原油先物チャート。 WTI原油先物チャート|チャート広場

リアルタイムチャート

原油先物チャート

原油需要が激減する中で在庫が増え、保管スペースが枯渇している。 ファンドが投げ売りし、1分で10ドル以上下落する場面もあった。 21日に取引を終える5月物だけの局所的な話だが、世界を代表する国際商品市場で極めて異例の事態だ。 20日のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)の期近5月物の清算値は1バレルマイナス37. 63ドルで、前日から55. 9ドル下落した。 朝から売りが先行したが、拍車がかかったのは午後に入ってからだ。 正午すぎに10ドルを割ると、10分おきに1ドル下がるような展開になった。 午後2時すぎに節目の0ドルを割ると午後2時30分には一気にマイナス40ドル強まで崩れた。 背景には需要激減と原油保管スペースの枯渇がある。 米国では外出規制でガソリンの使用が激減しているほか、企業のエネルギー需要も急減している。 米エネルギー情報局(EIA)によると、4月2週の米原油在庫(戦略備蓄除く)は5億バレル強と3週間で5千万バレル以上増えた。 全米の貯蔵能力は約6億5千万バレルとされ、余地はなくなりつつある。 このため買い持ちしたままでは原油の保管先を確保できなくなる恐れがある。 プライス・フューチャーズ・グループの原油アナリスト、フィル・フリン氏によると、原油の受け渡しに使う取引所の倉庫は満杯に近く、「マイナスの価格は原油の貯蔵コストを意味する」という。 19日時点で5月物の契約残高は約1億バレル残っていた。 19日の価格でみれば約20億ドル相当だ。 買い手不在のなか、原油の引き取りを避けるための投げ売りがマイナス価格をもたらした。 極端な価格の動きで取引所は何度も売買を停止した。

次の

相場表・チャート

原油先物チャート

産油国の動向 原油価格に大きな影響を与えるものに産油国の動向があります。 原油の産出量が多い国としては、アメリカ、サウジアラビア、ロシアなどが知られています。 これらの国々の原油生産の動向は原油価格の大きな変動要因になります。 しかし、これらの国々よりももっと大きな注目を集める国々があります。 それがOPEC(石油輸出国機構)です。 OPECとは、サウジアラビアやイラン、イラクといった中東産油国が中心となって石油輸出国の権利を守るために結成した組織です。 OPECの原油生産量は世界の原油生産において大きな割合を占めるため、その増産・減産の動向などは、その後の原油価格に大きな影響を与えることとなります。 天候と季節性 天候も原油の価格に影響します。 車社会のアメリカでは、夏場にドライブシーズンと言われる季節があります。 ドライブシーズンには、休暇などで長距離ドライブをすることが増えガソリンの需要が増大する傾向があります。 このシーズンの天候が良いほどガソリンが消費されることになります。 また、夏場にはハリケーンシーズンと呼ばれるものもあります。 油田地帯となっているメキシコ湾沿岸がハリケーンによる被害を受けたり、パイプラインが破損したりすると原油価格の上昇要因となります。 季節要因が原油価格に影響を与えるのは夏場だけではありません。 冬場に寒波が訪れると暖房用の灯油需要の増大から原油価格に影響があることもあります。 週間原油在庫 原油を取引する上で注目しておきたい指標に、米国エネルギー情報局 EIA が毎週水曜日に発表する週間原油在庫があります。 週間原油在庫からは世界最大の原油消費国であるアメリカの原油に対する需給を読み取ることができます。 GMOクリック証券では、ログイン後のニュースで週間原油在庫の結果が確認いただけます。 会員サイトにログイン ログイン お客様サポート• GMOクリック証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第77号 商品先物取引業者 銀行代理業者 関東財務局長(銀代)第330号 所属銀行:GMOあおぞらネット銀行株式会社 加入協会:日本証券業協会、一般社団法人 金融先物取引業協会、日本商品先物取引協会、一般社団法人 第二種金融商品取引業協会 GMOクリック証券は、GMOインターネット株式会社(東証一部上場 9449)のグループ企業です。 All Rights Reserved.

次の

原油価格(WTI原油先物) 金先物価格 リアルタイムチャート

原油先物チャート

50 16日のNY金先物8月限は反落。 ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物8月限は、 前営業日比-13. 50ドルの1オンス=1800. 30ドルで取引を終了した。 時間外取引を含め た取引レンジは1794. 20ドル。 16日のアジア市場で1816. 20ドルまで買わ れたが、その後は換金目的の売りが増えたことから、伸び悩んだ。 通常取引の終了時 点にかけて節目の1800ドルを下回る展開となった。 ・NY原油先物:弱含み、中期的な需給関係ひっ迫の可能性はやや低下 NYMEX原油9月限終値:40. 47 16日のNY原油先物9月限は弱含み。 ニューヨーク商業取引所(NYMEX)のWTI先物9月 限は、前営業日比-0. 47ドルの1バレル=40. 93ドルで取引を終えた。 時間外取引を含め た取引レンジは40. 38ドル。 16日のアジア市場で41. 38ドルまで買われた が、中期的な需給関係のひっ迫の可能性はやや低下していることや米国株安を意識し て、時間取引で40. 69ドルまで下げる場面があった。 《MK》 【株式会社フィスコ】.

次の