ぶんぶん どり む 効果 なし。 小学生の作文力をアップする通信教育講座「ブンブンどりむ」(齋藤孝先生監修)

ブンブンどりむの感想

ぶんぶん どり む 効果 なし

うちの保育園は、年長さんともなるとひらがなの読み書きは一応一通りできるようになっていましたが(いえまぁ時々鏡文字書いてみたり、不思議な字を書いたりしてたけどw)、算数的なものは特に勉強せず。 かといって、当時Z会をやっていたけれど、そちらでもたし算ひき算はなかったです。 (そういう考え方を使うような問題はあったような気がするけれど) お受験しない公立小学生でも、このくらい出来るのが当たり前で新1年生?? そんな不安の中、小1の通信教育をあれこれ調べだしました。 候補にあげたのは、Z会・ドラゼミ(今でいうところのまなびwithですね)・チャレンジ・知の翼(*知の翼は現在終了しております)、そしてブンブンどりむです。 この中で幼児時代から続けて来てないと難しく感じそうだと思ったのは、ドラゼミ。 保育園時代にも資料を取り寄せ、他社と比べてやや難しめの印象があった教材なのですが、小学生講座でも、Z会よりひねりのある問題がいくつもありました。 ただ、うちは当時ドラえもんを見ていなかったので、キャラクターに馴染みがなく、ムスメがまったく食いつかなくて見送ったんですよ。 保育園からドラゼミやっといたらよかったのかも? そんなことを言ったって、後の祭り覆水盆に返らず十日の菊六日の菖蒲。 まなびwithになって、コナンがメインになったようで。 ゼロの執行人でまんまと堕ちた母としては、今だったらムスメにまなびwithを猛プッシュしたに違いないですw で、どうしたか? タブレット教材に食いついたムスメは、馴染みのあるチャレンジタッチをセレクト。 小1で紙に書く勉強がないのは心配ってことで、ブンブンどりむも一緒に受講することにしました。 このブンブンどりむ。 小学生の作文通信教育です。 作文といっても、そこは小1向け。 ごく簡単なお手紙や絵日記を書くイメージです。 毎月、課題と薄めの絵本、それから添削シートが2種類届きます。 絵本については、例えば「はるがきたよ」という絵本を読み聞かせてやって、その後、自分が見つけた春をこんな風に書いたり。 上記2つが、小1の4月の課題でした。 Z会の経験シート以外では、他社でもここまで文章を書く課題ってなかったので、結構書かせるなぁと思いました。 しかも、月に2つの課題。 で、返ってきた添削を見てびっくり。 びっしり書かれているだけでなく、とにかく褒めてある! 文字がいいと褒め、文章のここがこうだからいい、ここがわかりやすくていい、これがよく表現できている…etc これだけ褒められるとムスメも気分がよく、次も褒められるように頑張ろうとせっせと課題に取り組むんですよ、これが。 結局学校の宿題が増えてきて、宿題+通信教育+習い事の量のバランスをとるべく半年ほどでやめてしまったのですが。 今考えると、 小1の通信教育はブンブンどりむ一択でよかった気がする! 1年でやるくらいの算数なら、その子のレベルにあったドリルを1冊買ってきて親が見て上げれば、多分十分。 よほど先取りをして進めて行きたいっていうんでない限り、通信教育はなくてもいいくらいだったなと今振り返ると感じます。 逆に読み取る、書いて表現するっていうのは、小1からどんどんやっといた方がいいなと、今算数の文章問題で時々躓くムスメを見ていると強く思います。 実際問題、ムスメもお気に入りの教材だったので、どりむを続けたい気持ちはあったようなのですが、遊びの時間とタブレットのアプリの誘惑には勝てませんでしたw もしもムスメの下に弟妹がいたら、ブンブンどりむだけをやらせたと思う。 そんな、どりむ。 うちもこの特典欲しさに、入会したしw 今は毎日絵日記を書くことが習慣になっているから、どうしてもこの教材に戻らせたい!って気持ちはありませんが、続けさせていたらもっと語彙が増えただろうなぁ、表現力が養われただろうなぁとちょっと惜しく思ってマス。 日本人は識字率がすごく高いのに、読解力となると世界でもどちらかというと下位になるとか。 読めたからといって、わかっているわけではない、ということですね。 これって国語に限らず大問題で、やはり文章力というのはどの科目にも通じて必要な力。 今ムスメが新小1に戻ったなら、小3くらいまではブンブンどりむをメインに家庭学習を組み立てるかも。 予算が許すなら、小1の通信教育は進研ゼミにしろスマイルゼミにしろまなびwithにしろ、1日の学習時間は結構短くまとめられているので、ブンブンどりむ+何かで構成するのもいいと思います。 読解力が大事なのはわかるけれど、国語だけを通信教育でやらせるのはねぇ、やっぱり算数とか他の科目も普通に取り組ませたいのよ、というおうちは、まなびwithがおすすめです。 元々ドラゼミ時代から作文学習にも割と力を入れていた教材で、まなびwithになってからもそれが引き継がれ、 作文や読解、文章題の図化や図形に力を入れていますと謳っている教材なので。 まなびwithについては読解力に加えて、論理的思考を養っていくパズル的な問題も割とありまして、子どもは勉強してるというよりも一生懸命クイズやパズルに取り組んでいるつもりが、いつのまにかそういう力が育っている的な問題がよくあります。 正攻法の文章題で思考力を養うのがZ会だとしたら、まなびwithはクイズやパズルに見せかけていつの間にか力をつけさせていくという感じです。 なんにしても、小学1年生、小学校のスタートをきる時の学習教材は悩みますよねぇ。 私は資料請求しまくって、サンプル教材をムスメにやらせてみたりして反応をみたりもしました。 教材がよくても子どもとの相性もあるので。 どの学年でもそうなんですが、学習教材って割と夏休みに1学期の総復習まとめってのをやってくれるんですよ。 だから、4月からとりあえず何か始めてみて、あわなそうなら夏休み前に乗り換えちゃえばいいと思います。 乗り換えても、夏休みで十分修正がきいちゃいます。 この記事が、教材の口コミ情報のひとつになれたら嬉しいです。 読んでくださってありがとうございました。

次の

小2ブンブンどりむ体験記②~値段がネックだが入会した理由~

ぶんぶん どり む 効果 なし

コース概要をチェック• ブンブンどりむについて 「ブンブンどりむ」は、 入試や社会で必要とされている 「書く力」が伸びる教材です。 ブンブンどりむに取り組むと、 どんな良いことがあるの? 楽しいテキストだから、 添削でほめられるから、 自分からドンドン書きたくなります。 身につけた力は、他教科の勉強や、 公立中高一貫校対策にも役立ちます。 楽しく、短時間でできるから、 自然と机に向かう習慣がつきます。 齋藤孝先生インタビュー• ブンブンニュース 2020. 1 new 2020. 27 2020. 6 春の入会キャンペーンスタート しめきり延長 2019. 2 年末年始休業日のお知らせ 2019. 15 2019. 1 秋の2ヵ月トライアルセット スタート 2019. 1 入会予約12大教材プレゼントキャンペーン スタート 2019. 6 2019. 1 秋の無料体験キットプレゼントキャンペーン 2019. 19 夏期休業日のお知らせ 2019. 24 G20大阪サミット開催に伴う郵便物などのお届け等に関するお知らせ 2019. 19 2019. 1 夏の2ヵ月お試しキャンペーンスタート•

次の

作文の通信教育「ブンブンどりむ」夏だけの2ヵ月お試しキャンペーンでやってみた

ぶんぶん どり む 効果 なし

応用コース9月号のテーマ 小学校4年生向けの「応用コース」9月号は、「童話を作ろう」というテーマで学習をしていました。 ブンブンどりむのメインテキストは…• かきかたランド(書く力)• こころランド(思考力)• あたまランド(読む力・記述力)• ものしりランド(想像力) この4つに分かれています。 童話のテーマを決める• 登場人物の名前や特徴を考える• あらすじを書いてみる• 起承転結で童話の組み立てを考える• 童話を書く(20行程度)• 提出課題として、童話の清書をする このように学習を進めていきました。 メインテキストを読み、キャラクターの質問に答えたり、ヒントを参考にしたりして、言葉や文章をテキストに書きこんでいきます。 テキスト8ページを4日間で学習し、その他に1枚の提出課題に取り組みました。 子供の取り組みの様子 うちの子供は、張り切って童話を考えていました。 ところが、張り切りすぎて(?)あらすじの時点で雲行きがあやしい…… 平凡な少年が不思議な老人と出会い、お前は勇者であると告げられる。 異世界へワープして仲間と出会い、悪者と戦い、勇者の証を手に入れる……そういうあらすじでした。 そうしたら、物語の一番最初に平凡な少年が不思議な体験をするお話を書いていました。 出題の意図をくんで、それに合った文章を考えて書くというのはとても難しいことですね。 うちの子供にとっては、童話を自分で書けるということに気づかせてくれた課題でした。 作家になったような気分も味わえたんじゃないでしょうか。 すごく楽しんで書いていたようです。 1週目にかかる時間 一日当りの学習時間は、1週目は少しかかりました。 1日あたり、20~30分程度でしょうか。 2週目から4週目は割と楽なんですが、1週目は、少し余裕を持って学習時間を予定しておいた方がいいと思います。 2~3週目-言葉と読解の学習 2週目と3週目で、語彙、読解問題の学習をしていきます。 「こころランド」では、住まいについての資料を読み、わかったことを文章でまとめる、という課題にも取り組みました。 こういう学習は、いま学校でもさかんに取り組むようですね。 資料を読み取り、ポイントをつかんで文章にまとめる力は、国語だけではなく、社会、理科、総合学習など、他の教科でも重要です。 「あたまランド」は指示語に気をつけて読み取る学習として、説明文の読解問題を解きました。 2~3週目にかかる時間 一日あたり10分以内、8日で一通り学習できる内容です。 ちょっと楽なので、この間に語彙や漢字の学習をする副教材「ポッチードリル」もやりました。 4週目-体験を思い出して作文を書く 4週目の「ものしりランド」では、まず、小学校の先生の仕事に関する資料の読み取りをしました。 先生は、授業で勉強を教える以外に、どんな仕事をしているのかということを紹介する文章を読みました。 また、昔の小学校について、修学旅行、給食、運動会はどんなものだったのかを説明する文章を読みました。 次に、自分の体験を思い出して、テーマにそった文章を書く学習をしました。 「人から教わった大切なこと」というテーマでまず一つ文章を書きます。 そしてさらに、「自分が誰かに教えてあげたこと」について文章を下書きしました。 「提出課題B」には、その体験について200文字弱で作文を書きました。 これも難しかったようです。 テーマに合った体験を思い出せないということでだいぶ悩んでいました。 それでもなんとか書き上げて、課題を提出していました。 何時間もかかるということはなく、下書きに30分、清書に30分という感じでしょうか。 課題の作文を書くことも、もちろんとてもいい経験になっていると思いますが、それだけではないのです。 提出課題に、課題を見てくれる赤ペンコーチへ質問などを書くことができる欄があります。 この欄が9行もあって、わりとたっぷり書けるようになっています。 最初はやはり「何も質問はない」などと言って、この欄を書きあぐねていた息子でしたが、ここ数回は、コーチへの手紙形式で文章を書くようになっています。 読んでいる本のこと、好きな歌手のこと、習い事のことなど、課題と違ってサラサラと気軽に、楽しんで書いている様子。 それに、コーチが優しいお返事をくれるんですね。 それが楽しみなのでしょう、ブンブンどりむから課題が返送されると、自分で封筒を開けて、返事をチェックしている息子です。 作文はめんどうくさい? うちの子供は作文を書くのが好きではありません。 学校の授業で何かの文章を書く課題が出て、5行の罫線が引いてあるとしたら、1行か2行しか書かずに提出していたりします。 内容はともかく、5行あったら5行目まで書こう、と声をかけます。 すると「先生には5行目まで書けって言われてない」「クラスの誰それも、1行しか書かないで出してた」なんて言って抵抗しますが、5行あったら5行目にかかるまで書くことが、暗黙のルールです、と教えています。 すると、1つ1つの文字をなるべく大きく書いて、少ない文字数で5行埋まるように書いたりします。 とにかく、文章を考えて、たくさん文字を書くのが面倒くさいんでしょうかね。 そんな感じで、まだまだ、文章を書くおもしろさを見つけるところまでは行っていないようです。 こういう子供に作文の練習をさせるのは、本当に難しいのですが、ブンブンどりむを受講していると、抵抗なくいろんな文章を、ともかく自分の力で書く経験を積むことができるのが、いいと思っています。 このごろはちょっと観念してきたというか、集中して書く姿も見られるようになってきました。 ブンブンどりむの効果 まだ受講して3か月なので、効果がはっきりわかる時期ではないと思うのですが、それでも、親から見てこんなことを感じています。 それは、書き出しが速くなったことです。 今までは、何を書いたらいいのかわからない、といって最初の一行を書き始めるまでにものすごく時間がかかる時がありました。 ある程度考えても思いつけないと、集中力も途切れてしまって、机の上にあるもので遊び始めてしまったりするものでした。 それが、このところ、ブンブンどりむの課題でも、学校の宿題でちょっとした文章を書くのでも、「ぐっと集中して考えて、書き始める」これができることが多くなってきたのです。 集中力が続いている間に、頭の中で、すばやく言葉や文章をまとめる力がついてきたのでしょうか。 まだまだ、文章を書くのは好きじゃないことが、ありありと見えるうちの子ですが、ちょっと希望が見えてきたかな?? 受講の効果が見えてきたら、またこちらに記事を書きたいと思います。 ブンブンどりむについて、もっと詳しく知りたい方は、ぜひ公式サイトをご覧ください。

次の