クチート タイプ。 クチート|ポケモン図鑑ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

ポケモンGO ― クチートの弱点・おすすめ対策ポケモン

クチート タイプ

クチート あざむきポケモン ぜんこくNo. 303 ホウエンNo. 071 コーストNo. 063 高さ 0. 6m 重さ• 5kg• けたぐり威力40 タイプ• タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ なし 共通の入手方法• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 ORAS• 石の洞窟 地下2階 ORのみ• 石の洞窟 地下2階・群れ ORのみ• 目覚めのほこら ORのみ• チャンピオンロード ORのみ• 空の柱 ORのみ 主な入手方法 ORAS• 野生のポケモンを捕まえる 生息地 XY• 輝きの洞窟 主な入手方法 XY• フレンドサファリ はがね 1枠目• フレンドサファリ フェアリー 2枠目• 戦闘に出たときに相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 /レベルの低い野生のポケモンと出会いにくくなる。 追加効果のある技を使うと、追加効果が発動しない代わりに威力が1. 3倍になる。 また、追加効果がある技を使うと、道具『いのちのたま』の反動効果や『かいがらのすず』の回復効果を受けない。 攻撃対象の相手の道具『だっしゅつボタン』『レッドカード』『アッキのみ』『タラプのみ』および特性『へんしょく』『わるいてぐせ』の効果も発動させない。 なお、自分の能力ランクを下げる技や反動技は追加効果の対象ではない。 基本 あく 変化 - 100 20 3ターンの間、相手は攻撃技しか出せなくなる。 変化技を使えなくする 基本 ノーマル 変化 - 100 40 相手全体が対象。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 基本 フェアリー 特殊 40 100 30 通常攻撃。 5 あく 変化 - 100 20 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 13 ノーマル 変化 - 100 20 相手全体が対象。 相手の回避率を2段階下げる。 フィールドで使うと野生のポケモンが出現し、群れバトルが発生する場所では群れバトルになる。 XYのみ雨が降っている場所では群れバトルは発生しない。 17 ノーマル 物理 55 100 30 通常攻撃。 21 あく 物理 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 25 ノーマル 変化 - - 40 他の味方のポケモンと交代し、かかっていた補助効果を引き継ぐ。 33 はがね 変化 - - 15 自分の『ぼうぎょ』ランクを2段階上げる。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 41 ノーマル 変化 - - 20 自分の『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクを1段階ずつ上げる。 技『のみこむ』『はきだす』の効果を上げる。 3回までたくわえることができる。 41 ノーマル 変化 - - 10 技『たくわえる』を使った数だけHPが多く回復する。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 41 ノーマル 特殊 - 100 10 技『たくわえる』を使った数だけ威力が高くなる。 1つの時は100、2つの時は200、3つの時は300になる。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 基本 あく 変化 - 100 20 3ターンの間、相手は攻撃技しか出せなくなる。 変化技を使えなくする 基本 ノーマル 変化 - 100 40 相手全体が対象。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 基本 フェアリー 特殊 40 100 30 通常攻撃。 6 あく 変化 - 100 20 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 16 ノーマル 変化 - 100 20 相手全体が対象。 相手の回避率を2段階下げる。 フィールドで使うと野生のポケモンが出現し、群れバトルが発生する場所では群れバトルになる。 XYのみ雨が降っている場所では群れバトルは発生しない。 21 ノーマル 物理 55 100 30 通常攻撃。 26 あく 物理 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 31 ノーマル 変化 - - 40 他の味方のポケモンと交代し、かかっていた補助効果を引き継ぐ。 41 はがね 変化 - - 15 自分の『ぼうぎょ』ランクを2段階上げる。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 50 ノーマル 変化 - - 20 自分の『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクを1段階ずつ上げる。 技『のみこむ』『はきだす』の効果を上げる。 3回までたくわえることができる。 50 ノーマル 変化 - - 10 技『たくわえる』を使った数だけHPが多く回復する。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 50 ノーマル 特殊 - 100 10 技『たくわえる』を使った数だけ威力が高くなる。 1つの時は100、2つの時は200、3つの時は300になる。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 6 どく 変化 - 90 10 相手を『もうどく』状態にする。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 10 ノーマル 特殊 60 100 15 自分の個体値によって『タイプ』が変わる。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 11 ほのお 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『ひざしがつよい』にする。 12 あく 変化 - 100 20 3ターンの間、相手は攻撃技しか出せなくなる。 変化技を使えなくする 技. 15 ノーマル 特殊 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 連続で使うと失敗しやすくなる。 18 みず 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『あめ』にする。 21 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついていないほど威力が高くなる。 最大102。 22 くさ 特殊 120 100 10 1ターン目は攻撃せずに、2ターン目で攻撃する。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 27 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついているほど威力が高くなる。 最大102。 31 かくとう 物理 75 100 15 相手の技『リフレクター』の効果を受けず、相手の技『リフレクター』『ひかりのかべ』を壊す。 32 ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 37 いわ 変化 - - 10 5ターンの間、天気を『すなあらし』にする。 41 あく 変化 - 100 15 使用後、相手は同じ技を連続で出せなくなる。 42 ノーマル 物理 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 44 エスパー 変化 - - 10 HPと状態異常をすべて回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 45 ノーマル 変化 - 100 15 相手が自分とは異なる性別の場合、相手を『メロメロ』状態にする。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 48 ノーマル 特殊 60 100 15 同じターンに他のポケモンも『りんしょう』を使おうとすると、『すばやさ』に関係なく最初に使用したポケモンに続いて使用でき、最初以外の『りんしょう』は威力が2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル・トリプルバトル用 技. 54 ノーマル 物理 40 100 40 この技のダメージで相手のHPが0になる時、相手のHPを1にする。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 56 あく 物理 - 100 10 自分の持っている道具によって効果が変化する。 投げつけた道具はなくなる。 59 ほのお 特殊 60 100 15 相手全体が対象。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 63 あく 変化 - 100 15 5ターンの間、持っている道具を使えなくなる。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 66 あく 物理 50 100 10 自分が後攻の時、威力が2倍になる。 68 ノーマル 物理 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 75 ノーマル 変化 - - 20 自分の『こうげき』ランクを2段階上げる。 77 ノーマル 変化 - - 10 相手にかかっている補助効果を自分にもかける。 80 いわ 物理 75 90 10 相手全体が対象。 86 くさ 特殊 - 100 20 相手の『おもさ』が重いほど威力が高くなる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 87 ノーマル 変化 - 90 15 相手を1〜4ターンの間『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 88 ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 地形が草むらと水たまりの時は『ねむり』状態、沼の時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 100 ノーマル 変化 - - 20 相手の『とくこう』ランクを1段階下げる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 4 ノーマル 物理 80 100 15 通常攻撃。 遺伝 かくとう 物理 - 100 20 自分のレベルと同じ値の固定ダメージを与える。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 遺伝 ノーマル 変化 - 100 20 相手の『こうげき』『ぼうぎょ』ランクを1段階ずつ下げる。 遺伝 はがね 物理 - 100 10 そのターンに最後に受けた技のダメージの1. 5倍をその相手に与える。 遺伝 エスパー 変化 - - 10 自分と相手の『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクを入れ替える。 遺伝 あく 物理 - 100 5 威力は60を基本として、相手のいずれかの能力ランクが1つ上がる度に20上がる。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 遺伝 ノーマル 変化 - 100 20 相手全体が対象。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 遺伝 フェアリー 変化 - - 10 5ターンの間、場の状態を『ミストフィールド』にする。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ORAS ノーマル 物理 - 90 10 相手のHPを残りHPの半分にする。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ORAS ノーマル 特殊 50 100 15 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS こおり 特殊 55 95 15 相手全体が対象。 ORAS ノーマル 変化 - - 20 自分と相手のHPを2匹の残りHPの平均値にする。 足して2で割る ORAS かくとう 物理 150 100 20 必ず後攻になり 優先度:-3 、攻撃するまでに技を受けると失敗してしまう。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ORAS あく 物理 65 100 20 相手が道具を持っている場合、ダメージが1. 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 ORAS はがね 変化 - - 15 自分の『ぼうぎょ』ランクを2段階上げる。 ORAS ノーマル 物理 140 100 5 この技は自分の持っている他の技をすべて使うと使えるようになる。 ORAS でんき 変化 - - 10 5ターンの間、『ふゆう』状態となり、『じめん』タイプの技や、『グラスフィールド』『ミストフィールド』『エレキフィールド』『サイコフィールド』などの効果を受けなくなる。 ORAS あく 物理 95 100 15 自分の『こうげき』ではなく、相手の『こうげき』の能力値でダメージ計算する。 過去作でしか覚えられない技.

次の

クチート|ポケモン図鑑ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

クチート タイプ

クチート あざむきポケモン ぜんこくNo. 303 ホウエンNo. 071 コーストNo. 063 高さ 0. 6m 重さ• 5kg• けたぐり威力40 タイプ• タイプ相性による弱点• 5 進化の流れ なし 共通の入手方法• 過去作からポケモンバンクで移動 生息地 ORAS• 石の洞窟 地下2階 ORのみ• 石の洞窟 地下2階・群れ ORのみ• 目覚めのほこら ORのみ• チャンピオンロード ORのみ• 空の柱 ORのみ 主な入手方法 ORAS• 野生のポケモンを捕まえる 生息地 XY• 輝きの洞窟 主な入手方法 XY• フレンドサファリ はがね 1枠目• フレンドサファリ フェアリー 2枠目• 戦闘に出たときに相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 /レベルの低い野生のポケモンと出会いにくくなる。 追加効果のある技を使うと、追加効果が発動しない代わりに威力が1. 3倍になる。 また、追加効果がある技を使うと、道具『いのちのたま』の反動効果や『かいがらのすず』の回復効果を受けない。 攻撃対象の相手の道具『だっしゅつボタン』『レッドカード』『アッキのみ』『タラプのみ』および特性『へんしょく』『わるいてぐせ』の効果も発動させない。 なお、自分の能力ランクを下げる技や反動技は追加効果の対象ではない。 基本 あく 変化 - 100 20 3ターンの間、相手は攻撃技しか出せなくなる。 変化技を使えなくする 基本 ノーマル 変化 - 100 40 相手全体が対象。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 基本 フェアリー 特殊 40 100 30 通常攻撃。 5 あく 変化 - 100 20 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 13 ノーマル 変化 - 100 20 相手全体が対象。 相手の回避率を2段階下げる。 フィールドで使うと野生のポケモンが出現し、群れバトルが発生する場所では群れバトルになる。 XYのみ雨が降っている場所では群れバトルは発生しない。 17 ノーマル 物理 55 100 30 通常攻撃。 21 あく 物理 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 25 ノーマル 変化 - - 40 他の味方のポケモンと交代し、かかっていた補助効果を引き継ぐ。 33 はがね 変化 - - 15 自分の『ぼうぎょ』ランクを2段階上げる。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 41 ノーマル 変化 - - 20 自分の『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクを1段階ずつ上げる。 技『のみこむ』『はきだす』の効果を上げる。 3回までたくわえることができる。 41 ノーマル 変化 - - 10 技『たくわえる』を使った数だけHPが多く回復する。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 41 ノーマル 特殊 - 100 10 技『たくわえる』を使った数だけ威力が高くなる。 1つの時は100、2つの時は200、3つの時は300になる。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 基本 あく 変化 - 100 20 3ターンの間、相手は攻撃技しか出せなくなる。 変化技を使えなくする 基本 ノーマル 変化 - 100 40 相手全体が対象。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 基本 フェアリー 特殊 40 100 30 通常攻撃。 6 あく 変化 - 100 20 相手の『とくぼう』ランクを2段階下げる。 16 ノーマル 変化 - 100 20 相手全体が対象。 相手の回避率を2段階下げる。 フィールドで使うと野生のポケモンが出現し、群れバトルが発生する場所では群れバトルになる。 XYのみ雨が降っている場所では群れバトルは発生しない。 21 ノーマル 物理 55 100 30 通常攻撃。 26 あく 物理 60 - 20 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 31 ノーマル 変化 - - 40 他の味方のポケモンと交代し、かかっていた補助効果を引き継ぐ。 41 はがね 変化 - - 15 自分の『ぼうぎょ』ランクを2段階上げる。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 50 ノーマル 変化 - - 20 自分の『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクを1段階ずつ上げる。 技『のみこむ』『はきだす』の効果を上げる。 3回までたくわえることができる。 50 ノーマル 変化 - - 10 技『たくわえる』を使った数だけHPが多く回復する。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 50 ノーマル 特殊 - 100 10 技『たくわえる』を使った数だけ威力が高くなる。 1つの時は100、2つの時は200、3つの時は300になる。 技『たくわえる』で上がった『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクは元に戻る。 技『たくわえる』を使っていない時は失敗する。 6 どく 変化 - 90 10 相手を『もうどく』状態にする。 『どく』タイプのポケモンが使うと必ず命中する。 『どく』タイプや『はがね』タイプには無効。 10 ノーマル 特殊 60 100 15 自分の個体値によって『タイプ』が変わる。 BW2までは威力も個体値によって変化 技. 11 ほのお 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『ひざしがつよい』にする。 12 あく 変化 - 100 20 3ターンの間、相手は攻撃技しか出せなくなる。 変化技を使えなくする 技. 15 ノーマル 特殊 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 連続で使うと失敗しやすくなる。 18 みず 変化 - - 5 5ターンの間、天気を『あめ』にする。 21 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついていないほど威力が高くなる。 最大102。 22 くさ 特殊 120 100 10 1ターン目は攻撃せずに、2ターン目で攻撃する。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 27 ノーマル 物理 - 100 20 ポケモンがなついているほど威力が高くなる。 最大102。 31 かくとう 物理 75 100 15 相手の技『リフレクター』の効果を受けず、相手の技『リフレクター』『ひかりのかべ』を壊す。 32 ノーマル 変化 - - 15 自分の回避率を1段階上げる。 37 いわ 変化 - - 10 5ターンの間、天気を『すなあらし』にする。 41 あく 変化 - 100 15 使用後、相手は同じ技を連続で出せなくなる。 42 ノーマル 物理 70 100 20 自分が『どく』『まひ』『やけど』状態の時、威力が2倍になる。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 44 エスパー 変化 - - 10 HPと状態異常をすべて回復した後、2ターンの間『ねむり』状態になる。 45 ノーマル 変化 - 100 15 相手が自分とは異なる性別の場合、相手を『メロメロ』状態にする。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 48 ノーマル 特殊 60 100 15 同じターンに他のポケモンも『りんしょう』を使おうとすると、『すばやさ』に関係なく最初に使用したポケモンに続いて使用でき、最初以外の『りんしょう』は威力が2倍になる。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ダブルバトル・トリプルバトル用 技. 54 ノーマル 物理 40 100 40 この技のダメージで相手のHPが0になる時、相手のHPを1にする。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 56 あく 物理 - 100 10 自分の持っている道具によって効果が変化する。 投げつけた道具はなくなる。 59 ほのお 特殊 60 100 15 相手全体が対象。 相手の持っている『きのみ』や『ノーマルジュエル』を使えなくする。 63 あく 変化 - 100 15 5ターンの間、持っている道具を使えなくなる。 トレーナーもそのポケモンには道具を使えない。 66 あく 物理 50 100 10 自分が後攻の時、威力が2倍になる。 68 ノーマル 物理 150 90 5 使用した次のターンは行動できない。 75 ノーマル 変化 - - 20 自分の『こうげき』ランクを2段階上げる。 77 ノーマル 変化 - - 10 相手にかかっている補助効果を自分にもかける。 80 いわ 物理 75 90 10 相手全体が対象。 86 くさ 特殊 - 100 20 相手の『おもさ』が重いほど威力が高くなる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 87 ノーマル 変化 - 90 15 相手を1〜4ターンの間『こんらん』状態にするが、相手の『こうげき』ランクを2段階上げてしまう。 88 ノーマル 変化 - - 10 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 地形が草むらと水たまりの時は『ねむり』状態、沼の時は『すばやさ』ランクを1段階下げ、水上の時は『こうげき』ランクを1段階下げ、砂地の時は命中率を1段階下げ、岩場と洞窟の時はひるませ、雪原と氷上の時は『こおり』状態、その他は『まひ』状態にする。 また、ORASではフィールドで使うと秘密基地を作ることができる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 100 ノーマル 変化 - - 20 相手の『とくこう』ランクを1段階下げる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 相手の『まもる』『みきり』『ニードルガード』の効果を受けない。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 4 ノーマル 物理 80 100 15 通常攻撃。 遺伝 かくとう 物理 - 100 20 自分のレベルと同じ値の固定ダメージを与える。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 遺伝 ノーマル 変化 - 100 20 相手の『こうげき』『ぼうぎょ』ランクを1段階ずつ下げる。 遺伝 はがね 物理 - 100 10 そのターンに最後に受けた技のダメージの1. 5倍をその相手に与える。 遺伝 エスパー 変化 - - 10 自分と相手の『ぼうぎょ』『とくぼう』ランクを入れ替える。 遺伝 あく 物理 - 100 5 威力は60を基本として、相手のいずれかの能力ランクが1つ上がる度に20上がる。 相手が使う技が攻撃技ではない場合や、優先度などの関係ですでに攻撃を終えていた場合は失敗する。 相手が『ねむり』『こおり』状態でも攻撃技を選択していれば成功する。 遺伝 ノーマル 変化 - 100 20 相手全体が対象。 相手が自分とは異なる性別の場合、相手の『とくこう』を2段階下げる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 遺伝 フェアリー 変化 - - 10 5ターンの間、場の状態を『ミストフィールド』にする。 『ひこう』タイプや特性『ふゆう』などではない地面にいるすべてのポケモンは、状態異常にならず、また『ドラゴン』タイプの技の受けるダメージが半減する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ORAS ノーマル 物理 - 90 10 相手のHPを残りHPの半分にする。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 ORAS ノーマル 特殊 50 100 15 自分が『ねむり』状態の時のみ使用可能。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 ORAS こおり 特殊 55 95 15 相手全体が対象。 ORAS ノーマル 変化 - - 20 自分と相手のHPを2匹の残りHPの平均値にする。 足して2で割る ORAS かくとう 物理 150 100 20 必ず後攻になり 優先度:-3 、攻撃するまでに技を受けると失敗してしまう。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ORAS あく 物理 65 100 20 相手が道具を持っている場合、ダメージが1. 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 ORAS はがね 変化 - - 15 自分の『ぼうぎょ』ランクを2段階上げる。 ORAS ノーマル 物理 140 100 5 この技は自分の持っている他の技をすべて使うと使えるようになる。 ORAS でんき 変化 - - 10 5ターンの間、『ふゆう』状態となり、『じめん』タイプの技や、『グラスフィールド』『ミストフィールド』『エレキフィールド』『サイコフィールド』などの効果を受けなくなる。 ORAS あく 物理 95 100 15 自分の『こうげき』ではなく、相手の『こうげき』の能力値でダメージ計算する。 過去作でしか覚えられない技.

次の

クチート/対戦

クチート タイプ

昨日のお昼、 何気なくポケモンgoを起動してみると、 近くのジムに見慣れないポケモンがいました。 最初は誰かが置いた ポケモンだとばかり思っていました。 でも、よく見てみると、 ポケモンの上には カウントダウンの数字が表示されています。 レイドバトルじゃん!! と思ってタップしてみると、 現れたのはクチートでした。 ちょっとスクリーンショットを 撮るタイミングが合いませんでしたね。 白くなっています。 これを見て、 行くしかないでしょう!! と近くのジムへ、 クチートとソロレイドバトルをするために 行ってきました。 クチートがでているジムに到着し、 ジムをタップします。 クチートが現れバトルをタップすると、 レイドパスを使う画面になります。 迷わずレイドパスを使います。 するとクチートとソロレイドバトルで 戦うポケモンを選ぶ画面になります。 クチートの弱点とお勧めポケモンは? クチートとのソロレイドバトルの前に クチートの弱点をみておきましょう。 クチートははがねと フェアリータイプのポケモンなので、 弱点はほのおタイプとじめんタイプの技になります。 クチートは11種類の耐性を持っているので、 レイドバトルで戦うときは、 ほのおタイプかじめんタイプの技で戦うと 有利に進める事が出来ます。 クチートとのレイドバトルで おすすめのポケモンは、 ブースターです。 今回のソロレイドバトルでも使っています。 最近は高CPのイーブイが出現するので、 強いブースターも作りやすいですよ。 クチートとソロレイドバトルを戦ったポケモン達! 自動で選ばれたポケモン達がコレ。 今回はブースターばかりが選ばれています。 まあ、今回はクチート相手なので、 ブースターで戦おうと思っていました。 でも、CPが高い順に並んでいないので、 CPの高い順に並び替える事にしました。 これで準備完了です。 あとは時間が来るのを待つだけです。 クチートとソロレイドバトル! 時間となりクチートとの ソロレイドバトルが始まります。 ブースターのひのこで攻撃していき、 ゲージをためていきます。 前回のアップデートで、 ゲージ技の使い方が変わっています。 以前のやり方に慣れていたので、 なんだか使いにくいですね。 ブースターの攻撃は、 効果が抜群です。 そしてゲージをため、 ゲージ技のオーバーヒートを使います。 そしてひのこで攻撃し、 オーバーヒートを使います。 オーバーヒートを2回使いましたが、 あえなく倒されてしまいました。 そして2匹目のブースターにチェンジします。 このブースターの通常技はほのおのうずです。 ほのおのうずで攻撃し、 ゲージをためていきます。 そしてゲージ技のオーバーヒートを使います。 ここでも2発オーバーヒートを使いますが、 またもや倒されてしまいました。 でも、クチートのHPも残りわずかです。 そして3匹目のブースターで戦います。 このブースターの技は、 ひのことだいもんじです。 ひのこで攻撃しゲージをためていきます。 ブースターのだいもんじで、 クチートを倒す事ができました。 クチートとのソロレイドバトルで手に入れた道具! 今回のクチートとの ソロレイドバトルで手に入れた道具はコレ。 きんのズリのみが2個。 げんきのかけらが2個。 ふしぎなアメが1個。 いいキズぐすりが6個。 ほしのすなが500でした。 今回もわざマシンは手に入りませんでした。 クチートとのソロレイドバトルだったので、 プレミアムボールを14個手に入れました。 クチートのゲットチャレンジに挑戦! クチートのゲットチャレンジに挑戦します。 クチートはまだ持っていないので、 是非ゲットしたいところです。 きんズリを使おうかな? と悩んだのですが、 とりあえずプレミアムボールを 投げてみる事にしました。 最初からきんズリを使わないで、 捕れない時に使う事にしました。 ゲットチャレンジでは、 プレミアムボールがある限り逃げませんからね。 そしてクチート目がけて、 プレミアムボールを投げます。 すると1投目で難なくゲットする事ができました。 7日目で今日最初の1匹だったので、 かなりの経験値を貰いました。 1回目で捕れたのですが、 ワンショットはありませんでしたね。 クチートとはどんなポケモンなの? クチートは、はがねと フェアリータイプのポケモンです。 大きな口が目立つポケモンです。 クチートはあざむきポケモンと呼ばれています。 なぜ、あざむきポケモンと呼ばれるのかというと、 正面からみると、 こんな感じで優しそうに見えます。 そして油断させておいて、 大きな口で噛み付くので、 あざむきポケモンと呼ばれているのです。 クチートの入手方法は? クチートは今のところ、 レイドバトルで倒して、 ゲットチャレンジで手に入れるしかないようです。 タマゴからも生まれないようですし、 野生でも出てこないようです。 終わりに 昨日はクチートのレイドバトルを見つけました。 レイドバトルの時間を見てみると、 残り時間はあまりありませんでした。 クチートのレイドバトルが 行われているジムに着いたときは、 残り3分でした。 ギリギリ間に合った感じでしたね。 クチートはまだ珍しいですからね。 それに今のところは レイドバトルでしか手に入らないようなので、 クチートが欲しい場合は、 レイドバトルで勝って、 ゲットチャレンジで捕まえるしかありません。 きんズリを使おうかなと思ったのですが、 1投目で捕まえる事ができました。 図鑑にも登録できましたしね。 やはり新しいポケモンがでると良いですね。 スポンサードリンク ブログランキングに参加しています。 応援していただけるとブログ更新の励みになります。 応援宜しくお願いいたします。

次の