貞子 バーサス 伽 椰子。 P貞子vs伽椰子 頂上決戦 パチンコ新台

パチスロ 貞子vs伽椰子

貞子 バーサス 伽 椰子

名前は不明。 鈴花が見かけた一人が、三人組からいじめを受けていた模様。 「呪いの家に入ったら許してやる」と無理矢理家に入らせるが、いじめられっ子に石をぶつけられて激怒し、自分達も家に入ってしまう(なお、いじめられっ子がビデオ版のように取り憑かれたのか、あるいは伽椰子の存在を感じ取り、利用して仕返ししようと考えたのかは不明)。 その結果、一人は台所下の棚に、もう一人は湯船に、伽椰子によって引きずり込まれる。 リーダーも、俊雄によって天井に引っ張り込まれた。 なお、伽椰子がいじめられっ子の味方などするはずもなく、いじめられっ子も伽椰子によって押し入れに引きずり込まれてしまった。 警察は家出として処理した様子。 今回の呪いのビデオは前置きとなる映像が一切なく、貞子がこちらに向かってくるシーンのみとなっている。 そのため、かどうかは分からないが、死ぬまでの期間が二日と、オリジナルよりも大幅に短くなっている。 しかし、その分オリジナルよりも凶悪で、自分の邪魔をするものは決して許さず、名の知れた霊能者をも惨殺した。 犠牲者が呪いで死ぬ前に自殺しようとした場合も同様であり、その場合はタイムリミット前であっても犠牲者の前に現れ、呪い殺す。 オリジナルと同様の目を持っており、これを見た相手を狂死させる。 オリジナルの呪いのビデオは、ご存知の通り他人に見せることで死を回避できたが、今作の呪いのビデオの死の回避方法は最後まで不明のままだった(そもそも存在しない可能性が高い)。 どのような経緯で霊になったのか、呪いのビデオがどのように誕生したかは劇中では語られていない。 ついでに言うと、両手に爪がついたままであるので、井戸で死んだのではない可能性もある。 伽椰子 オリジナルは嫉妬と勘違いの果てに発狂した夫に惨殺されて霊となったが、こちらは一家心中で死亡して霊になった模様(一家心中の理由は不明)。 よって、オリジナルのように敷地外に出られるのかどうかは不明。 殺した相手の霊を使役できるのかどうかも定かではない(オリジナルと違って父親の霊が登場しないあたり、それはできないっぽい?)。 呪殺を駆使する貞子に対し、引きずりこむ・破壊するなど物理攻撃を得意とする。 俊雄 両親が伽椰子と俊雄の手にかかり、鈴花も追い詰められるが、危ないところで経蔵に助けられる。 経蔵は鈴花に協力を約束させ、計画を実行に移す。 計画とは、二人に別々の呪いをかけて、両方を消滅させるというものだった。 つまり有里に伽椰子の呪いを、鈴花に貞子の呪いをかければ、双方が獲物を奪い合い、食い合って消滅するのではないかと考えたのだ。 ただ、これは全てが最大限に上手く行った場合であり、うまく行かなかった場合の手も考えていた。 計画実行の夜、呪いの家で呪いのビデオを見る二人。 そんな二人の前に俊雄が現れるが、ついに有里の死のタイムリミットが訪れる。 貞子はまず邪魔な俊雄をテレビに引きずり込み、画面から姿を現す。 そこへ、二階から伽椰子も姿を現した。 台所へ逃げた二人を追い、衝突する両者。 最初は伽椰子が貞子を組み敷くが、貞子は逆に伽椰子を髪の毛で拘束する。 そして、見たものを呪い殺す目で伽椰子を睨みつけた。 破裂、四散する伽椰子。 貞子に追いつめられる二人だが、そこへ経蔵が助けに入った。 体を修復し、再び姿を現した伽椰子に呪いのビデオを破壊させ、その隙に外に逃げる三人。 家の裏にある井戸に向かった経蔵は、予備のプランを実行に移すことを決める。 予備のプランとは、一人が犠牲になって井戸に飛び込むというものだった。 飛び込んだ一人を追って貞子と伽椰子が井戸に入ったところを、蓋をして封じ込めようというのだ。 その役を自ら買って出る有里。 そこへ姿を現す貞子と伽椰子。 両者が飛び掛ってきたのを見計らって、有里は井戸に飛び込んだ。 衝突し、人の形を保てなくなる両者。 衝突の余波に巻き込まれて、下半身を吹き飛ばされる経蔵。 禍々しい姿となった貞子と伽椰子は、我先にと井戸の中の有里へ迫る。 そこへ、珠緒の指示を受けた鈴花が井戸に蓋をした。 封印は成功したかのように見えた。 だが珠緒は、二つの悪霊が混ざり合うのを感じていた。 吹き飛ばされる経蔵の封印。 そして、井戸から貞子と伽椰子が一つになった霊が姿を現した。 こうして、貞子と伽椰子が融合した史上最悪の悪霊が誕生したのだった。 サダカヤ []• コメント欄が長くなってきたのでリセットしました -- 名無しさん 2017-03-18 12:30:25• 自分の母と妹がラストが投げっぱなし!とキレてた。 わからなくはないけどどうしようもないだろあいつら -- 名無しさん 2017-03-18 16:41:34• ジュラシックワールドみたいだ。 これ別に駄作ではないかと… -- 名無しさん 2017-03-20 06:12:18• サダカヤの顔ってそんなグロかったか?見た感じ伽椰子の顔っぽかったが -- 名無しさん 2017-03-20 08:40:18• 荒らしコメントを削除しました -- 名無しさん 2017-03-20 20:13:26• まあ一つだけ言えるのは、この後この世界が碌な事にならないって事くらいかな… -- 名無しさん 2017-03-20 20:51:06• アマプラで視聴。 なかなかに良いな。 怖いし勢いがあってテンポも早くて見やすい。 ただ、案の定敵二人が強過ぎるのでオチがパッとしないと言う意見も分からんでもない。 -- 名無しさん 2017-06-04 22:50:51• 今更のように見たけどホラーというより終始ギャグにしか見えなかった…メイン2人が強すぎる所為で登場人物の9割が略無能状態だし。 小説版のが面白かったかな。 -- 名無しさん 2017-11-22 18:51:27• 後は、相撲観戦続けたいデーモン閣下がどうにかしてくれるさ -- 名無しさん 2018-02-23 15:27:29• やっぱネオ様と工藤をぶつけるしかない -- 名無しさん 2018-02-23 15:39:11• 実際看板借りての作品ならこのエンディングがベストだと思うよ -- 名無しさん 2018-03-21 21:45:05• 前に実況してるスレのログを見たことがあったけど対決シーンになった瞬間プロレス実況みたいになってて笑いすぎてお腹痛かった -- 名無しさん 2018-03-22 02:01:28• 今頃見た。 滅茶苦茶に見えてちゃんと論理的に解決に導いてるあたりは伊達にゴーストバスターをテーマに同ジャンルの映画ばっか撮ってきてねーなと感じた。 下手なホラーだと本当に意味不明なままで終わるからね。 -- 名無しさん 2018-05-16 19:17:17• 非業の死は珍しい事では無いのに何故、ここまで手に負えない悪霊になったのだろう? -- 名無しさん 2019-11-20 22:55:09• 白石ワールドに登場させたら霊体ミミズがマジビビリしながら重役無理やり転生させて逃げさせる案件、霊体ミミズが関わりたくないレベルって相当だと思う -- 名無しさん 2020-05-24 02:12:13• 貞子は生前から強力な霊能力を持ち、死後はウィルスの特性をコピーして呪いを繁殖している。 伽椰子は小説内で「人間は大富豪でも王族の生まれでもないけれど自分が世界一幸せだと思える瞬間がある。 同様に、想像力がない人間はもっと不幸な環境の人間がいても『自分こそが世の中で最も不幸な人間だ』と思い込める。 伽椰子は死に際にありったけの憎悪を生きている人間すべてに向けた」となっている。 要は怨霊になる才能ではなかろうか。 -- 名無しさん 2020-05-31 19:59:26.

次の

RT概要:パチスロ 貞子vs伽椰子

貞子 バーサス 伽 椰子

小当り時はV入賞が大当りの条件。 3回リミッター到達時は時短なし。 3回リミッター到達時は時短なし+残保留4個。 貞子SIDE中演出信頼度 手落下サンダーボルト保留変化予告 結果:保留変化 紫 28. 」 19. 」 20. 1~23. 1~23. 5~23. 4~25.

次の

『貞子vs伽椰子』主題歌は聖飢魔IIに! デーモン閣下「人間界の者ども」にコメント

貞子 バーサス 伽 椰子

見るスタンスによって大幅に評価が変わる作品 コワすぎ!ファンの自分としては白石監督の名が出た時点で求める要素は笑いだった。 終盤怒涛の勢いで描かれるありえない画の数々はやっぱり白石監督! 笑えたかどうかという点で、今作は非常におもしろいwwwwww 清水監督が作るような、ジャパニーズホラーの真髄を行くような作品を求めているのであれば、この作品はあまりおすすめできない。 結局、真面目に観てはいけないのだ。 なんでやねん!とツッコミを入れながら観るお笑い作品である。 「貞子の呪いと伽椰子の呪いをミックスしたらどーなるの?」という馬鹿な発想と、「じゃあ呪いの館へビデオを持ち込んで観てみよーぜ!」というYouTuber顔負けのぶっ飛んだ実行力。 笑うしかないでしょwwww 色々な意見があると思う。 でも考えてほしい!貞子様の品の良さを! 締められたい、貞子様に首を絞められて死にたい! 最近始球式や握手会などをしてゆるキャラ化している貞子様であえうが、 本気を出せばこのくらいのものである、 私はリングファンである。 小説も読んだしドラマも見た。 映像から入ったファンは知らないかもしれないが、原作『リング』は非常に科学的かつ論理的な話である。 テレビから貞子が出てくるなんて描写は一切ない。 あれはドラマや映画オリジナルである。 貞子は、第三部作『Loop』によればコンピュータウイルスであり、仮想現実の存在である。 天然痘の保有者であり、両性具有であり、医師にレ〇プされた挙句井戸に投げ捨てられる哀れな少女である。 そんな彼女が今作では最凶最悪の怨霊、カヤコと対決する。 これはもう、夢の対決である。 そして私は貞子派である、 考えてもみてほしい。 貞子様がどんなに律儀なことか。 貞子様は呪いのビデオを見た人間にいちいち電話をかけるのである。 つまり、常に電話の前でスタンバッているということだ。 他にこんな律儀な幽霊がいるか!? しかも死ぬまでの期間を伝えたうえ、他の人に見せれば助かるよという逃げ道まで用意してくれているのである。 なんという心遣い。 私はどうせ死ぬなら貞子様に首を絞められて逝きたい。 ちなみにこの映画で描かれる呪いのビデオは偽物である。 本物は、まず鏡で髪をとかす女性の映像があって、次に山の噴火の新聞記事の映像があって、 次に地面を這いつくばる人々の映像があって、次に頭巾をかぶった人物が何かを指さす映像があって…… という順番である。 扉からいきなり貞子が登場するようなことはない。 なぜファンサービスに過去の呪いのビデオの映像を使わないのか… 納得できない。 ちなみに映像が切り替わるときの一瞬の暗転は「まばたき」であり、 呪いのビデオとは貞子自身が見た映像をビデオテープに「念写」したものなのだ。 まあそれはさておき、貞子は、シリーズ第三作の「Loop」にて、コンピュータウィルスであることが明かされる。 第一作、二作の主人公たちはみな、仮想現実の人々であったことがあかされるのだが、 その賛否は別として、私はどうにも貞子が「人類代表」のように思えてならないのである。 カヤコを見たまえ! あいつは、家に入ったものを無差別に殺していく。 家から出ても容赦なしである。 直近見た呪怨では、水をバッシャーとかぶりお清めしていた強そうな霊能者までも意図も簡単に殺していた。 もう無理じゃん。 むちゃくちゃじゃん。 しかもカヤコのひどいのは、さんざっぱら怖がらせておいて、殺す時期は気まぐれという点である。 電話のまえでスタンバってる貞子様とは大違いだ。 しかし、カヤコ先輩があのもう一人の主人公、スズカを苦しめることについては応援してしまった。 スズカ可愛いから。 可愛いこに色んな表情をさせるのはホラーの醍醐味のひとつである。 貞子パートの主人公の友達の死にっぷりもなかなかであった。 ケンゾウも結構キャラが立っていたし、 貞子様VSカヤコ先輩は毎年やってほしいと思った。 なんかオールスター戦みたいな恒例行事的な感じで。 この映画は「ホラー映画」ではなく「コメディ映画」です。 しかしこの映画が抱える問題点はそこではありません。 それ以前に、監督が「呪怨」「リング」の設定を隅から隅まで殆ど変更しているせいで完全に別物となり果てており、明らかに商業目的で制作しているとしか思えないところが非常に不愉快なのです。 この映画に登場する貞子もカヤコも容姿はオリジナルと瓜二つでも、中身は全く別人でしかありません。 確かに双方には「不特定多数に呪いを拡散する」という共通した恐怖があります。 でも実際にはリングには貞子という一人の人物の「悲劇性」を、呪怨には一つのある家族を発端とした「身近にある恐怖」を描いており、同じ恐怖でもテーマは明確に違います。 それに彼女らは「悪霊」ではありません。 寧ろ幽霊や妖怪等とは次元の違う未知の存在であり、だからこそ自分達は恐怖を抱くのです。 この映画の監督はそれを全く理解していない為、貞子ではない「貞子のような何か」と、カヤコではない「カヤコのような何か」しか描くことが出来ず、結果としてクロスオーバー映画としては完全に破綻してしまいました。 設定は完全に崩壊。 ホラー演出は怖がらせる気がゼロとしか思えない程チープで、役者も三流揃い。 日本ホラーも地に落ちたものですね。 一言でいえばB級ホラーですが、ホラー映画の二大巨塔が戦うというだけでもう笑いが込み上げてしまいます。 ところが内容はちゃんと恐怖演出をメインに作ってあって、露骨にギャグ路線に進んだわけではありませんし、落ちもまぁ……そうなるよね! と言いたくなる結末でした。 しかし役者さんも精一杯頑張ってましたし、映像も思ったほどチープではない。 できれば意外性も欲しかった! あと個人的な意見として、あの気だるげな超能力霊能者みたいなキャラクターは痛々しかったです(笑) なんだか、なろう小説のテンプレ主人公みたいな痛さが……という感想は私だけかもしれません^^;.

次の