あせも 薬 おすすめ。 「あせも」に効く市販薬 おすすめランキング|皮膚薬

あせもの塗り薬で市販のおすすめ!使い方と副作用もチェック!

あせも 薬 おすすめ

大人用の「あせも」に効く薬の選び方のポイント あせもになりやすい箇所は、男性の場合、シャツの襟があたる首回りやベルトの周辺、女性なら下着で締め付けられる脇や胸の下あたりです。 この他にも 腕の内側や足のつけ根など、汗がたまりやすいところもあせもになりやすい箇所と言えるでしょう。 あせもを防ぐためには、こまめに汗を拭き取ることが大切ですが、仕事中だとなかなか難しい面もありますよね。 では実際、あせもになってしまったら、どのような対処を取るのがよいのでしょうか。 一番よいのは皮膚科に行って症状を診てもらい、合った薬を処方してもらうことです。 しかし、時間の都合がつけづらく、つい後回しになってしまいますよね。 または、あせもくらいで皮膚科に行くなんて・・と思う方もいらっしゃるかも知れません。 そのような時は市販薬を使ってみてはいかがでしょうか。 中でも、 かゆみを素早く止め、症状の改善に期待が持てるのはステロイド入りの薬です。 ステロイドと言うと副作用の心配がありますが、飲み薬に比べて塗り薬はその心配は少ないと言えるでしょう。 むしろ長引かせることで症状を悪化させるくらいなら、早く治してしまった方がよいと考えられます。 大人のあせもに効く薬【市販薬】おススメ5選 ここでは、大人のあせもに効く市販薬をご紹介したいと思います。 効能・効果の効き具合は人それぞれだと思いますが、是非参考になさってみて下さい。 Sponsored Link アセモア 局所麻酔成分であるリドカイン配合で、あせもによるかゆみを素早く鎮めます。 また非ステロイドなので、ステロイドに抵抗がある方も使えます。 販売会社:小林製薬株式会社 URL: タクトホワイトL 患部を乾かす成分と、清涼感のある成分がかゆみを鎮めて、かきむしりなどによる症状の悪化を防いでくれます。 販売会社:sato製薬 URL: リビメックスコーワ ステロイド配合ですが、アンテドラッグといって皮膚から体内に吸収されると低活性物質に変化します。 販売会社:興和株式会社 URL: メンターム ペンソールA かゆみ止め、抗炎症、殺菌効果などがあり、スプレータイプなので手の届きにくい背中にも使えて便利です。 販売会社:近江兄弟社 URL: オイラックスPZ軟膏 アンテドラックステロイド配合のため、体内に吸収されると低活性なのでステロイドに抵抗がある方にも安心です。 あせもがカサカサに乾いている場合でも、ジュクジュクしている場合でもどちらにも使用頂けます。 販売会社:第一三共ヘルスケア URL: 大人用の「あせも」の市販薬のまとめ いかがでしたか? あせもだと軽く見ていると、場合によっては夜寝れないほど悩まされることもあるようですので、市販薬を使って早めに治してしまいましょう。

次の

あせもの塗り薬で市販のおすすめ!使い方と副作用もチェック!

あせも 薬 おすすめ

高級なだけある。 清涼感皆無だけどあっという間に痒みが引く。 — げ nyauuuuun この間買ってきた軟膏、やっぱりいい。 完治はしてないけど放っておいても治りそう。 ほとんど否定的なものはありませんでした。 「プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル」というステロイドになります。 ステロイドは皮膚のかゆみや炎症を強力に抑えてくれる成分です。 これはムカデやブヨなどの強い虫刺されを除けば、十分なかゆみ止め効果を発揮します。 実際の店頭価格やネットではさらに安くなっている可能性大です。 またこれは大人にも言える事ですが長期間使用するのは避ける様にしましょう。 また基本的に顔には使用しない様にしてください。 薬の性質上顔に使用してはいけない訳ではありませんが、ステロイドを配合しているためこちらも長期で使用するには適していません。 つまり水虫やインキンタムシなどは真菌が感染することにより起きる病気になりますので、免疫力を下げる事により症状が悪化してしまう可能性に繋がってしまうためです。 ですから陰部や水虫の部位には使用してはいけません。 また顔にピンポイントで短期間(2~3日程度)使用するならば問題ありませんが、強い薬になりますので広い範囲に長期間使用しないようにしましょう。 この場合は爽快感があるクールタイプ、そして塗り心地の良いクリームタイプを選びましょう。 効果がないわけではありません。 しかし上でも紹介しましたがステロイドには免疫抑制作用があるため、 ニキビの原因であるアクネ菌を増殖してしまう可能性があります。 一般的にもニキビ治療となると顔面に長期間連用することになると思いますので基本的にステロイドが配合されている薬をニキビに用いる事はありません。 ではこの選び方を紹介していきます。 軟膏かクリームか 選び方としては「 ジュクジュクした所」には 軟膏が適しています。 カサカサしている所ならばどちらでも問題ありません。 もし「 べたつきやテカりが気になる人」は クリームタイプを使いましょう。 使い勝手が良いのはクリームタイプになります。 選び方がよく分からない場合はクリームタイプを選んでおけば間違いありません。 クールタイプはスーッとした爽快感がありますが、メントールなどのアルコールを配合しているために 少し刺激がある場合があります。 価格はどちらも変わらないみたいなのでお好きな方を選びましょう。 特にこだわりがないのであればオーソドックスな普通のクリームが万能です。 また、似たような効果の薬としては以下の薬が挙げられます。

次の

あせも(汗疹)に効くおすすめな市販の塗り薬の紹介|おすすめの市販薬を最速で選ぶ

あせも 薬 おすすめ

そしてあせもはより深い皮膚で起きるほど深刻になります。 例えば一番皮膚の深い所で起きるあせもは「深在性汗疹」になりますが、深在性汗疹は汗をかくことができなくなるため体温調整がうまくいかない場合があります。 ただし深在性汗疹は気温が高い地域(熱帯地域など)で作業をして長時間高温にさらされる人がなるものなので日本人がなることはまれです。 ですから基本的には 水晶様汗疹 ・紅色汗疹がメインとなります。 しかし水晶様汗疹は白いぶつぶつができるだけで、痒みを伴ったりすることもないので特別に治療する必要性はありません。 よって一般的な あせも治療のメインは紅色汗疹となります。 あせもの薬を選ぶ前にあせもかどうか確認する あせもの薬を選ぶ前にそれが本当にあせもなのか確認しましょう。 例えばあせもの特徴として水ぶくれや赤いぶつぶつや痒みなどがありますが、これがもし汗のかきやすい所、例えば 頭、首回り、脇、胸の下、ひじの内側、足のつけ根、お尻 などにできていればあせもの可能性が高いでしょう。 逆にそれ以外にもできる場合はあせも以外の病気を疑う必要があります。 そして今回紹介する薬を使用しても症状の改善が見られない場合は、菌の感染などの他の病気の可能性も高いため、その様な時は薬の使用をやめて一度皮膚科を受診するようにしてください。 その際にもし病院で貰っている薬や市販薬を使用している人は、薬の副作用の可能性もありますので、その使用している薬を医師に必ず伝えるようにしてください。 あせもに効く市販薬 あせもは皮膚が炎症を起こしている状態となります。 ですから薬で皮膚の炎症を抑えてあげればいいという事になります。 そんな あせもの治療の基本は「ステロイド」になります。 ステロイドは炎症を強く抑える成分であるため、あせもを治療するのにかなり効果的な成分になるんです。 ・メジャーな薬でどこでも買える ・たっぷり入って値段が安い ・皮膚の薄い部位にも使える 理由としては液体ムヒS2は非常にメジャーな薬であるため、いざドラッグストアに買いに行こうと思ってもまず売っています。 当然ながら薬剤師がいなくても購入できます。 そして値段が安いのもメリット。 50mlも入って1000円以下で余裕で買えます。 またステロイド配合の薬になりますが、液体ムヒS2のステロイドはステロイドの中でも最も弱いランクの強さになります。 あせもができやすい部分は首回りや肘の内側などの「皮膚が薄い部位」にできる事も多いですが、この場合は強いステロイドは薬が吸収されやすくなってしまうため使用不可となります。 ところが液体ムヒS2はそれらの皮膚の薄い部位にも使用可能であり子供でも使用できる薬となっているんです。 「弱いから効かないのでは?」と思うかもしれませんが、それでも十分ステロイド以外の薬と比べて炎症・かゆみを抑える強さは強力です。 おまけにかゆみを抑える成分や炎症を抑える成分もステロイドとは別に配合され、爽快感がある成分も配合されているためあせもにピッタリな薬となります。 <液体ムヒS2の成分> デキサメタゾン酢酸エステル ジフェンヒドラミン塩酸塩 L-メントール dL-カンフル グリチルレチン酸 イソプロピルメチルフェノール 液体ムヒS2よりワンランク上の強さの薬2種類 もし上で紹介した液体ムヒS2が効かない場合や、あせもの症状がひどい場合は以下の2つのどちらかを試してみてください。 それは 液体ムヒアルファEXもしくは アセムヒEXです。 ではなぜ液体ムヒアルファEXとアセムヒをすすめるのかと言いますと、この2種類は 液体ムヒS2よりもワンランク強いステロイドを配合しているためです。 ただしステロイドの強さが強くなったとしても、首回りなどの皮膚が薄い部分にも使用可能です。 当然子供も使用できます。 <液体ムヒアルファEX> プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル PVA ジフェンヒドラミン塩酸塩 L-メントール dL-カンフル イソプロピルメチルフェノール <アセムヒEX> プレドニゾロン吉草酸エステル酢酸エステル PVA ジフェンヒドラミン塩酸塩 L-メントール クロタミトン タンニン酸 ちなみにアセムヒEXは液体タイプではなくクリームタイプとなります。 どうしてここでクリームタイプを紹介しているのかと言いますと、アセムヒEXは「タンニン酸」と言う汗が皮膚の侵入を防ぎ皮膚を保護する効果の成分を配合しており、液体タイプと比べて集中的に塗る事が可能になるためです。 ですからもしピンポイントであせもになっている場合や症状がひどい場合にはアセムヒEXを試すのもおすすめです。 それ以外の基本的な効果は液体ムヒアルファEXと大きく違いません。 値段も同程度です。 今回は基本的にステロイドを配合している薬を紹介してきましたが、もし症状がそこまでひどくないあせもの場合や、ステロイドは使いたくないけど効果の高い薬を使いたい時にピッタリな薬がまさにこのメンタームペンソールAになります。 オイチミンDよりもデキサアルファ液がおすすめ オイチミンDは上で紹介したデキサアルファ液やタクトプラスローションと同じステロイドを配合しています。 ただしオイチミンDは「ステロイド」と二次感染を予防する「抗菌成分」の2種類しか配合していません。 かたやデキサアルファ液などはかゆみに効く成分や炎症を抑える成分や爽快感のある成分までも配合しており、また 価格もオイチミンDよりも安くさらに液体タイプになっているため、もしオイチミンDを選ぶのであればデキサアルファ液やタクトプラスローションの方がおすすめとなります。 エンクロンローションEXは価格が高い エンクロンローションEXは上で紹介した液体ムヒアルファEXとほぼ同じ効果を発揮します。 配合されているステロイドの種類も同じです。 しかし液体ムヒアルファEXの方をおすすめする理由はその 値段になります。 エンクロンローションEXは1780円(12g)ですが、液体ムヒアルファEXは1200円(35ml)となっています。 そして実際の販売価格も液体ムヒアルファEXの方が値下げされている事も多いため、あせもの薬としては液体ムヒアルファEXの方がおすすめです。 オイラックスPZリペア軟膏も価格がネック オイラックスPZリペア軟膏もエンクロンローションEXや液体ムヒアルファEXとほぼ同じ効果を発揮します。 もちろん配合されているステロイドも同じです。 しかし オイラックスPZリペア軟膏の価格は5gで980円、10gで1800円となっています。 これはエンクロンローションEXよりも高い価格になっているため、効果が同じならば液体ムヒアルファEXの方がおすすめとなります。 あせもローション桃の葉 あせもローション桃の葉はステロイドを配合していませんが、 他の非ステロイド配合の薬とは一風変わった作りとなっています。 その理由としては「レゾルシン」や「桃の葉・キョウニンの浸出液」などの他のあせもの薬には配合されていないような成分を配合しているためです。 これらの成分はかゆみや炎症、殺菌効果がある薬となっており、これらの成分を配合してある市販のあせもの薬は珍しいです。 ただしあせもへの効果としてはステロイドを配合している薬には及びませんので、もしあせもへの効果を重視するならばおすすめしません。 それに同じステロイド非配合ならばメンタームペンソールAの方をおすすめします。 あせもは予防が大切 あせもで一番大切なことは予防です。 汗をかいたらシャワーを浴びたり、濡らして固く絞ったタオルで拭くようにしたり、保湿剤を塗るなどスキンケアが一番になります。 また あせもとニオイの関係にも注意が必要です。 もちろん薬を使用しながらも、できるだけ肌のケアには気を付ける様にしましょう。

次の