ラインペイ キャンペーン。 LINE Pay(ラインペイ)実施中キャンペーンやクーポンまとめ

スマホQRコード決済キャンペーンまとめ【2020年7月】

ラインペイ キャンペーン

LINE Pay ラインペイ とは? 仕組みや機能について解説 国内で3,000万人以上が登録しているLINE Payは、LINEアプリ用のキャッシュレス決済・送金サービスです。 サービスの運営は、SNSでおなじみのLINE株式会社の子会社であるLINE Pay株式会社がおこなっています。 財布を持ち歩かないでで買い物や送金ができるので非常に便利です。 本章ではまず、モバイル型のLINE Payとカード型の 「LINE Payカード」の違いについて紹介します。 続いて、LINE Payの基本となる5つの機能について解説していきます。 あなたはカード派? それともモバイル派…? LINE Payには2つのタイプがある LINE Payには、以下2種類のタイプがあります。 LINE Payの種類• LINE Pay• LINE Payカード 「LINE Pay」は、バーコードやQRコードを読み取って支払いをおこなうスマホ決済アプリです。 いっぽうの「 LINE Payカード」は、実在するカードにお金をチャージして使うプリペイドカードです。 どちらも事前のチャージが必要な「プリペイド型」である点は同じですが、LINE Payがアプリなのに対して、LINE Payカードは実在するカードである点が異なります。 「LINE Payはモバイル型とカード型の2種類がある」、このことはLINE Payを利用する上での常識なので、まず覚えておいてください。 について詳しく知りたい方は下記記事をご覧ください。 5つの機能• 決済機能• チャージ機能• 送金機能• 支払い依頼・割り勘機能• 出金機能 それぞれどのようなものなのか、順番に見ていきましょう。 決済機能 LINE Payには、QRコードやバーコードを読み取って支払いをおこなう「コード支払い」や、事前にカードにお金をチャージして使う「LINE Payカード」による支払いなど、計5種類の支払い方法があります。 また、クレジットカードをLINE Payに紐付けることで、 LINE STOREや LINEトラベルなどのLINE関連サービスの料金を、クレジットカード決済できるようになります。 チャージ機能 LINE Payは、事前に残高チャージをすることで提携サービス・店舗でのお買い物や、友だちへの送金などに利用することができます。 実際のチャージのやり方に関しては、後ほど「LINE Pay ラインペイ の使い方を解説【チャージと支払い方法について】」の章で詳しく解説します。 送金機能 「遠くに住んでいる友だちにお金を返したいんだけど、銀行の営業時間外で振込ができない」 そんなとき、LINE Payを使えば簡単に送金ができます。 銀行口座の振込だとかかる手数料が、なら無料なのも嬉しいポイント! メッセージや画像を添えて送金できるのもLINEならではのサービスといえるでしょう。 岩田 昭男 LINE PayはLINEを使っている人が利用するならおすすめです。 簡単な手続きで入会できますし、また、LINE同士なら送金ができるし、居酒屋での割り勘もオーケーだ。 ローソン、ファミマ、スターバックス、ビックカメラなど全国チェーンが加盟店なので、使い勝手も良し。 年内に発行予定のVisaのクレジットカードをLINE Payと紐付けると後払いになるうえに3%のポイントが貯まり、これにランク特典のマイカラーのポイントを合算するとさらにお得になります。 LINE Pay ラインペイ に新規登録するには…銀行口座やクレジットカードの登録方法も 続いては、LINE Payの新規登録方法について解説していきます。 登録手順は以下の通りです。 登録は30秒ほどで完了します。 手間がかからず、ぱぱっと簡単に登録できてしまうのは嬉しいですよね! 続いて、LINE Payにクレジットカードを登録する方法を紹介します。 LINE Pay ラインペイ に銀行口座を登録する LINE Payのチャージ方法として最も便利なのが 「銀行口座」を使った 「銀行口座チャージ」です。 あらかじめLINEアプリに銀行口座を登録するだけで、どこでも簡単な操作でチャージできます。 さらに、LINEアプリに銀行口座を登録することで 「オートチャージ」機能が利用できます。 オートチャージは「オートチャージ条件」と「オートチャージ金額」を設定することで、残高が一定基準よりも減った場合に自動的にチャージされる機能です。 銀行口座の登録方法• LINEアプリを起動して「ウォレット」タブをタップ• 表示された「銀行口座」をタップ• 登録する銀行を選択• 利用規約に同意• パスワードを設定• 口座番号などの個人情報を入力• 確認して「実行」をタップ• 登録完了 LINE Pay ラインペイ にクレジットカードを登録する 基本的に、LINE Payはチャージした金額分しか利用することができません。 しかし、 LINE Payに クレジットカードを登録することで、残高を気にせず利用することができるようになります。 クレジットカードを登録することで、LINE Payの利用範囲は大きく広がります。 LINEショッピングやLINEトラベルなど、LINEの各サービスをLINE Payに登録したクレジットカードから支払うことができるようになるのです! これは、LINE Payにクレジットカードを登録する上での大きな特長といえるでしょう。 LINE Payは、以下の5種類のクレジットカードを登録することができます。 登録できるクレジットカード• 注意しなくてはいけないのは、「コンビニや飲食店などの実店舗では、LINE Payに登録したクレジットカードによる支払いはできない」という点です。 LINE Payをクレジットカードとして利用できるのは、あくまでLINEショッピングやLINEトラベルなどの LINE関連サービス限定だということを覚えておいてください。 また、 クレジットカード払いでは紐付いているクレジットカードのポイントは貯まりますが、LINEポイントは貯まりません。 あくまでクレジットカードによる決済として扱われるので、LINE Payとは別物と考えてください。 クレジットカードの登録方法 それでは、実際にLINE Payにクレジットカードを登録する方法を解説していきます。 銀行口座からのチャージ方法• LINEアプリを起動して「ウォレット」タブをタップ• 表示された「銀行口座」をタップ• 登録してある「銀行口座」をタップ• チャージ金額を指定して「チャージ」をタップ• 「パスワード」を入力• チャージ完了 以上で銀行口座からのチャージは完了となります。 銀行口座のメリットは、 オートチャージができる点にあります。 最低残高を設定しておけば、残高がその金額以下になると自動的にチャージされます。 そのため、残高がなくなるたびにいちいちチャージする必要がなく、非常に便利です。 チャージ方法は2通りあります。 スマホを使うか、LINE Payカードをお持ちの方はカードでもチャージすることができます。 セブン銀行からのチャージ方法• スマホでチャージ LINE Payメイン画面のチャージボタンから「セブン銀行ATM」を選択します。 表示されるコードリーダーで、ATM上に表示されるコードを読み取ることで取引を開始することができます。 LINE Payカードでチャージ セブン銀行ATMにLINE Payカードを挿入すると、取引を開始できます。 セブン銀行ATMでチャージする方法は、上記の2通りとなります。 店員さんにLINE Payカードを渡して、チャージしたい金額を伝えてください。 利用可能な店舗と利用条件は以下の通りです。 ファミポートでのチャージ方法• LINEアプリ起動• LINE Payを選択• チャージ• コンビニチャージを選択• チャージしたい金額を入力• コンビニで支払いをする Famiポートとは、映画やコンサート、スポーツなどのチケットや各種支払いなどのサービスが、画面にタッチするだけで受けられるファミリーマート専用の「マルチメディア端末」です。 必要な操作を終えると、Famiポート端末から レシートが出てくるので、レシートを持ってレジに行き、30分以内に支払いを終えてください。 レジで店員さんに「LINE Payにチャージしたい」と伝えた後、以下の手順に従ってチャージを実行してください。 表に載っていないお店の中にも、 Right-onや ビッグエコーや ラコステなど、たくさんの有名なお店が加盟店として名を連ねています。 表からもわかる通り、現在のところ、LINE Payの加盟店には飲食店やドラッグストアが多いようです。 LINE Payが使えるオンラインショップ• ZOZOTOWN• 新ラクマ• SHOPLIST. com• haco! HMV ONLINE• ソク読み• LINEチケット• LINE STORE• ハイブリッド型総合書店「honto」• まんが王国• GDO HOT PRICE• 前述の通り、LINE Payカードは国内外のJCB加盟店約3,300万店舗で利用することができます。 使えるお店の多さに関しては、LINE PayよりLINE Payカードに軍配が上がるようです。 ポイントを交換する方法• LINEの右下メニュー「ウォレット」から、「LINEポイント」をタップ• 「使う」を選択し、「LINE Pay」をタップ• 交換したいポイント数を指定、もしくは「ポイントのすべてを使う」を選択し、LINE Payの残高に交換します• 交換が完了すると、メッセージが届きます ほかにも、LINEポイントはAmazonギフト券や、バンクなどと交換可能です。 LINEポイントの交換先については、「LINE pay ラインペイ のポイントの使い方」の章で詳しく解説しています。 最大2%のポイント還元!「マイカラープログラム」 マイカラープログラムとは、 LINE Payの決済金額に応じてランク 色付け が決まり、決済時にその色に応じた利率のLINEポイントが還元される仕組みのことです。 当月の決済金額によって、翌月のマイカラーが決定します。 マイカラーは4種類に分類され、区分けされたカラーによってポイント還元率が変わってきます。 送金手数料が無料だから気軽に利用できる! 送金手数料がいつでも0円なのもLINE Payならではのメリットといえます。 相手の口座を知らなくてもLINEで直接やりとりできるので、銀行へ行く手間が省けて振込手数料もかかりません! 最大10万円の補償サポート 前述した通り、LINE Payのセキュリティについては二段階認証があるので、不正利用される可能性は低いといえます。 ただ、それでも「他人に不正利用されてしまったらどうしよう…」と不安に思っている方のために、本項では LINE Payの補償制度について紹介します。 LINE Payでは、第三者による不正行為によって発生した損害を補償する制度を設けています。 送金・支払い・出金すべてが補償の対象となります。 LINE Payの補償に関する規定は以下の通りです。 補償の規定• 被害者の責任が認められる送金を除く• 損害発生時から 30日以内の申し立てが必要• ただし、 補償してもらうには損害発生時から30日以内の申し立てが必要なので、損害に気づいたらなるべく早く連絡するようにしましょう! LINE Pay ラインペイ の解約方法とは? LINE Payの解約は、LINE Payメインメニューの「設定」からおこなうことができ、非常にかんたんに解約ができます。 ただし、解約すると取引履歴やLINE Pay残高が消滅するので注意しましょう。 解約できない場合• LINE Pay残高が216円以上ある場合• 決済/送金が進行中の場合• LINE Payカードで売り上げ確定前の決済がある場合• パスワードを設定していない場合• LINEほけんに加入している場合• LINE Payが利用停止状態の場合 LINE Payを導入して加盟店になる方法 LINE Payは普段利用している「LINE」アプリがあれば利用できるため、今後さらに利用者が増えるのではないかと考えられます。 そのため、LINE Payを導入して加盟店になりたいと考えている事業者の方は多いのではないでしょうか? LINE PayはアプリやプリントQRを利用すれば、機器の購入やレジの改修など必要なく、初期費用0円で導入が可能です。 アプリやプリントQRなら維持費も一切かからないので、 資金の少ない小規模から中規模の店舗でも、一切の負担なく導入することができます。 決済手数料も2021年7月までは無料となっています。 導入のメリット• 低コストで導入が可能• 「LINE Pay 友だち追加機能」で顧客と繋がれる 低コストで導入が可能 LINE PayはアプリやプリントQRを利用すれば、機器の購入やレジの改修など必要なく、初期費用0円で導入が可能です。 アプリやプリントQRなら維持費も一切かからないので、 資金の少ない小規模から中規模の店舗でも、導入しやすいです。 決済手数料も2021年7月までは無料なので、まずは気軽に試してみると良いですね。 「LINE Pay 友だち追加機能」で顧客と繋がれる LINE Pay 友だち追加機能は、LINE Payで支払いをした顧客のスマホ画面で友達登録を促すことができる機能です。 友達追加してくれた人は特に店舗に興味を持ってくれた人です。 その顧客にLINEでクーポンやセールの情報などを一斉配信すれば、 リピーターの獲得に大きく貢献してくれるはずです。 LINE Pay ラインペイ の導入可能な決済方法 LINE Payを導入する場合は以下のいずれかから選択します。 導入可能な決済方法• LINE Pay ラインペイ 据置端末 LINE Pay据え置き端末なら、専用アプリやPOSとの連携は必要なく、導入のためのシステム改修、オペレーション用のスマホやタブレットの用意、通信環境の用意も不要です。 届いたらすぐに利用を開始することができます。 LINE Pay ラインペイ 店舗用アプリ LINE Pay店舗用アプリは、初期費用、月額費用が無料で、最も手軽に導入することができます。 決済手数料は2021年7月まで無料で、それ以降は2. LINE Pay店舗用アプリは、加入申請と審査が完了した後、アプリをインストールし、登録を済ませばすぐに利用開始できます。 Star Pay端末では、端末から直接レシートが発行できるので、決済からレシート発行まで1台で対応が可能です。 キャンセルもレシートに印刷されたQRコードを端末で読み込みだけで簡単におこなうことができます。 POSのレジ改修 既にご利用流のPOSのレジと改修して、LINE Payに対応させることもできます。 決済手数料は~3. プリントQR QR掲示型 プリントQR QR掲示型 は、決済用のQRコードを掲示し、顧客がスマホで読み取る決済方式です。 機器の設置や専用アプリの導入が必要なく、簡単に導入ができます。 LINE Payを導入する際の申請手順 LINE Pay公式サイトのトップページの右上にある「LINE Pay加盟店申請」を開き、 「お申し込み」ボタンから申し込みを開始します。 必要項目を入力後、必要書類をアップすることで申し込みは完了です。 申請後審査があり、審査通過後、利用できるようになります。 必要書類は以下のとおりです。 LINE Pay ラインペイ のキャンペーン情報 「開催されるキャンペーンの数が多い」というのもLINE Payの大きな特長です。 LINE Payでは、年間で実にさまざまなキャンペーンを実施しています。 「キャッシュレス・消費者還元制度」はLINE Payがおトク! 2019年10月1日 火 ~2020年6月30日 火 までの期間中、 「キャッシュレス・消費者還元制度」が実施されます。 2019年10月1日の消費税率引き上げに伴い、経済産業省より採択された制度のことで、 対象店舗でキャッシュレス・消費者還元制度を使って支払いをおこなうと2%または5%のポイントが受けられます。 LINE Payにはマイカラープログラムで0. 5~2. 0%のポイント還元が受けられるので、 マイカラーと「キャッシュレス・消費者還元制度」と合わせると最大7%の還元を受けることができます。 LINE Pay ラインペイ まとめ 「LINE Pay」特集いかがだったでしょうか? LINE Payを使えば、LINEの友だち同士で送金や割り勘などが簡単におこなえます。 送金は手数料無料! 送金の際にLINEキャラクターのかわいいイラストを添付できるので、友だち同士ワイワイ楽しみながらお金のやりとりができます。 利便性が高く、おトクなキャンペーンがたびたび開催されるLINE Pay、まだ使ったことがない人はこれを機にぜひ利用してみてください!.

次の

LINE Pay(ラインペイ)の始め方!本人確認する方法もチェック!

ラインペイ キャンペーン

こちらの記事は最新のキャンペーン情報を随時更新しています。 お気に入り登録して頂くことで、最新の情報をチェック出来ます。 新時代のキャッシュレス文化として注目を集めているスマホ決済アプリ。 還元率比較 サービス名 基本還元率 PayPay 0. 5~1. 0~1. 【紹介するスマホ決済アプリ】• PayPay PayPayはソフトバンクグループが運営するスマホQR決済サービス。 2020年4月1日から、通常還元率は0. 前月の決済回数・決済金額によって還元率が変わる。 期間:2020年7月1日~7月31日• 条件:PayPay残高、ヤフーカード、PayPayあと払い(一括のみ)での支払い• また、3等はかなりの抽選本数となる。 PayPayの利用機会がある人は、期間中、セブンイレブンを利用する際にはぜひPayPayで支払いをしてみてほしい。 PayPay インストールはこちらから 【PR】 マイナポイント登録で抽選!1等100万円が当たる• 期間:2020年7月1日 8:30~8月31日 23:59• 内容:キャンペーン期間中にマイナポイントにPayPayの登録を完了した人を対象に抽選を実施、当選すると1等100万円相当、2等5万円相当、3等5千円相当、4等 500円相当のPayPayボーナスが当たる• マイナポイントに登録できる決済サービスはひとつだけなので、その点は注意しよう。 LINE Pay LINEアプリ上で利用できるスマホQR決済サービス。 ポイント還元率は、過去6ヶ月間のポイント獲得量に応じて決まるマイランクに応じて変動する。 LINEポイントは、LINE Payの他、LINEサービスの利用で獲得できる。 はじめてのチャージ&ペイ支払いで200ポイント• 内容:期間中、はじめてチャージ&ペイで支払いをすると先着10万名にLINEポイントを200ポイントプレゼント• チャージ&ペイは、Visa LINE PayカードLINE Payで行うLINE Payの支払い。 LINE Payをよく使うという人であれば発行しておくと良いだろう。 マイナポイント登録で抽選!1等100万円が当たる• マイナポイントに登録できる決済サービスはひとつだけなので、その点は注意しよう。 LINEポイントクラブの特典クーポンは、LINE Payのコード決済やオンラインショップでの買い物に使える。 楽天ペイ 楽天が運営するスマホQR決済サービス。 オンラインでも使える店舗が多い。 楽天ポイントを貯めたり使ったりできるので使い勝手が良い。 楽天カードで楽天キャッシュにチャージする際には0. チャージ&支払いで100万ポイント山分け• 期間:2020年6月15日 10:00~7月31日 23:59• 内容:期間中にエントリーの上、楽天キャッシュへのチャージおよび楽天ペイでの支払いを行った人を対象に100万ポイント山分け• 楽天キャッシュへのクレジットカードでのチャージは、楽天カード以外はできないので要注意。 楽天銀行やラクマ売上金からもチャージは可能だ。 楽天ポイントカード提示&楽天ペイ支払いで100万ポイント山分け• 内容:期間中にエントリーの上、対象店舗で楽天ポイントカード提示および楽天ペイ(または楽天Edy)での支払いを行った人を対象に100万ポイントを山分け• もらえるポイントはそれほど多くないと予想されるが、エントリーさえすれば難しい条件なく参加できるキャンペーンなので、活用したい。 楽天ペイアプリで楽天ポイントカード提示で30万ポイント山分け• 内容:期間中にエントリーの上、楽天ペイアプリ内の楽天ポイントカードバーコードを提示して買い物をした人を対象に、30万ポイントを山分け• もらえるポイントはそれほど多くないと予想されるが、エントリーさえすれば難しい条件なく参加できるキャンペーンなので、活用したい。 友達招待1人につき200ポイントプレゼント• 内容:楽天ペイに招待した友達が楽天ペイアプリをダウンロードしてはじめてのログイン&クレジットカード登録をすると、紹介者にも友達にもそれぞれ200ポイントプレゼント• 条件:2020年4月1日9:59までに友達招待を送信したことがある場合も新たに10人まで招待可能• 紹介者も紹介された側もポイントがもらえるので嬉しい。 特に楽天グループのサービスをよく使っている人や楽天カードユーザーには、スマホ決済アプリのなかでも楽天ペイがおすすめ。 d払い d払いはチャージ不要の後払い型のQRコード決済サービス。 クレジットカードは、dカードの他、国際ブランドVISA、マスターカード、JCB、アメックスブランドが対応している。 マイナポイントにd払い登録で500ポイント進呈• 期間:2020年7月1日~9月30日• マイナポイントに登録できる決済サービスはひとつだけなので、その点は注意しよう。 ポイントの額は大きくないが、抽選ではなく全員にもらえるお得さがある。 金・土に対象サイトの買い物で最大+5%還元• 期間:2020年4月1日~(金・土曜日)• 内容:期間中の金・土曜日に対象のサイトでd払いを利用すると+2%還元、さらに対象の3サイト以上でd払いを利用するとさらに+3%還元。 条件:要エントリー。 d払いと相性の良いドコモユーザーにぜひ活用してほしい。 友達紹介で300ポイントもらえる• 期間:常時開催• 内容:d払いを紹介したい人に 被紹介者 に紹介用URLをに送り、そのURLから被紹介者がd払いサイトおよびd払いアプリにログイン+キャンペーン期間中にd払い iDは対象外 ではじめて決済手続きを完了すると、紹介者に300ポイントを進呈。 条件:要エントリー。 dアカウント保有者かつポイント進呈時にdポイントクラブ会員であること• 付与上限:合計3,000ポイント• d払いはドコモユーザーに特に便利なサービスなので、周辺にd払いをまだ使っていないドコモユーザーがいれば紹介してみると良いのではないだろうか。 被紹介者にはポイントが付与されないため、そこは注意。 dポイントスーパー還元プログラムキャンペーン• 内容:d払い、iDの支払いで通常還元率+最大7%還元。 条件:dポイントクラブ会員。 dポイントスーパー還元プログラム目的のために、利用すると逆に高くつく。 au PAY auユーザー以外も利用可能になった。 au会員の通常還元率1. 5%、非会員の通常還元率は0. 期間:2020年7月1日~7月31日• 内容1:エントリーの上、対象のPonta提携店舗でau PAYを利用すると、200円 税込 毎に8ポイント 4% を還元• これまでau Payを使ったことがない人も、これを機に試してみても良いのではないだろうか。 また、au PAYカードによるau PAY 残高へのチャージへのポイント還元は別途付与されるので、日頃からau Payを使っている人にとってはさらにお得なキャンペーンだ。 期間:2020年7月1日~• 内容1:ローソンでのau PAY決済で200円 税込 ごとにPontaポイント8ポイント付与• Pontaポイントはau PAY以外でも使える使い勝手の良いポイントだ。 三太郎の日はさらに高還元率になるのでローソンを利用する機会を合わせて活用したい。 au WALLETポイント つかえる!たまる!キャンペーン• 期間:三太郎の日(毎月3日・13日・23日)00:00〜23:59• 条件:三太郎の日(毎月3日・13日・23日)当日にエントリーが必要• メルペイ メルカリユーザーなら、売上金を手数料なしでメルペイ残高に移行することができる。 また、電子マネー「iD」対応で決済も早く、各種お得なクーポンも配布されている。 期間:2020年7月1日~2021年4月29日• マイナポイントに登録できる決済サービスはひとつだけなので、その点は注意しよう。 マイナポイント事業のポイント還元に加えてさらにポイント還元があることで合計で最大30%還元となる。 ファミペイ ファミリーマートで使えるスマホ決済。 Tポイント、楽天ポイント、dポイントとの連携も可能。 はじめてのFamiPayチャージで500円相当プレゼント• 期間:2020年6月16日~7月13日• 内容:期間中、1回5,000円以上、銀行口座チャージした人から抽選で合計10,965名に、最大10万円相当のFamiPayボーナスをプレゼント• 条件:重複当選なし• 銀行口座以外で支払いをしている人も、可能であれば期間中は銀行口座チャージにしてみると良いのではないだろうか。 ただし、クレジットカード払いで還元率が高い場合はカード払いのままのほうがお得な可能性もある。 はじめてのFamiPayチャージで500円相当プレゼント• 期間:2020年5月19日~2020年8月17日• 内容:はじめてのFamiPayチャージでFamiPayボーナス500相当進呈• 条件:1人1回のみ。 これまでFamiPayでチャージをしたことがない人は期間中にぜひチャージしてみてほしい。 マイナポイントにファミペイ登録で500円相当プレゼント• 期間:2020年7月1日~9月30日• マイナポイントに登録できる決済サービスはひとつだけなので、その点は注意しよう。 先着でのプレゼントとなるので、早めに申し込もう。 アプリを併用していつでもお得に 利用する店舗によって、PayPay、LINE Pay、楽天Payなどを使い分けて活用することをおすすめする。 この後もぞくぞくとキャンペーンが開始されるため、継続的にチェックしてお得なキャッシュレスを活用しよう!.

次の

スマホQRコード決済(Pay・ペイ)キャンペーンまとめ【7月14日更新】

ラインペイ キャンペーン

こんにちは、いたる( )です。 2019年10月から始まったキャッシュレス還元により、注目を集めた「スマホ決済(〇〇Pay、キャッシュレス)」サービス。 いまでは10種類以上もあり、どれを使ったらいいのか分からない人も多いはず。 そこで、そのような方のために、個人的におススメのスマホ決済を6つ紹介していきたいと思います。 用途別のおすすめサービスもまとめているので、あなたに1番あったスマホ決済を見つけてください。 用途別おすすめスマホ決済 スマホ決済 こんな人におススメ! 複数使うのが面倒で、どれか1つだけ使いたい。 ヤフーカードを持っている。 Yahoo! 関連サービスをよく使う。 ヤフオクを利用している。 Kyashを利用している。 複数使うのが面倒で、どれか1つだけ使いたい。 Visa LINE Payを持っている。 いろんなことができる方がいい。 LINE関連サービスをよく利用する。 楽天カードを持っている。 楽天経済圏の方。 楽天関連サービスをよく使う。 ラクマを利用している。 楽天銀行を利用している。 au関連のサービスをよく使う。 じぶん銀行を利用している。 au携帯回線を持っている。 au PAYカードを持っている。 メルカリを利用している。 電子マネー(iD)を利用したい。 残高がない場合でも利用したい(スマート払い)。 dカードを持っている。 ドコモ関連(d)サービスをよく利用する。 ドコモ携帯回線を持っている。 スマホ決済比較表(2020. ここからは、各サービスごとに特徴やデメリットを紹介していきますので、スマホ決済選びの参考にしてください。 PayPayでの決済がいつでも最大1. 利用できるお店がたくさん。 送金、割り勘、着せ替えなど機能が豊富。 Yahoo! ショッピング、PayPayフリマ、LOHACOなどの支払いに使える。 ヤフオクの売上金を残高にチャージできる。 ヤフーカードなら他のカードよりも相性が良くお得。 地図上で使えるお店を探せる。 PayPayは、前月の利用状況に応じて利用額の最大1. シェアNo. 1で使えるお店が多いのが特徴の1つです。 街お店はもちろん、ネットや請求書払いにも対応し、送金や割り勘など機能も豊富。 複数のスマホ決済を使うのが面倒という方には、使い勝手のいいPayPayがおススメです。 毎月行われている「」を有効に使うと、さらにお得に利用できるスマホ決済です。 PayPayのデメリット・注意点 デメリット・注意点• 携帯電話番号の登録が必要。 「Yahoo! JAPAN ID」が必要になる。 チャージできるクレジットカードはヤフーカードのみ。 オンライン決済で使えるお店が少ない。 出金できるのは「PayPayマネー」のみ。 PayPayは、携帯電話番号ごとの登録となります。 機種変更などで番号が変わったときに変更は可能ですが、人によっては少し抵抗があるかもしれません。 残高にチャージしたり、銀行・クレカを登録したりするときにYahoo! JAPAN IDとの連携が必要。 初めての方には分かりずらく、少し手間がかかるのがデメリットです。 PayPayもネット決済の対応を始めましたが、利用できるのは特定のサービスのみ。 残高の出金はできますが、PayPayマネーだけなので少し不便に感じる部分もあります。 こんな人におすすめ 特徴• LINEポイントが使える貯まる。 請求書払い、LINE Payカードなど決済方法は豊富。 チャージ、送金、出金など便利な機能が充実。 LINE Payは、LINEが運営するスマホ決済です。 貯まったポイントは1P=1円で支払いに利用することができます。 LINE Payは機能が豊富なので、チャージ、送金、出金、割り勘などできることがたくさん。 LINE Payのデメリット・注意点 特徴• 楽天ポイントが使えて貯まる。 街のお店もオンラインも使えるお店がたくさんある。 楽天銀行の残高、ラクマの売上金をチャージできる。 楽天カードなら他のカードよりも相性が良くお得。 楽天経済圏での生活がさらにお得になる。 楽天ペイは、楽天スーパーポイントが使えて貯まるスマホ決済です。 楽天独自の電子マネー「楽天キャッシュ」にチャージすることで、残高からの支払いも可能となり使いすぎを防止することも可能です。 楽天カードからのチャージのみ0. フリマアプリ「ラクマ」の売上金もチャージできるので、ラクマ利用者は売上金の利用用途が広がるメリットも。 楽天関連サービスはもちろん、いろんな店舗やサービスで利用でき、楽天経済圏で生活している方には欠かせないサービスです。 特に楽天カードとは相性が良く、決済やチャージでポイントが貯まるので、いつも以上にお得になります。 Pontaポイントが使えて貯まる。 特典、クーポンの利用でお得になる。 auスマートパスプレミアム会員はさらにお得。 チャージして使うので使いすぎる心配がない。 au PAYプリペイドを使えば加盟店以外でも使える。 au PAYは、余計な機能が少なくシンプルですが、送金や出金など最低限の機能はあります。 チャージした残高のみ支払いに利用することができるので、使いすぎる心配もありません。 au PAYの還元率は0. お得なクーポンがアプリに定期的に配信されるので、普段よりもお得に買い物が可能です。 使えるお店はまだ少ないですが、三太郎の日などauユーザーやスマートパスプレミアム会員がお得になる日もあり、auサービスを愛用しているユーザーはお得に利用することができます。 7月1日から7月31日まで「Ponta統合記念キャンペーン」を開催中。 メルカリの売上金が支払いに使える。 電子マネー「iD」に対応しているので、いろんなお店で使える。 「メルペイスマート払い」で残高がなくても支払いができる。 定期的に配布されるクーポンでお得に買い物ができる。 メルペイは、メルカリの売上金を幅広く利用するためにつくられたスマホ決済です。 そのため、メルカリの売上金を支払いに利用することができます。 銀行口座から残高をチャージすることができるので、メルカリを利用していない方でも登録可能。 定期的に配布されるクーポンで、お得に買い物をすることもできます。 メルペイの他サービスにはない特徴は、電子マネー(iD)に対応し非接触(タッチ)決済ができることと、残高がない場合でも支払いができる「メルカリスマート払い」です。 利用の仕方によっては、便利でお得なスマホ決済になると思います。 メルペイのデメリット・注意点 特徴• dポイントが使えて、いつでも0. クレカ、携帯料金合算で支払いができる。 チャージ、送金機能、さらにdポイントも送れる。 dカードとの相性が良くさらにお得になる。 ドコモユーザー限定でAmazonの支払いに使える。 地図上で使えるお店を探せる。 d払いは、dポイントが使えて貯まるスマホ決済です。 口座残高(チャージ)、登録したクレジットカード、dポイント、携帯料金合算など、いろんな方法で支払いをすることができます。 さらに、ドコモユーザーなら携帯料金と合算して支払うことも可能です。 d払いはdカードとの相性が良く、支払いに利用することでd払いとdカードのポイントを2重取できたり、キャンペーンの還元率がアップしたりします。 ドコモ関連サービスでも利用できるので、dサービスをよく利用する方にとっては、とてもお得なスマホ決済です。 デメリット・注意点• ドコモ回線以外は、dアカウントを取得する必要がある。 3Dセキュア対象のクレジットカードが必要。 チャージに対応している金融機関がまだ少ない。 ドコモユーザーじゃないと利用できないものがある(Amazonなど)。 d払いを利用するには、dアカウントが必要です。 ドコモユーザー以外の方は、新たに取得する必要があります。 クレジットカードを登録しての決済が基本ですが、登録できるクレジットカードは3Dセキュアの対応が必須。 対応カードを持っていない場合は、別途用意が必要です。 d払いは、AmazonなどのECサイトでも利用できます。 しかし、Amazonなど一部のサービスは、ドコモユーザーでないと利用することができないので注意してください。 ヤフーカードを持っている。 Yahoo! 関連サービスをよく使う。 ヤフオクを利用している。 Kyashを利用している。 複数使うのが面倒で、どれか1つだけ使いたい。 Visa LINE Payを持っている。 いろんなことができる方がいい。 LINE関連サービスをよく利用する。 楽天カードを持っている。 楽天経済圏の方。 楽天関連サービスをよく使う。 ラクマを利用している。 楽天銀行を利用している。 au関連のサービスをよく使う。 じぶん銀行を利用している。 au携帯回線を持っている。 au PAYカードを持っている。 メルカリを利用している。 電子マネー(iD)を利用したい。 残高がない場合でも利用したい(スマート払い)。 dカードを持っている。 ドコモ関連(d)サービスをよく利用する。 ドコモ携帯回線を持っている。 スマホ決済にはそれぞれ特徴があり、利用する人によっておすすめが変わります。 今回は6つに絞りましたが、それでもどれを使っていいか分からないという人には、使える店が多い「PayPay」がおススメ。 多機能で還元率も高く、お得なキャンペーンを定期的に開催。 利用すればするほど、お得になるスマホ決済です。 どのスマホ決済も利用は無料なので、もし迷っているなら一度試してみてください。 使ってみてから、あなたに合うものに絞って利用していくのがベストだと思います。 現在開催中のキャッシュレス決済のキャンペーン情報を紹介します。 対象カードの中でおススメなのは、年会費が永年無料のVIASOカードです。 カードデザインも豊富なので、気に入ったものを選ぶことができます。

次の