グソクムシ。 2年ぶりの“大”仕事、ダイオウグソクムシの排便(鳥羽水族館)

ダイオウグソクムシのいる水族館は?オオグソクムシのいる水族館は?

グソクムシ

ダイオウグソクムシの由来とは ダイオウグソクムシとは、深海に住んでいる生物として近年とても注目をされていますが、そもそもダイオウグソクムシの名前の由来とはどのようなものなのでしょうか? ダイオウとは大きなというような意味合いで使われているようです。 グソクムシとはグソクとは戦国時代などの頃に使われていた鎧の具足から来ているという風に言われています。 それを合わせてダイオウグソクムシとなっているようです。 ダイオウグソクムシの英名 ダイオウグソクムシの英名とはどのようなものなのでしょうか? 英語では、 Giant lsopodと表現すると言われています。 ほとんどの場合には、ダイオウグソクムシを英語で表現するという機会はないでしょうが、そのように言うという風に覚えておくこともよいでしょう。 ダイオウグソクムシは通常では40㎝前後の体をしていると言われています。 Sponsored Link ダイオウグソクムシの学名 そんなダイオウグソクムシの学名についてですが、 Bathynomus giganteusという風に表現するようです。 ダイオウグソクムシという生き物については非常に謎が多い生き物として知られています。 特に、その生態について謎な部分が非常に多いと言われています。 日本で飼育されているダイオウグソクムシの場合には5年近くも絶食していたのにもかかわらず、生きることができたという風に言われています。 なぜ、ダイオウグソクムシがそのように餌を取らずに長く生きることができるのかは分かっていません。 これからの研究で、それがなぜなのかが解明されるということがあるかもしれません。 まとめ ダイオウグソクムシの由来はダイオウとは大きなという意味と日本の鎧の具足に由来して名前が付けられたと言われています。 また、ダイオウグソクムシについては非常に謎の多い生物としても知られています。 日本ではダイオウグソクムシを見るのには、水族館で見るということができますよ。 Sponsored Link.

次の

ダイオウグソクムシのいる水族館は?オオグソクムシのいる水族館は?

グソクムシ

ダイオウグソクムシはこんな生き物 ダイオウグソクムシはフナムシの仲間。 似てる。 体長20cm~40cm、50cmになるものも。 体重はなんと1kgを超える。 虫として1kg以上の体重というとなんだかすごい迫力だが、エビやカニなどを想像すると1kgなんてたいしたことないと思えるふしぎ! でもエビでもカニでもなくダンゴムシいやフナムシの仲間です。 ちなみに日本近海に住む仲間は私たちが知っているフナムシサイズのもいるらしい。 歩くだけでなく、泳ぐこともできます。 体が大きい割に小食で有名ですが、自然界では海底に沈んだ生物の死骸などを食べているらしく、深海の掃除屋の異名があるとか。 だから常にエサがある環境に暮らしている生き物とは違って、ある程度の絶食に耐えうるように進化したのでしょうかね。 グソクムシの名前の由来は武士の具足(甲冑)からだそうです。 鎧に覆われたようなボディもかっこいいですが、迫力のある眼もかっこいいですね。 トンボやハエ、ハチなどと同じ複眼で、節足動物としては最大級の複眼です。 ダイオウグソクムシの脱皮 脱皮をする生き物にとって、脱皮に失敗して命を落とすことはままある危険な行為なのかもしれません。 が、ダイオウグソクムシに関してはその危険が高すぎるようです。 彼らが脱皮に失敗して死んでしまったというニュースがしばしばありますが、ダイオウグソクムシの脱皮の成功率はとても低く、世界で5例ほどしかないんだとか。 ダイオウグソクムシは一気に全身脱ぎ捨てるような方法ではなく、まず下半身、次に上半身と2段階方式で脱皮を行います。 脱皮はものすごくエネルギーや神経を使う行為なので、負担や危険を減らすために2段階に分けていると考えられています。 半分脱皮したらすぐ次、というわけでもなく、長い時間がかかるそうですよ。 2年ぶりのフンはいつ食べたエサ? 今回2年ぶりに排せつした個体はどの個体なのか判別ができないということでした。 以前鳥羽水族館で飼育されていたダイオウグソクムシは、5年以上絶食した後に死亡したものの、身体の状態は痩せ衰えているようなこともなく、死因は餓死ではなかったとのこと。 解剖したところ、体液には酵母菌に近い菌類が含まれていて、これがニンゲンでいうところの腸内細菌的なはたらきをしているかも、とまだまだわからないことがたくさんありそうです。 4か月間エサを食べることなく死んだダイオウグソクムシを解剖したところ、消化管内に消化されていない魚が106g残っていたというからとんでもなく省エネにできている生き物です。 ちなみに、新江の島水族館では飼育しているダイオウグソクムシに3か月に1度サンマやイワシを与えているそうですよ。 こちらはサンシャイン水族館が撮影したレアなお食事シーン。 食べているのはサバだそうです。 ダイオウグソクムシはおいしい? ダイオウグソクムシが食べないのはもはや有名ですが、ダイオウグソクムシは食べられるのでしょうか? ダイオウグソクムシではなく、小型のグソクムシは味噌汁や素揚げにして食べられることもあるようで、都内のレストランなどでも食べられるとか。 猟師さんが船の上で丸焼きにして食べるとか聞いたことがありますが、これもグソクムシでしょうか? ダンゴムシとかフナムシとかいわれると食欲が失せますが、見た目はむしろシャコっぽいのでサソリとかコオロギとか食べるよりは抵抗が少ないのではないでしょうか? では、大きなダイオウグソクムシはどうなのでしょう。 「臭い」とか「食べるところが少ない」とかいう声もありますが、実際に食べたことがある人の感想としてはそれほどひどいものでもないようです。 甘エビのようだとかいいます。 だったら甘エビでいいかもしれません。 ダイオウグソクムシのいる水族館 以前は見向きもされなかったダイオウグソクムシですが、変な生き物ブームが起き、その絶食ぷりが人気を呼び、現在ではぬいぐるみが販売されるほどの人気者です。 スナネコやジャイアントパンダよりもたくさんの施設で飼育されていますよ。 北海道・北陸• 山陰・中国・四国・九州• みんな大好きダイオウグソクムシ。 エサを食べたり排せつしたりがニュースになる生き物は他にいないかもしれません。 鎧をまとい、武士は食わねど高楊枝・・・ってやせ我慢しているわけじゃなさそうですが。 お近くの水族館でぜひかっこいい彼らの姿を観察してみてください。

次の

キモかわいい深海生物?体長45cmにもなるダイオウグソクムシ

グソクムシ

しかし、飼育環境下にあるダイオウグソクムシにとっては、大きなニュースなのです。 なぜならこの排便、 同水族館では 2年ぶり、8回目の排便だったからです。 どれだけ溜め込んでるのか?と思うかもしれませんが、実際は、食べる量も少なく、代謝も遅いので、それほど溜め込んでいたわけでは無いのかもしれません。 つまり、 便秘体質というより、それが、普通の排便ペースなのかもしれません。 意外と大きな未消化物も・・・ 糞に含まれていた魚の骨のようなもの(写真提供:鳥羽水族館) 排泄物の中から確認された未消化物には魚の骨やウロコ、カイメンのようなもの、紙などが含まれていたそうですが、 いずれも水族館で与えた餌とは関係無いものばかりなのだそう。 一番新しく仲間入りした個体ですら、半年以上前だそうなので、少なくともそれ以前に食べたものになるようなので、 いったいいつ、どこで食べたものなのか気になるところですね。 ところで、 排泄物の中には、長さが3.5cmほどもある骨?のようなものも、未消化物として含まれていたそうです。 ダイオウグソクムシのサイズからして、排泄物に含まれる未消化物としては、いささか大きすぎると思われるこの物体、いったいどのように食べ、どのようにして排せつされたのかというところも不思議なようです。 実に、 体長の1割以上の大きさの糞という事になるのです。 コレに対し、ダイオウグソクムシの大きさは、約20cm~約40cm程度が平均的と言われています。 そうしてみると、 ダンゴムシの仲間としては、普通に排便できるサイズの糞だったのかもしれませんね。 希少なバクテリアを保菌している可能性も? 糞に含まれていた甲殻類(写真提供:鳥羽水族館) また、ダンゴムシの糞には、防カビ作用を伴うバクテリアが混在されているそうです。 特に強力な防カビ作用を担うバクテリアとして、 ブレビバクテリウム属の細菌というものが含まれているそうです。 糞にこうしたバクテリアが混在されるという事は、体内にバクテリアを保菌しており、こうしたバクテリアの作用で、食物を分解しているのかもしれませんね。 ところで、上に挙げたブレビバクテリウム属の細菌、実は インド洋の深海だけで見つかっていた種類だったのです。 ・・・深海・・・ そう! 深海といえば、 ダイオウグソクムシも深海に生息している生物です。 しかも、 現在知られているダイオウグソクムシの生息域として、インド洋深海も含まれているのです。 これは 単なる推測や憶測に過ぎませんが、ダイオウグソクムシの体内にも、ダンゴムシと同じようなブレビバクテリウム属の細菌が保菌されているのではないでしょうか? そして、ダイオウグソクムシが食べた食物の分解を助けているのかもしれません。 さらに、 そうした細菌を含む糞が排泄される事により、インド洋の深海でブレビバクテリウム属の細菌が確認されていたのかもしれません。 こうした繋がりがあったとしたら、なんだか ロマンがありますよね。 そしてもしかしたら、 鳥羽水族館のダイオウグソクムシ水槽の水を調べると、インド洋の深海でしか見つかっていなかったブレビバクテリウム属の細菌が発見されるかもしれません。 仮に、ダイオウグソクムシが体内に取り入れた食物を燃料としてバクテリアなどを活性化させ、体内で利用するエネルギーを効率良く再生させているのだとしたら、ダイオウグソクムシが数年もの間絶食でも生きている事ができるという仕組みの解明にもつながるのではないでしょうか? そしてもし本当に、ダイオウグソクムシが少ない燃料から効率良くエネルギーを作り出しているのだとしたら、その体内メカニズムは今後の省エネ社会に大いに役立つものになるのではないでしょうか? 関連記事として、「鳥羽水族館のダイオウグソクムシ」も、良く読まれています。

次の