フィギュア スケート アサイン。 フィギュアスケート観戦チケット購入|世界選手権 ISUグランプリシリーズ|世界フィギュア|

フィギュアスケート、グランプリシリーズのアサイン発表ありまし...

フィギュア スケート アサイン

NEW! 序盤の国内ローカル大会、チャレンジャーシリース CS から、ジュニアとシニアのグランプリスリーズ、さらにはブロック大会、東日本・西日本を含む国内大会、各国ナショナル、そしてISUチャンピオンシップまで含まれます。 各大会の結果は速報で更新します。 情報は都度更新していきますので、最終的にはなが~い記事になりますw とくに大きな大会、注目選手が出場する大会は、新記事をアップして詳細をお知らせしますが、その際には本記事にリンクを貼っていきます。 つまり本記事をブックマークしておけば、すべての試合の速報記事にたどり着けるということです。 Contents• 2019-2020シーズン全体の流れ 2019-2020シーズンは「大幅なルール改正」が行われた2年目になります。 運用初年度は試行錯誤だったと思いますが、今季はその経験を踏まえて本格的に対応してくると予想されます。 なお、URジャンプの基礎点微増など一部ルールがリニューアルされていますので、以下でお確かめください。 すべての大会は記載していませんので、以下でお確かめください。 37、2樋口新葉60. 57、3永井優香53. 08、2國方勇樹60. 89、3中野耀司56. 37、2吉岡詩果49. 78、3三枝知香子36. 16、1吉田陽菜82. 36 転倒でしたが、3Aチャレンジ 、3三枝知香子80. 36、2大庭雅57. 02、3新田谷凜55. 00 134. 64 、2大庭雅161. 02 104. 00 、磯辺ひな乃150. 40、2松生理乃59. 54、3浦松千聖59. 07、4横井きな結57. 12、5手嶋里佳55. 69、6吉田陽菜55. 22 124. 68 、2荒木菜那182. 36 118. 96 、3吉田陽菜170. 31 114. 80 、4浦松千聖、5手嶋里佳、6横井きな結158. 62 101. 03 132. 65 、2竹内孝太朗136. 22、2佐藤伊吹56. 90、3森下実咲52. 27、4永井優香49. 64、5樋口新葉47. 97 112. 33 、2佐藤伊吹158. 16 101. 26 、3三宅咲綺155. 17 102. 90 、4樋口新葉141. 08 93. 45、2三浦佳生63. 23 115. 78 、2三浦佳生160. 70 97. 19、2須本光希65. 17、3國方勇樹63. 88、4中野紘輔59. 50 127. 31 、2須本光希188. 14 122. 97 、3中野紘輔162. 01 102. 64 、4國方勇樹157. 68 93. 57、2猪股早哉子43. 11 99. 54 、2江川マリア133. 64、3猪股早哉子120. 29、2片山緋奈子52. 07、3岡本真綸51. 21、4吉田陽菜48. 77 110. 21 97. 80 89. 59 、4片山緋奈子135. 46 83. 55 3A決めた 、2朝賀俊太朗51. 47 94. 92 、2朝賀俊太朗136. 92 85. 51、2小林諒真59. 04、3古庄優雅55. 29 101. 25 、2鎌田英嗣156. 98 94. 47 、3小林建斗156. 93 102. 94、2船迫麗愛41. 92、3井上千尋41. 73 79. 79 、2船迫麗愛126. 11 84. 19 、3井上千尋118. 36 76. 98 ノーミス 、2青木祐奈59. 42、3川畑和愛51. 06 3Lz3Tがfall 、4田邊桜香45. 26 107. 28 、2川畑和愛161. 69 110. 63 、3三枝知香子111. 06 68. 64 ノーミス 、2佐藤駿72. 49 ノーミス 、3三浦佳生53. 41 156. 77 、2佐藤駿222. 10 149. 61 、3三浦佳生152. 30 99. 3T 3Lz! よかったら一緒に楽しみましょう。 59、2佐藤伊吹50. 77、3船迫麗愛49. 79 104. 02 、2永井優香149. 35 97. 76 、3船迫麗愛139. 21 89. 96 チャレンジャーシリーズ2019 JO含む 2019年9月以降に開催される「チャレンジャーシリーズ(CS 」を中心とした国際大会一覧です。 こちらもグランプリシリーズ出場前の調整として使われることが多いですね。 2019年のCSはネーミングが代わったり、例年と開催時期が違っていますのでご確認を。 早い回復を祈ります。 [] スケジュール、ライスト、テレビ放送などの情報は速報記事に記しています。 ただし、視聴にはメアドによる登録が必要・・・登録&視聴方法は「」さんのサイトに詳しく書いてあります。 録画配信も含めて書いています。 16、2トゥルシン69. 24、3ウンス62. 87、4ホンジー53. 85、5クリスティ52. 47、6ロデギエーロ50. 76、2サマリン84. 66、3ブレンダン78. 45、4ブレジナ74. 94、5ボーヤン70. 71、6ジュンヒョン67. 78 119. 62 、2トゥルシン186. 09 116. 85 、3ウンス184. 64 121. 77 、4クリスティ153. 20 100. 73 、5ホンジー146. 65 92. 82 、6ロデギエーロ127. 85 77. 3T 3Lo 1A<< 3Lz! 53 160. 77 、2サマリン246. 36 161. 70 、3ボーヤン232. 17 161. 46 、4ブレジナ218. 48 143. 54 、5ブレンダン207. 04 128. 59 、6ジュンヒョン189. 51 122. 23、2リャポワ58. 39、3アルゴットソン55. 46、4ハヌル53. 16 124. 93 、2ハヌル178. 82 124. 89 、3リャポワ166. 41 108. 42、2コヴァレフ74. 92、3セレフコ74. 39、4アダム66. 82 158. 40 、2コヴァレフ222. 07 147. 15 、3アダム215. 57 149. 09 、4セレフコ209. 07 138. 09、2トルガシェフ72. 91、3シヒョン71. 08 152. 99 、2トルガシェフ217. 54 144. 63 、3ライアン199. 03 127. 47 、4ビチェンコ195. 03、シヒョン191. 84、2イッゾ65. 30、3ハヌル60. 04、4クリスティ58. 34、5カイラニ52. 63 130. 79 、3ハヌル177. 92 117. 88 、2イッゾ169. 75 104. 45 、5カイラニ154. 69、4クリスティ151. 09 86.

次の

フィギュアグランプリシリーズアサイン2015

フィギュア スケート アサイン

概要 [ ] 国際スケート連盟 ISU の定義するジュニアクラスのため世界選手権シリーズで、決勝大会を除き1選手につき2大会まで出場できる。 シリーズ各大会の成績上位者が決勝大会であるへ進む。 男子、女子シングル、、アイスダンス競技が行われる。 ISUが定めるジュニアクラスを対象とした世界選手権には、1975-1976年シーズンからも行われている。 歴史 [ ] 1997-1998年シーズンに6つの国際大会の成績上位者が決勝大会へ進むジュニアクラスのための ISUジュニアシリーズ(ISU Junior Series)が創設された。 翌1998-1999年シーズンより開催規模を拡大し、決勝大会を含め計9大会での開催となり、 ISUジュニアグランプリシリーズ(ISU Junior Grand Prix)と名称が改められた。 翌1999-2000年シーズンからは、シリーズを構成する大会が毎年変わるようになった。 ペア競技の参加者減少により、2006-2007年シーズンから一部大会でのみのペア競技開催となった。 2009-2010シーズンからは規模を縮小し7大会での開催となった。 出場資格 [ ] 各国・地域に対し、過年度シーズンのの結果に基づき出場枠が与えられ、出場選手は各国・地域の統括団体が決定する。 に出場する選手は当ISUジュニアグランプリに出場できない。 ISUジュニアグランプリファイナル [ ] 各大会の成績をポイント化し、総合ポイント上位6名(組)がと呼ばれる決勝大会に出場することができる。 このISUジュニアグランプリファイナルは、ジュニアクラスの国際大会としてはに次ぐ大会とされている。 [ ] ISUジュニアグランプリファイナルは、2008-2009年シーズンからと同時開催されている。 開催時期 [ ] 1997-1998年シーズンに創設されたISUジュニアシリーズでは、第1戦から第6戦までは1997年8月から11月にかけて行なわれ、ISUジュニアシリーズファイナルは翌1998年3月に実施された。 1998-1999年シーズンの開催日程も第1戦から第8戦までを1998年8月から11月にかけて行い、翌1999年3月にISUジュニアグランプリファイナルが行なわれたが、1999-2000年シーズン以降は、8月ころにスタートし12月のISUジュニアグランプリファイナルで終了する日程となった。 競技結果 [ ].

次の

グランプリシリーズのアサインの決め方や2018~2019出場選手と開催日程

フィギュア スケート アサイン

日本からは、山本草太、須本光希が出場。 アジアントロフィー2018男子シングル 総合1位:山本草太(日本) 総合得点:198. 92 FS:1位 141. 00点 SP:6位 57. 92点 総合2位:ソウ・シイ(台湾) 総合得点:195. 40 FS:2位 129. 83点 SP:1位 65. 57点 総合3位:ピョン・セジョン(韓国) 総合得点:193. 38 FS:3位 127. 91点 SP:2位 65. 47点 総合4位:須本光希(日本) 総合得点:182. 39 FS:4位 118. 74点 SP:3位 63. 65点 総合5位:アルチョム・レズェエフ(ロシア) 総合得点:170. 31 FS:5位 115. 82点 SP:7位 54. 49点 総合6位:ハリソン・ジョンエン・ウォン(香港) 総合得点:166. 26 FS:6位 107. 48点 SP:4位 58. 78点 総合7位:パク・サンホー(韓国) 総合得点:163. 76 FS:8位 105. 14点 SP:5位 58. 62点 総合8位:ジェイムス・ミン(オーストラリア) 総合得点:155. 22 FS:7位 106. 22点 SP:9位 49. 00点 総合9位:パク・ジーウ(韓国) 総合得点:146. 79 FS:9位 103. 76点 SP:11位 43. 03点 総合10位:ギャリー・ドハーティ(オーストラリア) 総合得点:137. 75 FS:10位 89. 93点 SP:10位 47. 82点 総合11位:ワン・ボム・ハン(北朝鮮) 総合得点:135. 81 FS:13位 82. 66点 SP:8位 53. 15点 総合12位:ジョーダン・ドッズ(オーストラリア) 総合得点:126. 13 FS:12位 84. 83点 SP:13位 41. 30点 総合13位:ワン・チャドウィック(シンガポール) 総合得点:121. 07 FS:11位 86. 50点 SP:17位 34. 57点 総合14位:レスリー・イプ(香港) 総合得点:117. 50 FS:14位 82. 20点 SP:16位 35. 30点 総合15位:シン・シェン・チャン(チャイニーズタイペイ) 総合得点:116. 51 FS:15位 74. 94点 SP:12位 41. 57点 総合16位:リャン・クン・ファン(香港) 総合得点:104. 30 FS:16位 68. 75点 SP:15位 35. 55点 総合17位:アルベルト・ウィジャジャ(インドネシア) 総合得点:101. 86 FS:17位 65. 01点 SP:14位 36. 85点.

次の