デイトナ バイク ガレージ。 デイトナのバイク用『ガレージ』とても快適です♪

ガレージこそ盗難対策の決め手、自分だけの城にもなる!

デイトナ バイク ガレージ

何を主軸にバイクガレージを選ぶのか 当然ながら、一番大事な部分がここ、 何を主軸に考えてバイクガレージを選ぶのか?ここをはっきりしておかないと迷ってしまいますので、一番最初にここだけは揺るがないようにしておきましょう。 選ぶ基準としてよくあるのがこの辺りです。 バイクガレージの防犯性能の高さを重視する• バイクガレージ自体の金額を重視する• バイクガレージの大きさ・サイズや寸法を重視する お金に余裕があるのか、お金よりも防犯性能を重視するのか、設置する場所のことを考えるとサイズや寸法を重視するのか、でバイクガレージの選び方は大きく変化すると言って良いと思います。 当サイトでは3種類のバイクガレージを比較しました 当サイトでは、 ボックスシェローさん、 イナバさん、 デイトナさんのバイクガレージを比較してみました。 厳密には、1社で様々なパターンのバイクガレージがあり、全てを比較することは現実的ではないので、それぞれのバイクガレージの近いタイプを比較し、ランキング形式にしてみました。 防犯性能重視ならボックスシェロー バイク用のガレージとして、防犯性能としては 断トツの防衛力のあるバイクガレージです。 その分、 ややコスト的に高価ではあるものの、ハーレー乗りの方に定評のあるバイクガレージだと言えます。 また、床付きタイプであるため設置場所を選ばないという点もGoodで、 幅の広いスロープが標準装備でバイクの出し入れが楽なバイクガレージとなります。 同じクラスのバイクガレージと比較すると最安値級になるのがやはり強いところです。 デイトナのバイクガレージも基本的に床付きタイプですので、設置場所を選ばないという点もGood。 ただ、 バイクを出し入れする際のスロープがオプションとして別売りとなっているので、注意が必要です。 通常の設置では段差が10cmくらいできますので、スロープなしでは出し入れできない感じです。 オプションのスロープをつけるか、自分で何か設置するかの必要があります。 バイクガレージ金額比較ランキング 第1位 デイトナ ざっと264,000円(DBG-1326L) 第2位 イナバ ざっと275,100円(FXN1326HY) 第3位 シェロー ざっと285,500円(BOX SHELLO) サイズや寸法を選びたいならイナバのバイク保管庫 バイクガレージの サイズや寸法などで一番選択肢が多いのがイナバのバイク保管庫になります。 バイクを2台入れたい、自転車も一緒に入れたい、あれもこれも保管したいと考えているのであれば、このシリーズが一番おすすめになるかと思います。 但し、土間タイプであればコンクリをうつ工費や工期がかかるため注意が必要です。 一般に 工費は10万円ほどかかるので、土間タイプの金額の安さに引かれて見積もりを取ると、床付きタイプと同じくらいの価格になるといったケースもあるので、注意が必要です。 バイクガレージ金額比較ランキング 第1位 イナバ 現在27タイプの仕様が販売されています。 第2位 デイトナ 現在14タイプの仕様が販売されています。 第3位 シェロー 現在3タイプの仕様が販売されています。 ちなみに比較基準としたバイクガレージについて バイクガレージの定番サイズとされているBOX SHELLOとデイトナのDBG-1326L、FXN1326HYが、それぞれ一番近い競合商品になるかと思いますので、ここを基準として比較ランキングとしています。 その他、工費や人件費、キャンペーンや送料などを鑑みると金額ランキングは変化する可能性がありますので、詳しくはそれぞれの販売元などに確認を取るようにして下さい。 当サイトで調べたものはあくまでもパンフレット上にあるものを参考に算出しています。

次の

ガレージこそ盗難対策の決め手、自分だけの城にもなる!

デイトナ バイク ガレージ

バイク専用のガレージって?! デイトナのモーターサイクルガレージ勉強会 2020年2月26日(水)、千葉県柏市にある稲葉製作所柏工場にて「デイトナモーターサイクルガレージBASICシリーズ工場見学、体験勉強会」が開催された。 この体験勉強会は、デイトナモーターサイクルガレージのBASICシリーズを展示・販売する店舗に向けて行われたもので、ライダーが使いやすいよう普通の物置や車用のガレージとは異なった工夫を行っている点や、製品自体の品質の高さなどを、販売店に知ってもらうために、商品説明や組み立て体験が行われた。 またバイクガレージを自分らしい空間にするため、オリジナルのオプションパーツやホームセンターで購入できるアイテムを使ったガレージ空間のDIY技なども披露。 この勉強会に参加すると、販売店を訪れたライダーたちに「モーターサイクルガレージBASICシリーズ」を最大限活用できるアドバイスが可能になるような実用的な講義が用意されており、参加した販売店担当者の方々も興味深そうに耳を傾けていた。 そんな体験勉強会の場を取材する機会を得たので、勉強会の内容と合わせて、バイク仕様のガレージについてレポートしていこう。 まずは座学。 二輪販売台数やバイクの盗難状況をレクチャー。 実は年間2万台、毎日55台のバイクが盗難にあっているんだとか……。 しかも住宅の敷地内で盗難にあうことが一番多いって知ってました?! 当日かなり時間をかけて行われたのは「組立体験」。 デイトナモーターサイクルガレージ・BASICシリーズを組立ます。 まずはパーツを全て広げて組立やすい状態に。 組立実演をしてくれたのは、デイトナスタッフの皆さん。 枠組み部分の組立はデイトナのスタッフさんが担当。 組立ながら製品のポイントなどを紹介してくれました。 ある程度まで出来上がったら「組立体験」へ。 このモーターサイクルガレージ・ベーシックシリーズは購入者の使い安さだけでなく、組立もやりやすいようにパーツに細かな工夫がほどこされているんだとか。 実際に体験している販売店の方。 皆さん真剣にガレージの組立体験をしていました! 組立中に説明があった「モーターサイクルガレージBASICシリーズ」の特徴を一部ご紹介。 一般的なサイズのハイルーフタイプには2段の収納棚が標準装備。 ヘルメットや工具がおけて、棚の高さを変えることで奥までバイクを入れることも可能。 気が付きにくい部分だが、妻部分の出っ張りが一切ないので、隣に壁があるなどの立地でも無駄なスペースがなく設置が可能なデザインになっている。 また、外側にボルトが出る部分には錆防止のキャップが付く。 これだけボルト部分の錆がかなり抑えられる。 こちらも標準装備のブラックゴムマットとスタンドプレート。 2台収納したい場合は別料金になるが追加で購入が可能だ。 気になる防犯対策もバッチリ。 ディンプルキータイプの鍵でシャッター錠が2か所用意されている。 こちらも防犯対策。 黄色いラウンドロック自体は別売りだが、シャッターガードの固定用プレートが付属しカッターなどで切りにくいラウンドロックを後からつけることもできる。 こちらが組立体験で完成したモーターサイクルガレージ。 見学がしやすいようにサイドパネルと天井の一部を取り付けずに完成! 実際の製品はこんな仕上がり。 デイトナモーターサイクルガレージは高さ(外寸)が2070mmのロールーフタイプと2370mmのハイルーフタイプがあり、設置個所に高さ制限がない場所ならばハイルーフタイプがおススメとのこと。 横幅は1370mm~2630mmの間で5タイプを用意する。 価格は設置費用込みで31万4,500円~51万8,500円(税抜き)。 その後はオプション部品やホームセンターで購入できるガレージ内のDIY技を披露。 こちらはガレージ内の空間を活用できる「薄型ラック」。 Sサイズ(5,000円・税抜き)、Mサイズ(7,000円・税抜き)。 ガレージと一緒に注文する人が多いという「アルミスロープワイド」。 高さ調節のアジャスター付きで2万円(税抜き)。 ガレージ内の壁面に装着できる「ヘルメットラック」。 パネルの後ろにはグローブやネックウォーマーがしまえるスペースも用意する。 7,500円(税抜き)。 シャッターケース部分に棚板(棚板は付属品ではありません)を設置できる「シャッターケース用ブラケット」。 価格は4,500円。 こちらの床板やマットはデイトナのオプションではなくホームセンターなどで購入できるもの。 壁面や床を板張りにすればオイル汚れも気になりにくい。 自分らしい空間にできればガレージでの作業がさらに楽しいものになりそうだ。 こちらは今回の勉強会に参加した販売店でのガレージ展示例。 今回紹介したデイトナのモーターサイクルガレージBASICシリーズをもっと詳しく知りたい方は以下のリスト販売店へ。 体験勉強会に参加している店舗スタッフの方も多く、ガレージの活用方法や設置に関しての詳細も説明してくれるはずだ。

次の

デイトナのバイク用『ガレージ』とても快適です♪

デイトナ バイク ガレージ

何を主軸にバイクガレージを選ぶのか 当然ながら、一番大事な部分がここ、 何を主軸に考えてバイクガレージを選ぶのか?ここをはっきりしておかないと迷ってしまいますので、一番最初にここだけは揺るがないようにしておきましょう。 選ぶ基準としてよくあるのがこの辺りです。 バイクガレージの防犯性能の高さを重視する• バイクガレージ自体の金額を重視する• バイクガレージの大きさ・サイズや寸法を重視する お金に余裕があるのか、お金よりも防犯性能を重視するのか、設置する場所のことを考えるとサイズや寸法を重視するのか、でバイクガレージの選び方は大きく変化すると言って良いと思います。 当サイトでは3種類のバイクガレージを比較しました 当サイトでは、 ボックスシェローさん、 イナバさん、 デイトナさんのバイクガレージを比較してみました。 厳密には、1社で様々なパターンのバイクガレージがあり、全てを比較することは現実的ではないので、それぞれのバイクガレージの近いタイプを比較し、ランキング形式にしてみました。 防犯性能重視ならボックスシェロー バイク用のガレージとして、防犯性能としては 断トツの防衛力のあるバイクガレージです。 その分、 ややコスト的に高価ではあるものの、ハーレー乗りの方に定評のあるバイクガレージだと言えます。 また、床付きタイプであるため設置場所を選ばないという点もGoodで、 幅の広いスロープが標準装備でバイクの出し入れが楽なバイクガレージとなります。 同じクラスのバイクガレージと比較すると最安値級になるのがやはり強いところです。 デイトナのバイクガレージも基本的に床付きタイプですので、設置場所を選ばないという点もGood。 ただ、 バイクを出し入れする際のスロープがオプションとして別売りとなっているので、注意が必要です。 通常の設置では段差が10cmくらいできますので、スロープなしでは出し入れできない感じです。 オプションのスロープをつけるか、自分で何か設置するかの必要があります。 バイクガレージ金額比較ランキング 第1位 デイトナ ざっと264,000円(DBG-1326L) 第2位 イナバ ざっと275,100円(FXN1326HY) 第3位 シェロー ざっと285,500円(BOX SHELLO) サイズや寸法を選びたいならイナバのバイク保管庫 バイクガレージの サイズや寸法などで一番選択肢が多いのがイナバのバイク保管庫になります。 バイクを2台入れたい、自転車も一緒に入れたい、あれもこれも保管したいと考えているのであれば、このシリーズが一番おすすめになるかと思います。 但し、土間タイプであればコンクリをうつ工費や工期がかかるため注意が必要です。 一般に 工費は10万円ほどかかるので、土間タイプの金額の安さに引かれて見積もりを取ると、床付きタイプと同じくらいの価格になるといったケースもあるので、注意が必要です。 バイクガレージ金額比較ランキング 第1位 イナバ 現在27タイプの仕様が販売されています。 第2位 デイトナ 現在14タイプの仕様が販売されています。 第3位 シェロー 現在3タイプの仕様が販売されています。 ちなみに比較基準としたバイクガレージについて バイクガレージの定番サイズとされているBOX SHELLOとデイトナのDBG-1326L、FXN1326HYが、それぞれ一番近い競合商品になるかと思いますので、ここを基準として比較ランキングとしています。 その他、工費や人件費、キャンペーンや送料などを鑑みると金額ランキングは変化する可能性がありますので、詳しくはそれぞれの販売元などに確認を取るようにして下さい。 当サイトで調べたものはあくまでもパンフレット上にあるものを参考に算出しています。

次の