通信 速度 測定。 ▷ インターネットのスピードテスト

ネット回線のスピードテスト・速度測定におすすめなサイト/アプリまとめ|スマホ・光回線・WiMAX・ポケットWiFi・ADSL対応

通信 速度 測定

このため古いバージョンのJavaのアンインストールが必要です。 以前は互換性重視の観点から、バージョンアップ時には古いモジュールをアンインストールしないままでのバージョンアップ後もコントロールパネル等で古いモジュールを選択し利用できるような仕様となっており、ある一定のバージョンより古いバージョンがパソコン内に残っている場合、一般的なバージョンアップの方法ではセキュリティ上のリスクを改善できない状況になっていました。 このため、最新のJavaでは、以前のJavaがアンインストールできていない場合、既定状態ではJavaアプレットを利用できない仕様に変更となっております。 正しく測定できない、または、測定後に測定結果が表示されない場合 次の環境にて動作を確認しております。 iOS、Androidなど、下記以外の環境では動作いたしません。 なお、いずれの環境もJavaの最新版が必要です。 また、Javaアプレットを有効に設定する必要があります。 Internet Explorer7、8、9、10、11• FireFox 最新版 Mac OS X 10. 4以降 日本語版• Safari 最新版• Firefox 最新版 NURO 光回線の通信速度について 最大2Gbps」という通信速度はネットワークからお客さま内に設置する宅内終端装置へ提供する最大速度です。 機器使用時の通信速度はお客さまの通信環境と規格により異なります。 有線接続の場合は最大1Gbps、無線接続の場合は通信規格IEEE802. 11acにおける通信で1. 3Gbpsとなります。 11acに対応していない場合があります。 なお、記載の最大通信速度は、技術規格上の最大値であり実使用速度を示すものではありません。 インターネットご利用時の速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により低下する場合があります。 接続数について 本スピード測定では、接続機器からのネット接続にあたって1本の回線 物理回線 に対し、1セッション 論理回線 で測定を行うのではなく、複数のセッションを使用して測定を行い、その合計値で速度を計算します マルチセッション方式。 主セッションのみを計測するよりも、複数のセッションを計測することにより正確な速度を算出しやすく、実際にお客さまのインターネットご利用シーンに即した速度測定方法です。 測定結果に表示される「接続数」では、測定プログラムがお使いの機器・サーバ・ネットワークなどから総合的に最適な数を割出し速度測定した結果を確認できます。 接続数が多いほど速度が速くなることを意味するものではありません。 スピード測定結果の取り扱いについて スピード測定結果は広告宣伝またはマーケティングデータ取得の為に利用させていただく場合がございます。 また、スピード測定結果において個人情報の取得は行っておりません。

次の

【2020年版】光回線の速度比較ランキング!速度のはかり方も紹介

通信 速度 測定

この記事の目次• Javaをインストールして有効にする 今回紹介するサイトの中には、Javaをインストールして有効にしなければ利用出来ないものもある。 USEN、Fast. comなどJavaを使わずに測定出来るサイトもあるからそっちを使っても良いんだけど、より多くのサイトを利用したい。 という人は、以下を参考にしてJavaのインストールと有効を済ませておこう。 Javaは『』にアクセスして 『無料のダウンロード』をクリックすると、ダウンロードすることが出来る。 後は、ダウンロードしたファイルをダブルクリックするなどして実行させてインストールするだけだね。 次に、Javaを有効にする方法だけど、ChromeとFirefoxはJavaのサポートを終了させているため出来れば、Internet Explorerを使うようにして欲しい。 Internet Explorerのブラウザを開いたら、画面右上にある 『設定のアイコン(歯車)』をクリックして欲しい。 次に 『インターネットオプション』を選択しよう。 インターネットオプションの画面を開いたら 『セキュリティのタブ』を開いてから 『レベルのカスタマイズ』をクリックして欲しい。 レベルのカスタマイズの画面を開いたら、真ん中より少しだけ上の辺りまでスクロールさせて 『Java アプレットのスクリプト』の項目を見つけて欲しい。 この項目が既に 『有効にする』になっていればOK。 無効になっていたら無効から有効に変更しておこう。 まずは俺が1番愛用しているサイトを紹介しておく。 恐らく、Yahoo! やGoogleで 『回線速度測定』と検索すると1番上に引っかかると思う。 まずは『』にアクセスしよう。 アクセスしたら、ほとんどの人がフレッツ光ではないだろうから、フレッツ光以外の方はこちらの項目にある 『測定スタート』をクリックして欲しい。 もし、あなたがフレッツ光であるならば、フレッツ光の方はこちらの 『測定スタート』をクリックしてね。 クリックしたら 『再生ボタンのアイコン』をクリックしよう。 後は3~15秒(回線速度が遅ければ遅いほど時間がかかる。 )ほど待っていると回線速度の測定が完了する。 こんな感じで結果が表示される。 今回は38. 255Mbpsということで 『かなりの速さですね!イライラすることなくクールにネットを楽しめると思います。 』といったメッセージが表示されたね。 38もあれば回線速度が遅い!と感じることはほとんどないと思う。 結果が気に入らない場合はもう一度測定してみるのアリ。 上の画像は3秒後に再測定したものだけど、前回を上回る結果になったね。 1番上のランクであるドラゴン級であれば文句はないね。 BIGLOBEが運営する回線速度を測定出来るサイト。 測定するには、ブラウザのJavascriptを有効にしておく必要があるから事前にチェックしておこう。 と言っても、通常有効になっているものだから、特に気にすることはない。 まずは『』にアクセスしよう。 アクセスしたら 『通信速度を測定する』をクリックして欲しい。 すると小さなウィンドウが開かれるから 『測定開始』をクリックして欲しい。 5秒ほど待機すると結果が表示される。 今回は29. 7Mbps。 公式サイトによると、1Mbpsあればホームページ、メールなどの文字中心の利用は十分可能。 10Mbpsあればインターネット、動画、ゲームは十分利用出来る速さ。 30Mbps以上あれば高画質の動画もストレスなく再生出来るとのこと。 俺は29. 7だけど4K画質の動画も問題なく再生出来るんだけどな。 BIGLOBEの測定は低めに表示されると思う。 まずは『』にアクセスしよう。 アクセスしたら 『スピード測定』をクリックして欲しい。 スピード測定のページに移動したら、利用中の回線の速度帯を選択。 郵便番号の入力、回線の種類を選択しよう。 最後に 『測定』をクリック。 めんどくさ。 とか思ってこれらをすっ飛ばしても測定は出来ない仕組みになってるみたいだね。 俺の環境では測定出来ず。 GoogleChromeがダメなのかと思ってFirefoxを使ってみて再度測定してみたけど、同じく測定結果は表示されなかった。 わざわざ郵便番号と回線情報を選択してこんなに安定しないなら利用価値はないね。 IEであれば標準でJavaが有効になっているから問題なく測定出来るみたい。 ChromeとFirefoxはJavaのサポートをしなくなったから正常に動作しなかったんだね。 Javaが有効になっていれば上の画面が表示されるから 『実行』を選択しよう。 実行を選択すると測定結果が表示される。 今回は下り61. 8Mbps、上り58. 5Mbps。 下りしか測定してくれないサイトが多い中上りも測定してくれるのはありがたい。 10年以上前に開設された回線の通信速度を測定出来るサイト。 ちょっとばかし古臭いサイトだけど問題なく測定することが出来る。 まずは『』にアクセスしよう。 アクセスしたら 『東京』か 『大阪』をクリックしよう。 ご利用回線の選択と郵便番号の入力が求められるけど、何も弄らずに先に進むことも出来る。 『測定ページへ』をクリックしよう。 測定方向、測定精度、データタイプを選択する。 良く分からない。 という人は、弄らずに 『測定ページへ』をクリックでOKだよ。 このアプリケーションを実行しますか?というメッセージ画面が表示されたら 『実行』を選択する。 準備が出来たら 『測定開始』をクリックしよう。 暫く待っていると測定結果が表示される。 今回は下り回線が63. 57Mbps、上り回線が58. 26Mbps。 NURO光を契約していなくても利用出来るサービス。 ただしJavaが有効になっていないと測定することが出来ないから注意して欲しい。 まずは『』にアクセスしよう。 アクセスしたら 『NURO』をクリックしよう。 測定方向、測定精度は弄らずに 『測定ページへ』をクリックして欲しい。 このアプリケーションを実行しますか。 というメッセージ画面が表示されたら 『実行』を選択しよう。 準備が出来たら 『測定開始』をクリック。 40秒ほど待機していると測定結果が表示される。 今回は下り回線が62. 85Mbps、上り回線が58. 60Mbpsだった。

次の

▷ インターネットのスピードテスト

通信 速度 測定

このため古いバージョンのJavaのアンインストールが必要です。 以前は互換性重視の観点から、バージョンアップ時には古いモジュールをアンインストールしないままでのバージョンアップ後もコントロールパネル等で古いモジュールを選択し利用できるような仕様となっており、ある一定のバージョンより古いバージョンがパソコン内に残っている場合、一般的なバージョンアップの方法ではセキュリティ上のリスクを改善できない状況になっていました。 このため、最新のJavaでは、以前のJavaがアンインストールできていない場合、既定状態ではJavaアプレットを利用できない仕様に変更となっております。 正しく測定できない、または、測定後に測定結果が表示されない場合 次の環境にて動作を確認しております。 iOS、Androidなど、下記以外の環境では動作いたしません。 なお、いずれの環境もJavaの最新版が必要です。 また、Javaアプレットを有効に設定する必要があります。 Internet Explorer7、8、9、10、11• FireFox 最新版 Mac OS X 10. 4以降 日本語版• Safari 最新版• Firefox 最新版 NURO 光回線の通信速度について 最大2Gbps」という通信速度はネットワークからお客さま内に設置する宅内終端装置へ提供する最大速度です。 機器使用時の通信速度はお客さまの通信環境と規格により異なります。 有線接続の場合は最大1Gbps、無線接続の場合は通信規格IEEE802. 11acにおける通信で1. 3Gbpsとなります。 11acに対応していない場合があります。 なお、記載の最大通信速度は、技術規格上の最大値であり実使用速度を示すものではありません。 インターネットご利用時の速度は、お客さまのご利用環境(端末機器の仕様等)や回線混雑状況等により低下する場合があります。 接続数について 本スピード測定では、接続機器からのネット接続にあたって1本の回線 物理回線 に対し、1セッション 論理回線 で測定を行うのではなく、複数のセッションを使用して測定を行い、その合計値で速度を計算します マルチセッション方式。 主セッションのみを計測するよりも、複数のセッションを計測することにより正確な速度を算出しやすく、実際にお客さまのインターネットご利用シーンに即した速度測定方法です。 測定結果に表示される「接続数」では、測定プログラムがお使いの機器・サーバ・ネットワークなどから総合的に最適な数を割出し速度測定した結果を確認できます。 接続数が多いほど速度が速くなることを意味するものではありません。 スピード測定結果の取り扱いについて スピード測定結果は広告宣伝またはマーケティングデータ取得の為に利用させていただく場合がございます。 また、スピード測定結果において個人情報の取得は行っておりません。

次の