ポケモン剣盾 ムゲンダイナ 育成。 ポケモン剣盾の伝説「ムゲンダイナ」の厳選!種族値、努力値とおすすめの性格は?|ポケモニット

【ポケモン剣盾】ムゲンダイナの厳選方法とおすすめ性格【ポケモンソードシールド】

ポケモン剣盾 ムゲンダイナ 育成

ポケモンソードシールド 剣盾 における、育成の方法と手順をまとめています。 対戦用ポケモンを育成したい方は是非参考にしてください。 育成の方法と手順 育成の流れ クリックでジャンプ! - 上記が育成の方法と手順です。 対戦用ポケモンを育てる時は、基本的にこの流れを踏んで育成を行います。 親ポケモンに持たせた際、該当箇所の個体値が必ず遺伝する。 タマゴの発見確率が上昇する。 まずはポケモンの育成に必要になる道具を揃えます。 これらのアイテムを揃えずに育成、厳選を始めてしまうと大幅に時間がかかってしまうため、労を惜しまずすべて揃えてからポケモンの育成に取り掛かりましょう。 ポケルスに感染したポケモンを用意 「ポケルス」に感染したポケモンは、獲得できる努力値が2倍になります。 自力でポケルスを用意するのは難しいので、交換で入手してしまいましょう。 0〜31の値が各ステータスに振り分けられ、基本的に「V 31 」を狙っていく。 「かわらずのいし」で固定できるため、粘る必要は基本的にない。 対戦に影響はほぼないので、お気に入りのポケモンは厳選してみよう。 まず最初に、育成の対象となるポケモンを厳選します。 厳選する要素は主に 「個体値」「性格」「特性」の3つで、お目当ての個体が出るまで粘り続ける作業です。 厳選する手段は主に「孵化厳選」「固定シンボル厳選」があり、それぞれで厳選手順が違ってきます。 個体値を確認する方法は現状このジャッジ機能のみのため、育成を始める前に開放しておくようにしましょう。 孵化厳選の手順 1 親用のポケモンを用意する。 最初は個体値を気にせず、目当ての性格の個体を用意できればOK。 2 かわらずのいしを持たせた親ポケモンと、あかいいとを持たせた高個体値メタモンを預かり屋に預ける。 3 高個体値のポケモンが生まれる度に、親用のポケモンを入れ替えていく。 4 個体値、性格、特性が目当て通りの理想個体が生まれてくるまで孵化し続ける。 孵化厳選の手順は上記の通りです。 孵化作業の際は、必ず「ほのおのからだ」のポケモンを手持ちに入れるようにしましょう。 ただし、今作からは孵化した後からでもタマゴ技を覚えさせることができるようになりました。 ですので、無理に厳選の段階でタマゴ技を意識する必要はありません。 固定シンボルの厳選 1 固定シンボルの前でレポートを書く 2 きのみを「なげつける」で相手に投げつけ、性格を判定 3 混乱したら捕獲 伝説のポケモンをはじめとした、マップの決まった場所に出現するポケモンを厳選することです。 今作の固定シンボル厳選は伝説のポケモンである「ザシアン」「ザマゼンタ」「ムゲンダイナ」の3種類になります。 厳選する場合は、ローズ戦後ホップに話しかける前にレポートを書き厳選を行いましょう。 なお確定捕獲となっているため、好みのボールで捕まえることができます。 殿堂入り後に始まるストーリーを進めると捕獲できるようになります。 詳しい厳選方法 努力値振り 努力値を得る方法一覧• 栄養ドリンク タウリンなど を使う• ポケジョブに参加させる• 野生のポケモンを倒す 現段階で判明している努力値稼ぎの方法は、上記の通りです。 栄養ドリンクが最効率 「タウリン」や「ブロムヘキシン」などの栄養ドリンクは、対応したステータスの努力値を10上げることができます。 今作では栄養ドリンクで最大まで努力値を上げることができるようになったため、 お金さえあれば栄養ドリンクによる努力値振りが最効率です。 ポケジョブに参加させる 「ポケジョブ」の「ポケゼミ」という仕事にポケモンを送ることで、努力値を振ることができます。 送った後は 放置していれば自動的に努力値が振れるので、仕事や学校の時間中に努力値を振ることが可能です。 対戦目的ならLv. 50まで上げればOK ネット対戦では、レベル51以上のポケモンはすべてレベル50になる「フラットルール」が採用されています。 ですので、レベル上げの際は進化レベルが50以上のポケモンを除き、基本的にはレベルを50まで上げればOKです。 けいけんアメが最効率 新アイテムの「けいけんアメ」は、XLのサイズで3万の経験値をもらうことができます。 「マックスレイドバトル」で勝利するともらえますので、キョダイマックスポケモンの厳選と並行して貯めることができます。 なつき度を上げておくと、通常のプレイ時のバトルで様々なボーナスを得ることができるため、上げておいて損はありません。 王冠の使用 王冠を使用する場合は100まで上げよう 個体値をVにすることができる「おうかん」を使うには、レベルを100にする必要があります。 非理想個体のポケモンを使う際は、レベルを100にしましょう。 バトルタワーの解放はストーリー攻略後です。

次の

【ポケモン剣盾】ムゲンダイナ育成論・技構成・厳選について

ポケモン剣盾 ムゲンダイナ 育成

この記事にはポケットモンスター ソード・シールド(ポケモン剣盾)のネタバレが含まれています。 あらかじめご了承ください。 ポケモンのシリーズによっては、ストーリー上避けて通ることのできない伝説のポケモンとの戦闘があります。 最新作であるポケモン剣盾でもムゲンダイナというポケモンが登場し、捕獲しないと先に進めない仕様となっていました。 こうした伝説のポケモンはストーリー中1匹しか手に入らないため、よく考えて捕まえる必要があります。 今までの伝説はどのみちレート対戦で使うことができなかったことから軽視されてきましたが、今回のムゲンダイナに関してはそうも言っていられないと感じたので記事にすることにしました。 2020年1月18日追記:『ムゲンダイナの努力値を考える』の項を追加しました。 ムゲンダイナはマックスレイドバトルで活躍する ポケモン剣盾では4人のトレーナーが1匹ずつポケモンを持ち寄って戦うマックスレイドバトルというものがありますよね。 このマックスレイドバトルで大活躍するのがムゲンダイナというポケモンなのです。 マックスレイドバトルは何度もこなす必要がある まず、このマックスレイドバトルの必要性について語っていきたいと思います。 マックスレイドバトルはレベル上げ、技レコード集め、夢特性持ち、高個体値のポケモンなどなど、様々を報酬を手に入れられるコンテンツとなっています。 クリア後の遊びとして何度もこなすこととなるでしょう。 少しでも成功率を上げるため、また効率的に周回するためにもムゲンダイナを育てておくと役立つことでしょう。 ムゲンダイナは特攻キャラ! ムゲンダイナの専用技であるドラゴンタイプの「 ダイマックスほう」は、ダイマックスしたポケモンに2倍のダメージを与える効果があります。 ソシャゲでいうところの特攻キャラみたいなところですね。 また、ムゲンダイナはドラゴンタイプの通らない相手に毒で弱点をつけ、苦手な鋼タイプにも自力取得するかえんほうしゃで対抗できるため、どんなレイドにも参加することが可能な万能な1匹となっています。 ザシアン・ザマゼンタも特攻キャラ! 他にもザシアン、ザマゼンタが覚える「 きょじゅうだん」という技もレイドでは有効です。 しかし、鋼タイプなので通りが悪く、持ち物も固定になってしまうため万能ではありません。 ザシアンの特性による火力アップもレイドで効果的ではあるのですが、レイドバトルのポケモンが能力変化を打ち消す行動をしてくることがあります。 そのため、持ち物による火力アップが期待できるムゲンダイナ( こだわりメガネ推奨)のほうが信用できると思います。 攻撃モーションがながい点は考えものですが… ムゲンダイナの種族値からおすすめの性格を考える ムゲンダイナの詳細を見ていきます。 ムゲンダイナの種族値 HP こうげき ぼうぎょ とくこう とくぼう すばやさ 140 85 95 145 95 130 特攻と素早さが高く、攻撃が低いのがわかると思います。 物理技にめぼしい技もないため、よほどのことがない限り攻撃を落とす性格を選ぶこととなります。 控えめと臆病どっちがいい? 特攻の上がる控えめと素早さの上がる臆病で迷う方が多いと思います。 結論から言うと、 マックスレイドバトルで活躍させることを考えるなら控えめを選ぶべきでしょう。 マックスレイドバトルにおいて、ムゲンダイナの素早さは過剰すぎます。

次の

【ソードシールド】ムゲンダイナの入手方法と厳選について【ポケモン剣盾】

ポケモン剣盾 ムゲンダイナ 育成

皆さん、ポケモン剣盾楽しんでいますか? 私は、相変わらず時間が取れない日々を過ごしていますが、なんとか時間を見つけてポケモンとブログ更新に勤しんでいます。 さて、今回の記事は、育成環境の作り方の第二弾を書いていきたいと思います。 前回の記事はこちら。 前回の記事ではジャッジ機能の開放について書いているので、まだ開放してないよーって方はぜひ見て頂ければと思います。 前回の記事から時間が空いてしまいましたが、ここからは急ピッチで育成環境の作り方をまとめていこうと思います。 剣盾が発売されてからもう10日以上経っていますし、あまりだらだらやっていると需要が無くなってしまうかなと思うので。 前置きが長くなってしまいましたが、 今回の記事ではムゲンダイナを使ったレイドバトル、及び経験アメを集めるということに焦点を当てて解説していこうと思います。 ぜひ参考にして頂けると幸いです。 キョダイマックスニャースを受け取る 先程述べた通り、今回の記事では経験アメを集めることを目的としています。 では、その経験アメは誰に食べさせるのか。 その答 えが、このキョダイマックスニャースです。 キョダイマックスニャースは初回購入特典として特別に配布されたニャースで、ふしぎなおくりものを通して受け取ることができます。 期限は1月15日までなので、まだ受け取っていない方はお早めに。 一応、受け取り方を後で解説します。 このニャースの使い方は金策です。 今作ではタウリンなどの栄養ドリンクで努力値を最大まで上げられるので、この金策は育成においても非常に有用です。 受取時のニャースのレベルは5なので、リーグで使えるくらいにはレベルを上げる必要があります。 (Lv100が望ましい) そのためにレイドを回って経験アメを大量に入手するわけです。 キョダイマックスニャースの受け取り方 メニューでふしぎなおくりものを選択。 ネットに繋がると、キョダイマックスする ニャースと出るので、そちらを選択。 するとキョダイマックスニャースを受け取れます。 ちなみに、厳選はできません。 受け取ると強制的にレポートが書かれるので、ステータスが気に入らない方は王冠やミントを使う必要があります。 対戦で使うようなポケモンじゃないので必要ないと思いますが。 レイドバトルを回す ニャースも受け取れたことで、いよいよレイドバトルを回します。 レイドバトルを回す前にも準備しておいた方が良いことがあるので、まずはそちらから。 ムゲンダイナの育成 レイドバトルでは基本的にムゲンダイナを使うので、ムゲンダイナを育成する必要があります。 まずレベルですが、これはレイドバトルを回しながら経験アメをどんどん食べさせてあげましょう。 まずはムゲンダイナのレベルを100にして、そこからニャースの分のアメを集めるので良いと思います。 経験アメで貰える経験値がめちゃくちゃ多いので、結構簡単にレベルは上げられます。 また、育成に関しては努力値も大事です。 レイドバトルでは1ターンでも早く倒したいので、 CSぶっぱが良いかなと思います。 今までの旅でお金はそこそこ溜まっていると思うので、余裕のある方は栄養ドリンクで努力値を上げることをお勧めします。 また、個体値ジャッジを解放した時にBPがいくらか貰えたと思うので、そのBPでパワー系アイテムを買うのもおすすめです。 栄養ドリンクがあるからパワー系アイテムは無駄なのでは?と思うかもしれません。 しかし、栄養ドリンクよりパワーアイテムで努力値振りした方が速い場面も多々あります。 ですので、この段階でパワー系アイテムを取るのは無駄にはなりません。。 性格は余裕ができたらで良いかと。 控えめだと望ましいですが、ミント一つに50BPと集めるのが結構大変なので。 そこまでガチガチに固めなくてもレイドはクリアできます。 最後に持ち物ですが、 こだわり眼鏡をお勧めします。 レイドバトルでのムゲンダイナの戦法は、基本的にダイマックス砲の連打。 ダイマックス砲は、ダイマックスポケモンに対しで2倍のダメージが入るため、フェアリータイプ以外にはこれ連打が最適解です。 フェアリータイプ相手なら、ザシアンorザマゼンタを使います。 ザシアンの方がレイド適性が高いので、両方持っている方はザシアンをお勧めします(これがソード有利の由来)。 レイドバトルの効率的な回し方 ムゲンダイナの育成も済んだところで、いよいよレイドバトルを回します。 経験アメにはランクがあり、最高ランクのXLサイズや、二番目のLサイズがいっぱい欲しい所です。 自分の持っているレイドだけでは限界があるので、インターネットに繋ぎ、ステッカーで募集の枠に入るのが最も効率が良いです。 ですので、インターネットに繋ぎ、どんどん他の人のレイドに潜っていきましょう。 ステッカーの更新 最後にステッカーの更新について。 中々更新されないステッカーを、どんどん更新していく方法です。 過去の記事でも書きましたが、悩んでいる方も多いと思うので再度書いておきます。 レイドバトルに入る際には基本的にステッカーから入ることになりますが、このステッカーがなかなか更新されません。 どんどん新しいステッカーが欲しいのに、いつまで経っても更新されない。 やっとステッカーを受け取るで更新できたかと思えば、参加者が満員だったり、通信相手がいなかったり。 普通にプレイしているとなかなかステッカーが更新されません。 ですがここで秘策が。 インターネットに繋ぎ、カード交換を選択。 すると、相手を探している間はステッカーがどんどん更新されます。 YY通信からカード交換を選択。 相手を探し中はステッカーが更新されます! この仕様を利用し、適当な番号でパスワードをかけ、できるだけ長い間相手を探し中の状態を維持します。 ここまで書いてきましたが、おそらくステッカーの仕様は近いうちに修正されるんじゃないかと思います。 現状の仕様じゃ余りにも使いづらいですし。 ですので、ここで挙げた方法は、あくまでも仕様が修正されるまでの繋ぎです。 毎回カード交換をするのも面倒なので、早めに修正されると嬉しいな。 レイドバトルはこれからも周回します 今はニャースを育てるためにレイドバトルを周回していますが、経験アメを得るために今後も回す必要があります。 技レコードもレイドバトルが必要ですし、周回する機会は今後も多いです。 最終的な育成の流れとしては、• 孵化厳選• ニャースで金策(次回の記事で)• 栄養ドリンクで努力値上げ• レイドバトル周回• レベル上げ という流れになります。 ですので、ムゲンダイナは勿論、フェアリー対策のザシアンorザマゼンタも育成しておくべきです。 また、ムゲンダイナはこだわり眼鏡を持つ関係上メタモンとの相性も良くありません(フェアリータイプに変身されることがあるため)。 そのため、今後メタモン厳選をする際にもザシアンorザマゼンタは役に立ちます。 あとがき 今回の記事では、ムゲンダイナの育成、キョダイマックスニャースの育成、レイドバトル環境の構築まで進めました。 次回は、キョダイマックスニャースを使った金策について書こうと思います。 今回の記事は以上となります。 読んでくださった皆様、ありがとうございました。

次の