サニーレタス 冷凍。 サニーレタスの育て方とコツについて!春夏秋冬の畑での種まきから解説!

知らないと損!レタスの保存期間と鮮度を保つ保存方法

サニーレタス 冷凍

栄養素の減少が止まる レタスを冷凍すると収穫後の 栄養の減少を食い止めることができます。 レタスに含まれている栄養は、収穫してから皆さんが食べるまでに、微生物の働きや野菜の呼吸などによって少しずつ失われていきます。 冷蔵庫の中は乾燥しており、レタスの水分が抜けていく過程で水溶性ビタミンも減少します。 活動が停止しているレタスに空気は必要ないので、空気に触れないようにフリージングバックなどに密閉して冷凍保存することで、乾燥を防ぎます。 上手にレタスを冷凍すると、レタスの劣化をストップし栄養価の減少を食い止めることができるのです。 長く持たせることができる 乾燥を防ぎ、微生物やレタスの活動を休止することで、 2週間から1か月程度日持ちさせることができます。 レタスは時期によって高くなることもあるので、安い時に買っておいて保管しておくのもお勧めです。 冷凍レタスの解凍方法 レタスに含まれている水溶性ビタミンは、水に溶けやすいので解凍して出てきた水分が蒸発するときに一緒に出ていってしまいます。 水溶性ビタミンをしっかりと摂取するためにも、必ず 凍ったままの状態で調理して下さい。 ペースト状にしてから冷凍保存したレタスも凍ったまま使えますので、スムージーに加える氷代わりに使っても良いですね。 離乳食など温めてから使う場合にも、出てきた水分も一緒に使って下さい。 冷凍レタスの保存期間 冷凍したレタスは、 2~4週間くらいで食べきるようにしてください。 少し使って余りがある場合には、再度真空状態になるように空気をしっかりと抜いて、なるべく早く冷凍室に戻すことを心掛けると長持ちします。 材料(1人分) ・ごはん 茶碗1杯分 ・卵 1個 ・冷凍レタス 適量 ・お好みの野菜 適量 ・出汁醤油 100㏄ ・ごま油 お好みで 1)出汁醤油とごはんをお鍋に入れて火にかけて、ごはんをほぐします。 2)お好みの野菜を入れて煮込みます。 3)出汁が少なくなってきたら、足しながら野菜が柔らかくなるまで煮て、最後に冷凍レタスを加えます。 4)溶き卵を回し入れて、蓋をして火を止めます。 5)卵が固まったら、出来上がりです。 お好みでごま油を回しかけるとビタミンEやカロテンの吸収が良くなります。 小口ネギや刻み海苔を散らすと彩りが良くなるので、お好みでどうぞ。 ふつふつと煮立ててしまうと水溶性ビタミンが、蒸発していってしまうので、弱火で温めながら溶かしていくのがポイントです。 3)器に盛り付けて、お好みで生クリームを飾ったら完成です。 生クリームは入れなくても、美味しくいただけます。

次の

サニーレタスの簡単人気レシピ!サラダ・炒め物・スープ・大量消費も!

サニーレタス 冷凍

サニーレタスの冷蔵庫での保存方法は?保存期間は? サニーレタスはとても 傷みやすい野菜ですから、 常温保存はできません。 基本的には 冷蔵庫で保存をするのですが、買ってきたビニールのまま野菜室に入れておいたら次の日には元気がなくなってしまいます。 きちんとサニーレタスが元気なままで保存をするにはサニーレタスから極力 水分を奪わないように保存するのが コツです。 サニーレタスを丸ごと保存するには? サニーレタスをそのまま保存するには、四つ折りにして水に濡らしたキッチンペーパーを、ジッパー付きの保存袋に入れます。 その真ん中にサニーレタスの芯がくるように立てて入れ、口を閉じて 野菜室で保存します。 丸ごと入る大きなジッパー付きの保存袋がなければ スーパーの袋でも大丈夫。 丸ごとすっぽりと入らなければ 2枚使い、2枚めは上からかぶせるようにします。 このように保存すると 2週間ほど日持ちがします。 サニーレタス、長持ちには爪楊枝! きゃべつや丸いレタス、キャベツの場合にも、有効な方法が 爪楊枝を使う方法です。 芯のところに 3本程爪楊枝を刺し、ビニール袋に入れて 野菜室で保存をします。 使う際には 表から順に葉を取って使います。 この保存の仕方だと、 2週間ほどはみずみずしいままで食べることができます。 サニーレタス、ちぎった場合の保存は? 包丁でカットしたり、ちぎってしまったサニーレタス。 ちぎったところからみるみるうちに 茶色くなってしまうので、なるべくならその日のうちに食べてしまうのが一番なのですが、どうしても余ってしまうこともありますよね。 その際にはタッパーに水を入れ、その中にちぎったサニーレタスを浸けて冷蔵庫に入れると 変色を防ぐことができます。 水は1日に1回取り替えましょう。 ただし、水溶性の 栄養分は流出してしまうので、 どうしてもしかたがないという場合にのみ、この保存方法をとるのをおすすめします。 保存期間は 数日間可能です。 ちなみに、レタスの切り方ですが、 金属のものを触れさせると 酸化が起きて変色しやすいので、 包丁を使わず手でちぎるのがおすすめです。 今まで包丁でカットしていた方は是非手でちぎって調理してみてください。 1枚ずつちぎってタッパーで保存する方法 サラダに使おうと思って1枚ずつちぎって余った場合などは、サニーレタスを水で洗い、水分を拭き取っておきます。 ちなみに サニーレタスの洗い方は、ボールなどに水を入れてその中でサニーレタスをゆするように洗い、再び水で流すときれいに汚れが取れます。 タッパーの底に濡らしたキッチンペーパーを敷き、サニーレタスを一枚ずつ重ね、最後にもう一枚濡らしたキッチンペーパーをかぶせて蓋をして冷蔵庫で保存します。 この保存法で、 冷蔵庫で1週間ほど保存が可能ですよ。 スポンサーリンク サニーレタスは冷凍できる? サニーレタスは本来あまり 冷凍に向いていません。 解凍をするとべしゃべしゃになってしまうからです。 ですので スープや炒め物にすることを前提や、どうしても仕方ない時に冷凍するのであれば問題ないかと思います。 冷凍方法はまずサニーレタスをよく洗い、キッチンペーパーで水分を拭き取ってから 食べやすい大きさに手でちぎっておきます。 あとはフリーザーバッグに入れて、しっかり空気を抜いて冷凍をします。 調理の際には解凍をせず 凍ったまま調理します。 冷凍すると保存期間は 2週間程度可能です。 サニーレタスを大量消費するには? サラダとしてやサニーレタス巻きで焼き肉を包んで食べてもおいしいですが、お安く売っていてついついたくさん買ったはいいけれど、どうやって食べよう?となった時に便利なサニーレタスを大量消費できるレシピをここではご紹介します。 もりもり食べられるレシピで、たくさんあったはずなのにもうなくなっちゃった!となる可能性大ですよ。 調味料の量はお好みで加減して下さいね。 レモンの酸味とごま油の風味が癖になりお酒のおつまみにもピッタリです。 サニーレタスは火を通すとみるみるかさが減るので大量消費にもぴったりです。 卵と一緒にチャンプルーにすれば子供もたくさん食べられますよ。 一品足りない時にもおすすめです。 塩コショウで味を整えます。 炒めたり、ゆでたりと生で食べるだけでなく意外といろんな食べ方のあるサニーレタス、もちろん早く食べるにこしたことはありませんが、たくさんあって食べきれないと言う場合にはこれらの保存方法や大量消費レシピを試してみて下さいね。 スポンサーリンク•

次の

サニーレタス洗わないのはヤバイ!簡単な洗い方は?洗うと泡立つ理由とは?

サニーレタス 冷凍

レタスという野菜は使い勝手の良さからまるまる1玉購入することも多い野菜だと思いますが、レタスを1玉買ったけど、使いきれず冷蔵庫に保存していることもあるかと思います。 でもレタスの保存期間ってどれくらいなのかや最適な保存方法が冷蔵なのか常温なのか知らない人も多いでしょうし、冷凍できるのか?ちぎったものはどうなのか?ジップロックに入れた方が良いものなのか?などと聞かれると困るでしょうし、つまようじや小麦粉を使うとレタスが延命できることを知らない人も多いでしょう。 そこで今回は基礎的な保存方法と保存期間に加え、レタスはちぎったほうが良い理由や、つまようじや小麦粉での延命方法などまで含めた 『レタスの長持ち保存方法と保存期間!【冷凍・冷蔵・常温】全て解説』と言う記事を書かせていただきました。 少々長めの記事になりますが、その分色々なことまでしっかりと解説させていただきますので是非御覧下さい。 Topics• レタスの主な保存方法と保存期間 まずはレタスの主な保存方法と保存期間をご紹介します。 レタスの主な保存方法と保存期間• 常温で夏場で2日、冬場なら5日、冬場で処理をすると最大10日間• 冷蔵で約10日、処理をすると最長2週間• 冷凍で2週間 ざっとこんな感じで、見ていただいたら分かるように意外とどの保存方法でも適切な処置をしておけば、最大の保存期間はあまり変わりありません。 若干冷蔵庫での保存が有利と言ったところです。 また冷凍する場合はかなり使用用途も限られてきますのであまりオススメできないと言うことも加えていえます。 では続いてそれぞれの保管方法についてより詳しいことを説明します。 しかし特に何もせずそのままですとレタスは水分が飛んでしまい萎びていくのが早くもありますから、冬場は乾燥対策をするかどうかで美味しく食べられるかどうかに大きく影響が出てきます。 なのでレタスの保存期間を少しでも長くしておきたいと言う時は、ジップロックなどの大きなものがあればそれに入れておいた方がいいですし、もっとしっかりと適切な処理をしておいた方が良いです。 その処理の方法は以下の通り レタスの長持ちさせる処理の仕方• 「包丁などを使わずに」芯をくりぬく• 濡らしたキッチンペーパーをくりぬいた部分に詰める• 軽く湿らせた新聞紙またはキッチンペーパーで包みポリ袋に入れる• レタスの芯のあった方を下にして袋の口は開けておく この処理の方法をどこかで見たことがあると思った方いませんか?これ実はキャベツを長持ちさせるのと全く同じ処理でして、気にするべき点も大体同じです。 注意点を含めてもう少し詳しく説明するとポイントは芯をくりぬいてしまうこと。 キャベツ同様、レタスもこの芯こそが植物にとっては大事な部分ですから、ここに栄養が取られやすく、この部分を除去してしまっておくと保存期間に大きく差が出てきます。 逆にキャベツとは違うのは出来るだけ包丁などの金属を使わないほうが良いと言う所でして、キャベツ以上にレタスは金属に触れた時に酸化しやすい特徴を持っておりますから、レタスの芯の部分を上にして、芯を強めに手で叩き分離させる方法を取ってください。 後は乾燥にもキャベツ以上に弱いので定期的に芯のあったところに詰めたキッチンペーパーや、包んでいる新聞紙やキッチンペーパーを交換すると、冷暗所で保存するならば最大で10日ぐらいは保存しておくことが出来るようになります。 【スポンサーリンク】 冷蔵庫で保管する場合 レタスの保存方法の基本はやはり冷蔵庫に入れての保存がベスト。 冷蔵庫の野菜室はよほど開け閉めが多いと言うわけではなければ、湿度が高めで温度が低めと言うレタスの保存場所に最適な環境なので、袋に入れておくだけでも丸ごとならば5日は平気で持ちますし、1週間ぐらいは質が落ちても食べられなくなると言うことはあまりありません。 しかし先ほどの【常温で保存する場合】のところでご紹介させていただいた処理と同じようにするとなんと更に1週間も持たせることもできるようになるのです。 冷凍庫で保管する場合 レタスも一応冷凍庫で保存することも出来ますが、保存期間も処理をした冷蔵庫での保存期間とそう変わりありませんし、レタスのシャキシャキ感は全くなくなりますのでオススメとは言えません。 しかしレタスは生で食べるわけではない調理方法でも美味しい野菜ですから、冷凍しての保存方法も利点がないわけではないのです。 その利点は何かと言うとすぐに味や火が入ると言うところで、この特性を利用すればスープや炒め物の具にするのにはいいとも言えます。 ちなみにレタスはその殆どの成分が食物繊維と水で出来ており、冷凍するとその多く含まれている水分が凝固することで細胞を壊し、食物繊維を砕きますから解凍しようとするとぐしゃぐしゃの何かになってしまいますので冷凍する際は予め用途を決めて、それに合わせた大きさにちぎって ジップロックに入れ冷凍し、凍ったまま使ってください。 以上のことがレタスのそれぞれの基本的な保存方法のコツと保存期間です。 ちなみにですがちぎったり、切ったレタスは常温・冷蔵どちらの場合でも空気に触れた切断面から1日程度で変色が始まり味が落ち、2日目以降で茶色くなったらもう食べられなくなると思ってください。 そのことからレタスは基本は丸ごと買ってきて冷蔵庫で保存するのが一番長持ちすると覚えておいておくと良いです。 ではレタスの主な保存方法と保存期間のご紹介を終えたところで、次はそれ以外のレタスの保存に関わることついてご紹介させていただきます。 【スポンサーリンク】 レタスはちぎった方が良い理由 レタスはちぎった方が良いということをなんとなくは知っている人が多いかと思いますが、ここではその理由についてを少し詳しくご紹介します。 レタスはまず「 ケルセチン」と言うポリフェノールが多く含まれているのですが、このポリフェノールは金属と反応して酸化しやすい性質を持っています。 その為このポリフェノールが多く含まれるレタスのような野菜は包丁で切ると切り口が変色しやすく、レタスの細胞は壊れた場所から酸化酵素が出てしまい安い特性があり、綺麗に切った方が酸化するのが早いと言う特性を持っているからなのです。 刻んだり綺麗にカットしたものを見た目のために使う場合もあると思いますが、その場合はなるべく早く食べるようにすることに気をつけ、そうでない場合は少し時間があいてしまっても良いように手でちぎる方が良いのです。 芯につまようじを刺すことでできるレタスの延命方法 キャベツを延命する方法でこのつまようじを使うと言う方法をご存知の方もいるかと思いますが、レタスでも同じ効果が得られます。 上記した保存方法を伸ばす処理のところでも軽く触れたのですが、レタスという野菜にとっては芯の部分こそが重要なので、芯を維持しようとする機能をなくすため、つまようじでこの芯を刺すことでレタスの持つ栄養分が失われることを防ぐことが出来るからです。 そのやり方は簡単でただ レタスの芯につまようじを3~4本差し込むだけ。 キャベツと違って芯の部分を今の世の中では有効活用しようという人もいないでしょうし、簡単なので上記の【常温保存する場合】でご紹介した処理には劣りますが、1週間を超えて延命したいと言う場合ではない場合にはこちらの方がオススメです。 小麦粉をつけるだけでできるレタスの延命方法 続いてつまようじよりも更に簡単なレタスの延命方法である、小麦粉を芯の切った部分に塗りつけると言う方法をご紹介させていただきます。 この方法ドイツではごくごく一般的な処理であると言われており、意外と延命効果があります。 やり方は簡単でレタスの芯を少し切り落とし、その部分に小麦粉をまぶすだけ。 たったこれだけでレタスの大敵である乾燥を防ぐ効果が得られます。 最初のうちはあまり効果を実感できないのですが、1週間を過ぎたあたりから明らかに違いが出ますし、大体のご家庭に小麦粉は常備していると思いますので、是非とも一度試してみてもらいたいと思います。 萎びたレタスを50度のお湯でシャキシャキにする方法 萎びたレタスを食べるときに、非常に簡単な作業でシャキシャキの歯ごたえに戻す方法があります。

次の