セブンイレブン キャッシュ レス。 キャッシュカード不要、スマホでATM入出金 全国のセブン銀行でスタート

セブンイレブンのキャッシュレス消費者還元とは?ポイント還元率とおすすめ決済手段

セブンイレブン キャッシュ レス

チェーン店、どこの看板なら2%還元がもらえるか 10月1日から期間限定でスタートしているのが、キャッシュレス決済のポイント還元です。 クレジットカードや電子マネーで支払った場合、国が5%ないし2%の還元をします(還元はそれぞれのポイントシステムを通じて行われる)。 中小店舗が5%となっているのは比較的分かりやすい仕組みです。 支店がなさそうな町の本屋さんやクリーニング屋さんがキャッシュレス対応していれば5%還元を受けられそうな気がしますし、独立系のレストランや居酒屋も5%還元になりそうなイメージが浮かびます。 対象店舗にはステッカーや旗があります(三省堂や紀伊國屋書店は5%だったりしてびっくりする対象店もあります)。 ややこしいのはオーナーは中小企業や個人だが看板は大手、つまりフランチャイズです。 この場合2%還元を受けられるのですが、フランチャイズか直営店舗経営をしているのかなんて、今まで客が気にすることはありませんでした。 ところが2%もらえるかもらえないか、となれば話は別です。 そこで筆者の調査をベースに「この業種で2%還元されるのはどれか」クイズをしてみたいと思います。 皆さんが2%還元をもらうための店選びの参考にしてください。 また執筆後に対応店舗に変化する可能性もあります。 情報が入り次第、更新をしていく予定です。 コーヒーチェーン比較:スタバ、タリーズ、ヴェローチェ、カフェドクリエ…還元店舗はどれ? 生活シーンの中で、コーヒーショップは利用頻度の高いチェーン網でしょう。 面白いことにブランドによって明暗が分かれます。 例えば、 スタバ、タリーズについては筆者が調べる限り2%対象となっている店はありませんでした。 それぞれプリペイドカードを発行して割引のあるチェーンです。 どれも店舗数が多い各社ですが、フランチャイズではなく直営店舗のようです。 ルノアールや上島珈琲についても還元店舗はみつかりませんでした。 一方で、 カフェヴェローチェについては対象の店舗が多いようです。 ヴェローチェは5%還元扱いでWEBには掲載されています。 また、 カフェドクリエ、コメダ珈琲店、ドトールでは、対象店舗をいくつか発見しましたが、すべてではないようです。 牛丼チェーン比較: 吉野家、松屋、すき家…還元店舗はどれ? 牛丼チェーン店はどうでしょうか。 キャッシュレス決済の多くについて吉野家と松屋は対応していることで有名です。 しかし筆者の検索する範囲では 吉野家も松屋も2%還元店舗がみつかりませんでした。 すき家、なか卯もみつかりません。 (吉野家は吉野家金沢百番街店というのが一件だけヒットするのですが、誰か本当か確認していただけるとありがたいです) 業態は異なりますが、 CoCo壱番屋、富士そばについてはいくつかの店舗で2%還元を確認しました。 ファーストフード:マクドナルド、ロッテリア、モスバーガー…還元店舗はどれ? ファーストフードはなかなか2%還元店舗が見つかりません。 しかし フレッシュネスバーガー、マクドナルドについて2%還元店舗がみつかりました。 ただしマクドナルドは全店が検索にヒットしないので各店舗で確認したほうがよさそうです。 例えば新宿駅前のマクドナルドなどは2%と表示されません。 一方で ロッテリア、モスバーガー、バーガーキング、などは2%還元店舗がひとつも見当たりませんでした。 (追記:ロッテリアについては札幌オーロラタウン店がひとつだけヒットするようです。 誰か確認してみてください) ファーストフードの多くが2%還元に対応していないことは(経営上の選択なので仕方ないとは言え)ちょっと残念です。 コンビニチェーン比較: セブンイレブン、ローソン、ファミリーマート…還元店舗はどれ? コンビニチェーンといえばフランチャイズが多い印象ですが、 セブンイレブン、ローソン、ファミリーマートの多くが2%対象''''''となっています。 検索をしていると ポプラ、生活彩家、デイリーヤマザキなども2%還元店舗がヒットします。 「あれ、ここは直営店じゃないの?(店長が社員っぽい)」と思わせるような支店、大きなビルにテナントで入っているコンビニ店なども2%還元になっていて、もしかすると本制度に合わせて対応してきたということかもしれません。 それはそれで消費者としてはありがたいことではあります。 逆に対応店舗が少ない業界はドラッグストアとファミレスなど ドラッグストアについては電子マネー対応が進んでいる業界のひとつです。 2%還元対応店舗があると嬉しいのですが、なかなか見つかりません。 筆者が 確認できた比較的大手のチェーンはダイコクドラッグくらいでした。 ファミレスも還元店舗がヒットしません。 家電量販店も同様です。 ファミレスは本社の社員が店長をやるイメージですし、家電量販店はさすがに大店舗なので、どちらもフランチャイズとはいかないので2%還元にならないのも納得です。 どちらも、品質管理や店舗規模、出店競争の機敏性などからフランチャイズという仕組みを採用していない業界ということなのでしょう とりあえず気になったらアプリでリサーチ 本コラムの調査にあたっては実際に街を歩くだけでなく、キャッシュレス推進協議会のホームページの対応店舗マップを使ってリサーチしました。 かなりのスポットをランダムに表示、検索してみたのですが、検索もれがあるかもしれません(というのはオフィシャルサイトでは店名で検索できないので…) (オフィシャルの検索機能) (家計簿アプリZaimが独自に提供しているの検索機能) また、今後2%還元に対応してくるチェーン店もありえます。 店舗の対応状況などについては、本コラムも随時アップデートしていければと思っていますが、皆さんも「あのフランチャイズ、2%還元あるかも?」と」思ったらオフィシャルのアプリをインストールしてみてください。 インストール案内画面はこちら iPhoneアプリ Androidアプリ.

次の

キャッシュレス決済2%還元クイズ~スタバ、セブンイレブン、吉野家etc...2%還元あるのはどこ?~(山崎俊輔)

セブンイレブン キャッシュ レス

ATMとスマホの連携には、QRコードをカメラで読み取る手法を採用。 利用できるスマートフォン端末の幅を広げ、ATMのハードウェア改修が不要なのがメリットだ。 全国約2万3000台のセブン銀行ATMで利用できるという。 「所要時間はキャッシュカードを使うと30秒、スマホATMは40秒ぐらい。 カードを取り出す手間を考えれば、十分利便性は高い」(じぶん銀行IT戦略部の中村力部長) セキュリティ対策として、アプリ立ち上げ時に4桁のパスワードを求める仕組みを用意。 スマホ本体のロック機能や通信キャリアが提供している端末の遠隔ロック機能との組み合わせで、万一の端末盗難・紛失時にも第三者の不正利用リスクを抑えられるとしている。 「決済サービスのスマホ集約が進んでいる」 じぶん銀行代表取締役 鶴我明憲社長 じぶん銀行は、KDDIと三菱東京UFJ銀行が共同設立したインターネット銀行。 同社の鶴我明憲社長は、今回のスマホATMサービスを「次世代の銀行取引」と説明する。 「決済サービスがスマホに集約される流れの中で、『キャッシュカードもスマホに入らないのか』という声を顧客から受けていた。 じぶん銀行の利用者のうち、半分が20〜30代。 スマートフォンとともに生きている人々の利便性をさらに高められる」(鶴我社長) 鶴我社長によれば、このサービスによって直接的な収益増につながるわけではないが、利便性向上によって口座件数の増加を見込んでいるという。 「このサービスで稼ごうという気はない。 セブン銀行ATMの画面に『スマホで入出金』というボタンが表示されるだけで宣伝効果がある。 それを見た人が『私も使えないのかな』と思えばこちらの勝ち。 顧客の獲得につながればうれしい」(鶴我社長) じぶん銀行は、数年前からATMとモバイルをコアにした新事業を検討していたという。 今後もフィンテックやAI(人工知能)、IoT(Internet of Things)などを活用したサービスを模索する方針だ。 関連記事• キャッシュカードを使わずスマートフォンを使ってATMに入出金できるサービスを、セブン銀行が提携行のユーザー向けに提供する。 まずじぶん銀行向けに来春からスタート。 KDDIと三菱東京UFJ銀行が設立した「じぶん銀行」は、PCネットバンクのおまけではなく、ケータイ専業だからこそできることにこだわった。 「FUJI ROCK FESTIVAL '16」の会場付近に、セブン銀行のATMが設置される。 現金やカードを持ち歩かなくてもスマホがあれば決済できる。 KDDIが「auのほけん・ローン」の提供を4月にスタート。 auのスマホとのセット割引や、ネット申し込みによる保険料の削減が特徴だ。 関連リンク•

次の

キャッシュカード

セブンイレブン キャッシュ レス

セブン-イレブン・ジャパンは9月4日、消費税率10%への引き上げに伴い導入される軽減税率への対応と、キャッシュレス決済手段で商品を購入した場合、購入価格の2%分が還元される「キャッシュレス・消費者還元事業」への対応を発表した。 <キャッシュレス還元の掲示物> キャッシュレス・消費者還元事業は、消費税率引き上げ後の9カ月間に限り、中小・小規模事業者によるキャッシュレス手段を使ったポイント還元を支援する経産省が推し進める事業。 今回、中小・小規模事業者に該当しない一部の加盟店は、キャッシュレス・消費者還元事業の対象事業者ではないため、対象外となる。 レシート表記は、「キャッシュレス還元額」の項目で、還元対象商品・サービスの合計金額(税込)に対し 2%分がポイント即時充当分として差し引かれる。 2%の計算式において、小数点以下は切捨てで算出する。 <売場での価格表記> 売場での価格表記は、現行と同様に「本体価格(税込価格)」で表記する。 軽減税率対象商品には、本体価格の後ろに『*』マークを表示して明示。 おにぎり等のデイリー商品ついては、裏面シールの商品名の後ろに『*』マークを表示する。 <イートインスペースの告知> イートインスペース設置店舗では、店内で購入した軽減税率対象商品をお客がイートインスペースで喫食する場合は、税率10%が適用されることを、日本フランチャイズチェーン協会が作成したポスターで告知する。 ポスターによる告知をすることで、お客の自己申告でイートインスペースの利用の有無を確認する。 従業員は、イートインスペースの利用の有無について、主体的に確認はしない。

次の