黒 猫 の ウィズ アンダー ナイト テイル。 【黒猫のウィズ】アンダーナイトテイルハード5

黒ウィズ 猫語モード サイト編!!

黒 猫 の ウィズ アンダー ナイト テイル

4月1日に、猫語モードが実装になりました! 告知 いろんなゲーム用周辺機器を作成しているHORIの全面協力を得て、専用コントローラーも開発していたそうです。 ホンマかいな?と思ってHORIのサイトへ行ったらしっかり告知されていました。 なかなか面白そうだったので、へ 人は使ってはいけないとのこと。 このサイト、ちゃんと猫用のサイトも用意されてました。 こちらは、キュートなお尻の杖を如意棒のように扱っている青い猫が案内してくれるようです。 ドラクエオマージュなんでしょうが、もう孫悟空にしか見えない。 レビューも載ってました。 メリケン付けるくらいのワルだけど、ニャンコンが友達づくりのきっかけになるんだって。 もちろん猫用もあり。 浅井Pの商品紹介。 猫用 思いっきり見切れてます。 というかもう元画像が何かわからないレベル。 注意書きも猫用なのはナイス。 サポート欄もあったり。 猫用 おー、じゃ、商品買ってみようかな、と思って予約をクリックすると そりゃーねぇ。 小生、の時は本気でコロプラを憂えたくらいのアホですが、さすがに今回は10秒ぐらいでわかりました。 専用サイトも、浅井Pのyoutubeもまだ生きてますので、今回あんまりチェック出来なかった!というひとはぜひ 結構な熱量です。

次の

【黒猫のウィズ】アンダーナイトテイルハード5

黒 猫 の ウィズ アンダー ナイト テイル

攻略まとめ パネルに回復60が付与! パネルに回復60効果が付与されており、AS回復持ちをあまり持ち込まなくてよいクエストとなっている。 回復役は1〜2体程度にし、その分アタッカーを多めに積もう。 光闇で固めよう 1戦目の先制で回復反転無効を受ける関係上、光闇精霊のみでの攻略が基本。 1体だけならで対応可能。 も有効だ。 初戦からHP9000以上が求められる 1戦目の先制でのろい HP-8000 を受ける。 道中の攻撃は基本的に100前後なので、HPは9000あればオーケー。 のような初回発動が早いステータスアップが有効。 足りない分は結晶で補おう。 合計12連撃が必要 3戦目にて、1ターン目から即死級攻撃を行う敵が出現する。 HPは12 鉄壁 なので、連撃AS持ちを用意してワンパンできるようにしよう。 光属性の攻撃SSが有効 ボスは怒ると闇属性に変化し、反動攻撃により水・光属性の弱体化状態となる。 のような光属性の高火力SS持ちがいると、ボス戦攻略が大きく楽になるので所持していれば採用しよう。 ライバル戦は遭遇しない方がよい ストルを3T以内に倒しきらないと、先制盗む&逃走により SSなしの状態でボス戦に挑むことになる。 連撃数が足りないデッキで攻略する場合は、ライバル戦なしのパターンで挑戦しよう。 属性の相性によってダメージ量は変動します。 25倍になります。

次の

クソイベ

黒 猫 の ウィズ アンダー ナイト テイル

26日に大型アップデートの一環としてが実装。 しかしクイズスタディアムの実装のせいで今月のイベントはないのかぁ…。 と落胆した達に27日のお知らせにて新イベ予告の1枚絵が追加され、28日 土 に特設サイトとPVが、29日にはおせにゃん 80が公開され、30日にイベント開始となった。 土日にイベントの予告をするというのはになった黒ウィズにおいて長らく行われておらず、驚くプレイヤーもいたとか…。 (もちろん16時になると自動で更新されるように仕組んでいた可能性も十分ありうる。 ) 開催前としてはシラユキがまさかの男の娘であるということが明かされ、都の闇どもがいきりたったりした。 に同じようなキャラがいた気がするが…。 また、ウィズでは珍しくライターの名前を最初から明かしていた。 このことから渾身の出来であると推測する者も居た。 一部からはライターが八百万神秘譚を担当したライターであるらしい可能性があることが不安視されている。 基本的にシンデレラが主役、ピノキオは全般的に、スノウは中盤あたりでメインで、トルテたちは中盤から終盤に登場する。 それと比較すると「狼たちと鮮血ずきんさん」の3人の出番はほとんど無い。 しかも、出ているシーンのほとんどは洗脳されてたりするだけであり、それいる?感が非常に強い。 一応ラグールが鏡に問いかけるシーンは熱かったが、その肝心のラグールはなんで限定化してないんですかね…。 ボスキャラで見ても 絶望を求めていないマルグリットの部下であるヘンリーが特に理由も無く完全にフェードアウトしたり、なにか深い事情がありそうなはずの泉の女神であるアリアの出番はほんのわずかしかない。 一応ピノキオを変えるきっかけとなったキャラではあるのだが…。 このような雑な扱いを受けるのであれば、狼たちと鮮血ずきんさん組にストル、トルテ達は出してほしくなかったという意見もある。 話の整合性をとやかくいうのは正直避けたいところではあるのだが如何せん、とおもえる様なイベントでもなく設定に苦しめられるイベントであるのにその設定がガバガバだったり、整合性が取れていないといった点は致命的といえる。 以上のようにいろいろ酷い部分が多いのにエピローグで手放しにこのイベントを褒める余とストリー 聞いてみるとストーリーと整合性が合わない様に思える各種キャラのボイス 深化ボイスや自己紹介ボイスなど etc... ヴィラードの行動要因がストーリーで語られることがなく、またストーリーだけでは明らかに味方する理由に欠けている。 一応精霊拡大画面で「吸血の呪いを受けて吸血鬼になった。 元はある国の王子だったのだが…もう遠い昔の事だ。 」と言う点や、マルグリットに騙されていたという点、不死の呪いにより精神が弱っていたといった契約深化の話を聞けば理解はできるのだがあそこまで無駄が多かったストーリーにこの程度の文章が入れられなかったのだろうか? なお今回の最後で、本になってしまったマルグリットから吸血鬼の呪いの解き方を聞くと言っていたが、これまでの展開を考えると解き方を教える代わりに元に戻すように言われ、マルグリットが元に戻った所でまた騙されてまた今回のように同じ事が起きないとは限らない。 というか絶対なるだろ。 モチーフはもちろんシンデレラ。 ちなみに演人はキャストと読ませている。 SS1なら50%。 エクセリアたちが持つ不調大魔術とは対になるスキルである。 まあロマン枠に過ぎないが…。 さらに潜在結晶などでかさ増しできる点や水光の2度発動する点などを考えるとどれだけダメージがかさむのかは予想が付かない。 まあロマンなのだが。 瀕死系は連発を防ぐために完全回復効果もあったが、結晶で防ぐ事で2回なら使う事ができた。 しかしこちらはそのような対策はできない。 当時から使えなかったのはお約束。 火単色 AS:属性特効 SS:捕食大魔術 EX-AS:貫通 モチーフはホラー小説「吸血鬼カーミラ」に登場する同名の吸血鬼 原作では女性で、美貌を保つために吸血していた 童話じゃないんかい。 ただし、自身の契約深化などの話によると昔は王子だったが吸血の呪いをかけられそれをとくために…といった話をする。 本編でやれ!ちなみに、まだ血は吸ったことはないらしい。 AbCdレイドのリーベクーヘンの色違い。 配布の中ではトップクラスの火力を出せる上にリーベクーヘンよりは集めやすい。 リーベクーヘンと異なりガチャでエイラが実装されているためそちらがいたらEXASでの起用を考えよう。 なお、との共通点が非常に多い。 本編にもボイス付きで登場する高難度クエストのボスである、最初は敵として登場するが別の敵を倒すために共闘する、恐怖を使いこなす、復活する、結晶の性能が色違い、普通に戦うと苦労するがカウンターデッキに高速で攻略される等。

次の