基礎的能力を身につけ、看護を発展させ統合する能力を養う。 保健・医療・福祉を総合的に理解し、地域の人々の健康に関するニーズを知り、社会資源活用の支援ができる基礎的能力を養う。 金武町地域包括支援センター 中部地域• 新垣病院• 障がい者支援センターあやはし苑• うえむら病院• 障害者生活支援サービス沖縄二人三脚• 浦添総合病院健診センター• 障がい福祉サービス事業所はごろも• うるま市子育て支援センター安慶名保育所• すくすくこども園• うるま市地域包括支援センターいしかわ• たいようのえくぼ• うるま市地域包括支援センターかつれん• 多機能型支援施設チャレンジ• NPO法人自立支援センター・イルカ• たんぽぽ保育園• 沖縄市子育て支援センター胡屋あけぼの保育所• ちばなクリニック健康管理センター• 沖縄市地域包括支援センター中部南• ちゅうざん病院• 沖縄市地域包括支援センター東部北• 中部協同病院• 沖縄市地域包括支援センター東部南• 中部地区医師会居宅介護支援事業所• 沖縄市地域包括支援センター北部• 中部地区医師会検診センター• 沖縄中央病院• 中部徳洲会病院居宅介護支援事業所• 沖縄病院• 中部徳洲会病院• 介護老人保健施設いずみ苑• 中部徳洲会病院健康管理センター• 介護老人保健施設おきなわ徳州苑• 中部地区医師会訪問看護ステーション• 介護老人保健施設願寿ぬ森• デイサービスセンター美原(いしかわ)• 介護老人保健施設ぎのわんおもと園• デイサービスセンター美原よみたん• 介護老人保健施設白川園• 中頭病院• 介護老人保健施設信成苑• ハートライフ病院• 介護老人保健施設中城苑• ハートライフ病院予防医学センター• 介護老人保健施設陽光館• ハッピーネス保育園• 北中城村地域包括支援センター• ひまわりっ童ほいくえん• 宜野湾市地域包括支援センターぎのわん• ファミリサポートセンター• 宜野湾市地域包括支援センターふてんま• 平安郷デイサービスセンター• 宜野湾市地域包括支援センターふれあい• 訪問看護ステーション青空• 居宅介護支援事業所いずみ福祉会• 訪問看護ステーションいずみ苑• 居宅介護支援事業所ぎのわん• 訪問看護ステーションぎのわん• 居宅介護支援事業所なかがみ• 訪問看護ステーションさわふじ• 居宅介護支援事業所与勝の里• 訪問看護ステーションどりーむ• ケアステーション花織• 訪問看護ステーションなかがみ• ケアプランステーションゆい• 訪問看護ステーションのぞみ• ケアプランセンターのぞみ• 訪問看護ステーション花織• 県立中部病院• 訪問看護ステーションぷくじ• 子育て支援センターひまわりルーム• 訪問看護ステーション若松• 児童デイ・トリトン• 母子未来センター• 児童発達支援事業所イソップ• まなざし訪問看護ステーション• 児童発達支援事業所ToiToi• 百合ヶ丘保育園• 児童発達支援事業所Mana 南部地域• おもろまちメディカルセンター• 那覇市医師会生活習慣病検診センター• 県立南部医療センター・こども医療センター• NPO法人アンビシャス• 児童発達支援事業所アネラ• 南風原町地域包括支援センター• 女性就業・労働相談センター• ふたば訪問看護ステーション• 資料請求・お問い合わせ プライバシーマークを取得しています 登録年月日:2019年8月6日 登録番号:第14200125 01 号 中部地区医師会立ぐしかわ看護専門学校(以下「本校」)は、以下のとおり個人情報の保護を推進致します。 個人情報の定義 本プライバシーポリシー(個人情報保護方針)で表記する個人情報とは、本ウェヴサイトを運営するにあたり皆様(学生、保護者、卒業生、教職員など)からいただいた、特定の個人を識別することができる情報(氏名・顔写真、出身地、勤務地など)を指します。 個人情報の利用目的 本ウェヴサイトを運営していくために、以下の目的に個人情報を利用します。 本校の入学案内や募集要項等、教育に関するご案内等に利用。 本校で開催されるイベント、研修、事業、運営等に利用。 本校の広報活動として利用。 個人情報の第三者への開示・提供 個人情報は上記以外の目的以外には利用しません。 ただし、法令に基づいてのみ開示・提供します。 個人情報の管理 ホームページへの不正アクセス、流出などを防止するために、本校でのセキュリティシステムの維持・管理。

次の

中部美容専門学校|ヘア・メイク・エステ・ネイル・着付を学べる、愛知・名古屋の美容学校

中部 専門学校

中部看護専門学校のここに注目!! 習熟度にあわせた少人数指導 本校の設立母体は、病院、リハビリテーション病院、老人保健施設などを有する医療法人です。 中部看護専門学校は数多くの卒業生を輩出してきました。 学生の習熟度に合わせた少人数指導を重視し、夏期特別対策講座、模擬小テストなど、多彩なプログラムで合格へ導きます。 インターンシップ・実習が充実! 3年間で1035時間もの豊富な実習時間を設けているのが特色の一つ。 系列の鵜飼病院や提携先の総合病院など、多彩な実習先で臨床スキルを高めることができます。 また、海外研修もあり、現地の病院施設を見学することで、人間性の豊かな看護師を育てます。 マナー講座も充実! 哲学や人間関係論演習の講師を迎え、生命観、接遇マナーを通して、幅広い教養と豊かな人間性を持ち、誠実、親切に人々と相互関係を保ちながら看護を実践できる看護師を養成します。 推薦入試 入試種別: 学校推薦型選抜 出願日程: 2020年10月01日〜2020年10月14日 試験日: 2020年10月17日 評定基準: あり 評定値: 3. (2) 医療の分野で大切な看護職をめざし、健康状態が良好で人物に優れ、各教科、科目の評定平均値が3. 4以上の者。 (3) 合格後は必ず入学し、医療法人珪山 会、及び関連病院の奨学生となる者。 他にもマナーなど人間としても成長することのできる講義が受けられます。 授業後は、学校が名古屋駅に徒歩で行ける距離にあるので、友人とカフェで話をしたり、ショッピングをして楽しく過ご しています。 患者さまに信頼され、「貴方でよかった。 」と思っていただける様な、患者さま一人一人にあった看護を提供できるように、先生や先輩方からのサポートを受けながら、クラスメイトと共に日々努力しています。 通学に時間があまり取られないため、自分自身の予定にゆとりが持てます。 講義の予習・復習をしたり、気分転換でショッピングやカフェに行ったり、充実感のある日々を送ることができます。 基礎看護技術では、先生が丁寧に患者さんのケアの仕方を教えて下さいます。 実習室がいつでも利用できるので、技術を磨くための環境が整っています。 技術だけでなく、精神面への配慮の仕方も先生方、先輩方が経験をもとに教えて下さいます。 「看護師になりたい」という気持ちを全力でサポートし寄り添って下さる周りの方々のおかげで安心して、夢を実現するために努力ができています。

次の