神村 学園 淡路島 学習 センター。 神村学園通信制、中3生を「高1部員」で活動させたか 中学通わず、市教委に指導権限なく

学校法人神村学園 神村学園高等部 福岡学習センター

神村 学園 淡路島 学習 センター

原告は、島根、東京、埼玉、和歌山など7都県出身の元生徒9人と保護者。 訴状などによると、センターはサッカー選手の育成施設として開校し、1期生22人が入学。 サッカーや学習の指導は地元の民間会社に委託された。 しかし、入学案内のパンフレットなどで午前は練習、午後に学習すると説明しながら、6月まで教科書が配布されず、授業は生徒10人が自主退学する8月末頃まで、一度もなかったという。 生徒が暮らす寮では食事の量や質も不十分で、体重が減少した生徒もいた。 保護者が運営会社に対応を求めたが、改善されなかったと主張している。 学園は取材に対し、生徒が毎月提出するリポートが5~8月、センターから学園に提出されず、運営会社に複数回、改善するよう求めたと説明した。 神村学園高等部は、サッカーや硬式野球の強豪として知られる。 学園の神村裕之理事長は「訴状の中身を確認して対応させていただきたい」とした上で、「10人の生徒が辞めているのは事実で非常に残念。 改善策を検討したい」と述べた。

次の

元生徒ら、神村学園提訴 「指導不適切で自主退学」 :日本経済新聞

神村 学園 淡路島 学習 センター

鹿児島県のスポーツ強豪校「神村学園」高等部が兵庫県淡路市に開設した通信制教育サポート施設「淡路島学習センター」で必要な学習指導が放置されていた問題で、学園側は27日、鹿児島県いちき串木野市の学園本校で記者会見した。 神村裕之理事長は「10人の生徒が自主退学したことは残念であり申し訳ない」と謝罪。 元生徒や保護者らが訴訟を起こしたことについて「話し合いで解決したい。 誠意を持って対応する」と和解を目指す方針を明らかにした。 (神戸総局取材班) また、淡路島学習センターの開設時からセンター長を務めていた男性が27日付で辞任し、今後はサッカー指導に集中させるとした上で「二度とこうしたことが起きないようにしたい」と強調。 京都市の学習センター職員を派遣し学習状況の確認に当たらせるとした。 淡路島学習センターは、神村学園高等部の単位制・広域通信制課程が地元業者と提携し、今年4月に開設した原則全寮制の教育サポート施設。 勉強との両立でプロサッカー選手を目指すとうたい、新入生22人が入学したが8月末までに10人が自主退学した。 元生徒と保護者18人は27日、卒業に必要な学習指導が放置されたなどとして、学園側とセンター側に対し総額2131万円の損害賠償を求める訴訟を松江地裁益田支部に起こした。 会見で神村理事長は「(生徒側と)信頼関係が構築できなかった」と述べ、センター運営に問題があったことを認めた。 ただ、提訴した元生徒や保護者側がセンターで「授業」が実施されず6月まで教科書の配布すらなかったと主張していることに対しては「4月26日にはセンターに届いている。 生徒に渡ったと確信している」と述べた。

次の

おおむら学習センター

神村 学園 淡路島 学習 センター

鹿児島県のスポーツ強豪校「神村学園」高等部が兵庫県淡路市に開設した通信制教育サポート施設「淡路島学習センター」で必要な学習指導が放置されていた問題で、学園側は27日、鹿児島県いちき串木野市の学園本校で記者会見した。 神村裕之理事長は「10人の生徒が自主退学したことは残念であり申し訳ない」と謝罪。 元生徒や保護者らが訴訟を起こしたことについて「話し合いで解決したい。 誠意を持って対応する」と和解を目指す方針を明らかにした。 (神戸総局取材班) また、淡路島学習センターの開設時からセンター長を務めていた男性が27日付で辞任し、今後はサッカー指導に集中させるとした上で「二度とこうしたことが起きないようにしたい」と強調。 京都市の学習センター職員を派遣し学習状況の確認に当たらせるとした。 淡路島学習センターは、神村学園高等部の単位制・広域通信制課程が地元業者と提携し、今年4月に開設した原則全寮制の教育サポート施設。 勉強との両立でプロサッカー選手を目指すとうたい、新入生22人が入学したが8月末までに10人が自主退学した。 元生徒と保護者18人は27日、卒業に必要な学習指導が放置されたなどとして、学園側とセンター側に対し総額2131万円の損害賠償を求める訴訟を松江地裁益田支部に起こした。 会見で神村理事長は「(生徒側と)信頼関係が構築できなかった」と述べ、センター運営に問題があったことを認めた。 ただ、提訴した元生徒や保護者側がセンターで「授業」が実施されず6月まで教科書の配布すらなかったと主張していることに対しては「4月26日にはセンターに届いている。 生徒に渡ったと確信している」と述べた。

次の