犬 目やに 臭い。 トイプードルの目やに、涙、腫れ、異常な色、臭いの原因とは?

犬の目の周りが臭いのはなぜ? 原因は涙や目やにが関係していた?

犬 目やに 臭い

犬の目やに の原因はなに? 犬の目ヤニは、目に入ってしまったホコリや小さなゴミなどを目から排出するために涙成分がホコリなどを包み込んだものです。 このため、犬の目に目ヤニが発生することは普通のことです。 しかし、 目ヤニには、このようなホコリやゴミなどを排出するための正常な目の機能が働いてでる場合と、 目に何らかの病気が生じていて治療が必要な場合とがあります。 目ヤニが 正常な場合のサインとしては、少量で色が白・茶・灰色などのときです。 一方で、 治療が必要な場合のサインとしては、目ヤニの量が多量で、色が黄色・黄緑色、性質としてベタベタとしたものや、眼球にべったりつく目ヤニなどは、犬の目に何らかのトラブルが生じていると言えます。 治療が必要な目やにの原因は? それでは、犬の目にトラブルが生じていて、治療が必要な目の病気が目ヤニが発生させている場合の原因はどのようなケースがあるのかをご案内していきます。 ドライアイ ドライアイとは、涙腺のトラブルにより涙などが十分に作られないため、角膜や結膜などに炎症が生じる目の病気です。 ドライアイの原因として最も多いのは、免疫細胞が自らの涙腺細胞を破壊する免疫介在性によるもののほか、ジステンパーウイルスの感染、涙の分泌に関する器官異常などです。 結膜炎 結膜とは目を覆う粘膜であり、外部と接触するので炎症が生じやすくなっています。 そして、結膜炎とは、この結膜が赤く腫れ、涙が増えて黄色や黄緑色の目ヤニが生じる目の病気です。 結膜炎の原因として最も多いのは、細菌やウイルス感染によるもので、角膜炎やドライアイから二次的に発症することもあります。 結膜炎に関する内容は、次のところに記載しておりますので、是非ご覧ください。 角膜潰瘍 角膜とは黒目を覆う透明の膜で、角膜潰瘍とはこの膜が外部との接触などによって擦れて傷つき、炎症が生じる目の病気です。 角膜潰瘍の症状としては、強い痛みが生じて涙・目ヤニの量が増え、進行すると目に穴が開いてしまうこともあります。 角膜潰瘍の原因としては、犬が草むらなどを走って、目を草で傷つけた場合や、小さなゴミが目に入って角膜を傷つけた場合などがあります。 角膜潰瘍に関する内容は、次のところに記載しておりますので、是非ご覧ください。 マイボーム腺炎 マイボーム腺とは、まぶたの縁にあって皮脂を分泌して涙が蒸発することと、涙が目からこぼれ落ちるのを防いでいます。 マイボーム腺炎とは、このマイボーム腺が細菌に感染して炎症が生じて赤く腫れ、痛みを伴い、涙や目ヤニが増えるなどの目の病気をいい、人の場合は、一般的に「ものもらい」「めばちこ」と呼ばれるものです。 マンボーム腺炎に関する内容は、次のところに記載しておりますので、是非ご覧ください。 この他にも、まつ毛の異常や、眼瞼内反症・外反症などが原因となって、目ヤニが発生することがあります。 いずれにしても、上記に掲げるような目の病気の場合は、獣医さんに診てもらう必要がありますので、早い目に受診されることをお勧めします。 正しい解釈 ・ 愛犬の目から出る目ヤニや涙を放置する ・ 放置された目ヤニや涙に雑菌が繁殖して臭くなる 基本的な考え方としては、 愛犬の目ヤニや涙を拭き取らないで放置したため、目の周辺に菌が繁殖してニオイの元凶になってしまっているというものです。 また、目ヤニの量が多量ではなく、少し多いというような場合でも、雑菌が繁殖して臭くなるケースは多々あります。 つまり、飼い主さんとして、愛犬の 目ヤニが臭いという場合は、愛犬の目の周辺の衛生を保つために、愛犬の目から出た目ヤニや涙を小まめに拭き取っていくことによって改善されていきます。 そして、もし愛犬の目ヤニの量が多い場合や、色が黄色・黄緑色の場合は、愛犬の目に治療が必要な疾病が生じていると考えられるため、獣医さんに診てもらって、その目ヤニの発生原因となる目の疾病を治療してあげてください。 犬の目やにの臭いを改善するためには 上記で説明したとおり、犬の目ヤニのニオイを改善するためには、愛犬の目の周辺の衛生環境を保つことが必要です。 このため、愛犬の目から目ヤニが出ているときは、こまめに拭き取ってあげましょう。 目ヤニの拭き取りに当たっては、我が家では「メニわん ピュアコットンわん」を使用しています。 この「メニわん ピュアコットンわん」は、滅菌された蒸留水にコットンを浸してあり、仮に眼の中に液剤が入ってしまっても問題はありませんので、安心して使用することができるものです。 また、目ヤニが固まってしまって取れにくい場合などは、飼い主さんは無理をせず、獣医さんにとってもらうようにしましょう。

次の

犬の目やにの原因と取り方。多い・臭いは要注意

犬 目やに 臭い

愛犬と暮らしている方ならご存知だと思いますが、犬も目やにが出ることがあります。 健康な人からも目やにが出るように、健康な犬からも目やには出ます。 その場合は病気ではないので、 目についている場合は、ティッシュかガーゼで優しく拭き取ってキレイにしてあげましょう。 また、目やにの色にも気をつけて下さい。 後述の、目やにの色による注意点を参考にして、異変があったら早めに受診しましょう。 定期的な目やにのチェックは欠かさず行うようにしましょう。 目やにが出るのはなんで? 古い細胞や老廃物を排出するために出されるもので、これは生理現象です。 目やには、結膜から出るムチンという粘液を主成分とするもので、目を外部の刺激から守る役割をしています。 起床時に多く発生し、瞬きをすることによって、塊になり目頭に溜まリます。 主な原因 目やには、結膜から出るムチンという粘液を主成分とするもので、目を外部の刺激から守る役割をしていて、起床時に多く発生し、瞬きをすることによって、塊になり目頭に溜まるのです。 前述のとおり、目やにが出る原因は、古い細胞や老廃物を排出するためです。 目やにの色が黒や茶色の場合は、生理的なものなので、特に問題ありません。 考えられる病気 目やにの色が黒や茶色の場合は、基本的に病気などを心配する必要はありません。 白やグレーの場合 こちらも基本的に、生理的なものが原因で特に問題ありません。 考えられる病気 目やにの色が、白や薄いグレーの場合も、基本的に、病気などを心配する必要はありません。 黄色や緑の場合 一番注意すべきなのは、黄色や緑色や黄緑色の目やにの場合です。 何らかの病気や感染症が隠れている場合があります。 主な原因 目やにの量が多量だったり、黄色や黄緑色だったり、ベタベタしたものはすべて異常のサインです。 病気や感染症が隠れていることが考えられるので、この色の目やにを見たら、すぐに動物病院にわんちゃんを連れて行きましょう。 考えられる病気 考えられる病気には、次のようなものが挙げれらます。 結膜炎 結膜は、白眼の表側からまぶたの裏側まで覆う粘膜です。 外界に接している部分が多い為、刺激を受けやすく炎症を起こしやすい部分です。 結膜炎の原因は、多くが細菌やウィルス感染によるものです。 また、アレルギー・角膜炎・ドライアイ・まつげの異常なども原因の一つです。 風邪をひいたり、免疫力が低下していたりする場も、ウィルスや細菌に感染しやすく、結膜炎を併発することがあります。 症状:結膜が赤く腫れる・涙が増える・黄色や黄緑色の目やにが出る 角膜炎 角膜は黒目の部分を覆う透明の膜で、外部環境から目を保護するとともに、光を透過させる働きをしています。 この部分は擦ったり、異物が入ったりすることで、傷がつくと炎症が起こります。 ブルドッグやシーズーなどの鼻が短い犬種は、目をぶつけて、角膜を傷つけて炎症が起こりやすいと言われています。 症状:眼に強い痛みを生じる・涙の量が多い・目やにが多い 放置すると、角膜の表面が白く濁り輝きがなくなり、更に進行すると、角膜に穴が開き失明する。 ドライアイ 涙腺の異常により、涙が充分に得られないと、角膜や結膜が炎症を起こします。 まつ毛の異常 まつ毛の生え方が異常だと、まつ毛が角膜にあたり、角膜炎を起こします。 麦粒腫 まぶたの縁にあるマイボーム腺は、皮脂を分泌し、涙の蒸発を防ぎ、涙がこぼれ落ちるのを防ぐ役割をしています。 マイボーム腺が細菌に感染し、化膿したものを麦粒腫といいます。 別名:ものもらい、めばちこ 症状:まぶたが赤く腫れる・痛みを伴う・涙や目やにが増加 眼瞼内反症・外反症眼瞼内反症 まぶたの縁の一部、もしくは、全体が内側に反転して、まぶたの被毛が眼球に接触してしまうものです。 眼瞼外反症は、まぶたの縁が外側にめくれてしまうもので、先天的なものがほとんどです。 ブルドッグやセントバーナードなどによく見かけられます。 他には、緑内障・白内障・ぶどう膜炎などの怖い病気の場合もあります。 麦粒腫や結膜炎などの場合は、目薬で治すこともあります。 目薬を処方されたら。 いざ目薬をさそうとすると、犬が嫌がって逃げたり、飼い主自身が怖くて目薬をさすことができなかったりしませんか?.

次の

犬の目やにが臭い!犬の目やにの取り方、目薬の差し方

犬 目やに 臭い

犬の目やにと原因について 犬の目やには、目やにの色によって原因が違うことをご存じですか? 目やにの色が、白・黒・グレーの場合 普通の目やにです。 特に病気というわけではないことが多いです。 涙に、タンパク質や空気中の埃が合わさり、変色することで黒色だったり白色だったりします。 ただし、目やにの量が多い場合は病気の可能性もあるので注意が必要です。 目やにの色が、黄色や緑の場合 黄色い目やにが出ている場合、細菌やウイルスが目に入ってしまっていることが考えられます。 目に入った細菌によって膿が出ている可能性があるので要注意です。 そのまま放置すると結膜炎や角膜炎になることもあるので、犬の目を良く観察し、異常がある場合は動物病院へ連れて行きましょう。 犬の目やにの取り方 犬の目やにの取り方は、ぬるま湯を少し含ませたコットンで優しく拭き取ってあげるようにしましょう。 固まってしまった目やには、無理矢理取るのではなく、お湯を含ませたコットンをトントンと軽く当てて、目やにをふやかしてから取るのがベストです。 ティッシュなどでゴシゴシ取る人もいますが、ティッシュはよく見ると毛羽立っていて、目やにを取る時に目に埃などを入れてしまいやすいのでオススメしません。 指で取ってあげるのもいいですが、その場合は手を消毒してから目やにを取ってあげるようにしましょう。 目やにを取るのに、ゴミやバイ菌を目に入れてしまっては本末転倒ですからね。 犬の目やにを放置すると病気になる? 普通の目やにを放置して病気になることは希ですが、あまりにも放置してしまうと、目やにに細菌が溜まり、そこから目に侵入することもあります。 目やにをみつけたら放置せずに取ってあげましょう。 また、目やにが直接病気というわけではありませんが、病気によって目やにが出ていることがあります。 目やにが急に増えたと感じたり、目やにの量が多いと感じた場合は注意が必要です。 目に炎症が起こっていたり、ドライアイになっていたりすることがあります。 目やにに異常を感じたら、「たまたま多いだけだろう」「ちょっとゴミが入っただけだろう」と侮らずに、動物病院で一度みてもらうようにしましょう。

次の