白血病 予備軍。 尿酸値を高くする病気

血液サラサラ譚: 糖尿病予備軍、カロリーよりもGI値

白血病 予備軍

肌の乾燥や便秘が気になる人は、貧血予防をしたほうがいいかも? 一般的に知られている西洋医学的な「血液」の役割とは、全身に酸素や栄養を運ぶこと。 しかし東洋医学の「血」はそれらに加えて、体に潤いを与える、温める、心を安定させるといった役割もあると考えている。 そのため、血が不足すると肌や目が乾燥する、便秘(腸の乾燥)、冷え、不眠、不安感などの症状を伴うのだそう。 「貧血と診断されていない、立ちくらみやめまいなどの貧血症状を感じていない人でも、こうした症状を感じる場合は貧血予備軍の可能性があります。 食事などから血を補って、貧血予防をしておくといいでしょう。 また、月経時は誰もが血の不足状態になりやすいため、血を補う食事を取ることが鉄則だと考えてください」(山口さん) もちもちの栗おこわなど秋の味覚で気と血を補おう 血を補う代表的な食材は、ニンジン、ホウレンソウ、小松菜、ヒジキ、鶏肉、赤身魚(サケなど)、レバー、プルーン、レーズン、イチジク、ナッツ類、黒米など。 ヒジキとニンジンと鶏肉を煮物にする、ホウレンソウのおひたしにニンジンとピーナッツをプラスするなど、組み合わせて取るとさらに効果的。 また、血が不足している場合、気も同時に不足していることが多い。 キノコ類、ヤマイモ、栗などの気を補う効果のある食材も、プラスしてみて。 「黒米を入れた栗おこわは、気と血を両方補う料理。 もちもちした食感で、おいしくいただけます。 栗には体を温める作用もあるので、これからの寒い時期には特におすすめです。 また、サケとキノコを味噌汁やお鍋の具材にして一緒にいただくのも、気と血を両方補えるのでいいですね」(山口さん) 東洋のスーパーフード・ナツメをおやつやお茶に こうした食材に加えて、さらにおすすめしたいのがナツメ。 赤く甘みのある果実で、乾燥したものが市販されている。 ナツメは漢方薬の原料にも使用されている食材で、血を補う効果が高いスーパーフードなのだそう。 「月経前日から月経が終わるまでナツメをおやつ代わりに食べると、貧血予防になります」(山口さん) さらに、夜寝る前にナツメ茶を飲むのも効果的。 血は寝ている間に体内で作られるものなので、寝る前にナツメを取ると血の補給に大いに役立つ。 また、リラックス作用もあることから、安眠も期待できるのだとか。 「ナツメを2つにちぎってマグカップに入れ、お湯を注ぎ、少し蒸らせばナツメ茶のできあがり。 ほんのりと甘く、寝る前に飲むと体が温まり、精神的にも落ち着いて安眠を促します」(山口さん) 貧血症状が気になる人だけでなく、女性なら誰しもが実践しておきたい血の補給。 体が潤い、美容にもつながるので、毎日の食事に上手に取り入れて。

次の

白血病とは|症状や検査、治療、ステージなど【がん治療.com】

白血病 予備軍

急性前骨髄球性白血病(AML-M3、APL)では、予備軍ということはありません。 母児感染するもので、妊娠時の血液検査でわかるというのであれば、成人T細胞性白血病(ATL)のことでしょう。 ATLはHTLV-1というウイルス感染によって生じます。 そしてこのウイルスは母児感染を起こしますが、主な感染経路は母乳を介するものです。 また少数ですが性交渉、輸血などでも感染例があります。 妊婦健診の項目として、HTLV-1に対する抗体(ATLA)をチェックしますので、「予備軍」と言われたということは、要するにATLAが陽性であり、HTLV-1をもっている、HTLV-1キャリアーの状態だということだと思われます。 子供のころにHTLV-1陽性の母親から母乳を介してHTLV-1に感染した場合、HTLV-1キャリアーとなります。 但しHTLV-1仮あーが生涯を通じてATLを発症する確率は、男性で6. 6%、女性で2. 1%と推定されています。 ですから、HTLV-1キャリアーといわれても、あわてることはありません。 妊婦健診でわかった以上、大切なことは子供に感染させないことであり、そのために母乳投与期間の短縮、いったん凍結させた母乳の投与、場合により人工乳栄養といった、育児指導があると思われるので、それに従ってもらうことが一番です。 HTLV-1キャリアーは西日本、特に九州、沖縄で多いのですが、沖縄での疫学調査では1970年には20歳以下のキャリアーの比率が4. 6%であったのが、育児指導の普及によって1998年には0. 1%に下がったという報告があります。 このように育児指導を守ることは、母児感染の予防に非常に効果的です。 本人については、上述したように女性の場合は、95%以上の確率でキャリアーのまま終わるので、先走った治療は不要で、定期的な経過観察で充分です。 但しHTLV-1キャリアーの中から、特殊な神経症状を呈するものや(HAM)や関節症状を呈するもの(HAAP)、皮膚症状を呈するものなどがあるので、なんか異常があれば診察を受ける必要はあります(これら特殊な症状が出る人も、キャリアー全体のごく一部ですが)。 また兄弟にキャリアーがいる場合は、他の兄弟も感染している公算があります。 妊娠歴のある女性では妊婦健診でチェックされていると思われますが、そうでない場合は一度ATLAのチェックを受けたほうがよいでしょう。

次の

白血病のステロイド治療には副作用がある?

白血病 予備軍

肌の乾燥や便秘が気になる人は、貧血予防をしたほうがいいかも? 一般的に知られている西洋医学的な「血液」の役割とは、全身に酸素や栄養を運ぶこと。 しかし東洋医学の「血」はそれらに加えて、体に潤いを与える、温める、心を安定させるといった役割もあると考えている。 そのため、血が不足すると肌や目が乾燥する、便秘(腸の乾燥)、冷え、不眠、不安感などの症状を伴うのだそう。 「貧血と診断されていない、立ちくらみやめまいなどの貧血症状を感じていない人でも、こうした症状を感じる場合は貧血予備軍の可能性があります。 食事などから血を補って、貧血予防をしておくといいでしょう。 また、月経時は誰もが血の不足状態になりやすいため、血を補う食事を取ることが鉄則だと考えてください」(山口さん) もちもちの栗おこわなど秋の味覚で気と血を補おう 血を補う代表的な食材は、ニンジン、ホウレンソウ、小松菜、ヒジキ、鶏肉、赤身魚(サケなど)、レバー、プルーン、レーズン、イチジク、ナッツ類、黒米など。 ヒジキとニンジンと鶏肉を煮物にする、ホウレンソウのおひたしにニンジンとピーナッツをプラスするなど、組み合わせて取るとさらに効果的。 また、血が不足している場合、気も同時に不足していることが多い。 キノコ類、ヤマイモ、栗などの気を補う効果のある食材も、プラスしてみて。 「黒米を入れた栗おこわは、気と血を両方補う料理。 もちもちした食感で、おいしくいただけます。 栗には体を温める作用もあるので、これからの寒い時期には特におすすめです。 また、サケとキノコを味噌汁やお鍋の具材にして一緒にいただくのも、気と血を両方補えるのでいいですね」(山口さん) 東洋のスーパーフード・ナツメをおやつやお茶に こうした食材に加えて、さらにおすすめしたいのがナツメ。 赤く甘みのある果実で、乾燥したものが市販されている。 ナツメは漢方薬の原料にも使用されている食材で、血を補う効果が高いスーパーフードなのだそう。 「月経前日から月経が終わるまでナツメをおやつ代わりに食べると、貧血予防になります」(山口さん) さらに、夜寝る前にナツメ茶を飲むのも効果的。 血は寝ている間に体内で作られるものなので、寝る前にナツメを取ると血の補給に大いに役立つ。 また、リラックス作用もあることから、安眠も期待できるのだとか。 「ナツメを2つにちぎってマグカップに入れ、お湯を注ぎ、少し蒸らせばナツメ茶のできあがり。 ほんのりと甘く、寝る前に飲むと体が温まり、精神的にも落ち着いて安眠を促します」(山口さん) 貧血症状が気になる人だけでなく、女性なら誰しもが実践しておきたい血の補給。 体が潤い、美容にもつながるので、毎日の食事に上手に取り入れて。

次の