エタノール 消毒 液。 無水エタノールを使った「アルコール除菌スプレー」の作り方!手指に使える消毒液!

無水エタノールを使った「アルコール除菌スプレー」の作り方!手指に使える消毒液!

エタノール 消毒 液

ただのエタノールでもアルコール液は作れるのか? 「無水エタノールを使った消毒液の作り方」がTVで紹介されました。 その直後、店頭から「無水エタノール」が消える事態に。 しかしそんな中、「エタノール」だけは残っている店舗もちらほら(2020年2月上旬)。 「エタノールでも作れるの?」 ふと疑問に思ったので、製造販売元に問い合わせてみました。 エタノールでも作れますか? すると、「作れます」との回答。 希釈の仕方は? 「消毒効果があるのは、70〜80%。 無水で作るときと同じように、エタノール4に対して精製水1の割合で希釈すればよい」とのことでした。 ということで、エタノールも「殺菌スプレー」を作れます! 作り方については、無水エタノールと同じ。 こちらの記事をご参照ください。 エタノールで作ったらアルコール消毒液になるの? ところで、「エタノールって、アルコール液なの?作ったらアルコール消毒液になるの?」って思ったことありませんか? 健栄製薬のサイトにはこのように書かれてあります。 (参照:) また、このようにも書かれてあります。 一般的にアルコールといえば エタノールを指し、消毒に用いられる製剤は主にエタノール、イソプロパノールです。 健栄製薬: つまり、、、.

次の

【消毒用エタノール】使い方やIPとの違いは何?手ピカジェルの代わりにおススメ!

エタノール 消毒 液

消毒用エタノールは「アルコール消毒液」 消毒用エタノールは、一般的に「 エチルアルコール」と呼ばれるアルコールの一種。 殺菌消毒用として作られていて、「皮膚や器具などの消毒」をすることができます。 主に医療機関などで使われている商品です。 パッケージには、「創傷面の殺菌・消毒」と書かれてあります。 消毒用エタノール・値段はいくら?どこで買える? 消毒用エタノールの値段は、1000円(500ml)程度。 ドラッグストアや薬局で買うことができます。 消毒用エタノールの使い方は?液は薄めずにそのままつけるの? 「薄めるのか?そのままつけるのか?」 濃いアルコール液なので心配になるかと思います。 消毒用エタノールはそのまま使える! この消毒用エタノールは、「 原液のまま」でOKです。 上でも述べましたが、「すでに手指や器具の消毒用に希釈されている商品」。 そのまま手に付けることができます。 もし「無水エタノール」を消毒液として使いたい時は、濃度を薄める必要があります。 スプレー容器は「アルコール液OK」の物を使う ボトルで買った場合、スプレー容器に入れると使いやすくなります。 その場合は、エタノール・ アルコールOKの容器に入れるようにしましょう。 私は、空っぽになった容器を「再利用」しています。 エタノール・アルコール不可の容器もあるので、確認のうえ詰め替えてくださいね。 誤用の原因になったり品質が変わることがある」と注意書きがあります。 お知りおきください。 もともと「 ノズルがついた商品」もあるようです。 成分の違い• 酒税の有る無し 消毒用エタノールとIPの主な違いは、含まれる成分が若干違ったり、酒税がかかるか否かにあるようです。 IPには添加物としてイソプロパノールが含まれており、イソプロパノールは酒税がかからないため、その分「安く提供できる」とのこと。 <参考:> 消毒用エタノールとIP「どっちを買えばいいの?」 では、どちらを買えばいいのでしょうか? 値段の高い「消毒用エタノール」の方が、効き目がありそうな気がしますが・・・。 販売元のサイト()には、「 両者の殺菌効果は同じ」と書いてありました。 なので、店頭にどちらもある場合は、「 IPがお得」かなと思います。 私は、買う時に悩んで「取り合えず高い方(消毒用エタノール)」を選びました。 次は「 消毒用エタノールIP」を買う予定です。 効果が同じなら、100円でも安い方がいい。 その分、家計も助かりますからね。 (添加物の「イソプロパノール」が気になる方は、「消毒用エタノール」をお選びください。 ) 消毒用エタノール(IP含)「使用上の注意」 消毒用エタノールは、手軽に買えて使い方も簡単ですが「高濃度のアルコール」。 取り扱いには注意が必要です。 【主な注意事項】• 引火しやすい。 火のそばで使わない。 目や口など 粘膜につけない。 密栓し、直射日光の当たらない涼しい場所に保管するetc. 万が一、口や目など粘膜に触れたときは「 大量の水」で洗い流すこと。 飲み込んだ場合は、「 水を飲ませて吐かせる」等の処置をし「 医師の手当て」を受けること。 特に、小さなお子様がいる場合は「 誤飲しないよう」置き場所に配慮してください。 その他にも注意すべき点はあります。 「パッケージの注意事項」を必ずお目通しの上、ご使用になってください。

次の

【消毒用エタノール】使い方やIPとの違いは何?手ピカジェルの代わりにおススメ!

エタノール 消毒 液

無水エタノールとは?本当に「アルコール消毒液」が作れるの? 消毒用エタノールなど、アルコール消毒液が品薄になってしまいました。 感染が広がる中、消毒液がないと不安になってしまいますよね。 でも大丈夫!無水エタノールで手作りすることができます。 無水エタノールは希釈すれば「アルコール消毒液」になる 無水エタノールは、エチルアルコールと呼ばれる アルコールの一種。 5vol%と濃度が高く、「水拭きできない電子機器」や「電化製品」の洗浄などに使われています。 刺激が強いため、皮膚につけてはいけない。 すぐ蒸発するので、殺菌効果もない。 しかし「 70〜80%に薄める」と、なんと消毒用エタノールに大変身! 「 アルコール消毒液」として使うことができます。 <参考:「> 手指用・アルコール消毒液の作り方-「材料」 消毒液を作る材料は、この2つです。 消毒液の材料• 無水エタノール: 約1500円• 精製水: 約100円 (各500ml) 無水エタノールと精製水を合わせても、1600円ほどで買うことができます。 (エタノールの値段は店舗やメーカーによって変わります) 無水エタノールや精製水はどこに売っている? 両方とも、ドラッグストアや薬局で購入できます。 ネットショップにもあります。 ただし、「ミネラルなど不純物」が混ざっているため、精製水より長持ちしにくい。 早めに使いきるようにしましょう。 そのため無水エタノール80mlに精製水20mlを加えても、100mlに満たない。 「精製水を少しだけ多めに入れ全体量を100mlに調整する」と丁度いい濃度になるようです。 (参考:) 消毒液を入れる「スプレーボトルやプッシュ式容器」について 手作り消毒液を入れる容器は「 高濃度のエタノール(アルコール)対応」の商品を使用します。 パッケージを確認しよう 表に「アルコール可」となっていても、裏に「高濃度は不可」と小さく書かれている物もあるので気を付けて。 よく確認して使いましょう。 専用ボトルが無いときの入れ物 【主な注意事項】• 火のそばで使わない。 目や口などの 粘膜につけない。 フタをしっかり閉め、直射日光の当たらない涼しい場所に保管する• 誤飲しないようラベルを貼ったりなど配慮する。 もし目や粘膜に触れたら 「 大量の水で洗い流す」こと。 もし飲み込んでしまったら 「 水を飲ませて吐かせる」等の処置をし「 医師の手当て」を受けること。 もし皮膚に異常を感じたら 「 使用を中止」。 医師や薬剤師などに相談すること。 <消毒用エタノールの使い方> また、無水エタノールの容器には「消毒液」として使う場合の注意事項が書いてありません。 下方にパッケージの写真を載せますので、手作りする際にはお目通しくださいね。 買ってはいけないメタノール!買い間違えに注意 あと、買い間違えにもご注意ください。 無水エタノールと同じ陳列棚には、「 メタノール」というよく似た名前の商品もあります。 この 「メタノール(燃料用アルコール)」は有毒。 人体につけると危険なので、間違えて買わないようにしましょう。

次の