確定申告 サラリーマン。 確定申告をする会社員・サラリーマン必見!必要書類や書き方について解説

サラリーマンも確定申告が必要?得する人は? [税金] All About

確定申告 サラリーマン

副業等の収入は「20万円」という金額が確定申告をするかしないかの基準となっています。 確定申告のことは細かくはわからないし、手間がかかるのでできればしたくないという人も多いかもしれません。 しかし、基本的なルールを押さえておけばそんなに難しいことではありません。 毎月の生活費の足しにするため、あるいは今後の独立を目指すため、いろいろな理由で本業の給料以外に副業で収入を得ている人がいるかと思います。 政府の進める「働き方改革」などの影響もあり、フリーランスやパートといった形で収入を得るようになる人は今後増えていくことでしょう。 確定申告で受けられる控除と税額の決定には基本的なルールがあることなどを理解しておくだけでも、いざという時に十分役に立つ知識となります。 この記事では、副業やフリーランス、パートでの収入において、確定申告をしなければならないのはいくらからか、税額を決める基本的なルールは何なのか、といった基礎知識について解説していきます。 目次 サラリーマンの方の副業で確定申告する必要があるかどうかを説明しましたが、そもそも「納める税金のない人」は確定申告をする必要はありません。 収める税金がどれくらいあるのか。 控除されるとどうなるのか。 を確認するために、計算する必要があります。 こちらも副業がアルバイトやパートなのか、アルバイト・パート以外なのかで少し内容が異なります。 それぞれの場合を見ていきましょう。 アルバイト・パートは控除額より所得が少なければ課税されない アルバイトやパートの給料には、例外をのぞきその給料を生み出すための経費はありません。 その代わり一定の控除が認められていますが、赤字になることはないので所得金額は必ずあります。 そのため副業がアルバイトやパートの場合で納める税金のないケースは、所得金額-所得控除=課税される所得金額が0になる場合です。 つまり所得金額より所得控除が多い場合です。 所得控除とは、人が生活する上で必要だろうと思われるものに対する控除で、配偶者や家族がいるなどの人的の控除と、生命保険や地震保険を支払っている物的の控除があります。 少なくともその人が存在するという控除=「 基礎控除」が38万円あるので、 所得金額が38万円以下なら確定申告する必要はありません。 クラウドソーシング・内職の場合は売上から経費と控除を差し引いた額 「副業をしている人が、確定申告をしないといけないのはいくらからなのか」についてご紹介しました。 簡単にまとめると、「副業が1年間でその収入が20万円以下の人」または「納める税金のない人」であれば確定申告をする必要はありません。 しかし、それぞれの場合で注意点もあります。 確定申告をする必要があるかの判断は、課税対象となる所得金額がどれくらいかを計算する必要があります。 また、副業の種類によって勘定科目が変わることにも注意が必要です。 フリーランスや副業での収入は雑所得として勘定分けされることになるので、この点に注意して確定申告や税金還付手続きを行いましょう。 フリーランス、副業といった働き方をゆくゆくは個人事業として本格的に開始することになれば青色申告も可能になります。 その場合、控除額が多くなり大幅な節税につながりますので、この記事を参考に注意点も鑑みながら、確定申告するかしないかを決めましょう。 確定申告で青色申告を選択したい場合は、事前に青色申告承認申請書と開業届の提出が必要です。 を活用すれば、ステップに沿って入力するだけで最短5分で必要書類が完成します。 費用は無料です。 また、青色申告する場合も、白色申告する場合も、帳簿付けや経理作業が必要になります。 などのクラウド会計ソフトを使用すれば、驚くほど速く、簡単に確定申告を行うことが可能です。 なかにはスマートフォンのみで確定申告を完了した方も。 ツールを活用して、効率良く副業や確定申告を行いましょう。

次の

確定申告をする会社員・サラリーマン必見!必要書類や書き方について解説

確定申告 サラリーマン

教えて!会社員・サラリーマンでも確定申告をしなければいけない条件 本来、確定申告は事業を行っている人が対象となるため、会社に勤めていて給料を受け取っている会社員・サラリーマンであれば、毎月の給料から税金を源泉徴収していて会社で年末調整を行うため原則必要ありません。 ただし、以下に当てはまる方は、会社員・サラリーマンでも確定申告が必要です。 配当所得や不動産所得などの副業所得が20万円を超える場合• 給与収入が2,000万円を超えている場合• 2ヵ所以上の会社から給与を受け取っている場合• 医療費控除、雑損控除などを受ける場合• 住宅ローン控除を初めて受ける場合(2年目以降は年末調整で行う)• その年の途中で退職し、再就職しておらず、年末調整を受けられない場合• ふるさと納税の納付先自治体が6ヵ所以上の場合 特に副業所得が20万を超えている方は、『 利益が年間(1月1日~12月31日)20万円以上』であることにご注意ください。 通年は3月中旬までが申告期間ですが、2020年は新型コロナウイルスの影響で期間が延長され、 4月16日 木 までに申告が必要です。 副業をしても確定申告をしなくても不要な条件とは?逆に申告がした方がお得な条件は? 売上が年間で20万円を超える場合ではなく、売上から必要経費を差し引いた額が利益です。 例えば、せどりでネットオークションで商品を仕入れた合計金額、アフィリエイトであれば手数料や広告費は必要経費です。 この必要経費を差し引いた利益が年間20万円を超えない場合は、確定申告が不要です。 また、必要経費を差し引いた際に赤字の場合は、確定申告をしなくても大丈夫です。 赤字の出た所得の区分が「事業所得」、「不動産所得」、「譲渡所得」などに該当する場合には、確定申告をしたほうが得です。 赤字を申告すると、給与所得からその赤字が差し引かれ、全体の所得が減額されるため、既に納めた税金の一部を戻してもらうことができます。 私 の場合は、副業所得で20万を超えていたため、雑所得で1年間の合計の利益を計算して確定申告しました!ふるさと納税をやられている方は以下の記事にやり方や計算方法を図解してますので、ぜひご覧ください 確定申告をした方が得する会社員・サラリーマンの条件 確定申告をした方が得をするケースがいくつかあり、控除が適用されます。 還付申告と呼ばれ、 給与等から源泉徴収された税金や予定納税で納めた税金が、年間の所得金額について計算した所得税及び復興特別所得税額よりも多いときは、 納め過ぎとなっている所得税及び復興特別所得税の還付を受けることができます。 還付を受けるには書類が必要で、該当するケースがあれば関連書類は大切に保管してください。 年末調整後に子供ができた( 医療費控除)• 年末調整後に結婚した( 扶養控除)• 医療費の支払いが、年間10万円を超えた人( 医療費控除)• 住宅ローンを組んだ人( 初年度のみ自ら確定申告。 2年目以降は会社で年末調整してくれる)• 寄付やふるさと納税をした人( 寄付金控除)• 災害や盗難で資産に損害を受けた場合( 雑損控除)• 中途退職した人( 年内に再就職してなければ会社に年末調整をしてもらえないので、自分で確定申告をすると税金が還付される場合がある)• 確定申告書A• 確定申告書の様式には「A」と「B」があり、「確定申告書A」は主に会社員・サラリーマンやアルバイト・パートの方が使用し、「確定申告書B」は主に個人事業主の方が使用します。 所得に関する書類• 給与所得や公的年金などの源泉徴収票(原本)• 保険会社から送付される個人年金の支払調書、年金支払証明書• 所得控除に関する書類(各種控除を受ける場合)• 医療費の領収書• 生命保険料控除証明書• 寄附した団体などから交付を受けた寄附金の受領証など 確定申告においては「確定申告書A」が完成できれば、あとは必要書類を集めて税務署に提出すれば終わりです。 確定申告書Aの書き方について(パソコンで作成する場合) 会社員・サラリーマンの方は確定申告書Aを使いますが、この書類の作成に必要な情報をまとめる必要があります。 こちらの書類に、 収入金額、所得金額、所得から差し引かれる金額、税金などを記入します。 それぞれの情報は基本的には『 源泉徴収票』 を見ればすぐにわかります。 源泉徴収票はお勤めの会社から受け取ることができます。 控除を受ける場合は、それぞれの領収書や受領書をご自身で保管しておく必要があります。 それぞれの項目に記入してください もっとシンプルにケース別で確定申告の書類の出し方を理解されたい方は、こちらの記事もご覧ください。 書類作成は でもできますので、併せてご覧ください。 確定申告書Aの書き方について(書面に直接記入する場合) 確定申告書A第一表の書き方 まずは、『 申告書A第一表』の書き方についてです。 第一表は、主に所得金額や税金の計算結果など を記入します。 結論、源泉徴収票を見ながら書けば、申請に必要な以下の情報は埋まります。 住所・氏名等• 収入金額等• 所得金額• 所得から差し引かれる金額• 税金の計算• その他• 延納の届出• 還付される税金の受取場所 それぞれの項目の概要と記入方法について整理します。 住所・氏名等 氏名や住所などは、当たり前ですが申請者ご本人の情報を記載します。 「個人番号」にはマイナンバーを記入します。 本人確認書類(マイナンバーカードまたは番号確認書類 + 身元確認書類)の提示、または写しの添付が求められます。 収入金額等 「給与(ア)」欄に源泉徴収票の「支払金額」の金額を記入します。 給与収入以外に、株や競馬の配当金などがあった場合は、雑所得(イ)(ウ)や配当(エ)、一時(オ)の欄に記入します。 所得金額 「給与(1)」欄に源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」を転記します。 その他の所得がある場合は、(2)以降も記入して合計額を算出します。 所得から差し引かれる金額 源泉徴収票の「配偶者特別控除の額」「社会保険料等の金額」「生命保険料の控除額・地震保険料の控除額」をはじめとする金額を、該当の欄に転記します。 年末調整で保険料控除の申告忘れなどがあり、 源泉徴収票の数字から変更がある場合は、変更分の控除額を計算して記入します。 また、配偶者控除は配偶者の所得によって金額が決まり、下記の表に従って算出されます。 基礎控除は一律で38万円です。 医療費控除は「医療費控除(18)」に、ふるさと納税の控除を受ける場合は「寄付金控除(19)」に記載します。 また、配偶者が障害者の場合には、配偶者控除のほかに障害者控除27万円(特別障害者の場合は40万円、同居特別障害者の場合は75万円)が控除できます。 税金の計算 「課税される所得金額(21)」を計算し、 を参考に「上の(21)に対する税額(22)」を計算します。 源泉徴収票の「住宅借入金等特別控除の額」に記載がある場合は「(特定増改築等)住宅借入金等特別控除(24)」に転記します。 「源泉徴収税額」は「所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額(38)」に転記します。 あとは計算式に沿って数字を算出すれば、確定申告の「申告書A第一表」は完成です。 第一表の 記載内容を下図にまとめましたので、ぜひ参考にしてください! 確定申告書A第二表の書き方 続いて、『 申告書A第二表』の書き方についてです。 第二表は、 所得の内訳、社会保険料控除、生命保険料控除、配偶者控除、扶養控除などの詳細を記入します。 引用元: 所得の内訳 「源泉徴収票」にある「支払金額」の金額を「収入金額」欄に転記します。 そのほかの収入がある場合は、所得の内訳欄に沿って記入します。 源泉徴収された金額がある場合はそれも記入し、第一表の「所得税及び復興特別所得税の源泉徴収税額(38)」欄に合計額を記入します。 所得から差し引かれる金額に関する事項 「源泉徴収票」に記載されている社会保険料等の金額を、「源泉徴収票のとおり」と記入します。 国民健康保険など、そのほかにも支払った保険料があれば記入してください。 源泉徴収票は会社に申告すればもらえますので、事前に用意しておきましょう! また、生命保険料控除や地震保険料控除などを受けた場合は、こちらに記載します。 ただし、生命保険料または地震保険料については、実際に支払った金額を記載する必要があるので注意しましょう。 配偶者控除などを受けている場合なども、こちらに記載します。 自然災害などで受けた損害があった際に適用される「雑損控除(17)」、「医療費控除(18)」、ふるさと納税などの「寄附金控除(19)」がある場合も記載しましょう。 住民税に関する事項 16歳未満の子供がいる場合は「住民税に関する項目」に必要事項を記載します。 以上で、確定申告の「申告書A第二表」は完成です。 完成した確定申告を印刷し、必要書類と一緒に税務署に提出すれば、確定申告は完了です。 お疲れ様でした。 より詳しい書き方については 国税庁の 「 」をご覧ください! まとめ• 会社員・サラリーマンが確定申告をする必要がある場合は、以下条件の方• 副業所得が20万円を超える場合• 給与収入が2,000万円を超えている場合• 2ヵ所以上の会社から給与を受け取っている場合• 医療費控除、雑損控除などを受ける場合• 住宅ローン控除を初めて受ける場合(2年目以降は年末調整で行う)• その年の途中で退職し、再就職しておらず、年末調整を受けられない場合• 確定申告をした方が得になる可能性がある会社員・サラリーマンは、以下条件の方• 年末調整後に子供ができた(医療費控除)• 年末調整後に結婚した(扶養控除)• 医療費の支払いが、年間10万円を超えた人(医療費控除)• 住宅ローンを組んだ人(初年度のみ自ら確定申告。 2年目以降は会社で年末調整してくれる)• 寄付やふるさと納税をした人(寄付金控除)• 災害や盗難で資産に損害を受けた場合(雑損控除)• 中途退職した人(年内に再就職してなければ会社に年末調整をしてもらえないので、自分で確定申告をすると税金が還付される場合がある)• 会社員の場合、確定申告では確定申告書A、 源泉徴収票(原本)、 医療費の領収書などが必要書類• 確定申告書Aは、源泉徴収票を参考に、 第一表、第二表それぞれ記載する 会社勤めの方を対象に確定申告で必要な書類や書き方について解説しました。 初めて確定申告をする方からすると、何から取り掛かれば良いのか分からないことが多いと思います。 正しい確定申告のやり方を理解していれば、還付や税金対策などあらゆるメリットがあります。 どんな控除があり、どんな条件であれば適用できるかは国税庁のホームページにも記載がありますので、確定申告の時期までにしっかりと抑えておきましょう。

次の

【役所に聞いた】サラリーマンでも確定申告で副業がバレないって本当!?│副業ライフ

確定申告 サラリーマン

タグ FX LINE OL PC おすすめ お金のために働く つまらない やり方 アフィリエイト アプリ アンケート サラリーマン サービス スキルアップ スマホ セミナー ネットビジネス バイト バレない パソコン メール ライター ランキング ロボアドバイザー 不動産投資 不動産投資セミナー 主婦 人事・採用 仕事 仕事がつまらない 休みの日の過ごし方 休日の過ごし方 会社員 儲かる 内職 写真 初心者 初期費用あり 副収入 副業 副業 ネット 副業 儲かる 安全 副業 稼げる 副業サイト 副業サービス 副業サービス ばれない サラリーマン 副業 副業ルール 副業知識 副業種類 口座開設 営業 在宅 女性 始める 始め方 学生 安全 安心 対処法 怪しい? 投資 携帯 時間の活用方法 独立 男 知る 確定申告 社長 税金 稼ぐ 稼げる 簡単 簡単内職 自動投資 英語 詐欺 資格 起業 輸入 高収入 高額• 「副業したいけど、うちの会社は副業禁止しているからなー」 「サラリーマンは確定申告しておけば副業がバレないっていうのはよくネットに書いてあるけど、やっぱりリスクが大き過ぎるかな?」 「本当に大丈夫かな、、、」 周りのサラリーマンは副業始めているのに、あと一歩、会社の存在がネックとなり副業に踏み出せない。 おそらくこういった方は多いかと思いますし、これから更に増えていくかと思います。 筆者もそうでした。 今回は、筆者が実際に役所を訪れ、サラリーマンでも確定申告などの手続きを怠らなければ会社に副業がバレないのかを聞いてきましたので、その回答をこちらでご紹介して行きます。 なお、筆者は地方都市在住のサラリーマンのため、 あくまで地方都市の某市役所での回答となります。 おそらく、役所ごとに大きく回答が異なることはないかとは思いますが、不安な方はご自身がお住まいの役所に問い合わせてみてください。 おさらい|確定申告とは? 今回は、普段サラリーマンをしていて始めて確定申告を行う方もいらっしゃるかと思うので、そもそも確定申告とはどのような行為か?について簡単にお答えします。 確定申告とは、「 所得にかかる税金(所得税及び復興特別所得税)の額を計算して、税金を支払うための手続き」を指します。 計算された金額を基に、 2〜3月にかけて申告・納税期間が設けられ、期日内に申告・納税を行います。 確定申告を怠った場合は、罰則として超過料金を支払う必要があるものの、人によっては確定申告をすることで納めすぎた金額が還付金として戻ってくる場合もあります。 確定申告と年末調整の違いは? 年末調整とは、「 会社から支給される給与から、もともと天引きされている所得税の過不足の計算をして調整する手続き」を指します。 サラリーマンの方は毎年年末になると、年末調整に関する書類が届くのでお分かりかと思いますが、12月の給与支払い時に精算されます。 毎月の給与からは所得税が天引きされていますが、そのままだと生命保険の保険料控除などが反映されていないので、個々人で調整を行う必要があるのです。 その差分を年末調整によって、徴収される・戻ってくる(還付)という仕組みになっているわけです。 本来、サラリーマンの方は年末調整を行なっていれば確定申告が免除されるのですが、それはあくまで「本業の会社で発生した所得税の処理」が済んでいるという状態なので、副業で収入を得た場合には自分でも確定申告を行わなければならないのです。 確定申告は副業で収益が発生しているサラリーマンが、会社にバレないために行う必須の作業です。 ここからは、副業がバレないかビクビクと怯えていた私が、初めて確定申告をするにあたって、気になった疑問の回答をご紹介します。 副業サラリーマンの悩み:役所や税務署への申請は毎年行うべき? 基本的にはこの手続きでバレないかと思います。 会社には決定した「納税額の数字」しか届かないので、あなたが副業をしていることはわかりません。 それは、あなたの申請が課税対象として認められなかった場合に、雑所得がそのまま普通徴収ではなく特別徴収として扱われる可能性があるためです。 また、会社に届いてあなたに手渡されるはずの「特別徴収額の決定又は変更通知書」を会社側が見てしまうことで副業の存在がバレてしまいます。 通常は、この書類は封がされているため会社が開封することは絶対にあり得ないのですが、会社が見てしまうことも100%ないとは言い切れません。 こればっかりはモラルの問題です、、、 あなたの会社の方が変な行動を起こさないことを祈るばかりです、、、 4. 副業サラリーマンの悩み:申請が課 税対象として認められなかったら? おっしゃる通り、特にインターネットを使用しているものは、まだ 線引きが曖昧なんです。 一概にどれが認められると答えることは難しいですね。 仕事とプライベートでおおよそどれくらいの割合で使用するのか、 比率を算出しておくと申請の際に楽ですよ。 例えば、1日のスマホ使用については、 ・仕事:8時間 ・プライベート:16時間 など。 もちろん、プライベートの時間に仕事をすることもあるでしょうし、その逆も考えられます。 ただ、大まかでも良いので、 こちら側で比率を算出しておくことで、 後々の追加課税が発生するリスクを下げることができるでしょう。 とはいえ、税理士さんと話し合うのがベストですが、、、 まあ、基本的には「副収入を得るために発生した費用」と考えておいてください。 サラリーマンの方全員が税理士をつけることは難しいかもしれませんが、副業でたくさん枷でいる人であれば、一度税理士に相談してみることをおすすめします。 その 1%は何かというと、 「 絶対にバレない保証はないこと」 です。 我々、納税者側でコントロールできることには限界があります。 しかし、副業を始めたい皆さんは何らかの理由で「もっと収入が欲しい」からこそ悩んでいるのだと思います。 稼いでいる人でリスクをとっていない人はいません。 そもそも、法律違反を犯している訳ではありませんし、プライベートを干渉される筋合いはありません。 「自分はバレないように副業をするのは難しいな、、、」 と思って悩んでしまうくらいなら、副業なんてせずに本業で稼げるように頑張りましょう。 このままサラリーマンを続けても、自身が満足するだけの収入を得られないのであれば、今すぐ行動に移すべきです。

次の