氷川 きよし ボヘミアン。 氷川きよし、湯川れい子訳詩の「ボヘミアン・ラプソディ」に「いつかCD化できたらいいですね」

氷川きよし ボヘミアン・ラプソディ 歌詞&動画視聴

氷川 きよし ボヘミアン

氷川きよしが歌う「ボヘミアンラプソディー」は、湯川れい子さんが、日本語訳しましたが、それは原曲のまま英語で歌った方が良い、日本語にしてしまうとせっかくの名曲が台無しだって湯川れい子さんのTwitterにリプ した人がいて、湯川さんはさぞかしムッ っとしたようだけど、私も英語のままの方が良いと思いました。 氷川きよしは、以前うたコンでクイーンの曲を英語で歌ったことがあるみたいだけど、全然スムーズに歌えてなかった、間違いだらけだったらしい。 で、訳詞を頼んだのかな? 湯川さんは、西川貴教が既にクイーンの曲を英語で歌ってた時には動じず、氷川きよしが歌うとなると大はしゃぎ。 クイーンのメンバーに日本語で歌う許可まで取って、自身のキャリアを見せつけた。 「実は私、きよし君の大ファンなんです!」「きよし君のことはデビュー当時から支え続けてました」「長良の社長とは親しい付き合いでした」 氷川きよしファンは、きよし君が歌うから見に行くんだよな~? Mama Just killed man ~ とは歌ってませんでしたよ。 Mama wo wo wo ~とだけは歌ってたけど。 僕は人を殺した…って、シャンソン風の日本語で。 この曲は、デーモン閣下も西川貴教も全部英語で歌ってるわ。 この曲を日本語に訳したら、上手く表現出来ないわ。 フレディは、オペラ風味の単語や宗教的な単語を盛ってるわ。 フレディは、ゾロアスター教徒のペルシア系インド人。 氷川きよしは、英語で歌えないから、訳詞を頼んだだけじゃないの?.

次の

氷川きよし、「ボヘミアン・ラプソディ」歌唱動画公開(BARKS)

氷川 きよし ボヘミアン

皆さんおはようございます。 いつもコメントありがとうございます。 きよし君が2月4日放送のNHK「うたコン」に出演しました。 クイーンの名曲「ボヘミアン・ラプソディ」 を日本語の歌詞で生歌で熱唱したのが、ネット上で大きな話題になっています。。 昨年のクリスマスコンサートでも「ボヘミアン・ラプソティ」を熱唱して 多くの人達の感動と心を打ちました。 青色の衣装でステージに立ったきよし君は「みなさんにこの歌を日本語でどうしても届けたくて歌います」 と心を込めたコメントをしました。 日本語に訳したのは「湯川れい子」先生です。 先生はきよし君がクリスマスコンサートでこの歌を 歌ったのを聴いて思わず泣いてしまったそうです。 きよし君は「ボヘミアン・ラプソティ」を情感を込めてしっとりと歌い上げて「魂の一曲」になりました。 この歌唱にネットでは称賛の声が寄せられました。 「きーちゃん クイーン 日本語で 歌ってるよ! 」 「ボヘミアン・ラプソディの日本語版を歌い出してびっくりした」 「氷川きよしのクイーンだ…」などと驚きの声。 そして、「日本語ボヘミアンラプソディー素晴らしいじゃん」 「湯川れいこさんの訳なんですね 凄く良い」 「氷川きよしのボヘラプ圧巻だった」などと話題を広げています。 きよし君は放送前にインスタグラムで「うたコン」の出演の報告と 「先日湯川れい子先生とQueenのコンサートに行きました! 全てが素晴らしかった! 」 とコメントしてました。 きよし君にとって、このコンサートは大きな学びにもなったと私は思いました。 この日の「うたコン」は、きよし君の様々な思いが伝わるステージにもなりました。 ですが、反論もありました。 「英語で歌ってほしい」 きよし君が「みなさんにこの歌を日本語でどうしても届けたくて歌います」 とコメントしたのにも関わらずです。 人の話はちゃんと聞いてほしいですね。 「和訳に違和感がある」などですが、翻訳は難しいんです。 ちょっとした事で全く違う意味に なりますから。 第一に歌詞を忠実に翻訳した「湯川れい子」先生にも失礼ですね。 きよし君はこれまでに多くのカバー曲を披露してきました。 ですが、ものまねのように似せて歌ってきた訳ではありません。 どんな人の曲でも、きよし君の個性で歌っていて「きよし節」は いつも健在です。 カバー曲を歌えば必ずと言っていいほど「賛否両論」は 憑き物です。 持ち歌の方のファンが納得するような完全なカバー曲 などはないでしょうね。 「ボヘミアン・ラプソティ」」はとても 難しい曲です。 その曲を歌えるのはきよし君しかいないと思います。 そして歌いこなしたきよし君はやはり素晴らしいですね。 きよし君 喜び 悲しみ 苦難 を 乗り越えた20年。 きよし君 「自分らしく 輝く」 21年目 また ゼロ からスタート するような思いで 歌って行きたい。 と 「デビュー記念コンサート」 では最後に力を込めました! 新曲「母」発売イベント 「徳光和夫 とくモリ!歌謡サタデー 」 毎週土曜朝-、ニッポン放送。 2月22日 土 の放送に、氷川きよしがスペシャルゲストとして登場することが決定しました。 タイトルは「氷川きよし登場!限界突破の原点へズームイン!」 喜び 悲しみ 苦難 音源Wondershare Filmora YouTubeオーディオライブラリ 2020東京オリンピック出演希望アーティスト投票結果TOP30 トレンドショップ.

次の

氷川きよし、『ミュージックステーション』14年ぶり出演 「ボヘミアン・ラプソディ」日本語カバー披露

氷川 きよし ボヘミアン

「ボヘミアン・ラプソディ」は伝説のロックバンド「クイーン」が1975年発表した曲で、氷川は日本語バージョンを自身のコンサートで初歌唱。 昨年12月、東京国際フォーラムAで行われた「 氷川きよし・スペシャルコンサート2019 きよしこの夜Vol. 19 」で、「ボヘミアン・ラプソディ」の日本語バージョンを初披露した。 日本語歌詞は音楽評論家で作詩家・湯川れい子さんが訳したものとなる。 日本語訳に関して、湯川先生は「私が原曲に忠実に訳詩して、それをイギリスに送り、クイーン側から正式に日本語で歌う許可が下りて今日の発表となった」と手紙で観客に伝えた。 さらに、魂を込めて歌い上げた氷川は「フレディ・マーキュリーの思いを感じながら日本語で伝えたいなと思って、湯川先生に訳詩をお願いしました」と想いを熱く語った。 そして、本日公開した「ボヘミアン・ラプソディ」の映像が収録されたDVDが3月31日に発売する。 DVD 『氷川きよし・スペシャルコンサート2019 きよしこの夜Vol. 19 』は毎年恒例となるクリスマスコンサートの様子を収録した映像作品となっている。 さらに、星柄のスーツ姿で「ボヘミアン・ラプソディ」、アンコールでゴールドのゴージャスな衣装で「大丈夫」など全29曲を熱唱。 バラエティーに富んだ演出と歌曲で構成されたコンサートで、2日間で約2万人の観客を楽しませた。 さらに、今年2月4日に発売したニューシングル「母」のMVご収録されたDVDも同日発売する。 作品のコンセプトについて、氷川は「純粋な気持ちで、産まれた時に産声をあげるかのようなピュアな気持ちで、白のイメージのMVにしました。 生まれ変わった、新しいスタートを切る"氷川きよしの作品"となりました。 」とコメント。

次の