谷川 建設。 会社概要|注文住宅の谷川建設|TANIGAWA

谷川建設

谷川 建設

【選考基準】 当社の新卒採用に関しては、特別な資格や経験などの「スキル」より、 仕事を通して社会人としてどう成長したいかの「スタンス」を大切にしています。 期待も不安もいっぱいの中、多くの企業と出会うと思います。 その中で、皆さんのこれからを後押しできる存在になれたら私たちは嬉しく思います。 「採用」「不採用」だけの面接ではなく、 これから社会人して進む皆さんにとって 「谷川建設の選考に来て良かった」 「谷川建設の人たちに出会えてよかった」 と思える時間を、選考を通してお届けできれば幸いです。 20時間超過分は別途支給。 20時間超過分は別途支給。 20時間超過分は別途支給。 20時間超過分は別途支給。 20時間超過分は別途支給。 20時間超過分は別途支給。 30時間超過分は別途支給。 30時間超過分は別途支給。 30時間超過分は別途支給。 その他条件は本採用時と変更なし。 3年以内男性採用割合:40. 9年 (2019年12月31日時点) 平均年齢 45. 0歳 (2019年12月31日時点) 研修 あり:【1か月間集中研修】 ビジネスマナー:住宅知識:植林体験:自衛隊研修など 建築系学科出身以外の方も、研修でしっかり住宅の知識を学ぶことが出来ます。 【各部署での研修】 営業部・設計課・工事課、部門別で専門知識の研修。 【若手社員研修】 半期に1回程度、1~5年生の若手社員を対象、 主に社会人としての教養や仕事の進め方を身に着ける研修を、 外部講師を招いて行います。 また、個別ヒアリング面談も実施します。 自己啓発支援 あり:毎月の資格手当とは別に、合格されましたら 資格取得お祝い金がございます。 (例) 宅地建物取引士 … 100,000円 福祉住環境コーディネーター一級 … 100,000円 一級建築施工管理技士 … 100,000円 一級土木施工管理技士 … 100,000円 一級建築士 … 300,000円 メンター制度 なし キャリアコンサルティング制度 なし 社内検定等の制度 なし 月平均所定外労働時間 30. 0時間 (2018年度実績) 有給休暇の平均取得日数 4. 0日 (2018年度実績) 育児休業取得者数(男女別) 項目 男性 女性 育休取得者数 実績なし 3人 取得対象者数 3人 育休取得率 100.

次の

【SUUMO】 谷川建設

谷川 建設

夢のマイホームを建てるために、ネットやカタログなどで情報をたくさん集めているところ。 どのハウスメーカーも魅力的だけど、谷川建設が今候補の中の一つに入っている。 実際、谷川建設を使って家を建てた人の感想や評判を聞いてみたい! そういった人に向けて、記事を書いていきます。 谷川建設は、2019年のオリコン顧客満足度ランキングで、ハウスメーカー注文住宅木造部門第2位、地域別九州・沖縄地区第3位に輝きました。 また2018年には、大分にあるモデルハウス、hit明野住宅展示場がグッドデザイン賞を受賞するなど、満足度に加えデザインの評価も高い、長崎に本社を置くハウスメーカーです。 本社が長崎県にありますので、どうしても九州地区に偏りがちではありますが、現在東京駒沢にモデルハウスの展示場があります。 そんな知る人ぞ知る谷川建設で注文住宅をお願いするとしたら、いったいどんなお家ができるのでしょう。 実は谷川建設は、檜のお家で有名なんです。 それも、とっても希少価値の高い檜です。 興味がわいてきませんか? ということで、今回の記事では、和風建築に定評のある谷川建設について、詳しく紹介します。 今回紹介する内容は以下の通りです。 ・谷川建設で実際に購入した人達の本音の口コミ• ・谷川建設のデメリット• ・谷川建設のメリットと特徴• ・谷川建設の商品ラインナップ この他にも、坪単価や価格、住宅展示場の情報や、分譲住宅の情報なども紹介しますので、心安らぐ檜のお家を、購入検討の気持ちで読んでもらえたら嬉しいです。 ハウスメーカー選びに悩んでいる人はぜひチェックしてみてください。 また、ハウスメーカー選びの際に絶対に押さえておいて欲しいポイントを先にお伝えしておきます。 それは、 少しでも気になったハウスメーカーや工務店の情報を集めて、しっかりと比較・検討すること。 住宅展示場にいきなり行ってしまう人や、土地探しから始めてしまう人が多いのですが、順番を間違えています。 一番最初に行うべきは、 自分の条件に少しでも合っていると感じた住宅メーカーのカタログや資料を集めること。 しっかりとハウスメーカーに関する知識を身に着けた上で住宅展示場に足を運ぶことで、営業マンの話を鵜呑みにせずに済みますし、価格・条件交渉でも有利に立つことができます。 また、最初から偏見で依頼する住宅メーカーを絞り込んでしまうのではなく、少しでも気になった会社があれば、資料を取り寄せておくことをおすすめします。 最初は全く考えていなかった住宅メーカーの中に、自分達の条件とぴったり合う会社が見つかったという人は本当に多いものです。 ただ、複数社に資料請求することが大切だとわかっていても、何社ものハウスメーカーに資料請求の依頼をかけるのは面倒なもの。 そんな時に活用して欲しいのが、全国の住宅メーカーに一括で資料請求ができる、のカタログ一括請求サービスです。 予算やエリア、テーマごとにハウスメーカーを検索できるので、あなたの条件にあったハウスメーカーを簡単に絞り込むことができます。 運営会社のLIFULLは従業員数1000名を超える東証一部上場企業ですから、無理な営業電話をするような悪徳業者に出くわすこともありません。 スマホやPCから3分もあればカタログを請求できるので、家を建てる最初のステップとして実施しておくことをおすすめします。 前置きが長くなりましたが、重要なポイントなので先にお伝えしておきました。 それではここから、谷川建設の評判や口コミ・特徴などについて、解説をしていきます! 檜を使っているのですから、純和風な外観が当たり前なのかもしれませんが、私は外観は洋風にしてもらいたくて、ちょっと苦労しました。 「洋風モダン」の写真を見せてもらってもイマイチで、最終的には失礼かなと思いつつも、好みの外観の写真(他ハウスメーカー)を見せて、近づけてもらいました。 嫌な顔をしなかった設計士さんに、今は感謝してます。 他社さんの写真を出すのは、気が引けますよね。 でも、具体的な提案をもらえて、設計士さんもホッとしたんではないでしょうか。 一生に一度の大きな買い物ですから、遠慮は無用ということですね。 谷川建設の良い評判・口コミ 悪い評判の後には良い口コミで口直しを、ということで、良い口コミを紹介します。 谷川建設にして一番満足しているのは、注文住宅であることです。 担当営業から聞いた家の性能に安心できたことが基本ではありますが、設計士が私たちの間取りの希望を、とことん突き詰めてくれたおかげで、希望以上に満足しています。 例えば、ベビーカーをしまえる玄関収納が欲しいなと思っていたことにたいして、設計士はベビーカーをたたまず置ける広い玄関収納を提案してくれました。 これは思っていた以上に便利で、現在ベビーカーの必要がなくなっても、広い収納は台車や子供の自転車置き場などに大活躍しています。 設計士さんの提案に対する評判は、手放しで褒めている方がほとんどでした。 一邸一邸、実直に担当してもらえることが、購入者には特別感をもたらしています。 そもそも、マイホームを購入することそのものが特別なことですから、その気持ちを持続させてくれる設計さんには感謝ですね。 谷川建設のデメリット 良い口コミと悪い口コミを確認した後は、谷川建設のデメリットについて解説します。 谷川建設のもっとも気になるデメリットは、販売エリアが九州に偏っているということです。 谷川建設は長崎県に本社を置く、九州エリアで住宅販売をしている建築会社です。 そして、コマーシャルはもちろん、広告展開もそれほど熱心に行っていないので、全国的な知名度はそれほど高くはありません。 そのため、販売エリアが限られて、なおかつ、販売棟数も大手ハウスメーカーと比較すると少ないという現状では、信頼度に不安を感じる人も出てきます。 でも、谷川建設は、拠点エリアでの評判が、とても良いのです。 それは冒頭でも紹介した、「オリコン顧客満足度ランキング」にも表れている通り、「九州・沖縄エリア」では、コマーシャルや広告をふんだんに使っている大手ハウスメーカーと上位争いができるほど、高い評価を得ています。 現在は九州以外に、広島、東京と、徐々に販路を伸ばしていますので、今後の販路拡大に期待しましょう。 谷川建設4つの特徴・メリット 谷川建設のコンセプトは、生涯の快適と安心と健康を約束する家づくりです。 そのための4つのこだわりを紹介します。 檜へのこだわり 谷川建設の檜は、年間20万本ほどしか産出されない、長野の木曽檜です。 谷川建設はその中から、強度と耐久性を厳選し、高品質の檜のみを使用しています。 また、木材の履歴を明らかにするために、合法木材事業者認定を取得しています。 適材適所のための乾燥方法 谷川建設では、木の性質を見極め、用途を決め、最も適した乾燥方法を選択しています。 たとえば、強度アップのためには人工乾燥 KD を、曲げ強度が必要な時は天然乾燥 AD をというように、使いわけています。 プレカットにも職人の目 谷川建設では平成3年からプレカットを導入していますが、そのプレカットに、木取りという職人の目視を取り入れています。 運搬も専門チームで 製材に深いこだわりをもっている谷川建設は、運搬の際にせっかくの選別が無駄にならないよう、専門チームを編成して木材を運搬しています。 自由設計へのこだわり 檜だからこその設計で、お客様の理想を追求するために、谷川建設では1邸ごとに専任の設計士が担当します。 匠にこだわる「谷建会」 木曽檜の魅力を最大限に引き出すには、匠の技が必要です。 谷川建設では、各地域や支店ごとに匠の集団「谷建会」を置き、一棟一棟、責任を持って施工しています。 「谷建会」では大工の匠と左官の匠が、伝統の心と技を未来へと継承しています。 谷川建設の注文住宅の坪単価は60万円~80万円 谷川建設の坪単価は、実際に購入された人たちの口コミを平均すると、 約60万円~約80万円という結果になりました。 額面的には、他の大手ハウスメーカーと大差ない価格帯なんですが、谷川建設は檜を構造部材として使っていたり、オーダーメードの設計だったり、他のハウスメーカーだったら「高価格帯」の商品に振り分けられるタイプを、この価格帯で対応していますので、むしろお値打ち感ありの結果と言えます。 谷川建設で注文住宅を依頼する際の流れ ここからは谷川建設での依頼から引き渡しまでの流れについて紹介します。 Step1相談 新居のイメージを、住まいの理想や希望の間取りなどからまとめていきます。 Step2設計プラン 現地調査、家族構成、ライフスタイルなどから設計プランをまとめます。 Step3ご契約 見積書を確認後、契約書を取り交わします。 Step4設計打ち合わせ 工事内容、間取り、外観、設備などを確認します。 Step5仕様決定 内部仕様、設備機器の材質や色を選択します。 Step6着工前打ち合わせ 工事の決定、総額予算、支払い方法などの最終確認が行われます。 Step7着工 「谷建会」の棟梁たちが匠の技術で家づくりに挑みます。 Step8現場管理 現場での安全や品質、円滑なコミュニケーションを管理します。 Step9アフターメンテナンス 長寿命の檜の家だからこそ、引き渡しを新章と考え、アフターメンテナンスを大切にしています。 ~今月の人気記事~ 家を建てるときに絶対にやってはいけないこととは? 谷川建設の住宅の商品ラインナップ 匠の技術と木造建築に絶対の自信を持つ谷川建設の、木の香り漂う商品ラインナップから魅惑の3件、ピックアップして紹介します。 HINOCA~ヒノカ~ 希少銘木「木曽檜」と夢を叶える自由設計が溶け合った、くつろぎの家です。 HINOCA 風雅 檜の銘木と職人の技が凝縮された、注文住宅の最高峰です。 HINOCA タイプは全部で3種類。 HINOCA 和モダン• HINOCA 洋モダン• HINOCA シンプルモダン GRAND CAORIE~グランカオリエ~ 谷川建設の経験と、購入者の理想を兼ね合わせた、新しい企画住宅です。 特徴1 耐震性に優れた軸組工法• 特徴2 主要構造材は希少木材木曽檜• 特徴3 谷川建設オリジナル格子組剛床構法を標準採用• 特徴4 フローリングは谷川建設オリジナルの無垢材を使用 4つのラインナップ• ・中2階と吹き抜けの家• ・将来を見据えた平屋風の家• ・収納と家事目線の家• ・機能性を遊び心の平屋の家 選べる外観4タイプ• ・基本タイプ• ・ブリティッシュタイプ• ・北欧タイプ• ・コンテンポラリータイプ 故郷~こきょう~ 和の伝統が息づく、正統和風の家です。 古くからある日本家屋を原点とした、木の質感漂う健康志向の住居は、季節の移ろいや自然の息吹が感じられます。 谷川建設は全国で住宅展示場を実施中! 商品のラインナップを知ると、やっぱり実物も見てみたくなりますよね。 そこで続いては谷川建設がモデルハウスやショールームを準備しているエリアを紹介します。 谷川建設は、本社が長崎県にあるため、住宅展示場も九州地方に固まっています。 九州・山陽エリアは、長崎県、福岡県、佐賀県、熊本県、大分県、鹿児島県、広島県の7件になります。 関東エリアは、東京都1件となっています。 そして、ショールームは、下記6件です。 ・長崎本社ショールーム• ・福岡ショールーム 住まいとくらしの情報館• ・佐世保ショールーム• ・長崎 住まいとくらしの情報館• ・熊本ショールーム• ・佐賀ショールーム 住宅展示場やショールームの詳細情報については、公式サイトで確認して下さい。 スポンサードリンク 谷川建設で注文住宅を建てた人のブログ3選! 続いては、谷川建設で家を建てた人の体験ブログをいくつか紹介しておきます。 建築途中で、現場一面檜に香りに包まれるなんて、ステキな体験も載っています。 『谷川建設で家を建てた、小っちゃい少年のブログ』 家の特徴や仕様が「ブログのまとめ記事」に記載されているので、読みやすいです。 画像も豊富で、住宅建設を考えている人にとって、参考になるブログです。 『谷川建設の家でのんびり田舎暮らし』 福岡県でのんびりくらしているIchiroさんのブログです。 メーカー選びに始まって、保険やローン、WEB内覧会などが載っています。 谷川建設の平屋住宅の概要・特徴 谷川建設の平屋住宅には「機能性と遊び心の平屋の家」という商品があります。 すでに商品ラインナップで紹介した「グランカオリエ」の中のひとつです。 キッチンと洗面を一直線にして家事動線を便利にしたり、リビングの勾配天井にロフトをつなげたりと、遊び心のある間取りになっています。 また、プライベート空間とパブリック空間をゾーン分けしたことで、ライフスタイルの変化に対応可能となっています。 谷川建設の建売住宅の概要・特徴 谷川建設の建売分譲地は、現在九州・山陽エリアのみとなっています。 詳しい物件情報は、公式HPより確認できます。 谷川建設の会社情報 最後に谷川建設の会社情報について紹介します。 谷川建設の展示場エリア 関東エリア 東京都 中国エリア 広島県 九州エリア 福岡県、大分県、熊本県、鹿児島県、佐賀県、長崎県 谷川建設の会社概要 会社名 株式会社 谷川建設 所在地 〒852-8115 長崎市岡町9番1号 電話番号 095-848-3551 代表取締役 谷川 喜一 設立年月日 昭和46年12月10日 資本金 1億円 従業員 424名 平成29年11月現在 売上高 181億円(平成29年11月末現在) 事業内容 ・土木建築請負業 個人注文住宅、中高層ビル、土木工事 ・一級建築士事務所 ・宅地建物取引業 ・製材業〈長崎県長製種第6号〉 ・木材業〈長崎県長木種第30号〉 ・損害保険代理業 ・上記に付帯する一切の業務 建設業許可 国土交通大臣 許可 特-29 第8964号 宅地建物取引業免許 国土交通大臣 11 第002861号 一級建築士事務所登録 ・長崎県知事登録 第123014号 ・福岡県知事登録 第1-11490号 ・熊本県知事登録 第2237号 ・佐賀県知事登録 第-1076号 ・大分県知事登録 13P-12949号 ・東京都知事登録 第48170号 ・鹿児島県知事登録 第 1 1-23-72号 谷川建設のグループ会社 ・株式会社谷川商事 ・株式会社マルキ開発 ・株式会社ティーズデザイン まとめ 今回は、知る人ぞ知る、九州を拠点に高い評価を得ている谷川建設について「評判や坪単価、メリットやデメリットについて」紹介してきました。 こだわりの匠の技や木曽檜の印象が強く、和風建築だけかと思われがちな谷川建設ですが、東京駒沢にある、快適・意匠・品質を柱とする「TGデザイン研究室」のギャラリーには近代的でシャープなデザインも豊富にあります。 TGデザイン研究室には、モデルハウスも展示されていますので、一度のぞいてみるのもいいのではないでしょうか。 また、ハウスメーカー選びは、必ず複数社から資料を集めるところから始めましょう。 しっかり比較をせずにハウスメーカーを選んでしまうと、一生に渡って後悔してしまうかもしれません。 ぜひ、後悔のないハウスメーカー選びを実現してくださいね。

次の

谷川建設に悪い評判・口コミはある?坪単価や平屋の特徴、間取りの自由度まで教えます

谷川 建設

忙しい毎日のなかで都市での生活を心豊かに過ごせる空間づくり。 1階はより広い空間構成が可能なRC造、2階・3階の住居スペースは 無垢の檜をふんだんに使用した本格木造の混構造となっています。 「外に閉じて内に開く」が基本コンセプト。 外観はプライバシーを守るために閉じた印象に。 しかし内部は日々の快適な暮らしのために、自然の光と風にあふれた開放的な空間に。 谷川建設が主要構造材に木曽檜を始めとする無垢材を使うことにこだわる理由。 それは強度や耐久性に優れた良質な天然素材であることはもちろん、 『無垢材の調湿効果』にあります。 無垢材は湿気の多いこの時期には湿気を吸収し、乾燥する季節には湿気を放出して、 常に室内を快適な湿度に保っています。 快適な湿度に保つことはカビやダニの発生の抑制に繫がります。 除湿機や加湿器を使う必要がなければ省エネにも繫がり、 何よりご家族が快適で健康に住まうことが出来るのです。 檜の家の居心地の良さを体感できる、構造現場・完成現場案内を、 駒沢展示場にほど近い、 「世田谷区岡本」「世田谷区砧」「世田谷区新町」で実施中です。 この機会に、どのように家づくりが進むのかを学びませんか。 ご案内は個別に行うため、完全予約制。 ご予約を頂きましたお時間は、1組様のみのご案内となります。 案内をご希望のかたは当社ホームページからお申込み下さい。 下記見学予約ボタンからご予約下さい。 「まだ出来るだけ外出は控えたい」、「落ち着いたら展示場に行ってみたい」、 「でもいまから情報収集や家づくりの相談は進めておきたい」というかたにお勧めです。 オンライン相談は当社ホームページからお申込み下さい。 本見学会の現場とは異なります。 住宅メーカーからのお知らせ最新記事•

次の