ハイ スコア ガール 2 最終 回。 アニメ「ハイスコアガールII」第24話(最終回)が話題!感想・反応まとめ【押切蓮介】 : つぶちゃん~Twitterまとめ~

「ハイスコアガールⅡ」24話(最終回)感想!ハルオ!大野!日高!涙!

ハイ スコア ガール 2 最終 回

『ハイスコアガール』10巻 いやー、本当に面白かった。 小学校編、中学校編、高校編…とゲームしつつのラブコメ模様が最高でした。 自分はハルオとほぼ同年代なので、やってるゲームも日常もノスタルジー満載でした。 大野さん1回戦敗退 58話 まさかの初戦敗退だった大野さん。 心のザンギエフに注意されてしまいます。 その敗北の理由とは 「気の迷いに振りまわされるからスクリューもスカるのだ」とのこと。 今回と同じようなシチュエーションがかつてあり、それが50話の日高さんとのバトルである。 あの試合って、斬空波動拳で逃げ戦法だった日高さんが、大野さんの圧倒的ザンギエフに捉えられて涙目になって終わっていました。 てっきり大野さんの勝ちだったと思ったのに…。 その続きが描かれ、 大阪大会1回戦同様にザンギエフのスクリューをスカって敗北していたのでした。 あの試合負けてたのかよ! スクリューをスカったのは、日高さんの涙を見てしまったから。 そして自分が7月末に日本を離れることを思い出してしまい「スカッ」である。 大野さんは言葉も心も台詞がないので、どういう心境なのか描写されてるから察するしかありません。 それなのに何を考えてるか手に取るように分かる。 この辺が『ハイスコアガール』の凄いところで、大野さんの乙女心よね。 自分は日本から離れるから…と迷いが出てしまい、日高さん戦も大阪大会1回戦(岡山ケン)でもスクリューをスカす。 アメリカへ行くことに悩んでる大野さんが切ない。 大野さんは身を引こうとしてる。 アメリカへ行くことにウダウダ悩んでいた大野さんにもう迷いはない。 敗者復活を勝ち抜く。 小学生時代のようにハルオを汚物のように見てた殺気立ってた最強ゲーマーヒロインが復活だー!! この大野さんこそハルオが倒したかった相手です。 勝って告白するつもりのハルオを全力で迎え撃つ。 熱いけど複雑だな。 ラブコメヒロインとして見れば、大野さんは負ければハルオに告白されるわけだし、得なのに、それでもあえて叩き潰す。 54話 ハルオくんは勝って告白 昌は勝って決別… 大野さんが勝つことは「決別」ですからね。 だからこそ悩んだのに吹っ切った。 ならばもうハルオとの決別を心に決めたのかといえばノーでしょう。 むしろ「決別」すら粉砕しようと決めたようでもある。 「ハルオVS大野さん」最終決戦 60話 2人の決戦はどちゃくそ熱いものでした。 あまりの熱量にハートが震えまくり。 ただスト2で戦ってるだけなのに闘気まで出して、同作者の『狭い世界のアイデンティティー』みたいに物理的暴力が吹き荒れる。 ハルオと大野さんが「対」になって描かれる演出もいい。 大野さんは喋れないので言葉によるモノローグは一切無いけど、思ってることはハルオとまったく同じ(はず)。 最初は憎くて忌々しくて、いけすかねぇ存在だった… 今となっては… 死ぬほど愛してるぜ!! つまんねぇ生活だったけどゲームだけが支えで、大野さんと出会えてもっとゲームが好きになれて楽しかった、大野さんが心の支えになったって 青春100メガショックの想いで全力でぶつかる様は胸が熱くなります。 ハルオの独白と大野さんが思ってることはきっと一緒。 この台詞は最初のお別れである1巻ラストでガイルさんに問われたアンアーである。 お前の気持ちはそれだけなのか?と。 その質問に小学生時代は答えられなかった。 アンサーを5年超しに回答したハルオにアッパレや! 死ぬほど好きだったんだよ! 死ぬほど愛してるぜ! 5年超しにガイルの問いかけに答えたか。 で、お互いに惚れたやつとともに夢中に真剣になれたことが最高だったからこそ全力でぶつかる。 そりゃ名勝負にならんないわけがない。 スカさず掴んだスクリュー やっと決まったスクリュー ハルオとの試合でスクリューを決めた大野さん(ザンギエフ)。 日高さんとの試合と大阪大会1回戦でここぞでザンギエフのスクリューをスカしてしてきました。 心の中にいるザンギエフからは「気の迷いがあるからスクリューをスカるんだ」と怒られたのに、ここで 芸術的なスクリューを決める。 悩みはもう無い!演出が素晴らしい。 画面からザンギエフの手がハルオに飛び出てきてハルオを掴んでんだもん。 日高さんの涙を見たことで、引き下がろうとして悩みの象徴だった大野さん(ザンギエフ)のスクリューをスカしてしまうミス。 これがハルオに決まるのはいいね。 実にいい。 まるでハルオを掴んだようであり、アメリカ行くけど決別じゃないって意志がありました。 最初に読んだ時は「これでハルオの告白パーじゃん!」って決別ルートを考えたけど、後で大野さんの本心を日高さんが汲んで説明した後に読み返すと、「なるほどなぁ」と唸ったスクリュー外しとハルオへのスクリューでした。 (続くんじゃ).

次の

[ネタバレ注意]『ハイスコアガール』最終第10巻|祝!アニメ二期放送開始!ハルオと大野さんの勝負と恋の結末は!?

ハイ スコア ガール 2 最終 回

『ハイスコアガール』(Hi Score Girl)は、押切蓮介による日本の漫画作品。 スクウェア・エニックスの『増刊ヤングガンガン』2010年VOL. 11と『増刊ヤングガンガンビッグ』にて、2011年VOL. 1からVOL. 3まで連載し、同誌が月刊化して誌名が『月刊ビッグガンガン』となった後も引き続き同誌で2018年 VOL. 10まで連載された。 著作権侵害問題・刑事告訴事件のため、2014年VOL. 9以降は休載中であったがSNKプレイモア(当時)との和解成立により2016年VOL. 8より連載が再開され、合わせて単行本第6巻と、既刊5冊分の加筆修正版である『ハイスコアガール CONTINUE』全5巻が発売された。 2012年ブロスコミックアワード大賞を受賞。 2013年版『このマンガがすごい! 』オトコ編で2位を獲得。 2018年からアニメが製作されている。 () 「ハイスコアガール最終回」「ハイスコアガールアニメ」「ハイスコアガール原作」という言葉が話題です。 この漫画、アニメにはたくさんの大切なものを教えてもらいました。

次の

アニメ【ハイスコアガールⅡ】24話(最終回)感想 雌雄は決し結論を出した。春雄の背中を押したのは・・・|ここアニ

ハイ スコア ガール 2 最終 回

We manage version control so you can make changes on the fly. Sophisticated options allow you to set the QA score rules and policies. Engage agents via dashboards A well designed quality process will only work if your agents engage with and trust the tools. Collaboration, transparency and communication are at the heart of Scorebuddy enabling real, measurable change to take place delivering consistently improving customer experiences. Scorebuddy allows you to highlight and share patterns and trends across groups and teams, drilling all the way down as far as the individual agent. And what if you could brand the survey for your company and link the result to the agent? Easy to deploy• Quick to deploy• Immediate results delivered to the agent and the team The first step we took as part of our QA strategy, was to decide what platform would be used that would provide analytics and reporting that we could do with ease. We needed to make sure we could access the data easily. We selected Scorebuddy! For Outsourcers working with a scorecard system like Scorebuddy, the primary problem is that you take the ecosystem that your clients use when they come on board. Scorebuddy can be used to standardize to one way of capturing quality, regardless of the ecosystem being used by the client. The 1 Outsourcer challenge is too much work and too little time. If used properly, Scorebuddy gives you the gift of time! At Beachbody we manage call centers on a global level and we use Scorebuddy to manage all of our QA Teams. Our QA teams randomly sample agent interactions, auditing all channels including voice, chat, email and social. We find Scorebuddy extremely easy to use, the look and feel is very user friendly. Our agents can review their dashboards immediately, reviewing feedback and gauging where they stand against other agents in real-time. Another major benefit of using Scorebuddy is due to their extensive and unique compliance suite. Furthermore, the team at Scorebuddy has been incredible, as far as when we need to reach out, requesting any type of assistance with a problem. Everyone has always been very attentive, so that has been incredible. Ryanair initially used Scorebuddy to measure 600 staff and 3 outsource partners throughout Europe. The value was seen immediately as our quality team saved hours every week by not having to struggle with the process via spreadsheets, and the team has found it easy to use. This requires a lot of emphasis on creating unique scorecards to cater to those different cultures and languages. Furthermore, we are currently getting ready to go live with our Zendesk integration. Scorebuddy has provided BenefitMall with an application for building consistent and customer focused quality evaluation solutions across business units and locations. Our front line now depends on Scorebuddy as an integral part of performance development tools used with staff. This includes over 400 users along with 80 admins and supervisors, which is why utilizing Agent Insights is essential for our business. By using Agent Dashboards agents feel more involved and the team is more aligned on what quality level is expected, especially the self-scoring and the option to request a 1:1 are really paying off. Using the Analytics reports provide us with information where to focus on, the loop with training and coaching is easily made and we can improve our tools to support our agents in a better way. The Scorebuddy-Zendesk Integration saves us a lot of manual work and that definitely is a plus, which in turn makes the overall QA process more efficient. Staff lists are up to date, unlike their previous system which was only updated annually. The managers have increased autonomy and ownership over their quality forms as they can instantly change their scorecards to what suits their needs. Some of our favourite features of the Scorebuddy enterprise package are Agent Insights and Analytics, which allow us to gain foresight into trends that impact our day to day business.

次の