寝すぎて背中が痛い。 寝過ぎで腰が痛い!どうすれば治る?

背中が痛い時のマットレス選び徹底解説!選び方とおすすめの種類

寝すぎて背中が痛い

寝すぎだから病気になってしまうのか、病気だから寝すぎてしまうのか。 寝すぎるとどうなるか、頭が痛くなる、眠い、などから、寝過ぎの病気は何科に行くべきかまで、出来るだけコンパクトにお届けします。 寝すぎ特集はこちらからどぞ。 第1回 第2回 第3回 寝すぎると病気になる?それとも病気が寝すぎを誘発してるの?一体、どっちが先でどっちが後なの? そんな寝 すぎ(過眠)と病気の、 関係について迫りたいと思います。 ハーバード大学の調査によると人口の約4パーセントに慢性的な過剰睡眠があると推定されています。 時間の不規則な仕事についている人や、睡眠環境が良くない人、睡眠障害を抱えている人に多いといった特徴があるとわかりました。 目次はこちら• 寝すぎるとどうなる? 肥りやすくなる、背中(腰)が痛くなる、心臓に悪い、寿命が短くなる、鬱が悪化する、認知症や糖尿病になる、脳が老化する、妊娠しづらくなるなど、様々な懸念が考えられます。 これらは全て憶測ではなく少ない母数であれ統計的な傾向値で、参考に値して良いと思っています。 また、これらと同時に起きているのは寝すぎによって自律神経が乱れ睡眠の質も下がり生活リズムを崩しやすくなってしまうことです。 実はこの生活環境の悪循環は 自分の意思で変えにくいため、抜け出すことができず慢性的にリズムの崩れた生活を送ってしまいがちです。 詳しくはこちらの記事で紹介しています。 しかし、過眠症で眠り過ぎてしまうケースは、実は少数派というか本当にごく稀で人数で言えば少ないんです。 過眠の傾向がある病気は大きく4つに分けることができ、• ナルコレプシー• 睡眠時無呼吸症候群• 特発性過眠症• 反復性過眠症 などがあります。 過眠症の中でも、ナルコレプシーや睡眠時無呼吸症候群は患者数が多く、また、本人も気づいていない潜在的な患者も大勢いると言われています。 日中の耐え難い眠気や居眠りが1ヵ月以上続くような場合は、過眠症の可能性が考えられます。 できるだけ早期に、専門の医療機関を受診することをおすすめします。 過眠症の中でも実際に眠り続けてしまうのは、反復性過眠症(クライネ-レビン症候群)と呼ばれ、実は過眠症の中でも非常にケースの少ない睡眠障害です。 反復性過眠症は、10歳代で発症するケースが多く、女性よりも男性の有病率が約4倍高いとされます。 3日から5週間程度(平均は10日間)の傾眠状態(強い眠気をもよおす状態:過眠病相)が続き、昼夜を問わず、毎日16~20時間も眠り続けるのが特徴的です。 このような過眠病相(過眠エピソード)が通常1年に1回以上(平均3ヵ月に1回)起きることから周期性傾眠症とも呼ばれています。 この病気は、 原因が全く不明で治療法が確立されていません。 いったん過眠の病相期が始まると治療が困難となります。 規則正しい生活を行うことが予防に役立ち、(特に若年男性では)経過とともに自然寛解することが多く、寛解まで平均14年とされています。 一方で、うつ病などによる過眠傾向によって、寝すぎてしまう場合は一体どちらが先で、どちらが後なのでしょうか。 考え方によって意見が分かれるとこではありますが、わかっていることを整理すれば、どちらも有り得るということ。 それさえわかれば、寝すぎの対策をすれば良いのか、病気の対策を先にすれば良いのか、 自分で決めることができます。 まとめ.

次の

腰に一番よい寝姿勢は? 腰や背中が痛いときオススメの寝方を専門家が指南

寝すぎて背中が痛い

a:背中の痛みの原因には様々な疾病が原因である場合も考えられます。 それらの中には変形脊椎症 高齢者に多い や脊椎圧迫骨折、脊椎側弯症や解離性動脈瘤など背中の痛みとなって現れる症状や 片側性の痛みでは、肋骨骨折、腎孟腎炎 発熱、腰痛、背中をたたくと片側が痛む、尿の濁り等 、肋間神経痛(肋骨に沿った痛み、片側性)あるいは帯状疱疹(片側に水疱に伴う発疹、顔面の痛み、胸背部の痛み)等の重篤な病気もありますので、夫々の症状に合わせて整形外科や内科などの専門医療機関の診察を受ける必要のものがあります。 こうした可能性のある人は早く診察を受けられることをお勧めします。 一方で 病院で診察を受けても原因が不明の場合で痛みの発生が睡眠中に背中が痛くなる、寝ていて背中が痛くなる、寝ると背中や身体が痛くなる、朝起きると背中が痛い等の人の場合は多くの日本人が抱える「非特異性腰痛症」と同じ様な原因と解決法が考えられます。 1:寝ていて、朝起きて背中が痛いのは何故? 原因その1:それは仰向け寝で背中の凸部に掛かる体圧が分散されていないから。 左は綿の敷布団や低反発パッドなどでの寝姿勢図。 右は金属コイルマットレスでの寝姿勢図 この様に睡眠中の人の背中は湾曲した脊椎で凸状に湾曲しており、この凸部を敷寝具が十分に吸収することが出来ない場合には 長時間横になって眠る人の背中には長い時間体圧が掛かり続けることになります。 原因その2:それは背中の真ん中にある背骨部の凹部に支えがないから 「仰向けに寝て背中の真ん中が痛い」という声を戴くこともしばしばです。 この事は背中の凸部である肩甲骨に圧が掛かっていることと同時に起きている場合が殆どです。 肩甲骨に体圧が掛かっている状態では脊椎の湾曲も肩甲骨の凸部も吸収が十分でない状態ですが、同時にこの状態では肩甲骨の真ん中に位置する背骨部と敷寝具の間には隙間が出来、支えがない為に重力に晒される状態になります。 この事が「背中の真ん中が痛い」という表現となって現れているのです。 主にこの二つの原因が 「寝ていて背中の痛みで1時間おきに目が覚めていた」や「朝起きる際に背中が痛い」、「恒常的に背中の張りがあった」「寝ていて背中の真ん中が痛かった」等と言うお客様の声の原因となっていた事が実際に寄せられたお客様の声からも分かります。 寝ていて背中が痛くなる理由1 a: 人の背中は平板なものではない、背骨の胸部湾曲について 人の背骨はまっすぐで平板なものではありません。 哺乳類の中でもチンパンジーと人だけが二足歩行をするようになり、同時にバランスを伴って歩行したり、活動する為に頚椎湾曲、胸部湾曲、腰部湾曲が夫々現在のような形に変化してきたと言われています。 しかしこの二足歩行に伴い、それに適した形でうまれた背中の湾曲が人が横になって眠る際に問題を発生させる原因ともなるのです。 上の右図をご覧ください。 凸部と凹部、身体の谷と山が夫々隣り合っているのが分かりますね。 山なりと尻と深くくびれた腰の谷間、背中 横寝では肩 の凸部と頚椎の凹部。 この二つが夫々隣り合っていることが横になって眠る、睡眠中の人の身体に問題を引き起こしているのです。 b:人の背中は平板ではない。 肩甲骨凸部と背骨の凹部が生み出す二つの痛みの原因 人の背中は平板ではありません。 上記では脊椎の胸部湾曲による隆起によって身体を側面から見た場合の背中、腰、尻のそれぞれの凸部と凹部が隣り合わせになっていることで人が眠る為に横たわる場合の体圧の掛かり具合を見てきました。 人の背中が平板で無いのはこればかりではなく背中内部にも凹凸がありこれが人が寝る際に2種類の問題を生み出しているのです。 人の隆起した背中部には左右に分れて盛り上がった肩甲骨があります。 これが背中の凸部を成しています。 図の 凸 人が仰向けに寝るとここに上半身の体重がかかり、硬い敷寝具環境では圧迫が生じます。 これが背中の凹部となっています。 図の 凹 人が仰向けに寝ると凸部である肩甲骨が寝床と接して吸収されない状態ではこの凹部である背骨部には支えが無い状態となります。 この状態では下に下がろうとする重力に晒され続けることとなります。 これが背中に現れる痛みの第2の理由です。 3:睡眠中の背中の凸部に掛かる圧迫と凹部の背骨に掛かる重力を解消する為に必要なのは? 人の背中にある 凸部、背中の隆起を構成する胸部湾曲と二つの肩甲骨の 凸部。 人の背中にある二つの凸部 肩甲骨 の谷間の 凹部となる背骨部。 横たわって寝る際にこの凸部=肩甲骨部には体圧が掛かり易く、同時にこの肩甲骨に体圧が集中する様な敷寝具の状態では谷間の凹部を成す背骨には支えが無く下に下がろうとする重力に晒され続けることとなります。 主にこの状態が 「寝ると背中が痛くなる」 「寝ていて背中が痛くなって夜中に目が覚める」 「寝て起きると背中が痛い」「朝起きると背中が痛い」原因となっているのです。 SLEEPSHOPが提案し多くの人の背中と身体の痛みを解消してきた理由が下の写真に秘められています。 人の身体の隣り合う 凹 凸 と 値動きに に沿って柔軟に 凹部へは支えを凸部 とは吸収できる柔軟さと反発力が同時にベッド&マットレスなのです。 a:体圧の掛かる肩甲骨の凸部を十分に吸収出来る敷寝具=ベッド、マットレスで寝る b:重力の掛かる背骨部の凹部も支えることが出来る様な柔軟な敷寝具=ベッド、マットレスで寝る 実現しているのはSLEEPSHOPのベッド、マットレス寝試し体験会で「凄い! 普段すき間がある 肩甲骨の間の背骨まで全部支えられているのが分かる!」と仰る働くウッドスプリングベッドと柔らかいのに高反発 柔らかいだけでなく、高反発だけでなく なラテックスマットレスが組み合わさって実現する身体への万遍の無い支えとホールド感なのです! 首と肩の大きな差異は肩部の柔らかいウッドスプリングスラットと最も柔らかいHytrel ハイトレル サスペンションの働き で実現しています。 そのことで肩と二の腕に掛かる体圧は分散され、腰回りの腹側は支えられ、尻は吸収されることで背骨は一直線にな って横寝出来ています。 この様に人の身体は背中面では背骨の形状に沿って大きく湾曲していますので、この湾曲と凹凸を吸収と支持する力で掛かる体圧を分散する必要があり、横寝時は身体の凹凸によって生じる体圧の掛かり具合を解消する為の働きが必要になるのです。 勿論ウッドスプリングベッドに直寝するわけではありませんが、使用するマットレスの下で人の骨格が立っている様な姿勢で眠れる為に働いているのです。 マットレスを置く為の台であるだけのスノコのベッドフレームやコイルマットレスの下の台盤 ダブルクッションと呼ばれる ベッドベースなどでは到底望めない(人の快適な眠りの為に)働くウッドスプリングベッドでのみ作り出せる働きなのです。 5:寝て背中と身体が痛くならないためにマットレスに求められる働きとは? a:それは肩甲骨に掛かる圧迫を吸収し、その周りの肉体に掛かる圧迫を吸収、分散できるマットレス それは骨格の周りを形作る肉体に掛かる圧迫を吸収し重力に晒されない様に支持力できるマットレス 上記で見てきたように睡眠中の人の骨格に掛かる体圧はウッドスプリングベッドが分散して、立っている様な姿勢で 眠れる様になるわけですが、それだけでは十分ではありません。 人の身体は骨格で保護された内臓があり、その周りは柔らかい肉体で出来ており、この中には人の生命維持に 必要な血管やリンパ、神経等が張り巡らされています。 この部分に掛かる体圧、圧迫をどう分散するのか? これがマットレスの役割となります。 まとめ:即ち吸収と支持が柔軟にできる働きのあるマットレスという事になります。 ラテックスマットレス:7zone20男性寝姿勢図 上の写真をご覧ください。 仰向けで寝ても、横向きで寝ていても柔軟に体圧を分散できる機能を持ったラテックスマットレスに寝た状態です。 仰向け寝では背中の湾曲と尻の凸部が見事に吸収されているのが分かります。 同時に身体の凹部である腰と膝裏、くるぶしにまでしっかりとした支えが為されている事が分かりますね。 これと同じ様に背中の肩甲骨の凸部は吸収され、背骨の凹部には支えが与えることが出来るのが柔らかいのに高反発のラテックスマットレスだからできる吸収と支持なのです。 横寝では肩と尻部が十分に吸収され、同時に腰や膝側面等の身体の凹部はしっかり支えられているのがお解り頂けると思います。 このマットレスの中身が柔らかいのに反発力のあるラテックスフォームだからこそできることなのです。 横寝姿勢で骨盤も柔軟に吸収され、同時に腰回りの腹側はしっかり支えられることで肩が痛くない状態で楽に眠る ことが出来る様に一晩中働き続けてくれるのがラテックスマットレスです。 この様な状態即ち身体の体圧が集中する肉体部分は柔軟な吸収で圧迫を分散し、同時に支えが無く下に落ちようとする重力に晒される身体の凹部の肉体部分はしっかりと支えている状態。 これこそが肉体に掛かる体圧分散が為されている状態です。 身体の凹部にはしっかり反発し支えています。 7ゾーンラテックスマットレスの中央部分はソフトとハードの中間、ミディアムゾーンになっており臀部を十分に吸収しています。 この様な状態即ち身体の体圧が集中する肉体部分は柔軟な吸収で圧迫を分散し、同時に支えが無く下に落ちようとする重力に晒される身体の凹部の肉体部分はしっかりと支えている状態、これこそが肉体に掛かる体圧分散が為されている状態です。 柔らかいのに反発力のあるラテックスフォームだからこそできること、更にゾーンがあることでより人の身体にフィットする最適な状態となります。 コイルのマットレスではポケットコイルマットレスであれ連続コイルマットレスやボンネルコイルマットレスであれ人が寝て身体に感じている感触の殆どはコイルの働きではなく上層部に入れてある詰め物の感触なのです。 その証拠に多くのコイルマットレスはコイルの種類によってグレードが変わるよりもその上に乗せる詰め物の種類や重ねる層の数や厚さの違いに依ってグレードと価格が表示されているのが殆どなのです。 「気持ちいい」と感じさせようとするとどうしてもへたりやすくなる詰め物の耐久性を持たせるために所謂マットレスの左右や頭と足元をひっくり返すローリングの必要性をさかんに強調するのもこの為なのです。 睡眠中や目覚め時の身体や背中の痛みに苦しんでいた人達がSLEEPSHOPのウッドスプリングベッドとラテックスマットレスで 寝たら「背中の痛みが無くなった!」と使い始めた多くの人が言うのは何故? その理由は? それは下の写真で示されています。 理由 1:「」( 埼玉県 T様) で「」( 群馬県 太田市 MM様)という使った人の声にある様に最適な体圧分散がウッドスプリングで人の骨格を立っている姿勢 と同じように保ち乍らも更にのびやかに保ってくれるから。 同時にラテックスマットレスの「柔らかいのに高反発」という他の物質に無い特性で人の肉体に掛かる圧迫を最大 に分散しながらしっかりとソフトに 支え続けてくれるから。 そうして背中や身体の痛みが無くなって「朝の目覚めが良くなった」「寝る前より身体のコンディションが良くなっている」等 様々に身体と睡眠の質に変化が現れたのは何故? 理由2:身体に負担がかからない為に最適に体圧分散された敷寝具で寝ることで、身体への負担や痛みを感じることなく 「 」 東京都世田谷区 田中様 という実際に使用された人の声にあります様に 横になるとすぐに眠れ、熟眠出来ることでノンレム睡眠とレム睡眠がバランスよくしっかりとれ、 こと等自身の体内での回復・治癒力を高め 身体の疲労回復や傷んだ組織の修復、脳の休息と整理作業を十分に行うことが出来ているから。 それがどのようなものであるかは 下記写真と実際にお使いになっているでお解り頂けると思います。 仰向け寝では肩や尻等の凸部は「適度な沈み込み」で吸収され、腰や膝裏 、 くるぶし等の身体の凹部へは 10: 寝ていて背中が痛くならないベッド&マットレス、身体が痛くならないベッドとマットレスは 寝試し体験がお勧めです。 実際に東京、新潟、静岡・浜松、愛知・名古屋、三重、奈良、大阪、兵庫、岡山、香川、愛媛、福岡県で寝試し体験出来ます。 寝床で横になると背中や身体に違和感を感じたり、寝ていて背中や身体の痛みで起きてしまう、起床時に背中や身体が痛くなるというお悩みをお持ちの方へ、寝て背中や身体が痛くならないベッドとマットレスを納得いくまで試し寝出来る体験会の案内 最適なウッドスプリングベッドと各種ラテックスマットレスの寝比べ比較ができる、 納得できる試し寝が出来る体験会を各地SLEEPSHOPで行っています。 東京、新潟、静岡、愛知、三重、奈良、大阪、兵庫、岡山、香川、愛媛、福岡 非常設 県等で体験できます。 しっかりと納得の体験ができる様にする為に試し寝体験は予約制体験会となっております。 8:SLEEPSHOPは睡眠中の背中と身体の痛みの悩みを解消し、質の良い睡眠が出来る様になることでひとびとぼ健康の質亢進のお手伝いをしています。 眠りの質が良くなることで病気に強い健康な身体になります。 眠りの質が良くなることで様々な生活習慣病の予防が出来ます。 眠りの質が良くなることは認知症の予防につながることも少しずつ明らかになってきています。 図の解説 棒線の1は慢性的に背中痛を持っていない人が睡眠中に背中痛を発生させている状態。 背中の痛みで目覚めたり、不必要な寝返りで睡眠の質を低下させている図 棒線の2は背中痛も持っておらず、睡眠中の背中痛も発生しない為に質の良い眠りが取れ、身体の末端細胞まで修復、再生、回復 されて健康を亢進させている睡眠の状態を表している。 棒線の3は慢性的に背中痛を持っている人が睡眠中の敷寝具状態の悪さから更に背中痛を増幅させ、それに伴って睡眠の質も悪くなり体調と日常の姿勢も悪化させている状態図。 棒線の4は慢性的に背中痛を持っている人がSLEEPSHOPのベッド&マットレスで寝て背中の痛みを解消でき、そのことで睡眠の質が向上し、体調も良くなり、病気の予防や健康亢進、日常の姿勢も良くなる等の好循環になられた状態図。 睡眠中に背中や身体の痛みを感じることなく眠れる様になるのは、質の良い睡眠をとる為の必要最低条件です。 睡眠中の背中や身体の痛みで目が覚めたり、この痛みから逃れる為に本来不必要な寝返りを繰り返して睡眠の質を落とす様な眠りは、睡眠によって本来行われる体内細胞への栄養や酸素の補給だけでなく、傷んだ器官の細胞の再生や修復等の働きも阻害するものとなります。 即ち眠り本来の働きを阻害する様な眠りの状態と言えます。 毎日繰り返す眠りこそ、身体と心の健康に直結する大事な生命活動なのです。 早く気付いて毎日の睡眠と健康のために是非睡眠環境改善への取り組みを始めてください。 SLEEPSHOPはその為のお手伝いを各地のSLEEPSHOPの寝試し体験会で行っています。 睡眠中の背中や身体の痛みを改善・解消して眠りの質を上げ病気や生活習慣病の予防に繋げましょう。 家で過ごす時間が増え、皆さん眠る時間はこれまでより確保出来ておられることと思います。 その中で寝心地の悪さや背中や腰、肩や首など身体の痛み等を感じて快適に寝続けられないという方々から色々なお問い合わせやご相談が増えています。 快適な睡眠の為の必要条件を敷寝具が満たせないものであれば掛け寝具が優れたものであっても人は快適に眠ることはできません。 したがって 背中や身体の痛みを感じることなく快適に眠るには敷寝具の見直し、改善が第一であるのです。 よく質問される 枕も敷寝具ですが、 枕は身体全体の体圧問題の解決後に付随するものですので、枕が先ではなく、敷寝具 ベッド&マットレス、敷布団 がファーストです。 敷寝具 ベッド&マットレス、敷布団 環境が解決で背中や身体の痛みの解消・改善が出来たら、その敷寝具 ベッド&マットレス、敷布団 に合わせて枕の調整が行われ、身体が何の問題も無く眠れる様になります。 その次が掛寝具 掛け布団、ケット類 の順となります。 <まとめ> 背中や身体の痛みを感じることなく快適に眠る為の寝具環境の見直し、改善手順は 1番目:敷寝具 ベッド&マットレス、敷布団 2番目:枕 3番目:掛寝具 掛け布団やケット類 となります。 あなたが寝ると背中や身体に痛みを感じているのは今の敷寝具とあなたの体型、体質が合っていないことが原因であると大いに考えられます。 そしてその痛みは眠りの質も悪くしているでしょう。 あなたが快適に眠れていないのであれば、何処から始める必要がありますか? 枕を5個も10個も買い替えても「まだ満足できない」と仰る方を多数見てきました。 順序、優先順位をご確認いただき、時間とお金を無駄にせず、睡眠中の背中や身体の痛みの解消、改善に取り組んでください。 そのことが質の良い眠りで、感染症などから身体を守り健康を維持できる近道となります。 SLEEPSHOPはお客様の疑問や知りたいこと、解決したいこと等の相談を行っております。 最初の2~3日は、ウッドスプリングの腰の部分の調整が上手く行かず、 自分に合うスライド位置を見つけてからは、 大手寝具メーカーさんの点で支えるという 前の寝具では背中が痛くて、ほぼ1時間おきに起きてしまっていたのが 嘘の様に、朝まで何事も無く快適に休めています。 寝具の適度な硬さと沈み込みが、いかに大切なのか、実際にショールームで体験出来て良かったです。 ショールームでの体験直後に、友人達と会ったのですが、貴社のウッドスプリングとマットレスがとても良くて購入したと話た所、そのうちの1人が興味が有る様でしたので、貴社のホームページを紹介しました。 ひょっとしたらその友人が近い内にショールームにお邪魔するかもしれません 笑 今まで使っていた、歴代の枕を試したのですが、やはり貴社のウッドスプリングとマットレスでも合わなかったので 苦笑 、先日伺った際に採寸して頂いた高さで、ラテックス枕も1個注文したいのですが、可能でしょうか? 埼玉県在住 T様 ロールウッドスプリングと三つ折りラテックスマットレス8cmをお使いいただいています。 ご来場体験の際、ラテックスオーダー枕をグラム合わせさせていただきました。 Before 和室に三つ折りタイプの「点で支えるという」大手寝具メーカーのウレタンマットレスとタオル枕でおやすみでした。 そのため「今までは寝具が合わなくても、体力・若さ・少しの我慢で睡眠をカバーしてました」 「前の寝具では背中が痛くて、ほぼ1時間おきに起きてしまっていた」 After 「前の寝具では背中が痛くて、ほぼ1時間おきに起きてしまっていたのが嘘の様に、朝まで何事も無く快適に休めています。 寝具の適度な硬さと沈み込みが、いかに大切なのか、実際にショールームで体験出来て良かったです。 」 SHOPコメント T様の体験会参加は、通っているジムのトレーナーさんから背中の痛みについて骨格に異常はないのだから寝具が原因なのでは?と言われたことがきっかけでした。 以前の点で支えるという大手メーカーの敷寝具では、背中(肩甲骨から腰部)の支持が背骨のカーブにフィットすることができず平面の反発のみのため、背中が痛いと感じておられました。 T様も「睡眠時発生痛症」の状態であったことが分かります。 それがロール式のウッドスプリングで主に骨格、肩甲骨の吸収(沈み込み)腰部の支持が行われるようになり(同時に臀部の吸収も出来)ラテックスマットレスで肉体にかかる体圧を分散してくれる働きにより、以前の背中の痛みで眠りを遮るようなことはなくなり、朝まで何事も無く快適におやすみいただけるようになりました。 後日、T様のご友人も新宿へご来場いただき、体験されお求めいただきました。 もう朝起きて背中が痛いということが全くなくなりました! 先日の体験会では大変お世話になりました。 正直、他の店舗を見学していた時点では、別にウッドスプリングじゃなくてもいいかなと思っていたのですが、本当に丁寧で分かりやすいご説明をいただき ベッドに対する考え方が変わりました。 本当は予算オーバーなんですが、嫁共々ここで本当に良いものを選ぶのは絶対に間違えじゃない!と意見が一致したのですぐにご注文させていただきました。 また何かわからないことがありましたらご連絡をさせていただくことがあると思いますので、またその時はよろしくお願いいたします。 (枕は低反発) バレーボールなどスポーツする。 日頃から肩や腰に痛みあり。 ストレッチシーツもお使いです。 Before フローリング床に敷き布団。 枕は低反発枕ご使用。 「朝起きて背中が痛い」状態でした。 地元群馬県高崎市の老舗寝具店でも「ウッドスプリングベッド」とマットレスも体験されていました。 そこでの体験では「正直、他の店舗を見学していた時点では、別にウッドスプリングじゃなくてもいいかな と思って」おられました。 地元群馬県高崎市の老舗寝具店で体験した「ウッドスプリングベッド」とマットレスは「それ位の「ウッドスプリングベッド」それ位の寝心地の感覚、それ位の説明でした。 」 After その後にSLEEPSHOP新宿ショールームへお越し頂き、体験頂きました。 「本当に丁寧で分かりやすいご説明をいただき ベッドに対する考え方が変わりました。 」 「本当は予算オーバーなんですが、嫁共々ここで本当に良いものを選ぶのは絶対に間違えじゃない!と意見が一致した のですぐにご注文させていただきました。 」 「まだ2回しか寝ていませんが、もう 朝起きて背中が痛いということが全くなくなりました!」 SHOPコメント 「朝起きて背中が痛い」というのは解り易い現象です。 即ち睡眠中に身体に掛かる圧力がフローリング床と敷布団ではもろに寝る人の背中や身体に掛かり、「背中が 痛い」状態となっていました。 と同じく睡眠中発生背痛症、睡眠中増背痛症と言うべき症状と言えます。 そんなMM様が当社の優れた体圧分散機能を発揮して働くウッドスプリングベッドと働くラテックスマットレ スを使用されれば「背中が痛いということが全くなくな」るのです。 ウッドスプリングの働きは人が寝る際の骨格の体圧分散に優れ、人が立っている姿勢に近い姿勢で長時間寝続 けることが出来る寝姿勢を作るところにあります。 同時にラテックスマットレスが人の肉体に掛かる圧力を最適に分散してしびれや痛みを分散解消してくれます ので、より立っている姿勢に近い、自然な姿勢で身体に負担を掛けずに眠り続けることが出来ます。 背中の痛みで朝から身体を伸ばせない、普段の姿勢も悪くなっている方々は是非睡眠中の姿勢を良くし、熟眠 出来るようにあなたの為にとの。 以前は、朝起きると身体のあちこちが痛いこともあったようですが今では、寝る前より起床後の方がコンディションが良くなっていることを感じられるそうです。 (ご両親と3名で体験ご来場の後、メールをいただきました。 ) ウッドスプリングもラテックスマットも初めての体験でしたが 想像以上の寝心地の良さに驚きました。 帰りの電車の中でも、両親の間では、「早くあのベッドで寝たい」と ベッドの話で持ちきりでした。 とても良いベッドに巡り合えて、本当に良かったです。 (お求め1年4ヶ月後の感想を頂戴しました。 ) 昨年は、家族全員のベッドの購入に際し、見学から設置まで 大変お世話になり、ありがとうございました。 お陰様で、毎晩快適な睡眠生活を送らせていただいています。 特に両親は、 ベッドのあまりの気持ち良さに、毎晩横になるとすぐに 眠ってしまうと大変喜んでいます。 以前は、朝起きると身体のあちこちが痛いこともあったようですが 今では、寝る前より起床後の方がコンディションが良くなっていることを 感じられるそうです。 主人と私も、 以前使っていたベッドでは、起床後に腰や膝が痛くなることが あったのですが、今ではそのようなことが全くなくなりました。 更には、少し肩が痛いなぁと思いながら寝ても、朝起きると その痛みがなくなっていることが多いので驚いています。 今回のことで、寝ている時の体勢を整えることがいかに大切か よく分かりました。 また何かありましたら、ご相談させていただきたいと思います。 東京都世田谷区在住 田中様 ご家族4人 体験会でしっかり体験頂きそれぞれの体型、体質に合わせ 各人に合ったものを各自実感し納得してお選びいただきお使い頂き高い満足を実感戴いています。 この様にSLEEPSHOPでは 各人にあったウッドスプリングベッドとそれぞれの体格、体質に合わせて最適な マットレスをラテックスマットレスのデンシティーや厚みによって選べるようになっており それがご使用いただきより高い満足を得られたという多くのお喜びのお便りとして頂けています。 After お父さん、お母さん 「あまりの気持ち良さに、毎晩横になるとすぐに眠ってしまう」 身体の何処にも負担がかからないので「気持ちよく」「すぐ寝入って」しまえる状態となった。 「寝る前より起床後の方がコンディションが良くなっていることを感じられる」 SHOPコメント 何故こんなことが起きるの? 身体に負担を掛けないせいで寝続けえられること。 肉体にしびれや痛みを感じない状態=圧迫の無い状態で寝れるので血流 血行 が妨げられず 寝ている間に身体の隅々にまで酸素と栄養素が運ばれる為、同時に「横になるとすぐ寝入る」と お書き頂いた様な睡眠状態で入眠後のノンレム睡眠で「成長ホルモン」や「メラトニン」の分泌が 十分になされる為に疲労回復と共に疲れたり、痛めたりした身体の筋肉も修復される為と考え られます。 「毎晩横になるとすぐに眠ってしまう」とお知らせ頂いた睡眠状態が入眠から約3時間の 眠りのゴールデンタイムのノンレム睡眠とレム睡眠中の。 眠るという行為自体が本来こうしたものでありながら、こうしたもので無いのはそれを阻害する 寝具環境にその原因がある場合は非常に多く見受けられます。 After 「起床後に腰や膝が痛くなることがあったのですが、今ではそのようなことが全くなくなりました。 」 「少し肩が痛いなぁと思いながら寝ても、朝起きるとその痛みがなくなっていることが多いので驚いています。 」 SHOPコメント こうしたことが起こる理由は 昼間の活動や仕事などで蓄積する身体への負担や疲労、摩耗等は寝る際に最適に体圧分散して 身体に負担を 掛けずに眠り、ぐっすり眠ることが出来ることでから。 又寝ている間の 肉体への圧迫を無くして 充分に血流が全身に行渡ることが 酸素も栄養素も細胞の隅々まで行渡り、 自身の内面からの回復、治癒力で治癒され、回復されるものです。 この事が良く分かるお便りをいただきました。 この田中様ご一家4人4様に自分の身長、体重、体型、体質に合わせて夫々いただきました。 良く家具店などで見受ける様にベッドフレームの色やヘッドボードの形などで悩むようなことは全くなさらず しっかりと各人自身が快適に眠れることに集中して体験され、判断されました。 そうした結果が1年4か月後のお便りとなりました。 来客用に三つ折りマットレス7cmもお求めです。 5cm脚、ストレッチシーツなどをお求めいただきました。 (この後ホームページリニューアルのお知らせをして、更にお声を頂戴しましたので紹介します。 ) メールの時期 体調を崩され入院手術を受け、退院10日後にお返事をいただきました。 『病院では、ベッドが硬過ぎて、術後の傷よりも腰が痛く 「早く退院して、自分のベッドで休みたい」と毎日思っていました。 術後の経過は順調ですが、まだたまに昼間も横になりたくなることもあり ベッドで過ごす時間がいつもより長くなってしまっています。 それでも、腰が痛くならないので本当に助かっています。 お陰様で、家族皆、毎日快適なベッドで良い睡眠をとれていることを 実感させていただいております。 』 このベッドに変えて一番感激していることは、起きた時の慢性的な肩凝り以外の身体の痛みが無いこと、布団に入るとスッと眠りに入っていることです。 なかなかメール出来ず、申し訳ありませんでした。 搬入時、セミダブルで大きめだったのとドア枠が邪魔になり切り返しが出来なかったのですが、はす向かいの和室の襖を外して切り返し、隣の部屋に入れ、つながっているベランダを通り部屋に入れてくださいました。 ありがとうございました。 初日、先ず寝心地の良さを実感したのはいつも一緒に寝てる愛犬だったようです(笑) 最初、クンクン臭い確認をし、布団にもぐり、ど真ん中に陣取り、身体をこれ以上伸ばせないだろうというくらい横真一文字に伸ばし朝まで一度も起きず熟睡して居りました。 セミダブルにしておいて良かったです。 寝具という物は人によって合う物が違うということと、時間をかけて幾つものベッドを体験させて頂いて決めないと失敗するのだなぁと実感しました。 部屋に入ると、設置してあげた階段を登って占領してます。 愛犬共々良い眠りでスッキリした朝を迎えられるようになりました。 時間をかけたベッド選びにお付き合いくださった中村さんに感謝して居ります。 ありがとうございました。 ベッドに横になっても入眠までに時間がかかる、熟睡も出来ていないように感じる、起床時に身体中痛くて仕方がないという、寝つきが悪く睡眠の質も下げ、寝ている間に身体中の痛みを発生させてしまっていたという困った状態から、睡眠中の身体の主に骨格の凸部を吸収、凹部も支えるために働くウッドスプリングベッドと、柔らかい肉体に掛かる体圧、圧迫を分散する働きを持つラテックスマットレスの働きの相乗効果で 「このベッドに変えて一番感激していることは、起きた時の慢性的な肩凝り以外の身体の痛みが無いこと、布団に入るとスッと眠りに入っていることです。 」というお悩みの解決となり、愛犬のお気に入りの様子も交えてお便りをいただきました。 また、「寝具という物は人によって合う物が違うということと、時間をかけて幾つものベッドを体験させて頂いて決めないと失敗するのだなぁと実感しました。 」という感想もいただきました。 これまで「硬いマットレスが身体に良い」とか「腰が沈まないからおすすめ」などというフレーズに惑わされて寝具選びに失敗してきたという方や、人によって合うものが違うは、ご家族で体験しそれぞれ厚みやデンシティの違うラテックスマットレスを選ばれるケースも多くございます。 また今お使いの寝具に満足しておられるご家族パートナーもいらっしゃるでしょう。 寝入りの寝姿勢に困ってなかなか眠りにつけない方、寝起きに身体の何処かしら背中や肩、腰などに痛みを感じている方は身体と眠りに良いベッド・マットレスの試し寝が出来る体験会へご参加ください。 寝るのが楽しみです。 無事に搬入・設置を完了いただきました。 早速数日寝てみましたが、歯ぎしりが大幅に少なくなり驚いています。 また、 恒常的にあった背中の張りも少なくなっているようでこれも驚きでした。 寝るのが楽しみです。 ありがとうございます。 東京都千代田区在住 K. K様 30代上半身がっしり体型 コイルスプリングベッド(約10年お使い) 1日中デスクワーク、マッサージに定期的に通う。 スマホの睡眠計で全然眠れていない診断結果。 Before 「コイルスプリングマットレス」を使っていた「10年」程の間「恒常的に背中の張り」がありました。 「歯ぎしり」もありました。 After 「恒常的にあった背中の張りも少なくなっているようでこれも驚きでした。 」 「数日寝てみましたが、 歯ぎしりが大幅に少なくなり驚いています。 」 「寝るのが楽しみです。 」 と大きな変化となりました。 SHOPコメント まず「恒常的に背中の張りが少なくなり」ました。 これはコイルのマットレスから睡眠時の体圧分散に優れる ウッドスプリングベッドとラテックスマットレスへ変えたことによってもたらされています。 同時に「歯ぎしりが大幅に少なくなり驚いています」と言う様に共になくなったことからはこの二つの 要因には何らかの関連性が伺われます。 即ち背中の張りを恒常的に感じていた睡眠環境では質の良い睡眠がとれていなかったことも良く分かります。 「 歯ぎしり」という睡眠時随伴症を発症する原因の一端が背中が痛い「コイルスプリングマットレス」による快適でない睡眠環境にあり、その「恒常的な背中の張り」が無くなる様な敷寝具=ウッドスプリングベッドとラテックスマットレスに変えることで寝ていても脳が十分に休めていない状態で発現する「歯ぎしり」が解消されたのは、本当の意味で質の良い睡眠が出来る敷寝具環境によってもたらされたものと言えます。 別に腰痛持ちなどという切羽詰まった状況ではなかったのですが・・ ご無沙汰しています。 今回のベッドの購入にあたってはいろいろと親身にお話を聞いていただきましてありがとうございました。 私の場合は、 別に腰痛持ちなどという切羽詰まった状況ではなかったのですが、それまでせんべい布団で寝ていたので、寝た後もどうも疲れが取れたような気がせず、背中から腰にかけて筋肉のこりを感じることが多々ありました。 そのため、睡眠の質を向上させるために、引越しを機会にちゃんとした寝具を購入しようと思ったのが、そちらを訪れた動機でした。 以前から深夜放送の番組で「NASAが開発した脅威のウレタンマット」などという製品の宣伝がされているのを目にしたことがあったため、最初はとりあえず何かそんな類いのマットだけを購入しようかな、と思っていました。 ただ、御社のサイトを拝見し、ウッドスプリングベッドのことを知り、実際にショップに伺って寝転がってみた感想として、これはセットで買った方がいいな、と思ったので、自分としては少し高額な出費でしたが、思い切ってセミダブルサイズのウッドスプリングベッドをラテックスマットとセットで購入しました。 2ヶ月くらい使用してみての感想は、やはり思い切って購入してみて良かったな、と思っています。 まず、第一に布団を使っていた時に感じていた寝起きの際の背中のこりのようなものは全く感じなくなりましたし、睡眠の質は格段に向上しているように思います。 最初の頃は、なんだか嬉しくて、時間があればベッドで横になり、そのまま眠りにおちることもしばしばでした(笑)。 私は仕事柄、睡眠時間が不規則になることも多く、効率良く疲れをとるためにも、睡眠の質には気を配っているのですが、そういう点で今回の買い物は自分でも大変満足しています。 これから、購入を検討されている方々には、是非一度ご自分でshopを訪れ実際にベッドに横になってみることをお勧めします。 おそらくきっと欲しくなるでしょうから(笑)。 Before 「せんべい布団で寝ていて」「寝た後もどうも疲れが取れた様な気がせず、 背中から腰にかけて筋肉のこりを感じることが多々ありました。 」 After 「 まず、第一に布団を使っていた時に感じていた寝起きの際の背中のこりのようなものは全く感じなくなりましたし、睡眠の質は格段に向上しているように思います。 」 SHOPコメント 寝ていて、起きた際に「背中から腰に掛けて筋肉のコリを感じることが多々ある」様な状態で寝ても「睡眠の質」は悪く、「効率よく疲れをとる」ことが出来ないことをTK様はご自身の体験で実感されました。 それらの睡眠中の背中の痛みや筋肉のコリを発生させない様な敷寝具環境で眠ることが出来れば、当然背中と身体の痛みは発生せず、それ以上に睡眠の質が上がり質の良い睡眠で「効率よく疲れをとる」事は勿論睡眠中の潤沢に分泌されるようになる各種のホルモン分泌と身体や肉体を圧迫することなく全身の細胞に血液で栄養素とホルモン、酸素を潤沢に送り届けてくれますので疲れたり傷んだ細胞の活性化や再生が進みます。 これらの働きが病気の治癒や予防、肉体の再生や治癒等の素晴らしい働きをしてくれるのです。 是非多くの人の睡眠の質を向上させる為にも睡眠中の身体に掛かる圧迫を解消できる睡眠環境で寝れる様に一日も早く改善して頂く為の参考にして頂きたいものです。 起きた時に背中が痛かったのですが それまでラグの上に敷布団を敷いていました 、それがなくなりとても快適です。 自分にあったスプリングの調整がまだよくわからないので、これから少しづつ試してみたいです。 体験会では最初は緊張しましたが、やさしく対応していただきありがとうございました。 長く使っていきたいと思っていますので、何かありましたらまたよろしくお願いします。 東京都武蔵野市在住 M. Before ラグの上に敷き布団を敷いておやすみでした。 「起きた時に背中が痛かった」 After 「起きた時に背中が痛かったのですが、 それがなくなりとても快適です。 」 SHOPコメント ウッドスプリングベッドとラテックスマットレスのセットで敷布団では作れなかった、人が自然に立っている様な姿勢、寝姿勢が一晩中保たれるようになりました。 これまでの敷布団では背中の凸部へ圧迫が掛かり続けていたのが、吸収と凹部へ支えが生まれ圧迫することなく痛みが解消し起床時に背中の痛みなく快適との感想をいただきました。 ウッドスプリングの背骨のカーブに沿う支えが行われこれまでの吸収に不足のあると思われるラグ+敷布団からの変化です。 ひとりひとりの体型に合ったウッドスプリングの微調整が可能ですので、ベストポイントを見つけてより快適に使ってもらいたいと思っております。 調整と寝る位置のちょっとしたコツをご理解得ていただくよういつでもアドバイスさせていただきます。 妻もぐっすり寝られて寝起きが楽になり、肩こりも軽くなったと 大変喜んでおります。 先日は大変お世話になりました。 また、急な配達日の変更をお願いした際も丁寧にご対応いただき、 ありがとうございました。 先週の日曜日より早速使用しておりますが、寝心地には大変満足しております。 以前は体が痛くなったり、起きてもなかなか頭がスッキリしませんでしたが 今は寝ざめも良く、全くそういったことがなくなりました。 妻もぐっすり寝られて寝起きが楽になり、肩こりも軽くなったと 大変喜んでおります。 ショールームへ伺った際に、中村様にはベッドについて大変詳しく教えて下さり ベッドを買うのが初めてだった自分たちも安心して購入することができました、 感謝いたします。 また、わからないことがあった際にはご相談させて下さい。 今後ともよろしくお願い致します。 これまでは和室に敷き布団でおやすみでした。 引越しを機会に寝室がフローリングとなりベッドをお求めです。 2年後に再び来場され、お母様のベッドをお求めいただきました。 60代のお母様が腰をいつのまにか骨折をしておられるのが分かり寝起きに楽な電動リクライニングをお選びいただきました。 Before 畳に敷き布団で寝ておられました。 その為に「 体が痛くなったり、起きてもなかなか頭がスッキリしませんでした」 奥さんの「 ぐっすり寝られず」「 寝起きが楽ではない」「 肩こりもひどい」状態でした。 After Sさん 「 寝心地には大変満足しております。 以前は体が痛くなったり、起きてもなかなか頭がスッキリしませんでしたが 今は寝ざめも良く、全くそういったことがなくなりました。 」 奥さん 「 ぐっすり寝られて寝起きが楽になり、肩こりも軽くなったと大変喜んでおります。 」 SHOPコメント 畳に敷き布団で寝ていた時の身体と脳、睡眠の状態は Sさん 畳に敷き布団では身体の凸部には圧力を集中させ、腰等身体の凹部へは支えが無い状態で寝ておられたために「 体が痛く なったり」しておられました。 この様な状態では「体が痛くな」る部分の痛みから逃れる為の寝返りが頻発することは避け られなくなります。 この本来不要な寝返りは睡眠の途中覚醒をもたらし質の良い睡眠を持続的にとることを大きく妨げることとなります。 その為に「 起きてもなかなか頭がスッキリしませんでした」という状態は脳が休めず睡眠中脳の休息と整理作業が十分行えて いない状態で起床されていた事が分かります。 それが人が寝る際に掛かる体圧を最適に分散して寝れる為に「働くベッド」ウッドスプリングベッドと睡眠中に人の肉体に掛かる 圧迫を最適に分散して全身に酸素と栄養素を供給することを妨げない為に「働くマットレス」ラテックスマットレスで寝ることで 脳と身体の休養と修復作業も十分になされれば「 寝ざめも良く、全くそういったこと 起きてもなかなか頭がスッキリしませんでし た がなくなりました。 」とお書き頂いたような状態となり得ます。 又奥さん「 ぐっすり寝られて寝起きが楽になり、肩こりも軽くなった」とお書き頂いたご様子からも、「肩こり」が軽くなる様な 睡眠状態で身体が休めれば「 ぐっすり寝られる」為に質の良い睡眠で疲れも十分に取れる為に「 寝起きが楽になり」得るのは 当然のことなのです。 この様に寝具の中でも敷寝具の果す役割は大きく睡眠の質、脳と身体の整理と修復、新たな活力を体内から生み出し健康 維持や毎日の生活の質、仕事の能率アップなど生活全般と深く関わっています。

次の

寝起きに体がバリバリになる「寝コリ」の予防法 [肩こり] All About

寝すぎて背中が痛い

寝 すぎ て 眠い、なんで?こんなに寝てるのにと思ったことありませんか。 寝すぎることで糖尿病や心臓病、肥満のリスクが平均より増大する。 更には寿命が縮むなど早死にのリスクがあるという研究データもあります。 寝すぎ特集はこちらからどぞ。 第1回 第2回 第3回 寝すぎによって起きる症状は、主に頭痛や気怠さ、なんと眠気も。 実際、私にも経験がありますが、多くの人が経験したことがある症状だと思います。 寝すぎたからと言って、誰も文句は言いませんが、寝すぎて更に眠いというのは、納得がいかない思いませんか。 不眠症といった眠れないことに対する、睡眠障害もありますが今日は寝すぎが、引き起こす眠気の正体を追って説明します。 目次はこちら• 寝 すぎ て 眠い、原因はコレ 二度寝をしてしまうと、通常は起床前には陥らないノンレム睡眠(深い眠り)に陥りやすくなってしまいます。 ノンレム睡眠の特徴は、体ではなく脳そのものが眠ってしまうため、起きるのがますます辛くなってしまいます。 しかもこのリズムは90分前後が1セットなので、15分や30分程度の二度寝でこのサイクルは突破できず、二度寝三度寝しても睡眠惰性(まだ眠りたい)はリセットできません。 眠気の正体 寝起き後に眠気や気だるさが強く残り、頭はぼんやりして、疲労回復感がないことを誰もが経験したことあるはず。 一般的には、このような睡眠から覚醒状態に切り替えができない一過性のぼんやり状態を、睡眠慣性 sleep inertia とか睡眠酩酊(sleep drunkenness)なんて呼びます。 なんと、寝起きの認知機能は徹夜明けより低下していて、寝すぎたのに睡眠惰性を感じて、まだ睡眠が足りていない(眠い)と思うかもしれませんが、 睡眠慣性は寝起き前の睡眠深度(浅い眠りか深い眠りか)が関係しているだけで、 睡眠時間や一晩を通しての睡眠の質とは直接関連しません。 「あー、もっと眠りたい」という睡眠惰性は単に 起きるタイミングが悪かっただけということを忘れないようにしましょう。 寝すぎによるリスク 実は寝すぎによるリスクは少なくありません。 一般的に寿命が短くなる、肥満や糖尿病、心臓病、不妊、頭痛、腹痛、鬱など寝すぎが原因で様々なリスクを高めてしまう事を知っておいて損はありません。 寝すぎにより寿命が短くなる 日本だけでなくアメリカの研究でも報告されていますが、をみると、男性では短い睡眠時間は死亡のリスクを上げないことがわかりました。 しかし、女性では、4時間未満(4. 4時間まで)の睡眠時間の人は7時間の人と比べ、2. 0倍のリスクとなっています。 また、7時間より長い睡眠時間は、男性でも女性でもやはり死亡リスクを上げています。 寝すぎによる肥満や糖尿病 ハーバード公衆衛生大学院の研究データ(,)によると、体内時計のリズム(概日リズム)がどんどんズレてしまうことで代謝にも変化が生じ、肥満や糖尿病を発症しやすくなります。 寝すぎによる心臓病 によると、毎晩寝不足だと答えた人は、睡眠時間が6~8時間の人と比べて、心臓発作や心筋梗塞を起こす割合が2倍、うっ血性心不全は1. 6倍も高くなりました。 一方、睡眠時間が毎晩8時間を超える人でも、狭心症の割合が2倍、冠動脈疾患の割合が1. 1倍も高くなりました。 寝すぎによる不妊 2013年のによると、睡眠の習慣が1日のリズムや、ホルモンの分泌、生理の周期に影響を与えているのは確実ですが、不妊への直接的な影響を今後更に調査するという。 寝すぎによる頭痛 寝ている間に私たちはたくさんの汗をかきます。 個人差はありますが、ほとんどの人がコップ一杯分の水分を放出してしまいます。 ようは、寝すぎは体に水が足りていない状態といえます。 水分不足から体温調節がうまくできず、寝すぎて頭痛が誘発されてしまいます。 また、寝ている間にもエネルギーを消費しているため、寝すぎて栄養状態・体の状態のバランスが崩れてしまう結果、寝すぎが頭痛につながるともいわれています。 寝すぎの頭痛に悩まされる場合、寝る前や日常的に水分補給をしっかりする、習慣が誰もができる最も楽な予防策と言えるでしょう。 (夜間のトイレが気になる人はトレードオフか) 寝すぎによる頭痛について、詳しくこちらの記事でも書いています。 いくら寝ても寝足りない過眠状態となると、寝すぎにより脳の働きが鈍り、気分が憂うつになるため、ますます起きられないという、悪循環に陥ってしまいます。 根本的な問題は別にある? いま紹介した寝すぎによるリスクはあくまで研究機関の統計データを元にしたもがほとんどです。 ようは、同じ条件下のもと睡眠の長短だけ判断できるとは必ずしも言えません。 その理由は、睡眠時間と生活環境はセットで平均的な睡眠時間でない場合、何かしら偏った生活習慣が続いています。 睡眠時間というより、こういったリスクを引き起こしている根本原因は生活環境(習慣)という側面も強いのではないか、と個人的に考えています。 日本人の平均的な睡眠時間は7時間43分なので、まず平均を目安にしながら自分で探すしかありません。 睡眠時間と同時に睡眠の質からの影響もあるので、寝た満足感があるかないかで判断するのがおすすめ。 自分の理想的な睡眠時間の調べ方はこちらの記事で詳しく解説しています。

次の