糸島 天気 雨雲 レーダー。 福岡県糸島市の雨雲レーダーと各地の天気予報

糸島市の10日間天気(6時間ごと)

糸島 天気 雨雲 レーダー

気象レーダーって何だろう? 気象レーダーは、電波で雨の粒を感知して、雨雲までの距離や雨の強さを観測するものだよ。 アンテナから発射された電波が、雨粒にぶつかって反射する電波を解析することによって、雨雲の様子がわかるよ。 雨雲の様子がわかると、どこで雨が降っているのかよくわかるよね。 日本にはこの気象レーダーが、約20カ所あるんだけど、そんな気象レーダーも、電波が発射される高さよりも、低い位置で降る雨や、雨の粒が小さすぎて、反射する電波が弱すぎるものなど、検知できない雨もあるよ。 さて、この便利な雨雲レーダー(気象レーダー)。 「今、確かにこの場所で雨が降っているのに、レーダーには映っていない。。。 」なんて経験ありませんか? 一体、何が起こっているのでしょうか? 現在使用されている気象レーダーには次の特徴があります。 (1) 高度2km上空付近の雨雲を観測しているので、それよりも低い雨雲は映らない (2) 雨の粒が小さい場合は、映らない 気象レーダーに映らないのは、「霧雨」が多いようです。 「霧雨」は雨の粒が小さい為、レーダーの反射強度が弱かったり、雨雲がレーダーの観測高度よりも低い位置にある事が多く、映らない場合があります。 また逆に、レーダーに映っているのに実際は雨が降っていない。 ということもあります。 レーダーが発射する電波の高さには、確かに雨粒が存在していても、地上に降ってくる間に蒸発してしまうケースがそれです。 地上付近の空気が乾燥していると、このような現象が起こります。

次の

糸島市の10日間天気(6時間ごと)

糸島 天気 雨雲 レーダー

テクニカルライター・田中拓也の『人生変えちゃうアプリ!』。 ここでは毎日のお天気チェックを快適なものにする「Yahoo! 天気」を紹介します。 雨雲の動きを予測して、雨が降るのを事前に察知できるので、突然の雨に降られて困ることが少なくなります。 天気のアプリアイコン 雨雲の動きが手に取るようにわかる 「これから10分以内に雨が降る」 こんな予言めいたことを、ピタリと的中させてしまうアプリが「Yahoo! 天気」です。 雨雲の動きを地図に表示する雨雲レーダーを持ち、最大で15時間先までの天気の移り変わりが、手に取るようにわかるのです。 雨雲の動きがわかれば、帰りに傘が必要になるかどうか、洗濯物を干したままで大丈夫かといった判断の目安になります。 また逆に雨が降っているときは、移動するタイミングを見計らうのに重宝します。 雨雲レーダーでは、1時間以内なら5分刻みで雨雲の動きが表示されます。 そのおかげで「あと少しで雨が止みそうだ」など、雨雲がとぎれるタイミングを正確に見極めることができてしまうのです。 そこで便利なのが「プッシュ通知」機能です。 雨雲が近づいたときに知らせてくれるので、突然の雨にもすばやく対処できます。 タップして雨雲の動きを表示することも可能 通知が届くと、だいたい30分以内に雨が降り始めることが多く、その間に移動したり、洗濯物を取り込んだりと、雨を回避するのに十分な時間を確保できます。 なおプッシュ通知を受け取るには、設定が必要です。 Yahoo! 天気をインストールしたら、最初に設定しておきたいところです。 天気は、春は花粉、夏は紫外線、秋は台風、冬は降雪という具合に、一年を通して役立つ天気アプリです。 さらに17日先までの週間天気予報を表示する機能や、48時間以内の天気を1時間刻みで表示する機能など、ほかの天気アプリよりも詳しい天気予報を表示できるので、イベントや旅行の計画を立てるようなときでも手放せません。 Yahoo! 天気の情報の一部は、ウィジェットでもチェックできます。 「今日」の画面 iOS や、ホーム画面 Android を開くだけで、雨雲レーダーや天気情報が目に入るようになり、便利です。 毎日の天気チェックに活用してはどうでしょうか。

次の

糸島市の10日間天気(6時間ごと)

糸島 天気 雨雲 レーダー

雷ナウキャストについて 活動度は、最新の落雷の状況と雨雲の分布によって、以下のように区分しています。 活動度4は、「激しい雷」で、落雷が多数発生していることを意味します。 活動度3は、「やや激しい雷」で、落雷があることを意味します。 活動度2は、「雷あり」で、電光が見えたり雷鳴が聞こえる。 または、現在は、発雷していないが、間もなく落雷する可能性が高くなっていることを意味します。 活動度1は、「雷可能性あり」で、1時間以内に落雷の可能性があることを意味します。 活動度2~4が予測された場合は、落雷の危険が高くなっていますので、建物の中など安全な場所へ速やかに避難して下さい。 また、避難に時間がかかる場合は、雷注意報や活動度1が予測された段階から早めの対応をとることが必要です。 なお、雷注意報や活動度1~4が発表されていない地域でも雷雲が急発達して落雷が発生する場合がありますので、天気の急変には留意して下さい。 竜巻発生確度ナウキャストについて 発生確度2となった地域で、竜巻などの激しい突風が発生する可能性(予測の適中率)は7~14%程度です。 発生確度1は、発生確度2で見逃す事例を補うように設定しており、広がりや出現する回数が多くなります。 このため、発生確度1以上の地域では、見逃しが少ない反面、予測の適中率は1~7%程度と低くなります。 竜巻などの激しい突風は、人の一生のうちほとんど経験しない極めて希な現象です。 従って、発生確度1や2程度の可能性でも、普段に比べると竜巻などの激しい突風に遭遇する可能性は格段に高い状況ですので、発達した積乱雲が近づく兆候がある場合は、頑丈な建物内に入るなど安全確保に努めて下さい。 なお、発生確度1や2が予測されていない地域でも雲が急発達して竜巻などの激しい突風が発生する場合がありますので、天気の急変には留意して下さい。

次の