どんな とき も wifi 充電 し っ ぱなし。 【どんなときもWiFi】充電遅いのは自分のせい?原因と対策は?|どんなときもWiFi快適生活

よくある質問

どんな とき も wifi 充電 し っ ぱなし

どんなときもWiFiのMicroUSBケーブル充電器はオプション制 どんなときもWiFi端末にUSBケーブルが付属します。 このUSBとパソコンをつないで充電ができます。 しかし、コンセントは付属しませんので、別途購入しなければパソコンやモバイルバッテリー以外からの充電ができません。 どんなときもWiFiではMicroUSBケーブル充電器が有料オプションで1800円となっております。 1A対応の高出力アダプターで急速充電が可能な専用充電器です。 コンセントから充電したい場合は、オプションで充電器を購入しましょう。 どんなときもWiFiのMicroUSBケーブル充電器は必要? どんなときもWiFi端末は、MicroUSBケーブルは付属してますが、ACアダプターはついていません。 ACアダプターはAndroidスマホの充電器を利用することができます。 ですから、必ずしも必要とは限りません。 どんなときもWiFiのMicroUSBケーブル充電器はAmazonでも購入可能 エレコムUSB充電器はmicroUSB USBで1169円です どんなときもWiFiのUSBとは 「USB」とは、「ユニバーサル・シリアル・バス」の略称で、様々な周辺機器とPCを接続するための規格です。 「Type-C」と「MicroUSB」の違い 「Type-C」とは USB Type-Cは、2015年から登場した、上下左右を対称の形にしたUSBコネクタです。 端子の上下を問わずに挿入できるため、いちいち向きを確認する必要はありません。 その形状は約 8. 6mmのコンパクトな長円形で、主に最新のMacBookやAndroidスマホなどに採用されています。 micro USB Type-B(MicroUSB)とは Mini USB をもうひとまわり小さくしたUSBコネクタです。 2015年以前のAndroidスマホは、microUSBでした。 機種よっては、今でもmicroUSBを採用しているものもありますが、現在の主流は「Type-C」です。 microUSBには、AとBの2タイプのタイプがあります。 主にAタイプは、パソコンに接続する、Bタイプは、周辺機器に接続します。 スマホに使われているのは、Bタイプです。 AタイプとBタイプの見分け方は、形状が違います。 Aタイプは、長方形で、Bタイプは、台形ような形になっています。 「MicroUSB」から「Type-C」が主流で何が変わった? リバーシブル仕様で挿し込みがスムーズ 「Type-C」は、上下左右関係ないリバーシブル仕様です。 従来のスマートフォンやタブレットなどで取り入れられてきた 「micro USB」は、差し込み口が台形で非対称だったので、方向を間違えると間違えると挿し込みができませんでした。 これによりスマートフォンでより急速な充電ができるようになりました。 転送速度がUSB 3. 0の約2倍 今、高速転送と言われている標準規格「USB 3. 0」の最大のデータ転送速度が5Gbpsであるのに対し、USB-Cは「USB 3. 1」規格に準拠しており最大データ転送速度が10Gbpsと2倍の転送速度になります。 素早く効率的な送受信が行えるでしょう。 Androidスマホが「Type-C」の場合、どんなときもWiFi端末を充電できません Androidスマホが「Type-C」の場合、どんなときもWiFi端末はmicroUSBなので充電できません。 ただし、どんなときもWiFi端末に付属しているmicroUSBケーブルとAndroidスマホの充電コンセントを繋いで充電することはできます。 ただ、スマホを充電する際はまたUSBケーブルを取り外してつけ替えする必要があるので、不便です。 その場合は、ACアダプタだけ購入することで対処できます。 Amazonで「ACアダプタ」と検索することで沢山出てきます。 2ポート付きのACアダプタも存在します。 それなら、1台のACアダプタでAndroidスマホが「Type-C」用、どんなときもWiFi端末は「microUSB」用と分けることができます。 どんなときもWiFiのACアダプタは100円均一200円均一で購入しても良い? どんなときもWiFiのACアダプタは100円均一200円均一で購入することもできますが、品質が良くないのでおすすめしません。 コスパという観点では最高ですが、品質は値段相応で安物買いの銭失いとなります。 例えば、どんなときもWiFiのオプションで販売される充電器のACアダプタの出力は2. 1Aです。 100円200円均一のACアダプタは1Aです。 この対応している電流(アンペア)で充電する時間に差が生じます。 つまり、100円均一の安いACアダプタは充電に時間が掛かります。 どんなときもWiFi公式でも充電器ご使用には2. 0A以上の高出力のACアダプターを推奨しております。 もし、ACアダプタを購入するなら2A以上を選びましょう。 どんなときもWiFi端末で100円均一のACアダプタ1Aを利用するリスク• 充電時間が遅くなる• 端末の誤動作が発生する恐れがある• 端末が故障する恐れがある• 充電器が原因で端末故障した場合は、あんしん補償加入していても有償交換となる 公式側が2A以上のACアダプタを推奨している以上、1AのACアダプタを使う事は危険と言えます。

次の

【どんなときもWiFi】充電遅いのは自分のせい?原因と対策は?|どんなときもWiFi快適生活

どんな とき も wifi 充電 し っ ぱなし

「怪しいサイトは見ないから」といって、ウイルスは大丈夫だと油断していませんか? インターネットに接続していなくても、USBポートに接続したスマートフォンや外部メディア(リムーバブルディスク)から、パソコンがウイルスに感染してしまう危険があります。 さらにパソコンでのスマホ充電には、その他の危険も…。 外部接続とウイルス感染の危険、対策方法について解説します。 軽い気持ちの充電でウイルス感染 会社員Aさんのケース ある日の仕事中、いつも使っているスマホの充電がなくなってしまい、会社のパソコンで充電しようしたAさん。 そこでスマホにUSBケーブルをつなげ、パソコンにさすと……パソコンがウイルスに感染し、ダウン。 その日の業務はストップし、取引先にも謝る事態になりました。 原因は、無料アプリをインストールしたとき、スマホにウイルスが侵入したことでした。 それを知らず、接続したことでパソコンも感染してしまいました。 そして、このウイルスは会社のパソコンに導入していたセキュリティソフトでは検知できない、新型ウイルスだったのです。 スマホに潜んだウイルスがPCに感染 Aさんのケースのように、何らかの理由でウイルスが入ったスマートフォンをパソコンに接続すると、パソコンもウイルスに感染することがあります。 USBメモリ• 外付けハードディスク• SDカード• DVD、CD• フロッピーディスク• プリンター• デジカメ• 電子タバコの充電器• USB稼働の扇風機、簡易ヒーターなど パソコンで電源を取れるグッズは便利なので使いたくなりますが、重要データをあつかう会社のパソコンでの利用は、特に注意したほうがよいでしょう。 感染や情報流出を防ぐため、USBの使用を禁止し、パソコンの差込口を塞いでいる企業もあります。 外部メディアにウイルスが入る原因は? ウイルス入りの不正なアプリをインストールしてしまった スマートフォンの場合、ウイルスが仕込まれている悪質なアプリがあります。 アプリの審査がiOSよりもゆるいAndroidは、特に危険です。 製造工場で入り込んだ可能性 製品を作る段階で何らかの理由からウイルスが入り込み、市場に出回ってしまうケースもあります。 外部メディアからウイルス感染する流れ ウイルスは、下記のような流れで次々と感染してしまいます。 ウイルス感染しているパソコンに、スマホなどの外部メディアを接続• 接続した外部メディアもウイルスに感染する• 別のパソコンに、ウイルス感染した外部メディアを接続• 別のパソコンも、ウイルスに感染する• パソコンが社内ネットワークに接続している場合、共有サーバーなどを介し、社内のパソコンやサーバーにも感染が広がってしまう 外部メディアがウイルス感染する怖さ パソコンに外部メディアを接続した瞬間、ウイルスプログラムが読み込まれる可能性がある USBメモリなどはパソコンに挿した瞬間、ウイルスを自動実行する場合があります。 またリムーバブルディスクモードのスマホは、USBメモリと同じ動きをします。 そのため接続すると、自動的にウイルスが読み込まれることがあります。 感染したパソコンに別の外部メディアをさすと、そのメディアにも感染する パソコンだけでなく、外部メディアもウイルス除去する必要があります。 いちど感染がわかったら、接続した可能性のある外部メディアと他のパソコンもウイルスチェックをします。 インターネットに接続していなくても感染する オフラインの独立したパソコンやサーバーでも、ウイルス入りの外部メディアを接続すると、感染してしまいます。 感染に気付けないこともある ウイルス感染したDVDでも、通常どおり再生するので感染に気づきにくい場合があります。 パソコンにウイルスが感染すると、個人情報の流出や、Webサイトの改ざん、パソコンの故障など重大な事故につながる恐れがあります。 パソコンでの充電 他にもこんな危険が・・・ データが転送される危険 パソコンにスマホを接続すると、バックアップのためスマホのデータを接続先のパソコンへ、自動的にアップロードしてしまうことがあります。 アルバムやDropboxなどのアプリでこの自動同期機能が初期設定されていることがあるので、注意してください。 対処法は?• PCとの接続モードを「充電のみ」に設定する、外部接続設定の「PTPモード」または「MTPモード」をオフにする• スマホの電源を切ってから接続する オーバーヒート、故障の危険 正規の充電器以外で充電すると、しっかり充電されないことがあります。 また電圧が高くなることで本体が熱くなり、故障する恐れもあります。 最悪の場合、データが失われることも。 対処法は?• 正規の充電器を使う• 熱くなりすぎていないか、充電中にチェックする 盗難の危険 充電中のスマートフォンから離れると、盗まれる恐れがあります。 特にカフェや空港などの公共の場所で、スマホから目を離すのは危険です。 また小さなUSBメモリは、紛失の危険も高いです。 機密情報の入ったUSBを盗まれ、情報流出してしまうと大問題になる恐れがあります。 どうしても外で充電するときは?• いったん充電を中断し、スマホを持ってその場を離れる• 服などでスマホを覆い、見えないように隠す 普段からできる対策方法 スマホやタブレットにも使えるセキュリティソフトを入れる 今や小型のパソコンと言えるほど進化した携帯端末には、パソコンと同じようにウイルス対策ソフトの導入が必要です。 特に仕事で端末を使う場合は、対策が重要です。 セキュリティソフトの自動チェック機能オンにしておく これをオフにしていると、チェックできずに感染する場合があります。 USBメモリの中まで、定期的にウイルススキャンをします。 不特定多数の人が使うパソコンにUSBを接続しない インターネットカフェなどの信頼できないパソコンには、スマホや外部メディアを接続しないようにします。 他人のUSBは使わないようにする どこで使われたかわからない外部メディアを、パソコンで使わないようにします。 USBの自動再生機能をオフにしておく これを無効にすることで、USBメモリ内のウイルスを自動実行されることはほぼなくなります。 Androidの場合、デバッグモードを無効にするなどで、提供元不明のアプリをインストールできないように設定できます。 充電はコンセントでおこなう めんどうでもコンセントから充電するか、持ち歩けるバッテリーで充電することがおすすめです。 パソコンへの接続は、なるべく避けたほうがよいでしょう。 ビジネス用USBメモリを使う 仕事でUSBメモリを使う場合は、ウイルス感染防止や暗号化などセキュリティ機能のついたビジネス用USBメモリがおすすめです。 長期休暇明けはとくに注意 ゴールデンウィークやお盆、年末年始明けなどは、パソコンやセキュリティソフトのアップデートを見逃していることがあります。 更新がないか、チェックしてください。 もし感染したら?対処方法 もしスマホなどの外部メディアからパソコンにウイルス感染してしまったら、通常のウイルスと同じように除去する必要があります。 ネットワークから切断する 二次感染を防ぐため、おかしいと気づいたらすぐにLANケーブルを抜く、または無線LANを切断します。 ウイルスを駆除する セキュリティソフトで、感染したパソコンと、感染の疑いのあるスマホや外部メディアのウイルススキャンをします。 ネットワークでつながっている場合など、念のため他のパソコンやサーバーにもウイルススキャンをします。 また、「autorun. ini」も念のため削除したほうがよいでしょう。 「autorun. ini」(オートラン)ファイルとは? 外部メディアを自動実行させる設定ファイルです。 このファイル自体はウイルスではありませんが、もし感染した外部メディアを接続するとウイルスを自動実行する可能性があります。

次の

どんなときもWiFiの充電の持ちは○○時間!より長持ちさせるためのコツとは…|モバイルWi

どんな とき も wifi 充電 し っ ぱなし

もくじ• 無線LANルーターの電源をずっと入れっぱなしだと、どのくらいの電気代がかかるのか? まずは、無線LANルーターの電源をずっと入れっぱなしだとどのくらい電気代がかかるのか、今回購入した無線LANルーター、バッファロー社の「AirStation WSR-2533DHP-CB」で計算してみます。 ちなみに「AirStation WSR-2533DHP-CB 」は、では戸建て3階建て、マンション4LDK、利用人数6人までOKとなっており、一般家庭向けでは比較的標準的な無線LANルーターです。 で、「AirStation WSR-2533DHP-CB」のスペックを確認してみると、最大消費電力が19、1Wとなっています。 で電気料金を確認すると、家庭用電気は1kWhで夏季17円06銭、その他季15円51銭となっています。 (2017年9月現在) ここではわかりやすく、1kWhで16円として計算します。 あくまで無線LANルーターが一日中最大消費電力の状態のままだったと仮定して、一日にかかる電気代が約7、3円です。 一か月(30日間)で約219円、一年(365日間)で約2664、5円かかる計算になります。 実際には、一日中最大消費電力のままである可能性はほとんど考えられないため、もっと電気料金は安くなるかと推測されます。 個人的には、一日にかかる電気代が最大で7、3円くらいなら、電源をずっと入れっぱなしでも問題ないと思える金額じゃないかと思います。 (もちろん、これを高いと感じるか、安いと感じるかは個人によって異なるかとは思いますが) 無線LANルーターを製造販売している会社の意見はどうなのか? 一般人の意見よりも、無線LANルーターを製造販売しているメーカーに確認にしたほうが間違いがないと思い、購入した無線LANルーターの会社(バッファロー社)のに問い合わせしてみました。 最初はの電話で相談できる窓口で確認しようと電話をかけてみたのですが、かなり混雑しているみたいで、約5分間くらい待っても電話は繋がりませんでした。 そのためのページ内にある、チャットで相談できる窓口で確認してみました。 (チャットで相談を受け付けてくれるのは、土日祝日を除く平日の午前9字30分から午後7時まで) 確認した点をまとめてみると、• バッファロー社の「AirStation WSR-2533DHP-CB」は、背面に小さな電源ボタンがあり、この電源ボタンで電源をオンオフできる。 (無線LANルーターには電源ボタン自体がついてない製品が多いとのこと)• 少なくともバッファロー社の無線LANルーターは、電源ボタンで電源のオンオフを行ったり、コンセントを抜いたり入れたりして電源のオンオフを行っても、故障の原因にはならない。 (この点については後述する追記も参照してください)• ただし、電源をオンにした場合はWi-Fiが接続できるようになるまである程度時間がかかる。 (ちなみに「AirStation WSR-2533DHP-CB」だと、電源をオンにしてから1分程度は待ってほしいとのことでした。 実際電源をオフにしてから、再度電源をオンにすると、Wi-Fi接続ができるようになるまでやはり1分程度かかりました。 電源をオンにしてから、Wi-Fiが接続できるようになるまでの時間については製品によって異なるとのことです)• 無線LANルーターは、24時間電源を入れっぱなしで使っているユーザーが多く、基本的に24時間電源が入っている状態でも壊れないように設計されている。 電気代がかからないよう、できるだけ省電力設計になっている。 とのことでした。 基本的に無線LANルーターは電源を24時間入れっぱなしでも、使うたびに電源をオンオフ(電源ボタンのオンオフのみならず、コンセントを抜いたり入れたりする場合も含めて)を行っても、どちらでも故障の原因にはならないようです。 ただし、使うたびに電源をオンオフする場合は、電源を入れてWi-Fi接続ができるようになるまで、製品によって異なりますが、一定の時間待たねばならないデメリットがあることになります。 結局、無線LANルーターの電源は入れっぱなしで大丈夫なのか? 電気代が気にならない場合は、無線LANルーターの電源を24時間入れっぱなしでOKかと思います。 いくら省電力設計になっているとはいえ、使っていない時間も電気代がかかるのがイヤな場合は、電源ボタンをオフにしたり、コンセントを抜いて電源を切っておくべきです。 どちらが良いのかについては、ユーザーごとに使いやすい方を選択すべきですね。 個人的には、特に電気代は気にならない程度だと考えている点と、自宅でWi-Fiを使うたびに無線LANルーターの電源を入れ、一定時間待つのは不便だと考えている点を考慮して、無線LANルーターの電源は24時間入れっぱなしで使っています。 追記 ブログを読んだ方から、同じ製品(AirStation WSR-2533DHP-CB)について、2018年2月頃にメールサポー トに問い合せると「 頻繁な電源の入れ直しは故障の原因になるのでお控えください」 と回答があったとの報告がありました。 この点について、チャットサービスで再度問い合わせしてみたところ、電源のオンオフ自体は故障の原因にならないが、あくまで常識の範囲内でお願いしますとのことでした。 インターネットに接続するときだけ、電源をオンにする程度なら全く問題ないそうです。 ただし、インターネットをこまめに見るので頻繁に電源のオンオフを行っている・・・という場合は要注意ですね。 頻繁に電源のオンオフを行っている場合は、故障するリスクを考慮して、電源を入れっぱなしにしておくことも検討してみてください。 関連記事•

次の