沖縄 そば レシピ。 出汁がおいしい 沖縄そば 作り方・レシピ

自家製ソーキをつくって沖縄ソーキそば

沖縄 そば レシピ

沖縄そば麺はワシワシとした食べ応え 沖縄そば麺は、太さは稲庭うどんくらい。 見ただけだとうどんと区別が付かないですが、食べ応えはまったく違います。 ひとことで言えば「ワシワシ」としているのが特徴。 コシが強く、それと同時にツルッとした感じがあまりない、ハードな食べ応えです。 沖縄そば麺には、中華そばに使われるかんすいが使われます。 それにより、うどんにはないコシが生まれます。 さらに沖縄そば麺は、加水率が低めです。 それによって「ワシワシ」とした食べ応えになります。 沖縄そば麺は焼きそばに最適 そういうワシワシとした沖縄そば麺は、焼きそばに使うにはまさに最適。 焼きそばは、ある程度きちんと炒めないと、味がしみません。 そのために、どうしてもふやけた、やわらかい食べ応えになりがちです。 沖縄そば麺ならある程度炒めてもコシがなくなりませんので、うどんや中華そばでは体験できない、ハードな焼きそばが簡単に作れます。 最近は本土でも、沖縄そばの店があったりしますので、沖縄そば麺もスーパーで売られていたりすることもあるのではないでしょうか。 もし見かけたら、ぜひ購入してみるのはオススメです。 つくり方は普通の焼きそば・焼きうどんと同じでOK 焼きそばに沖縄そば麺をつかう場合、特別な注意点はありません。 普通に焼きそば・焼きうどんをつくるのと、まったく同じつくり方でOKです。 味つけも、今回はしょうゆベースになっていますが、ソースでも問題はありません。 コシがある沖縄そば麺は、ちょっとパスタのような食べ応えもしますので、沖縄ではケチャップで味つけし、ナポリタン風にすることもあります。 沖縄そば麺をつかった焼きそば つくり方 STEP1 にんにく・ショウガと豚肉を炒める フライパンに、• オリーブオイル 大さじ1(サラダ油でもいいですが、オリーブオイルはしょうゆ味によく合います)• にんにく 1かけ(みじん切り)• ショウガ 1センチ大程度(みじん切り)• 豚こま切れ肉 80グラムなど を入れる。 豚肉は広げて入れ、• 塩 小さじ8分の1(ほんの1つまみ)• コショウ 少々 を豚肉の上からかける。 強めの弱火くらいをつけ、5分くらい、豚肉の脂を引き出しながらじっくり炒める。 酒 大さじ2• しょうゆ 大さじ1• みりん 小さじ1• オイスターソース 小さじ1 を入れ、1分ほど炒めて味を含ませる。 STEP2 沖縄そば麺とネギを炒める• ネギ 九条ねぎなら1~2本、白ネギなら2分の1本(斜め切り)• 沖縄そば麺 1人前(150~200グラム) を入れ、中火で3分くらい、麺に汁を吸わせながらじっくり炒める。 味をみて塩加減をし、皿に盛り、酢とコショウそれぞれ少々をかけて食べます。 味がしみ、なおかつコシを失わない沖縄そば麺は、25,722回くらいは死ねます。 追記 沖縄そば麺をつかったナポリタン風焼きそば レシピ 沖縄そば麺は、コシがしっかりしているので、洋風の味つけもよく合います。 ケチャップを使ってナポリタン風にした焼きそばは、沖縄ではとてもポピュラーです。 沖縄ではベースとしてウスターソースを使うことが多いのではと思うのですが、上のレシピと全くおなじ、にんにく・ショウガにオイスターソースを使うのもとてもウマイです。 その場合、上のレシピで「しょうゆ 大さじ1」というのを「ケチャップ 大さじ3」に置き換えるだけです。 野菜はナポリタンということで、玉ねぎとピーマンを使いましたが、べつに何でも好きなのでいいです。 パルメザンチーズやタバスコをかけて食べると、26,577回は死ねます。

次の

【楽天市場】沖縄そば乾麺 琉球美人|レシピ|取り寄せ|[食べ物>沖縄料理>沖縄そば]:沖縄CLIPマルシェ 楽天市場店

沖縄 そば レシピ

作り方• かまぼこは厚さが半分になるように切ります。 生姜は皮付きのまま薄切りにします。 ラフテーを作ります。 鍋に豚バラブロック肉とかぶる程度の水を入れ、中火で加熱してひと煮立ちしたら弱火で1時間ほどゆで、お湯を切って流水でさっと洗います。 粗熱が取れたら3cm幅に切ります。 鍋に4、2、料理酒、しょうゆ、黒糖を入れ、中火で熱します。 ひと煮立ちしたら落とし蓋をし、15分ほど煮汁がなくなるまで煮込み、火から下ろします。 沖縄そばを作ります。 鍋にお湯を沸かし、沖縄そばを入れてパッケージの表記に従ってゆで、ザルにあげ湯切りします。 鍋にスープの材料を入れて中火に熱し、ひと煮立ちしたら火から下ろします。 器に6を盛り付け、7をかけます。 5と1、トッピングの材料をのせ、コーレーグースをかけて完成です。

次の

からそばのレシピ。ケンミンショーで話題の沖縄鯖缶そばの作り方。

沖縄 そば レシピ

今日のランチは沖縄ソーキそばを無性に食べたくなったので、豚の骨つきあばら肉(スペアリブ)を買い、早速ソーキをつくってみました。 今回はあまり時間もなかったので、圧力鍋で時短調理します。 豚バラ軟骨ではなく、豚バラ骨付き肉なので、圧力鍋は1回。 味付もあまり煮込みすぎると肉がほぐれてしまうので注意です。 軟骨では圧力鍋を2回すると柔らかく食べることができるまでにトロトロになります。 今回のポイントは出し汁。 自分でソーキをつくるので、その2番だし汁を使って、スープをつくります。 市販の出し汁もありますが、値段は高めなので、せっかくいちからつくるのであればその出し汁を使ったほうが断然美味しいです。 以上でソーキは完成です。 小さじ1/2がちょうどよい。 お好みで島唐辛子をかける。 前回は沖縄そば乾麺+ソーキ+スープがセットになったものをためしてみましたが、やはりソーキと出し汁は自分でつくったほうが美味しかったです。 ソーキは一度にまとめてつくっておくと便利です。 残ったソーキは冷まして冷凍庫で1ヶ月保存可能。 食べたくなったら、沖縄そばを茹でてトッピングするだけ。 今回使った沖縄そば乾麺(サン食品)と島とうがらし(大城海産物加工所)の組み合わせはこちら。 あわせて 沖縄そば出し汁の素(サン食品)も買いましたが、今回は使いませんでした。

次の