ユミル。 ユミル

ユミルリンク、メール配信「Cuenote FC」でWebトラッキング機能

ユミル

・・によるユミルの殺害(画) ユミル (: Ymir)とは『』に出てくる原初の。 彼はまた アウルゲルミル(: Aurgelmir、「耳障りにわめき叫ぶ者」)とも呼ばれる。 なお「Ymir」の日本語表記には、他に、 ユーミル 、 ユミール 、 イミル などがある。 『』第一部『』の語るところ では、ユミルはの、の熱との寒気がまじわったところで生まれ、原初の牛の乳を飲んでいた。 ユミルの身体の各所から何人もの巨人が産み出された。 その中には頭が複数ある奇怪な姿の巨人もいたとされている。 あるとき、最初に生まれたの息子(ブル)が、ユミルの一族であるの娘と結婚し、、、の三神が生まれた。 巨人達は非常に乱暴で神々と常に対立していたが、巨人の王となっていたユミルはこの三神に倒された。 この時、ユミルから流れ出た血により、とその妻以外の巨人は死んでしまった。 三神はユミルを解体し、からやを、身体から大地を、からを、とからを、からを、からを囲う防壁を、からを造り、に支えさせ、からを造り、残りの腐った体に湧いた蛆に人型と知性を与えて妖精に変えた。 「ユミル」の名は、に登場する()と同語源である。 エリス・ディヴィッドソンはその上で、彼の名を「混成物」「」と理解することができ、1人で男性と女性を生み出し得る存在と考えることができ、さらには人間と巨人の始祖ともみることができるとしている。 脚注 [ ]• 『エッダ 古代北欧歌謡集』、『北欧神話』(デイヴィッドソン)などにみられる表記。 『エッダ 古代北欧歌謡集』228頁。 『アスガルドの秘密 北欧神話冒険紀行』(ヴァルター・ハンゼン著、東海大学出版会、2004年、)などにみられる表記。 『北欧神話と伝説』(ヴィルヘルム・グレンベック著、訳、、1971年、)などにみられる表記。 『北欧の神話伝説(I)』(編、〈世界神話伝説大系29〉、1980年改訂版、)などにみられる表記。 『エッダ 古代北欧歌謡集』228-230頁。 Julius Pokorny. 505. 『北欧神話』(デイヴィッドソン)236頁。 参考文献 [ ]• エリス・デイヴィッドソン 『北欧神話』米原まり子、一井知子訳、、1992年、。 ネッケル他編『エッダ 古代北欧歌謡集』訳、、1973年、。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。

次の

【進撃の巨人】ユミルの「正体と過去」から果たした役割を知る3視点

ユミル

ユミルの正体や出自のヒントは少しずつ明らかにされてきましたが、原作第93話でようやく全容が判明しました。 なぜ、ユミルは偽らない人生にこだわっていたのでしょうか? ここでは、 進撃の巨人 ユミルの「正体と過去」から果たした役割を知る3視点について紹介していきます。 進撃の巨人で「ユミルの正体と生き方」を考える2要素 ユミルは自分を偽って生きてきた過去があり、二度目の人生を手に入れてからは徹底的に自分に正直に生きることを誓っていました。 放浪の最中、マーレから送り込まれた4人組の戦士に偶然出会い、 顎の巨人を持つマルセルを食らいます。 マルセルを食らったことにより顎の巨人を受け継いだユミルは、 再び人間に戻ることができたのです。 ユミル巨人の体高は5mと小柄ですが、非常に素早く動くことができ、鋭い爪と強力な顎の力で相手を砕きます。 ウトガルド城決戦ではその力をいかんなく発揮し、仲間を守りました。 ユミルは現在死亡しており、 顎の巨人はマーレのポルコ・ガリアードに継承されています。 思いがけないことだったとは言え、マルセルを食らって再び手に入れた人生では、 二度と自分を偽ることなく、思ったことを言い、自分の信じるままに行動し、自分のための素直な生き方を実現しようとしたのです。 後に訓練兵となりクリスタと出会った時には、 自分という人格を偽って別人を演じながら生きる彼女の様子に自分を重ね、大きく共感し、常に見守ることを決めたのでした。 進撃の巨人でユミルがひた隠しにしてきた1つの過去 マーレで孤児として生きていた頃にユミルの悲劇の転機が訪れました。 孤児だったユミルは、見知らぬ男に拾われ 「ユミル」という名を付けられました。 その名は エルディア人にとっては特別なものだったため、 「始祖ユミル」として宗教化し、 ユミルは人を集め金を集める道具となったのです。 孤児だった生活を思えば、 自分を偽りユミルとして生きれば皆が幸せになり、自分も良い思いができると知り、彼女は 偽の人生を歩むことを決意します。 始祖ユミルとして相応しく振る舞い、それなりの服をまとい、 自分ではない人格を演じ続けてきました。 しかし、 皆が愛してくれていたのは、孤児である本当の自分ではなく、 「ユミルという役」でした。 だからこそ、マーレ憲兵が来た時には、いとも簡単に民衆は見放され、石をぶつけられながら楽園送りとなってしまったのです。 5巻特別編で巨人が 「ユミル様」「よくぞ」と発言した場面がありましたが、あの巨人は ユミル教の信者の一人でした。 スポンサーリンク 3. 進撃の巨人で「ユミルが物語に対して果たした役割」を知る2つの角度 マーレ側の視点では、ユミルの存在と活躍は全く予想外のものだったと言えます。 それでは、 進撃の巨人で進撃の巨人で「ユミルが物語に対して果たした役割」を知る2つの角度について紹介していきます。 ところが、 作戦行動を開始する前に、顎の継承者が食われるという事態が発生したのです。 この時点で マーレは、大事な戦力を一部削がれたことになります。 戦士と言ってもまだ子供であるため、作戦実行の戦略も与えられておらず、奪われた顎の巨人を取り返す術も知りません。 結果としてマーレ側は、 残る3人の巨人だけで奪還計画の実行を 強行するしかありませんでした。 しかし、 舞台がマーレに移った第93話では、 マルセルの弟ポルコ・ガリアードがユミルから顎の巨人を継承したことを明らかにしています。 途中経過は省かれていましたが、ユミルはライナーかジークによってマーレに連れ戻された際、 自らの意志で顎の巨人をポルコに 返上することを選んだのです。 つまり、 ユミルはポルコに捕食されて死んだことになります。 マルセル達4人組が奪還計画のためにパラディ島に向かったのは9年前のことで、ポルコにとっては兄を失ってから同じ年数が経過していることになります。 ポルコは兄の弔いの意味も含めて、顎の巨人の力を全力で発揮し、 壁内人類の絶滅に本気で向かってくることが予想されます。 まとめ ユミルの正体は顎の巨人であり、さらに遡れば、大陸で不当な扱いを受けてきたエルディア人孤児でした。 「ユミル」を演じたことで一時的に良い思いはできたものの、 自分を欺いた人生で幸せが続くわけがないと知ることになります。 大切なクリスタに同じ轍を踏ませないこと、望まず得た顎の力を元の持ち主に返すことを自ら望み、 亡くなる最期まで正直に生きようとしたのです。

次の

ユミル(Ymir)氷霜の巨人

ユミル

ユミル Ymir 北欧神話に伝わる巨人の祖。 ユミル Ymir またはアウルゲルミル aurgelmir,意味、沸きかえるもの と呼ばれる。 極寒世界ニブルヘイムの泉より吹く毒気が、ギンヌンガガプの上で氷って落ち塊となり、その氷山のようになった塊に灼熱の世界ムスプルヘイムの熱風が吹くことで溶け、初めの氷霜の巨人ユミルが生まれたという。 初めの牝牛の乳を飲んで育ち、その体からは霜の巨人たちが生れた。 汗を掻き左の脇から一人の男と一人の女を、足から六つの頭を持った男が生れた。 六つの頭を持つ者はベルゲルミル Bergelmir という。 ベルゲルミルはユミルが死んだ時に起こした洪水により巨人族が命を失う中、妻とただ二人だけ逃れて世界の果てのヨトゥンヘイムに住むことになった。 そのためユミルが死んだ後の巨人の子孫はこの二人からだという。 ユミルの体から作られた世界の話 ユミルは巨人族の王となり最初の神ブーリの息子ボルやその子孫たちと争った。 巨人族は激流に一掃され、生き残った者もヨトゥンヘイムへと逃れた。 オージンら神々は巨大なユミルの体をギンヌンガガプへ運び世界を構成する素材とする事にした。 体の肉を大地に、流れ出る血から海を作り、大きな骨から山や丘を、顎や歯や細々とした骨で大岩や小石を作った。 髪の毛は木や草になった。 大地は宇宙の真ん中に置かれ、ユミルの睫毛で柵を作り海で取り巻いた。 ユミルの頭蓋は天空となり、脳は雲へと変える。 その時、天空が間違っても落ちて来ないように四人の小人に支えさせる事にした。 暗い世界に光明を与えるため、神々はムスプルヘイムから火花を取り出し無数の星へと変える。 中でも大きい火花が太陽と月となり、ユミルの体から作られた世界を照らすようになった。 これが氷霜の巨人ユミルから作られた世界の話である。

次の